クリス シントー。 SOTUS/ソータス タイBLドラマ 視聴感想 切ない片思いから両想いへのトキメキがたまらない|BLドラマほびっと

<Krist

クリス シントー

勉強は出来ないが、大人に平気で逆らうワルっぽい雰囲気が目立つハオティンは、学校で人気があった。 彼女に近づくなと殴って警告した事で、1週間の罰を仲間5人で受けることになった。 ボーシャンはアルバイト先のジムに通うジーガン(トム・チャン)に惹かれていた。 バイトに行けなかったため会いたくて、ジーガンの勤めるお店に訪ねていく。 そこでシーグウが親しげにしている様子を見てしまう。 その出来事をきっかけに、何度も自分のピンチの時に助けてくれるエーにピートは思いを寄せるように。 一方、エーも世間知らずで危なっかしいピートが気にかかり、何かと世話を焼いてしまう。 そして、今まで抱いたことのない感情の壁にぶつかっていく。 スポーツ科学部に通うキャンは、サッカーボールを追って車道に飛び出したところ、国際学部のティンが運転する車にひかれそうになる。 セレブ一家の御曹子であるティンは、度々キャンにひどい言葉を浴びせるが、キャンも負けじと張り合っていた。 ある日、キャンの言葉に怒りを抑えられなかったティンは、キャンの口をキスで封じるが、妙な感覚を覚え…。 サッカー部のキャプテンであるテクノーは、押しに弱く後輩からバカにされながらも面倒見の良い性格。 そんなテクノーに思いを寄せていたテクノーの弟テクニックの親友であるケンクラは、テクノーを手に入れるためにテクニックに協力させ、いろいろな策を講じていた。 そうとも知らずケンクラに対して弟のように接するテクノーだったが…。 ヨウティエンは自然とグァングァンのことを実の弟のように可愛がるようになった。 一方グァングァンは配達用のバイクが盗まれたことをきっかけに、警備員のシャオ・ランと知り合いになった。 シャオランもまた、頑張って生活しているグァングァンをかつての自分と重ね、彼の面倒をみるようになった。 シャオ・ランが現れたことで、ヨウティエンはグァングァンへの独占欲に気づかされるが、ヨウティエンのことが気になっている女性社員ユエンユエンとグァングァンの魂が入れ替わってしまった…。 孤独をほぐすために、リャン・ズーはチンチラを飼っており、ある日突如交配させたいと思い、ペットショップに訪れる。 そこで、ペットショップのオーナー ハン・ハン(ゴン・ヂェン)と出会い、親切に接してくれるハン・ハンに、リャン・ズーは自然と甘えるようになり、親友に巡り会えたと思った。 しかし、ハン・ハンから自分のことを恋人として好きになったと告げられる。 リャン・ズーは自分が男を好きになるわけがないと思いながらも、ハン・ハンと離れたくない気持ちで葛藤している。 新入生の教育を担当するアーティット(ピーラワット・シェーンポーティラット/クリス)をはじめとする三年生先輩たちの厳しい指導に納得できないコングポップは、新入生の先頭に立って反発する。 その罰として、コングポップは公共の場で「僕は男が好きです」と大声で話すことになってしまったが、懲りずにアーティットに「先輩を僕の妻にします」と宣言した。

次の

無料視聴あり!ドラマ『SOTUS/ソータス』の動画まとめ

クリス シントー

1977年、インディアナポリスでのライブにて 、ロンドン生まれ。 、・バンドの「ザ・シン()」を結成。 、同バンドでプロ・ミュージシャンとしてデビューし、デラム・レコード から2枚のシングルをリリース。 1967年11月に解散し、翌12月に「メイベル・グリアーズ・トイショップ(Mabel Greer's Toyshop)」を結成。 マーキー・クラブ で前座バンドとして活動を開始する。 メイベル・グリアーズ・トイショップが活動を開始した直後、マーキー・クラブの近隣にあるミュージシャンやプロモーターなどの音楽関係者が多く集まるバーで、ボーカリストのと出会う。 お互いの音楽観などを話し合い、新しいバンド「」の結成を決定。 のマーキー・クラブへの出演を皮切りにイエスのメンバーとしての活動を開始する。 その後、解散や分裂による活動停止という空白期間もあったものの、イエス名義の作品には彼だけが1枚残らず参加している。 純粋なソロ作品は1975年にリリースした『』1枚のみ。 セッションやコラボレーションも数えるほどしか参加していない。 イエスが休業中の2006年、彼の原点と言える「ザ・シン」を再結成して作品を発表し、ライブ・ツアーを敢行(ただし既に脱退している)。 2007年、クリスマス・アルバム『Chris Squire's Swiss Choir』を発表。 2012年、と結成したバンド、 Squackett としてのアルバム『ア・ライフ・ウィズイン・ア・デイ()』を発表。 2015年6月27日、アメリカ合衆国で病死。 フェニックス市内の墓地に埋葬された。 前月に発表されたイエスのツアーのスケジュールには、の治療のために参加しないことがアナウンスされていた。 音楽性 [ ] ・型ベースを巧みに使いこなすベーシストとして評価されており、このことは1970年代前半のメロディー・メーカー誌 における人気投票のベーシスト部門に於いて、常に上位にいたことからも窺える。 また、製のBeastと呼ばれる、、の3つからなるトリプルネックベースをライブ等で使用していた。 硬質なベース・サウンドに低音域と倍音を含ませた独特の音質で、に対してを付けたり、音数の多いフレージングが主な特徴。 演奏技術や内省的なに注目が集まりがちなプログレというジャンルに於いて、歌()そのものにも大きな比重を置いた独特の音楽性を確立したのは彼の功績が大きい。 これは少年時代、聖歌隊に所属していたことや、ボーカル・ハーモニーを多用するを嗜好していたことが影響していると言われている。 主にリード・ボーカルであるのコーラスやカウンター・メロディーを担当しているが、を使ってアンダーソンより高いパートを歌うこともあり、その個性的な声はベース・プレイと同様にイエス・ミュージックの要のひとつとなっている。 イエスの一部の楽曲で部分的或いは全面的にリード・ボーカルを取っている事例も見受けられる が、リード・ボーカルとしては弱いとされる(後述のエピソードを参照)。 エピソード [ ]• ソロの曲名やソロ・アルバムのタイトルに出てくる「」とは、オリジナル・ドラマーのがつけたクリス・スクワイアのニックネーム。 の初期にメンバー達とフラットをシェアしていた頃、彼がバスルームを長い時間占有していたことがネーミングの由来とされている。 遅刻魔としても有名で、コンサート開演直前になってもホテルで食事をしていたり、移動の際もしばしば他のメンバーを待たせたことがある。 ある日、ロッテルダム公演のために空港で待っていたメンバーが、例の如く集合時間を過ぎても現れないクリスに業を煮やし、置いてけぼりにして出発した結果、クルー用の小型機(セスナ)で移動する羽目になった。 イエスがデビュー間もない頃は、クリス抜きでギグをやったこともある。 本人曰く「人を待つのが嫌い」。 イエス結成以前の1960年代に、はクリス・スクワイアとバンドを組む準備をしていたことがある。 しかし、クリス・スクワイアがメインのボーカリストとしては弱すぎるとキース・エマーソンは判断し、このバンドの話は流れてしまった(ちなみに、ほぼ同時期に、キース・エマーソンはとのバンドも考えていた)。 1981年、イエスが活動中止(解散)している時期に、イエスのと、のの3人で新バンドのリハーサルを行っている。 バンドの仮称は「元・イエスとツェッペリン」の意味を込めて「」(eX-Yes-Zeppelin の略称)だった。 一時期、の加入の噂も流れたが、結局はうまく軌道に乗らず、リハーサルだけで解散してしまう。 当時のデモ録音のテープから4曲が流出している。 その中の2曲は後にイエスの曲に採用されることになる(もう1曲はジミー・ペイジが自己のバンド「」で採用)。 1983年に当時の妻であったが結成したバンド、のアシストを行い、1987年に発売されたファースト・アルバム『エクスワイア』ではコーラスで参加もしている。 しかし、その直後にニッキー・スクワイアとは離婚している。 エクスワイアのキーボード・プレイヤーであるはイエスのアルバム『 90125 』にサポート・ミュージシャンとして参加し、ほとんどのキーボードのパートを弾いている。 との共同作業による2枚のアルバム、1枚のDVDを「 Conspiracy 」というバンド名義で発表している。 また、ビリー・シャーウッドやらを迎えたバンド「クリス・スクワイア・エクスペリメント」としてライブ活動を行なっていた時期もある。 ディスコグラフィ [ ] ソロ [ ]• Chris Squire's Swiss Choir 2007年 イエス [ ] を参照 コンスピラシー [ ]• 旧邦題『CONSPIRACY~共謀』• The Unknown 2003年• 『コンスパイレイシー・ライヴ』 - Conspiracy Live 2006年 ザ・シン [ ]• Syndestructible 2005年• Armistice Day 2007年 スクアケット [ ]• 『ア・ライフ・ウィズイン・ア・デイ』 - A Life Within A Day 2012年 参加作品 [ ]• エディ・ハリス: 『ロンドン・セッションズ』 — E. in the U. 1974年• エスクワイア: 『エスクワイア』 — Esquire 1987年• ロック・エイド・アルメニア: 『アースクェイク』 — The Earthquake Album 1990年• : 『』 — The Six Wives of Henry VIII 1973年• リック・ウェイクマン: 『罪なる舞踏 リック・ウェイクマンの犯罪記録』 — Rick Wakeman's Criminal Record 1977年• リック・ウェイクマン: The Classical Connection II 1992年• : 『ユーフォリア』 — Euphoria 1995年• Various Artists: Back Against the Wall 2005年• ガヴァメント・ミュール: The Deep End Volume 2 2002年• : 『闇を抜けて - アウト・オブ・ザ・トンネルズ・マウス』 — Out of the Tunnel's Mouth 2009年• スティーヴ・ハケット: 『幻影の彼方 - ビヨンド・ザ・シュラウデッド・ホライゾン』 — Beyond the Shrouded Horizon 2011年• Various Artists: 『ザ・プログ・コレクティヴ』 - The Prog Collective 2012年• Various Artists: 『ソングス・オブ・センチュリー - スーパートランプ・トリビュート』 - Songs of the Century: An All-Star Tribute to Supertramp 2012年 外部リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

SOTUS/ソータス

クリス シントー

主な殺虫剤成分と有効害虫種 主な殺虫剤成分と有効害虫種 施工実施報告書には、原則として、使用薬剤を有効成分の「一般名」で記しています。 使用した薬剤の製造メーカー名等の詳細情報については、該当する有効成分を含む製剤のをご覧ください。 しろあり防除剤については、 をご覧ください。 (建築基準法 2003年7月1日改正) なお、下欄のクロルピリホスメチルは、クロルピリホスとは異なるものです。 アルカリ性の条件下では比較的速く分解します。 防疫殺虫剤としてはザーテル、サフロチン等がこの系統の殺虫剤です。 ピレスロイド系 除虫菊の殺虫成分であるピレトリンと類似の構造を持つ殺虫剤です。 神経に作用するものですが、有機リン系の殺虫剤と異なり、神経軸索に作用して殺虫効力を発揮するものです。 速効的な作用と哺乳類に対して安全性が高いことが特徴です。 ピレスロイド系殺虫剤と同様の作用を示すが、化学構造的には異なるものを「ピレスロイド様」といい、エトフェンプロックス(レナトップ)、シラフルオフェン(シロネン)がその代表例です。 一般に、魚毒性が高い ピレスロイド様 作用機作はピレスロイド系剤と類似。 温血動物に対する毒性が極めて低い。 魚類、爬虫類に対する毒性は比較的低く、有機リン系剤並。 昆虫成長制御剤 IGR Insect Growth Regulator 昆虫の成長を制御することにより殺虫効力を発揮するものです。 昆虫の体表組織の合成を阻害して脱皮を出来なくする、デミリンを代表とするキチン合成阻害剤と、幼虫から蛹、または蛹から成虫への変態を阻害して死にいたる幼若ホルモン様物質(アルトシッド、スミラブ)の2種類があります。 アミジノヒドラゾン系 作用機構も従来の殺虫剤と異なり、遅効性で食毒効果が高い。 害虫が喫食すると運動量の低下、呼吸の減少等の症状が出る。 他の殺虫剤で抵抗性がついた害虫にも有効。 有機塩素系 かつてBHC、DDT、クロルデンなど、優れた殺虫効果を持つ化合物が多く使われていたが、分解しにくいため環境中に残留したものが、地球規模の汚染問題を起こし、現在では多くが製造と使用が禁止された。 オロソジクロルベンゼンは、ハエ・ウジに対して高い効力があり、殺蛆剤として利用されている。 残効性はあまりないが、殺菌効果も有している。 カーバメート系 カルバミン酸のエステル化した化合物。 1940年代の終わりに発見。 主に農薬として開発されてきた。 コリンエステラーゼ阻害力があり、その作用機作は有機リン系剤に類似。 ネオニコチノイド系 ネオニコチノイドとは新しい(ネオ)ニコチン様(ノイド)物質という意味で、タバコに含まれるニコチンに似た作用を持つ。 神経伝達を遮断して麻痺、弛緩等に至らせる。 化学的に安定な部類に属しているので、長期間残効性に優れている。 人畜に対する急性毒性は低い。 また、害虫に対して忌避性がなく、害虫が薬剤に接触しやすい。 注意 薬剤の施用にあたっては、各成分の特徴・違いに加えて、各成分を主成分とする各製剤ごとに、法規制や対象害虫が異なるため、対象物件・対象害虫・施工実施者の資格等により、使用できる製剤が異なります。 詳しくは各製剤の取扱説明書をよく読んで施用する事。 衛生害虫(人の健康上の影響を及ぼす害虫=ゴキブリ、ハエ、蚊、イエダニ、屋内塵性ダニ、ノミ、シラミ、トコジラミ)を駆除するためには、薬事法上の医薬品または医薬部外品の承認を得た製剤を用いる必要があります。 また、同じ有効成分を含む製剤であっても、製剤によっては、「害虫駆除業者専用」と表示され、訓練を受けた技術者でなければ扱うことのできないものもあります。 [PR].

次の