ダイオーズカバーオール 独立開業。 おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング

オフィス清掃大手「ダイオーズ」の清掃フランチャイズの魅力とは?

ダイオーズカバーオール 独立開業

お掃除の事業を始めるにあたって、フランチャイズに加盟するのは賢い選択だと言えるでしょう。 知名度の高いフランチャイズ本部に加盟すれば、それだけで集客力が高くなります。 ただし高い売上を上げるためには、営業をして、たくさんの顧客を獲得していかなければなりません。 しかし、お掃除の事業を始めようとしている方のなかには、営業に苦手意識があるという方もいるはずです。 そんな方におすすめなフランチャイズ本部が、 営業が一切不要の「ダイオーズカバーオール」です。 今回はお掃除のフランチャイズ本部に加盟して、営業なしで高い売上を上げたいという方のために、ダイオーズカバーオールの特徴や開業資金、メリットやデメリットなどについて徹底解説していきます。 Contents• ダイオーズカバーオールの特徴 ダイオーズカバーオールは、「株式会社ダイオーズ」が運営する、オフィス清掃のサービスです。 ダイオーズは2003年に、オフィスビルの清掃サービスで米国シェアNo. 1を誇る「カバーオール社」と提携しています。 ダイオーズでは、カバーオール社のオフィス清掃のノウハウや教育プログラムを導入し、日本向けのサービスを展開しています。 この日本向けのサービスこそ、ダイオーズカバーオールなのです。 ダイオーズカバーオールはフランチャイズ展開をしていて、実際のオフィス清掃は加盟店オーナーたちに任せています。 ダイオーズカバーオールのフランチャイズ本部に加盟すれば、アメリカでシェアNo. 1の企業のノウハウを学んだうえで、本部の看板を使って開業できます。 ダイオーズカバーオール加盟時の流れ ダイオーズカバーオールに加盟して、開業するまでの流れは以下のとおりです。 説明会• 事務手続• 初期清掃研修• 営業研修• 開業 開業前に行う実務研修の期間は、10日間となっています。 研修が終われば、すぐに開業できます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ダイオーズカバーオールの加盟にかかる費用 冒頭で説明したとおり、ダイオーズカバーオールの加盟店オーナーは営業をする必要がありません。 案件は全て、本部が紹介してくれるのです。 これは逆に言えば、ダイオーズカバーオールは加盟店オーナーの売上額を調整できるということでもあります。 ダイオーズカバーオールでは「売上保証制度」を採用しており、加盟店オーナーはそれぞれ、規定の額の売上が保証されています。 ダイオーズカバーオールでは、売上保証額に応じた複数のプランが用意されており、加盟者は好きなプランを選択可能です。 出店地域が関東の場合、以下のプランが用意されています。 売上保証額30万円プラン• 売上保証額40万円プラン• 売上保証額50万円プラン 「売上保証額30万円プラン」で契約した場合、毎月の最低売上額が30万円になるように、本部から案件を紹介してもらえる仕組みです。 ダイオーズカバーオールでは、どのプランで契約するかによって、最初に本部に支払う開業資金の額が異なります。 またダイオーズカバーオールの出店可能店舗は「関東」「関西」「中部」に限られており、出店地域が「関東」か「関西・中部」かによっても、開業資金の額が異なります。 関東のプランごとの加盟金は、以下のとおりです。 売上保証額30万円プラン…310万円• 売上保証額40万円プラン…370万円• 売上保証額50万円プラン…430万円 それぞれの内訳は、以下のようになっています。 加盟金(研修費込) スターターキット 顧客開発費 30万円プラン 20万円 110万円 180万円 40万円プラン 20万円 110万円 240万円 50万円プラン 20万円 110万円 300万円 関西・中部のプランごとの加盟金は、以下のとおりです。 売上保証額20万円プラン…420万円• 売上保証額60万円プラン…710万円 各プランの内訳は、以下のようになっています。 加盟金 研修費 スターターキット 顧客開発費 20万円プラン 140万円 80万円 80万円 120万円 60万円プラン 140万円 80万円 130万円 360万円 ダイオーズカバーオールでは、関東よりも関西や中部のほうが、開業資金が高額になっています。 また、本部に毎月支払う「ロイヤリティ」の額も、以下のように出店地域によって異なります。 関東…売上の27. 関西…売上の17. 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ダイオーズカバーオールのメリット ダイオーズカバーオールのメリットは、やはり営業の必要がないという点にあります。 ハウスクリーニングのフランチャイズ本部でも、開業から間もない頃は、本部から案件を紹介してもらえます。 しかしゆくゆくは本部からの紹介だけでなく、自分でも顧客を開拓するため、営業をしなければなりません。 ダイオーズカバーオールでは、新規開拓や案件の獲得は全て本部がしてくれるのです。 営業の必要がないので、加盟店オーナーは本部から割り振られた案件の清掃だけに注力できます。 さらにダイオーズカバーオールには、ハウスクリーニングのフランチャイズにはない強みがあります。 先ほども説明したとおり、ダイオーズカバーオールはオフィスやビルの定期清掃のサービスです。 単発のハウスクリーニングと違い、ビルやオフィスの清掃は年単位での契約がほとんどです。 加盟店オーナーは、本部と年間契約を結んだ顧客企業などで定期的に清掃をすることになるため、売上が安定します。 つまりハウスクリーニングと比べて、長期的な売上の見通しが立ちやすいのです。 さらに ダイオーズカバーオールでは、紹介してもらった顧客企業が倒産しても、同等の顧客を紹介してもらえる「顧客保険制度」を採用しています。 そのため、定期的に清掃をしていた顧客企業がつぶれても、加盟店オーナーの売上額は落ちません。 また、ビルやオフィスの清掃と言っても、ダイオーズカバーオールで紹介される案件のほとんどが中小企業の小さいビルです。 中小企業のビルなら、1~2人の少ない人数でも、数時間で作業を終えられます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ダイオーズカバーオールのデメリット ここまでダイオーズカバーオールのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。 それは ハウスクリーニングと比べると、加盟金とロイヤリティが高額だという点です。 ダイオーズカバーオールに加盟するには、最も安価なプランでも、開業資金が310万円かかります。 ハウスクリーニングのフランチャイズ本部のなかでも有名な「おそうじ本舗」の開業資金が259万円ということを考えれば、いかに高額かが分かるはずです。 またダイオーズカバーオールは、ロイヤリティも高額です。 ダイオーズカバーオールのロイヤリティは、関西・中部で17. 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ダイオーズカバーオールは、オフィス清掃のフランチャイズ本部です。 ダイオーズカバーオールでの仕事は、全て本部が紹介してくれるため、加盟店オーナーは営業をする必要がありません。 ダイオーズカバーオールは、営業が苦手だという方にうってつけのフランチャイズ本部だと言えるでしょう。 ただしダイオーズカバーオールでは、ハウスクリーニングと比べて、開業資金とロイヤリティの額が高くなっています。 そのため開業資金やロイヤリティを安く抑えたいという方には、不向きなフランチャイズ本部だとも言えるでしょう。

次の

ダイオーズカバーオールのフランチャイズ

ダイオーズカバーオール 独立開業

もくじ• テナントのビルやマンションの定期清掃を中心としたビジネスを展開しています。 大きな特色は、売上保証のあるビジネスモデルです。 営業はビルズの本部が行うので、オーナーは清掃の仕事だけに従事できます。 紹介する顧客については、あらかじめ本部とオーナーの間で相談できるので、オーナーの希望に合ったビジネスを行うことができるでしょう。 ビルズの評判がよい理由として売上保証があります。 フランチャイズの中には開業したものの仕事がほとんどなく、開店休業状態で赤字がどんどん増えてしまったという人もいます。 ビルズでは、清掃の権利を本部から買うというシステムを採用しているので、開業後から安定した収入を稼ぐことが可能です。 また、ビルズの本部は電話やメールのほかに、チャットワークを使用してオーナーとの連携をとっています。 気軽に相談できる本部があるので、オーナーは安心して経営を続けることができるでしょう。 オーナーの中には年収が500万円以上になった人もいます。 ビルズでは、加盟後に売上目標を自分で決めることになっており、30~100万円の中での希望が可能です。 自分の稼ぎたいペースで働くことのできるビルズは、おすすめの会社といえるでしょう。 4-1. 定年制度がない 清掃のフランチャイズチェ-ンの中には、加盟の年齢制限を設けていることがありますがビルズにはありません。 そのため、定年後にビルズのフランチャイズに加盟して仕事を続けることも可能です。 営業の必要がないので、清掃業に集中をしながら仕事ができるので安心です。 ビルズの作業現場は、テナントのビルやマンションが中心です。 作業内容も定期的な清掃が中心となっているので、すぐに仕事を覚えることができますし、危険な作業もありません。 そのため、年配者でもおすすめのビジネスといえるでしょう。 4-2. 年間を通じて稼ぐことができる ビルズが紹介する清掃は、すべて年間契約です。 1回のみの現場ではないので、1年を通して安定した収入を得ることが可能です。 「開業当初は本部からの仕事があったものの、その後はまったく仕事がなくなってしまう」というようなことがないので安心です。 4-3. 加盟前や加盟後のサポートがしっかりしている ビルズでは、オーナーが安心して働くことができるように徹底したサポートを行っているのも魅力です。 3カ月間の研修では、座学による講義、実技によるスキルの習得、実際に現場に同行しての学習を用意しています。 丁寧なサポートやわかりやすいアドバイスを受けることができるので安心です。 開業後についても、「オーナー交流会」や「定期勉強会」が行われているので、開業後の不安や疑問を解消できるでしょう。 ロイヤリティを支払わなければならない フランチャイズチェーンに加盟する場合には、加盟金とロイヤリティを支払わなければなりません。 そのため、通常の清掃業の開業よりも費用がかかることもあるので注意が必要です。 ただし、フランチャイズチェーンではロイヤリティを支払う代わりに、本部によるサポートを受けることができます。 開業資金がかかってもサポートを受けながら経営をしたい人には、ビルズに加盟するほうがよいでしょう。 ビルズに加盟する場合には、50万円の加盟金と20万円の研修費、売上の20%のロイヤリティがかかります。 5-2. 本部によって経営方針が決まっている フランチャイズチェーンの多くは、ブランドのイメージを守るために経営方針を決めています。 清掃道具の指定や清掃方法などを細かく定めており、違反した場合には契約が打ち切りになることもあるので注意が必要です。 5-3. クレームを受ける可能性がある ビルズのような清掃業のデメリットとして、クライアントからのクレームを受けやすいという点があります。 清掃業者は、特別な洗剤や清掃道具を使用することもあります。 清掃の方法を間違えたりすると、床や壁を汚したりキズをつけてしまったりする可能性もあるので注意が必要です。 清掃中にキズをつけてしまうと、クライアントによるクレームが発生することもあります。 ビルズでは、開業前に3カ月間の研修があるので、しっかりと学んでスキルを身につけておくことが重要でしょう。 ・応募条件 ビルズの応募条件は、顧客とコミュニケーションが取れること」と「車やバイクを使用して作業ができること」の2つです。 年齢制限などはありません。 ・募集エリア 東京23区、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3件です。 ・開業のための初期費用 開業にかかる初期費用は20万円ですが、開業するまでには200万円の資金が必要です。 内訳は以下のとおりです。 ・加盟金 50万円 ・スターターキット 50万円 ・研修費用 20万円 ・清掃権 100万円 このほか車両を持っていない場合には、車両購入費が必要です。 ・ロイヤリティ 毎月の売上の20%です。 ビルズのようなビルメンテナンスやビルクリーニングは、4兆円ほどの市場規模があるので魅力的です。 市場規模がかなり大きいので、これからも安定した収入を稼ぐことができるでしょう。 また、フランチャイズ専用のホームページでは資料請求もできるので、まずは資料でビルズのフランチャイズシステムを把握するのがおよいでしょう。 builds-aqx. まとめ ビルズのフランチャイズはおすすめです。 ・売上保証があるので、毎月安定した収入を得ることができる ・加盟後のサポートもしっかりしている ・ビルクリーニングの市場規模は大きい オーナーにとってメリットとなるポイントがたくさんあるので、開業後から黒字営業が可能です。 資料請求もできるので、まずはビルズの本部に連絡をして詳しい資料を入手することをおすすめします。 関連記事•

次の

ハウスクリーニングの独立開業に失敗した原因を探る

ダイオーズカバーオール 独立開業

お掃除の事業を始めるにあたって、フランチャイズに加盟するのは賢い選択だと言えるでしょう。 知名度の高いフランチャイズ本部に加盟すれば、それだけで集客力が高くなります。 ただし高い売上を上げるためには、営業をして、たくさんの顧客を獲得していかなければなりません。 しかし、お掃除の事業を始めようとしている方のなかには、営業に苦手意識があるという方もいるはずです。 そんな方におすすめなフランチャイズ本部が、 営業が一切不要の「ダイオーズカバーオール」です。 今回はお掃除のフランチャイズ本部に加盟して、営業なしで高い売上を上げたいという方のために、ダイオーズカバーオールの特徴や開業資金、メリットやデメリットなどについて徹底解説していきます。 Contents• ダイオーズカバーオールの特徴 ダイオーズカバーオールは、「株式会社ダイオーズ」が運営する、オフィス清掃のサービスです。 ダイオーズは2003年に、オフィスビルの清掃サービスで米国シェアNo. 1を誇る「カバーオール社」と提携しています。 ダイオーズでは、カバーオール社のオフィス清掃のノウハウや教育プログラムを導入し、日本向けのサービスを展開しています。 この日本向けのサービスこそ、ダイオーズカバーオールなのです。 ダイオーズカバーオールはフランチャイズ展開をしていて、実際のオフィス清掃は加盟店オーナーたちに任せています。 ダイオーズカバーオールのフランチャイズ本部に加盟すれば、アメリカでシェアNo. 1の企業のノウハウを学んだうえで、本部の看板を使って開業できます。 ダイオーズカバーオール加盟時の流れ ダイオーズカバーオールに加盟して、開業するまでの流れは以下のとおりです。 説明会• 事務手続• 初期清掃研修• 営業研修• 開業 開業前に行う実務研修の期間は、10日間となっています。 研修が終われば、すぐに開業できます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ダイオーズカバーオールの加盟にかかる費用 冒頭で説明したとおり、ダイオーズカバーオールの加盟店オーナーは営業をする必要がありません。 案件は全て、本部が紹介してくれるのです。 これは逆に言えば、ダイオーズカバーオールは加盟店オーナーの売上額を調整できるということでもあります。 ダイオーズカバーオールでは「売上保証制度」を採用しており、加盟店オーナーはそれぞれ、規定の額の売上が保証されています。 ダイオーズカバーオールでは、売上保証額に応じた複数のプランが用意されており、加盟者は好きなプランを選択可能です。 出店地域が関東の場合、以下のプランが用意されています。 売上保証額30万円プラン• 売上保証額40万円プラン• 売上保証額50万円プラン 「売上保証額30万円プラン」で契約した場合、毎月の最低売上額が30万円になるように、本部から案件を紹介してもらえる仕組みです。 ダイオーズカバーオールでは、どのプランで契約するかによって、最初に本部に支払う開業資金の額が異なります。 またダイオーズカバーオールの出店可能店舗は「関東」「関西」「中部」に限られており、出店地域が「関東」か「関西・中部」かによっても、開業資金の額が異なります。 関東のプランごとの加盟金は、以下のとおりです。 売上保証額30万円プラン…310万円• 売上保証額40万円プラン…370万円• 売上保証額50万円プラン…430万円 それぞれの内訳は、以下のようになっています。 加盟金(研修費込) スターターキット 顧客開発費 30万円プラン 20万円 110万円 180万円 40万円プラン 20万円 110万円 240万円 50万円プラン 20万円 110万円 300万円 関西・中部のプランごとの加盟金は、以下のとおりです。 売上保証額20万円プラン…420万円• 売上保証額60万円プラン…710万円 各プランの内訳は、以下のようになっています。 加盟金 研修費 スターターキット 顧客開発費 20万円プラン 140万円 80万円 80万円 120万円 60万円プラン 140万円 80万円 130万円 360万円 ダイオーズカバーオールでは、関東よりも関西や中部のほうが、開業資金が高額になっています。 また、本部に毎月支払う「ロイヤリティ」の額も、以下のように出店地域によって異なります。 関東…売上の27. 関西…売上の17. 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ダイオーズカバーオールのメリット ダイオーズカバーオールのメリットは、やはり営業の必要がないという点にあります。 ハウスクリーニングのフランチャイズ本部でも、開業から間もない頃は、本部から案件を紹介してもらえます。 しかしゆくゆくは本部からの紹介だけでなく、自分でも顧客を開拓するため、営業をしなければなりません。 ダイオーズカバーオールでは、新規開拓や案件の獲得は全て本部がしてくれるのです。 営業の必要がないので、加盟店オーナーは本部から割り振られた案件の清掃だけに注力できます。 さらにダイオーズカバーオールには、ハウスクリーニングのフランチャイズにはない強みがあります。 先ほども説明したとおり、ダイオーズカバーオールはオフィスやビルの定期清掃のサービスです。 単発のハウスクリーニングと違い、ビルやオフィスの清掃は年単位での契約がほとんどです。 加盟店オーナーは、本部と年間契約を結んだ顧客企業などで定期的に清掃をすることになるため、売上が安定します。 つまりハウスクリーニングと比べて、長期的な売上の見通しが立ちやすいのです。 さらに ダイオーズカバーオールでは、紹介してもらった顧客企業が倒産しても、同等の顧客を紹介してもらえる「顧客保険制度」を採用しています。 そのため、定期的に清掃をしていた顧客企業がつぶれても、加盟店オーナーの売上額は落ちません。 また、ビルやオフィスの清掃と言っても、ダイオーズカバーオールで紹介される案件のほとんどが中小企業の小さいビルです。 中小企業のビルなら、1~2人の少ない人数でも、数時間で作業を終えられます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ダイオーズカバーオールのデメリット ここまでダイオーズカバーオールのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。 それは ハウスクリーニングと比べると、加盟金とロイヤリティが高額だという点です。 ダイオーズカバーオールに加盟するには、最も安価なプランでも、開業資金が310万円かかります。 ハウスクリーニングのフランチャイズ本部のなかでも有名な「おそうじ本舗」の開業資金が259万円ということを考えれば、いかに高額かが分かるはずです。 またダイオーズカバーオールは、ロイヤリティも高額です。 ダイオーズカバーオールのロイヤリティは、関西・中部で17. 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ダイオーズカバーオールは、オフィス清掃のフランチャイズ本部です。 ダイオーズカバーオールでの仕事は、全て本部が紹介してくれるため、加盟店オーナーは営業をする必要がありません。 ダイオーズカバーオールは、営業が苦手だという方にうってつけのフランチャイズ本部だと言えるでしょう。 ただしダイオーズカバーオールでは、ハウスクリーニングと比べて、開業資金とロイヤリティの額が高くなっています。 そのため開業資金やロイヤリティを安く抑えたいという方には、不向きなフランチャイズ本部だとも言えるでしょう。

次の