菜の花 ゆで方。 菜の花の苦味のとり方は?意外と知られていない春の旬。

菜の花の茹で方の基本!もう苦くない!美味しくなる3つのコツも

菜の花 ゆで方

長さは10センチ位に揃えられていることが多いです。 2.菜の花を洗います。 洗ったら、3等分くらいに切ります。 そのままの長さで茹でても良いですが、 切ってからの方が茹でやすいです。 栄養は多少変わるかもしれませんが、味は変わりません。 長さはお好みで・・・。 お湯が沸騰したら、まず根元の方を茹で、 30秒たったら真ん中の部分を追加します。 また30秒たったら穂先(つぼみ)を追加します。 そこから30秒たったらザルに取ります。 (計1分30秒茹でます) 4.そのままザルに広げて冷まします。 冷めたら絞らなくても、そのまま調理できます。 水に取らないほうが水っぽくならず、風味が残って美味しいです。 アクがあるので水に取ったほうがエグみは多少なくなりますが、 どちらでも丁度良いほろ苦さだと思います。 菜の花の茹で方 レンジでもできる? 菜の花は、電子レンジでも調理できます。 耐熱容器に入れてラップをし、 600wで1分半くらいが目安です。 茎の太さによって多少時間が変わるので、 一度取り出してみて、まだ固いようだったら 30秒ずつ追加してください。 ただ、根元の部分の茎に合わせると、 穂先(つぼみ)がシナシナになってしまうので、 根元と穂先(つぼみ)に分けて、 途中で穂先を追加して加熱するのがおすすめですよ。 また、茹でる場合と違ってアクが抜けないので、 エグみが少し強いかもしれません。 どちらの場合も、味や調理方法には好みがあるので、 一度試してみてくださいね。 菜の花のおいしい食べ方は? 菜の花と言えば、からし和えのイメージが結構ありますが、 それ以外でももちろん美味しく食べられます。 菜の花の中華風おひたし 【材料】 ・茹でた菜の花 1パック分 ・ごま油 小さじ1 ・3倍濃縮だし 大さじ1 ・鶏がらスープ 小さじ1 ・湯 大さじ3 ・すりゴマ 大さじ2 よく混ぜ合わせて出来上がり。 調味料は好みで加減してください。 (特に、濃縮だしは2倍と3倍ではお湯の量) ちなみに、我が家では昆布つゆを使っています。 菜の花の豚肉炒め 【材料】 ・茹でた菜の花 1パック分 ・豚こま切れ肉 300g ・にんにく 1かけ ・砂糖 大さじ1 ・酒 大さじ3 ・醤油 大さじ2 1.豚こまには軽く塩コショウし、にんにくはスライスします。 2.フライパンに大さじ1の油とニンニクを入れて熱したら、 豚こまを炒めます。 3.豚こまに火が通ったら、菜の花を入れます。 砂糖、酒、醤油の順に入れて、1分くらい炒めたら出来上がり。 4,最後にかつお節を散らすと美味しいです。 ゴマもおすすめ。 おわりに 菜の花はちょっと苦味があるので、大人向けの味かもしれませんが、 ちょっと濃い目に味付けすれば、子供さんでも食べられます。 季節限定のお味なので、見かけたらぜひ食べてみてくださいね。

次の

マスターしたい!「菜の花」基本のゆで方&おすすめレシピ

菜の花 ゆで方

長さは10センチ位に揃えられていることが多いです。 2.菜の花を洗います。 洗ったら、3等分くらいに切ります。 そのままの長さで茹でても良いですが、 切ってからの方が茹でやすいです。 栄養は多少変わるかもしれませんが、味は変わりません。 長さはお好みで・・・。 お湯が沸騰したら、まず根元の方を茹で、 30秒たったら真ん中の部分を追加します。 また30秒たったら穂先(つぼみ)を追加します。 そこから30秒たったらザルに取ります。 (計1分30秒茹でます) 4.そのままザルに広げて冷まします。 冷めたら絞らなくても、そのまま調理できます。 水に取らないほうが水っぽくならず、風味が残って美味しいです。 アクがあるので水に取ったほうがエグみは多少なくなりますが、 どちらでも丁度良いほろ苦さだと思います。 菜の花の茹で方 レンジでもできる? 菜の花は、電子レンジでも調理できます。 耐熱容器に入れてラップをし、 600wで1分半くらいが目安です。 茎の太さによって多少時間が変わるので、 一度取り出してみて、まだ固いようだったら 30秒ずつ追加してください。 ただ、根元の部分の茎に合わせると、 穂先(つぼみ)がシナシナになってしまうので、 根元と穂先(つぼみ)に分けて、 途中で穂先を追加して加熱するのがおすすめですよ。 また、茹でる場合と違ってアクが抜けないので、 エグみが少し強いかもしれません。 どちらの場合も、味や調理方法には好みがあるので、 一度試してみてくださいね。 菜の花のおいしい食べ方は? 菜の花と言えば、からし和えのイメージが結構ありますが、 それ以外でももちろん美味しく食べられます。 菜の花の中華風おひたし 【材料】 ・茹でた菜の花 1パック分 ・ごま油 小さじ1 ・3倍濃縮だし 大さじ1 ・鶏がらスープ 小さじ1 ・湯 大さじ3 ・すりゴマ 大さじ2 よく混ぜ合わせて出来上がり。 調味料は好みで加減してください。 (特に、濃縮だしは2倍と3倍ではお湯の量) ちなみに、我が家では昆布つゆを使っています。 菜の花の豚肉炒め 【材料】 ・茹でた菜の花 1パック分 ・豚こま切れ肉 300g ・にんにく 1かけ ・砂糖 大さじ1 ・酒 大さじ3 ・醤油 大さじ2 1.豚こまには軽く塩コショウし、にんにくはスライスします。 2.フライパンに大さじ1の油とニンニクを入れて熱したら、 豚こまを炒めます。 3.豚こまに火が通ったら、菜の花を入れます。 砂糖、酒、醤油の順に入れて、1分くらい炒めたら出来上がり。 4,最後にかつお節を散らすと美味しいです。 ゴマもおすすめ。 おわりに 菜の花はちょっと苦味があるので、大人向けの味かもしれませんが、 ちょっと濃い目に味付けすれば、子供さんでも食べられます。 季節限定のお味なので、見かけたらぜひ食べてみてくださいね。

次の

菜の花のゆで方・あく抜き、水にひたさない「おかあげ」で。

菜の花 ゆで方

菜の花の種類 スーパーで売られている菜の花・なばなは 「アブラナ科の野菜をつぼみや茎、若葉で収穫したものの総称」らしく、販売方法もいくつか種類があるようです。 私の住む愛知県付近のスーパーでは下のような品揃えでした。 ・ 【穂先が整えられて一束になっているタイプ(左)】つぼみから20㎝くらいを切り取っているので、つぼみ下の茎も一緒に調理します。 ・ 【つぼみ部分だけを摘み取って袋詰めして売られているタイプ(中央)】グラム数の割にはちょっと値段は高めです。 ・ 【つぼみのついていない、茎と葉部分だけの菜の花(右)】葉物野菜に近いこのタイプにも、地域ごとに品種・ブランドがあるようです。 アブラナ科の各品種のことはふれずに、ここではあくまで調理方法・ゆで方についてふれたいと思います。 また、選ぶときはつぼみ付きの物に関しては、花の咲いていないものを選び、切り口がみずみずしいものを! 菜の花の太さによるゆで時間の違い 上で紹介した長い茎もセットで売られているものは、料理屋で勤めていた時にも長年使っていたもので、 「つぼみ部分と茎部分に分けて、時間差をつけてゆでる」ことが必要です。 半分にしてそれぞれの太さを見てみると、茎の下部は12mm、つぼみ部分の切り口は6〜7mmといったところ。 この太さの差でもちょうどよいゆで時間が違うので、時間差をつけてゆでるとよいです。 太さは時期や商品によって差が大きいので、細めから太めのものをそろえて、一度ゆで時間を確認してみた結果が下の通りです。 菜の花のゆで方の詳細 ここからはより詳しく、工程のながれを写真とともに紹介したいと思います。 まず、菜の花は必要があれば食べやすい長さに切り、茎とつぼみ側に分けておきます。 また、熱湯を沸かしてティースプーン山盛り1杯ほどの塩を加えます。 上のゆで時間を参考にしつつ、茎の直径からおおよそのゆで時間を確認します。 その後、はじめに茎側を入れてゆでます。 続いて、つぼみ側を(逆算して茹で上がりが同じ時間になるタイミングで)鍋に投入して、箸で上下を返すようにゆでます。 時間がきたらすぐにざる上げし、冷水に落として菜の花を冷まします。 手でギュッとしぼってから料理に使ってください。

次の