ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア。 【一番妊娠しやすいタイミング法】排卵日から何日目に何回する?

排卵検査薬 これって陰性陽性どっち?

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア

以前、使っていた排卵検査薬は、薄いテストラインが続くことがありました。 そして、LHサージが上昇しているのかしていないのか判断しにくかったのです。 コントロールラインと同じ色、または濃い色になると陽性、それ以外は陰性という判断でした。 しかし、今回改良されたワンステップは、それがなくなったのです。 実際に、使って判断が明確になったこと実感しました。 LHサージが上昇し始めた時に薄いラインが出て、ピークになると濃くなる。 その後は薄くなり、さらに次の検査ではっきりとテストラインが出なくなりました。 ラインが出れば陽性、出なければ陰性とシンプルでとてもわかりやすくてよかったです。 使い方は簡単で、問題なく使う事が出来ました。 検査の仕方は、スティックに直接かけるか、採尿してつけるかなのですが、後者の使い方がおすすめです。 採尿に使用する紙コップはホームセンターや100円均一で売っているもので十分です。 たくさんはいっていて、安いものでOK。 そして、いつでも検査できるように、数回分の紙コップと排卵検査薬をトイレに準備しておくのがおすすめです。 検査の方法は簡単、コップに採尿して、検査薬を3秒~5秒つけて判定を待つだけです。 ただし、この時にしっかりと3~5秒つけててください。 私の場合、以前、あまりにも早くカウントをしてしまい、正確な判断が出来ないときがありました。 ですから、焦らずに3秒~5秒カウントです。 その後、平らな場所において判定を待ちます。 コップを片付けたりしている間に、結果は出ています。 尿につけてから、4分~7分のものを検査結果としてみる事が注意書きにあります。 実際に7分以上たったものは、7分以内のものと比べるとテストラインが濃くなっている事がありました。 判定をミスしてしまうと困るので、注意が必要ですね。 ホルモン値の上昇感知が早くなった 仲良しのベストのタイミングは、排卵日の2日前と言われています。 もちろん、1日前や当日も妊娠する可能性はあります。 しかし、排卵する時には精子が待機している状態がいいので、私は2日前の仲良しを実践していました。 ワンステップ排卵検査薬のテストラインが薄く反応するのが、LHホルモンが20mlU/mlに達した時。 このタイミングは、徐々にピークに向かっていくよ~というサイン。 翌日にはピークになり、排卵日になり、その後、テストラインが消えているという感じです。 つまり薄く反応を始めたころが、2日前になるのでこのタイミングを逃さないことです。 ホルモン値の上昇感知が速くなっているので、2日前を逃さずにすみそうですね。 妊娠の確率をアップする為に 1回のタイミングで妊娠する可能性は、健康な状態で20~25%の確率と言われています。 そして、妊娠する可能性がある時期に複数回タイミングをとることで、妊娠の確率をあげることができます。 妊娠しやすい時期や排卵日5日前から排卵日までで、ベストなタイミングは排卵日2日前。 これは、卵子と精子の生存可能な時間が異なるから。 卵子の寿命は短く、排卵されてから16時間~24時間。 そして、受精可能な時間は約12時間です。 また、卵子は排卵の6時間後から老化していきます。 精子が女性の体内で生存できるのは約5日間(120時間)程度。 そして、射精後84時間をすぎると精子は受精能力を失います。 また、精子は、射精から5~6時間で受精機能を獲得し、そこから48時間経過すると徐々に老化します。 つまり、新鮮な卵子と新鮮な精子が受精できる時間は、排卵後6時間となります。 ですから、妊娠の確率をアップするには「排卵が始まる前に精子が待機している」状態がベスト。 ベストなタイミングは排卵日2日前です。 >>排卵日2日前が分かるワンステップ排卵検査薬クリアについて詳しく知りたい方はこちら 受精までの道のり 私の場合、妊活中は、排卵検査薬だけを頼りに排卵日を確認していました。 というのも、基礎体温がバラバラだったため、付けても意味がないと思っていたからです。 実際には、私の基礎体温の測り方に問題があったのが原因で基礎体温がバラバラだったようですが・・・。 私の友人で、排卵痛があるから排卵検査薬を使う必要なくおおよその排卵日を特定できるという人がいます。 その子が第2子を計画した際も、排卵痛があった時に病院で体外受精をしてもらいすぐに妊娠できていました。 そして、可愛い男の子を無事に出産しました。 もう一人の友人は、産婦人科で不妊治療を続けています。 病院へ通い始めたころは、基礎体温をしっかり測ることが基本だったそうです。 長い間、基礎体温をチェックしていると排卵日が分かるようになるそうです。 それと同時に産婦人科で、排卵日をエコーで特定してもらいタイミングを取るそうです。 保険が適用されるケースと、そうでないケースもあるようなので、産婦人科の先生に相談してみるのもいいかもしれませんね。 私のおすすめの排卵日を知るための方法 私が第1子を妊娠した時は、産婦人科でおおよその排卵日を調べてもらいました。 排卵日を聞くために行ったわけではないのですが、妊活中だったのでついでに教えてもらいました。 その時に、料金が取られていたのかいないのかは、わかりませんが・・・。 で、その月の排卵日の前々日と、前日にタイミングを取り妊娠したのです。 第1子の時にはすぐに妊娠したので、第2子もすぐだろうと考えていたのですが、そんなに甘くはありませんでした。 生理が終わってから2週間後くらいが排卵日かな?という適当なタイミングをとり、結局半年以上は妊娠できませんでした。 それからは、排卵検査薬を使って排卵日をチェックするようになりました。 排卵検査薬を使い始めたからと言って、すぐに妊娠したわけではないのですが、使った事によって早く妊娠できたのかなと思っています。 使わないよりは、使って排卵日を知ったほうが近道にはなるのかな。 保険が適用外になると、高いかもしれませんがそれでも大丈夫な方は、産婦人科で排卵日をエコーで特定してもらうのもありですよね。 私のように、予算もないし、なかなか病院へ行く時間もないという方は、排卵検査薬や基礎体温を測る事で排卵日を特定するのもいいと思います。 ワンステップ排卵検査薬と、クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬のセットを注文してみました。 ネットでの注文なのですが、以前も注文したことのあるドクターズチョイスのものです。 アメリカから送られてくるので、初めて注文した時は不安もありました。 しかし、今まで問題が起きたことは一度もありません。 もちろん税関などの手続きも個人でする必要がないところもいいですよね。 時々排卵検査薬が中国から送られてくるというのを聞いたことがありますが、アメリカから送られてくるものなので安心して使ってます。 偽物にはご用心です。 梱包ですが、思ったよりも小さい箱に入ってきました。 検査薬と説明書などが敷き詰められていますが、箱も中身も潰れていることもなく、問題はありませんでした。 受け渡しはポスト投函なので、受取などの面倒もありません。 ポストに入らない大きさになると、普通郵便でも手渡しになるのでコンパクトな梱包で良かったです。 中身の説明書はもちろん日本語での説明書もついているので、安心して使い始めることができます。 それに何か問題があった時も、電話を掛ければ日本人の方が出るので心配いらないのです。 使いやすさもいいのですが、なんといってもコスパが最高です。 正直、日本で買う排卵検査薬や妊娠検査薬は高いです。 それで、何度も使うのはもったいないと思ってしまいます。 そして、検査するのを遠慮してしまうんですよね。 今回購入した、ワンステップ排卵検査薬は100本入っているので、1本当たり79円です。 この金額は、他の排卵検査薬と比べると断然お得です。 そして、お得感があるから、迷うことなく1日3回の検査をしています。

次の

バージョンアップしたワンステップ排卵検査薬クリアを買ってみました。

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア

排卵検査薬で2種類を比較してみました! 最近、2人目の子供が欲しいなと考える機会が増えてきました。 しかし、産後1年が経過して生理が戻ってきたものの、生理周期は不安定な状態。 そして、年齢的にも排卵が正常に行われているかどうかの不安がある。 さらに、このままで問題なく妊娠できるのかどうかとしんぱいになってしまったのです。 そんな時に排卵検査薬をつかうことで排卵日を確実に特定できることを知ったのです。 そこで、この機会に排卵検査薬を使ってみよう!と思い立ちました。 1人目を妊娠した時は、大体の排卵日を産婦人科の先生に教えて貰いながら仲良しのタイミングをきめていました。 それで、確実に排卵日を特定できる検査薬があることは全く知らずにいたんですよね。 でも、いざ排卵検査薬についてネットで検索してみると、とてもたくさんの種類の排卵検査薬があって迷ってしまいました。 色々と比較検討した結果、私はドクターズチョイスで販売されている排卵検査薬を購入することにしました。 ドクターズチョイスを選んだ決め手になったのは、米国食品医薬局認定の商品&後払いOKだったこと。 海外から直接届くものになる訳ですし、何かと安心できる保証のようなものが欲しかったんです。 後払いにすると別途決済手数料が400円かかってしまうんですが、下手にクレジットカードで購入して情報漏れとかがあったり、商品が届かない!なんてトラブルに巻き込まれたりするのも嫌だったので。 後払いなら実際に商品が届いてからコンビニなんかで手軽に支払いができるので、初めてでも安心です。 それで、気軽に排卵検査薬を注文することができました。 私が購入したのは、ワンステップ排卵検査薬100回分とクリアーブルーイージーデジタル7回分。 プラス、妊娠しやすい体をつくっていくためにオーガニックハーブティーのファーティリ・ティーもついで買いしてみました。 購入金額が1万円以上になったので、送料も無料になってラッキーでした。 海外から届くものは税関で引っ掛かるケースもあるそうで、気長に待たなくては... と思っていたのですが、実際は1週間と思いの外早い到着で少し驚きました。 正直あまり期待していない面があったのですが、梱包もきちんとしたものでしたし、日本語の説明書も付いていたりして、これなら今後利用するにも申し分ないなと感じました。 支払いが完了した後もメールでお知らせが届いたりしますし、今回初めての利用でしたがドクターズチョイスへの信頼性はうんと上がりました。 さて肝心の排卵検査薬についてですが、生理周期が安定していない私にとってはどのタイミングで検査薬を使えばいいのかがよくわからない面がありました。 何より毎回同じ時間にチェックすることがポイントになるようなので、私は子供のお昼寝の時間帯である13時前後に毎回チェックするようにしました。 朝は何かと忙しい時間帯ですからね。 どちらの排卵検査薬も清潔で乾燥した状態のプラスチック製やガラス製の容器を使うよう記されていましたが、私は家に常時あると言ってもいい、ペットボトルゴミを適当に切って使うことにしました。 はじめて検査したときの排卵検査薬の検査結果です。 新しくなった排卵検査薬の検査結果 ワンステップ排卵検査薬クリアがあたらしくなりました。 生理初日から数えて、10日目から排卵検査薬を使い始めました。 生理の周期が安定していないので、LHサージの上昇を見逃さないためにも、早めに検査をスタートさせました。 ワンステップ排卵検査薬クリアとクリアブルーイージーデジタル排卵検査薬と兼用しての検査です。 そして、おりものの状態を気にしながら、排卵日の予測をしてみました。 ワンステップ排卵検査薬クリアの検査結果 1日目 朝 1日目 午後 1日目 夜 水っぽいおりものが少し出たので、検査をしてみたのですが陰性でした。 2日目 朝 陰性 2日目 夜 陰性 3日目 朝 陰性 3日目 夜 陰性 4日目 朝 陰性 4日目 夜 少しおりものが出始めたので、もしかしてLHサージが上昇始めるかなとと思ったのですが、陰性でした。 5日日 朝 少し黄色っぽいおりものが多く出ていたのですが陰性でした。 5日目 夜 陰性 6日目 朝 陰性 6日目 夜 陰性 7日目 朝 おりものが結構増えてきましたが、陰性でした。 7日目 午後 7日目 夜 写真には写っていないのですが、よーく見ると薄くラインが出ていました。 陽性だとすると検査した時間から72時間後くらいが排卵でしょうか。 8日目 朝 透明な水っぽそうなおりものの量が増えてきました。 確実に陽性だろうなと思うくらいの量でした。 ようやくぎりぎり写真で写るくらい陽性ラインが出てきました。 このぐらいの濃さだとまだイージーデジタルは陽性にならないかな?と思いました。 もう少し濃くなったらイージーデジタルを使ってみようと思っています。 8日目 午後 量も増え透明で粘りのあるおりものになりました。 LHサージは上昇していると思います。 8日目 夜 夕方同様の濃さでした。 9日目 朝 ほぼピークかなと思える濃さでした。 9日目 夜 LHサージの上昇がピークだと判断できるくらいの、テストラインの濃さです。 10日 朝 LHサージの上昇がピークを過ぎたころには、おりものは粘りのある感じでした。 10日 夜 おりものの量はまだ多く出ていました。 排卵検査薬の結果で予想すると、今日の夜が排卵だと思います。 11日 朝 まだ陽性反応ですが、排卵は終わっていると思います。 排卵が終わっていると、おりものはほとんど出ていません。 11日 夕方 陰性になりました。 クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬の検査結果 1日目 夜 ワンステップが陰性だったのですが、おりものが出ていたのでイージーデジタルも使ってみたがやはり陰性でした。 2日目〜6日目 未使用 7日目 朝 おりものが結構増えてきていたので、クリアブルーイージーデジタルも使ったのですが陰性でした。 8日目 午後 ワンステップは陽性でLHサージは上昇していると思うのですが、こちらは陰性でした。 このくらいの濃さなら、クリアブルーイージーデジタルも陽性だろうと思ったのですが、まだだったので少しビックリです。 8日目 夜 陽性になりました。 この時間から48時間後くらいに排卵がおこると予想できます。 1日目〜6日目までずっと陰性でした。 先月の生理から数えて10日目から検査をスタートしたのですが、ちょっと早かったようです。 生理周期が不安定だと、仕方がないことなんでしょうけど。 ただ、検査を初めて6日間も陰性が続いてしまうと、「もしかして無排卵?」と心配になってしまいます。 おりものの量が確実に増えるまでは、1日3回の検査にしてしまうと不安度が増してしまうので、1日2回の検査にしました。 おりものの量が多くなり始めてから、検査を開始するくらいでもいいのかなと思いました。 仲良しのタイミング 7日目の夜に、よーく見ると薄くラインを確認できたので、この時点で陽性なら排卵の3日前ということになります。 この時点でタイミングをとると良さそうです。 8日目の朝にはワンステップでLHサージが上昇を確認。 やはり、昨日の夜のタイミングは正解だったようです。 今日の夜のタイミングで排卵の2日前。 夜にはクリアブルーイージーデジタルが陽性。 この時点で排卵の48時間前だと思います。 タイミングをとるのにはベストな日だと思います。 9日目の夜がちょうど排卵の1日前になると思います。 この3日間で仲良しのタイミング取れていれば、いいのではないでしょうか。 6日間も陰性が続いてちょっとストレスに感じた時もありましたが、仲良しのベストタイミングを知ることが出来て良かったと思います。 仲良しのベストタイミングは排卵日2日前 回のタイミングで妊娠する可能性は、健康な状態で20〜25%の確率と言われています。 そして、妊娠する可能性がある時期に複数回タイミングをとることで、妊娠の確率をあげることができます。 妊娠しやすい時期や排卵日5日前から排卵日までで、ベストなタイミングは排卵日2日前。 ベストなタイミングは「新鮮な卵子と新鮮な精子が受精できる」こと。 それが、排卵日2日前のタイミングなのです。 に排卵検査薬はワンステップ排卵検査薬クリアです。 これは、精子と卵子の生存可能な時間が異なるから。 精子が女性の体内で生存できるのは約5日間(120時間)程度。 さらに、射精後84時間をすぎると精子は受精能力を失ってしまいます。 つまり、受精可能な精子の時間は84時間しかありません。 それから、精子は、射精から5〜6時間で受精機能を獲得し、そこから48時間経過すると徐々に老化します。 卵子の寿命は精子より短く、排卵されてから16時間〜24時間。 そして、受精可能な時間は約12時間です。 また、卵子は排卵の6時間後から老化していきます。 新鮮な卵子と新鮮な精子が受精できる時間は限られていて、排卵後6時間となります。 この精子と卵子の特徴から、妊娠には「排卵が始まる前に精子が待機している」状態がベストとなります。 このよことから、ベストなタイミングは排卵日2日前となります。 受精までのストーリー 女性の体内に入る精子はおおよそ2億〜5億、受精するためには、子宮頸管を通り抜けることが必須。 ところが、最初の難関である子宮頸管を通り抜けることができるのは、すべての精子の1%に満たない。 そして、子宮に入ると精子の数は10万個になり、子宮卵管接合部を通り、卵管峡部の精子貯蔵所に到着できるのは約数十個。 最終的に卵管膨大部で受精できるのはたった1個。 卵管膨大部で卵子と精子が出会うことで受精し、妊娠に至ります。 排卵日検査薬で2種類を比較してみました!記事一覧.

次の

排卵検査薬 これって陰性陽性どっち?

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア

不妊検査の初診は生理中でもOK 生理中だけど不妊検査ってできるのかな?と思いつつ、近所の不妊治療専門クリニックに電話をしてみたところ、 生理中でも問題ないとのこと。 そして、夫婦二人とも検査をしたいので、夫の仕事が休みの土日で予約をできるのか聞いてみたところ、 初診は平日のみだと言われました。 平日は夫が仕事を休めないので、平日に二人で行くのは難しいです。 私一人で平日に行って、次回の予約からは夫と一緒に土日の予約もできるとのことだったので、とりあえず、まずは私だけで不妊治療専門クリニックに行くことになりました。 持ち物は、健康保険証と顔写真付きの公的身分証だけです。 問診票はクリニックで書いてもいいのですが、ホームページでダウンロードできたので自宅で記入して持っていきました。 そして 次回の私の不妊検査にかかる費用は約8万円、夫の不妊検査は1万5千円くらいだといわれました。 なので、 不妊検査全てを合計すると10万円を少し超えるくらいです。 ただ、私が住んでいる東京都では不妊検査の助成金が5万円もらえますので、 実質5万円くらいの負担です。 東京都の不妊検査の助成金は病院側に書いてもらう書類もあるのですが、今回の不妊治療専門クリニックでは書類代として別途3,500円かかるそうです。 書類代の金額は病院によって違うと思います。 不妊検査費用(女性)内訳 今回の私の不妊検査の初診の内訳は、 ・精液検査 ・感染症検査 の2つで費用は15,000円程だそうです。 初診の不妊検査の流れ 以下今回の不妊検査の流れです。 血圧を測定して待機 まず、予約した時間に不妊治療専門クリニックに行くと10人弱の人が待っていました。 夫婦で来ている人もいました。 受付を済まして診察券をもらい、言われた通りに院内に置いてある血圧測定器で血圧を測定、 自分の番号がモニターに出るまで待合室で待ちました。 番号がモニターに出て、診察室に行くまで40分くらい待ちました。 検査内容の説明 診察室に入ると、先生が問診表を見ながら生理周期や妊活の期間、風疹の抗体検査をしているか、どんな検査をするか等について説明してくれました。 今回は保険診療内の不妊検査をするとのことでした。 そして再び待合室で待機です。 10分くらい待ちました。 血液検査 今度はまた違う部屋に呼ばれて、女性の方が血液をとってくれました。 血液検査は、5種類のホルモン検査、クラミジア抗体検査など結構たくさんの血液をとりました。 ホルモン検査は、 ・卵胞ホルモン ・黄体化ホルモン ・黄体ホルモン ・卵胞刺激ホルモン ・乳腺刺激ホルモン の5種類です。 クラミジア抗体検査は時間がかかるが、その他の検査は今日結果が出ると言われました。 その後また待合室で待機し、数十分待ち、再び診察室へ。 経腟超音波検査 今度は経腟超音波検査(けいちつちょうおんぱけんさ)です。 下だけ脱いで、機械を入れられました。 子宮頸がん検診の時と同じ感じです。 下はすべて脱ぐので、不妊検査のときは長めのトップスの方が恥ずかしくないと思います・・・ なんとなく生理中は経腟超音波検査をやらないと思っていたのですが、生理中でもいいみたいです。 検査中にモニターを見ながら、卵がたくさんあるというようなことを言われました。 たしかに、白いものがいくつか映っていました。 多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)というらしいです。 ひとまず、これで保険適用の初診の不妊検査は一通りおわりです。 先生から検査結果の説明 検査がおわったら、最後に先生からの検査結果の説明です。 まず、血液検査の貧血やホルモン検査は問題なかったようです。 クラミジア抗体検査は結果が出るまで時間がかかるそうで、後日連絡が来ます。 問題があったのは、経腟超音波検査(けいちつちょうおんぱけんさ)です。 卵胞がたくさんあるようで?多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)の疑いと言われました。 排卵障害の一種で、生理が遅れたりするのはたぶんこのせいだったんだと納得しました。 私は、5年くらい前に生理じゃない時期ですごく出血があった時に、産婦人科で診てもらったことがあります。 その時に、排卵をしていないと言われましたが、先生は特に気にすることもない感じだったし薬もいらないようだったので、私も特に気にせず出血もそれ以来なかったので気にしてなかったんです。 しかし以前から排卵障害だったんだろうなと思いました。 でも生理周期が30日くらいで普通の時も多いので、先生が今回は薬を使わずにタイミング法でと言っていたので、多嚢胞性卵巣症候群だから全く自然に妊娠できないというわけではないんだと思います。 ちなみに、次回超音波下卵管造影検査をするにあたっての注意点として ・検査日まで避妊をすること ・当日は朝食をとらない とのことです。 そして、もしもこれから結果が出る クラミジア抗体検査で異常があった場合にはそちらの治療が先になるので検査は出来ないと言われました。 夫の注意点は、禁欲期間は2日以上7日以内とのことです。 後日残りの不妊検査 再来週、そのほかの保険適用外の不妊検査・夫の不妊検査をしたら検査は全ておわりです。 不妊検査の初診にかかった時間 今回は待ち時間もあったので、病院に着いてから出るまで約2時間かかりました。 たぶん予約時間は、病院が9時からなら9時にする等、早い方が待ち時間が少なくて済むと思います。 さいごに なんの知識もなく今回不妊検査をしてみましたが、東京都から助成金が出るとしても結構自己負担でお金がかかるんだなぁと思いました。 とりあえず初診分はすべて保険適用内だったので6千円弱で済んでよかったです。 再来週の不妊検査は10万円くらいかかるみたいですが、クレジットカードが使えるようです。 じゃないと現金持ち歩かないといけないので大変ですね。 いったん全額支払って、後日東京都から助成金が5万円入金されます。 クリニックに東京都の助成金の書類の記入をお願いして一週間程度で書類が完成、 東京都に書類を郵送してから概ね2か月で東京都から「承認決定通知書」が届き、 そこから約1か月後に指定口座に助成金を振り込まれるそうです。 助成金が入金されるまで3カ月くらいかかりそうですね。 不妊治療もお金がかかるんだろうけど、不妊検査も助成金があっても自己負担分が5万円くらいかかるので結構費用がかかるんだなぁと感じました。

次の