伊之助 正体。 鬼滅(アニメ)14話のネタバレあらすじ!猪頭(伊之助)の正体は…まさかの美男子!?

鬼滅の刃伊之助の正体は?過去から現在!母親は鬼と関係していた真相

伊之助 正体

感想(ネタバレあり) 今回で響凱(鼓の鬼)との戦いが終わります。 【23時30分より第13話放送!! ただその後はちょっと間伸び過ぎだと思いました。 善逸が良い奴とより強く印象づけるためとは思いますけど。 前回第12話の感想記事はこちらからどうぞ。 前回は善逸と伊之助が一体ずつ鬼を撃破。 そして炭治郎は鼓の鬼と対峙します。 鬼滅の刃第13話はAbemaビデオで無料公式配信中 第13話を見過ごした。 またはもう1度みたい方はAbemaビデオで視聴しましょう。 最速放送から一定期間無料視聴可能。 もちろん公式配信なので安全ですし合法です。 善逸は脱出完了 前回舌の鬼を見事に倒した善逸。 でも寝てない善逸はただのビビり。 ホント役に立つ気配がありません。 正一も大変ですわ。 善逸の落差を見てどっちが本物の善逸かわからなくなって混乱しているでしょうから。 そんな中、鼓の音が聞こえて部屋の位置が変わって二人は外へ。 あの距離を落ちたらタダでは済まないような気がしますが、外に出ることに成功したのはよかったです。 炭治郎は自己暗示で頑張る 響凱と戦闘中の炭治郎。 前回自己暗示を掛けてやる気を奮い立たせたのですが、今回も自己暗示を掛けてさらに気持ちを高めているようです。 まあ現在の炭治郎は満身創痍。 手毬鬼たちの戦いで傷ついた体がまだ万全ではないですからね。 せめて気持ちだけでも高めないと対峙することすらできないのでしょう。 一方の響凱。 鼓を連打で炭治郎を近寄らせません。 炭治郎の武器は刀。 つまり間合いに侵入させなければ一方的に叩けるのです。 幸い響凱の攻撃は爪による遠距離攻撃ですし。 これ、炭治郎まずいんじゃね? さすがにやる気だけではどうしようにもならない気が。 響凱の悲しい過去 戦いを優位に進める響凱。 もちろんこの響凱も元は人間。 ではどうして鬼になったのでしょう? その理由が響凱の回想で明らかになります。 小説家だった響凱。 ところが執筆した作品を酷評されたのです。 それもケチョンケチョンに。 まだそれだけならよかった。 ダメ押しは原稿をゴミクズのように踏まれたこと。 たぶん響凱は自分の原稿を踏まれたことで自分のプライドも踏みつけられたと認識したのでしょう。 そして響凱は鼓を打って相手を殺害。 つ~か、元からもう鬼だったのかよ。 既に鬼舞辻から血を貰っていたのでしょうかねぇ。 紙を踏まないことで呼吸法を会得 かなりヤバい状態の炭治郎。 しかし腐っても主人公。 しっかりと主人公補正が。 響凱の攻撃を散らばった紙を踏まないように避けているうちに何と呼吸法を会得していたのです。 傷の痛みが出ないように避ける呼吸法を。 そして反撃開始です。 ここの呼吸法の演出、いいですねえ。 大げさ過ぎな感じもしますが、これぐらい派手じゃないと呼吸法の凄さを視聴者が認識できないので。 響凱撃破!!そして頼まれたお仕事 響凱の間合い入った炭治郎。 これで勝負あり。 最後は響凱の首を切り落としてエンドです。 響凱の血鬼術に苦しんだ割には呆気なかったですね。 首を落とされ消滅していく響凱。 響凱の最期の問に答えてやる炭治郎。 今回も炭治郎は情けを掛けましたね。 一応最後は人を殺したことを責めましたが、響凱はそっちはまったく聞いておらず。 響凱が聞きたかった答え、自分の血鬼術はどうだったかという答えのみを聞いて満足したようです。 血鬼術もいわば自分の作品。 それを褒められたことで思い残すことがなくなったのでしょうね。 さて炭治郎は珠世さんから頼まれたお仕事を実行します。 そう鬼の血の採取。 でもどうやって採取するの? と思ったら、しっかり採取キットを貰っていたようです。 平たい注射器みたいな形ですが、響凱の体に投げただけで突き刺さり自動で血を採取。 おい万能すぎるだろ。 そして運び屋の猫の袋に採取キットを入れた炭治郎の仕事終了。 面倒な仕事かと思ったら楽ちん過ぎる。 清とてる子と合流!! そして外では善逸が頑張ってた 響凱を倒し後は脱出するだけ。 清とてる子と合流し外に出る炭治郎。 しかしそこには衝撃の光景が。 猪が善逸をいたぶってる。 そして善逸は禰豆子が入っている箱を守っている様子。 どうしてこうなった? 実はここに至るには理由があったのです。 ここから回想シーンへ。 さっき響凱の回想シーンあったのに、また回想シーンかよ。 さすがにキャラ二人の回想シーンを入れるとテンポが悪くなる気がするのですが。 伊之助の正体と善逸が傷だらけの理由 ここまでヘタレのイメージが付くだけ付いた善逸。 しかし善逸は本当に良い奴だったのです。 それがこの回想シーンを見ることでよくわかります。 寝ている時は凄いけど、普通の時はヘタレの善逸。 そのイメージを一新するためにこの回想シーンを入れたのでしょうね。 あと伊之助の正体がわかりました。 実は伊之助、最終選別に最初に参加し、終わったらさっさと帰った5人目の合格者だったのです。 そして伊之助の頭は鬼を倒すことだけ。 伊之助は外に放置されていた禰豆子の入っている箱を見つけ、そこに鬼が入っていることに気付きます。 まあ、今の禰豆子は鬼ですからね。 深い事情を知らない伊之助が処分しなければならないと考えるのは当たり前です。 そしてそれを阻止しようとする善逸。 ここで回想終了。 こういう事情だったのですね。 しかしこれだと 伊之助のイメージが地に落ちそう。 AbemaTVのコメントでも伊之助の行為にドン引きしている人多かったし。 たぶんニコ生でも伊之助の評価ダダ下がりですわ。

次の

【鬼滅の刃】伊之助の正体は?かわいい!検証考察【最新情報】

伊之助 正体

鬼滅 アニメ 14話のネタバレあらすじ 【あらすじ公開!! 炭治郎は猪頭を止めようとするが、話が通じず肉弾戦となってしまう。 その時、猪頭の被り物がついに外れてしまう!その素顔は、ある意味驚くものだった… その後、3人はカラスの指示で藤の花の家紋の家へと向かう。 猪頭の正体 【まもなく放送開始!! その後に猪頭も玄関から勢いよく飛び出してくる。 「鬼の気配がするぜ!! 」と叫び、猪頭は禰豆子の入った箱を狙った。 善逸は猪頭を見て、この人物が 最終選別5人目の合格者であることを思い出す。 猪頭は誰よりも早く山に入って誰よりも早く山を抜けた奴だったため、合格した場にいなかったのだ。 善逸は猪頭から箱を守り、中の鬼を退治されようとするのを阻止した。 善逸は耳が良かったので中に鬼がいることは分かっていたが、炭治郎の今まで聞いたことないほど泣きたくなるほど優しい"音"から「そこには必ず事情があるはずだ」と考えていた。 無論、これを猪頭が理解するはずもなく、箱から善逸を引き剥がそうと攻撃をした。 最終的には善逸ごと箱を刀で刺すといい、振りかぶったが、炭治郎がそれを猪頭のみぞおちを一発殴ることで阻止した。 この時、猪頭のあばらが折れる。 炭治郎は刀を抜かず耐え続ける前いるについて 「隊員同士で徒に刀を抜くのは御法度だからだ」と猪頭に説明する。 しかし、猪頭は 「じゃあ素手でやり合おう…!! 」とまたもや話が通じない様子。 ちなみに、この時善逸は猪頭のあばらを折った炭治郎も御法度に触れるのではと考えていた。 人並外れた関節の柔らかさと、攻撃が低くまさに四足獣のような猪頭の攻撃に立ち向かう炭治郎。 あまりにも落ち着きがない猪頭に炭治郎が頭突きをすると、その衝撃で猪頭の被り物が取れた。 そこには、 女の人と間違うほど綺麗な顔をした美少年の顔があった。 すると、炭治郎の頭突きにより脳震盪 のうしんとう を起こしその場に倒れてしまう。 ちなみに頭突きした炭治郎はピンピンしており、額から血も流してないため善逸に 「どんだけ頭硬いんだ…」と恐れられる。 炭治郎達が鼓屋敷で亡くなった人たちを埋葬していると、伊之助が目覚めた。 伊之助は埋葬という行為を知らなかったようで「生き物の死骸を埋めて何の意味がある」と言う。 炭治郎はそれが傷が痛むことにより埋葬ができない理由と捉え、伊之助に休むように言うと「百人でも二百人でも埋めてやるよ」とやる気になった。 自分にできないことはない・自分は凄いと思っているため、気遣いが逆に挑発のようになってしまう 無事に埋葬を終えた一行。 炭治郎のカラスが稀血である清に藤の花の香り袋を渡し、鬼避けを持ち歩くように言った。 その後、清、正一、てる子と別れて炭次郎、善逸、伊之助はカラスの後を付いて歩いて行く。 すると、到着したのは 藤の花の家紋の家だった。 そこでカラスは休息するように三人に命じる。 この藤の花の家紋の家は、 鬼狩りに命を救われた一族であり、鬼狩りであれば無償で尽くしてくれる場所だった。 この家のお婆さんは医者も呼んでくれ、結果三人ともあばらの骨が折れている怪我をしていた。 伊之助は炭治郎を挑発するように晩ご飯を奪ったりするが、「そんなにお腹が空いているならこれも食べていいぞ」と、炭治郎の長男力により全てカラ回ってしまう。 就寝時、善逸が炭治郎になぜ鬼を連れて歩いているのかと聞いたところ、ちょうど箱の中から禰豆子が出てくる。 可愛らしい女の子の登場に善逸は「いいご身分だな…!!! 」と怒りをあらわにした。 どうやら禰豆子のことを炭治郎の恋人と勘違いし、「そんなことのために俺は変な猪に殴られ蹴られたのか!? 」と夜明けまで叫び暴れまわったのだ。 ちなみに、伊之助は禰豆子が出てくる前にさっさと就寝してしまっていた。 伊之助は文字の読み書きができなかったり、埋葬と言った人の常識をたびたび知らない部分があります。 なので 本当に猪に育てられたのでは…と考えざる終えませんね。 しかし言葉はどこで覚えたのやら… しかし本当に女の子みたいな綺麗な顔をしています…。 体がムキムキでたくましいので、違和感がすごかったです…笑 そして相変わらず善逸の発言と顔芸には笑わされます 笑 伊之助と炭治郎のやり取りもツッコミ不在なのですが、不思議と微笑ましく見ていられました。 鬼滅の刃の魅力ですね。 鬼滅の刃14話の次回展開予想 【23時30分より第15話放送!! いよいよ次回は3人で任務に出向くようです。 14話では各々バラバラの敵と戦っていましたが、15話ではもしかすると手を合わせての鬼との対決が見られるかもしれませんね! タイプが全然違う炭次郎、善逸、伊之助…今後この3人がどのような戦い方を見せてくれるのかとても楽しみになってきました! 鬼滅 アニメ 14話まとめ 鬼滅の刃14話で仲間が増えた炭次郎。 ネット上では、この3人が同じ最終戦別を合格したと言うこともあり 同期組と呼ばれているそうです。 今後はこの同期ぐみがセットで任務に行ったり敵と戦ったりするのでしょうね。 これからもっと強い鬼と出会うでしょうし、炭治郎にとっても間違いなく頼りになる仲間になることでしょう! 次回もとても楽しみです!.

次の

鬼滅の刃/伊之助”猪突猛進”男がほだされる”ホワホワ”の正体

伊之助 正体

・身長:164cm ・体重:63kg ・年齢:15 ・階級:丙 猪の頭を被った少年。 山育ちの為か、肌の感覚が優れているので、いつも半裸なのだそうです。 格好良いからと言う理由で刃零れさせた2本の刀を使って闘います。 力比べだけが生きる証だった伊之助ですが、炭治郎や他の隊士の人達と接する中で、心が成長しています。 本人は、「ほわほわする」と表現しています。 参考記事… 神崎アオイ 蝶屋敷で、傷付いた隊士たちのお世話をする女性です。 基本的には丁寧な口調ですが、キビキビと働き、お薬を渋る怪我人にも一切の妥協なく接します。 『大正コソコソ噂話』によれば、しのぶさんから薬学の知識を教えてもらっている為、お薬の調合なども出来るそうです。 実は、最終選別を突破していますが、アオイさん本人はそれを「運が良かっただけ」とコンプレックスに思っていた様です。 参考記事… 伊之助とアオイの接点は? アオイさんが蝶屋敷に居るので、任務で負傷して蝶屋敷に立ち寄った際のエピソードばかりです。 ファン発のカップリング『伊アオ』 炭治郎とカナヲちゃんのカップリング、通称【炭カナ】は、作中でそれっぽい描写がありましたよね。 そして、善逸と禰豆子ちゃんの通称【善ねず】は言わずもがな。 今のところ、恋と呼べるか分からない物や、一方通行な想いではありますが、イメージはしやすいと思います。 アオイさんの想い人は? では、超が付くほどの野生児である伊之助は? 炭治郎でさえ、女性には疎いところがありましたよね。 おそらく、 作中で伊之助が誰かに恋心を抱いている場面は無いと思います。 そして、アオイさんはと言えば、いつもキビキビと働いていて、誰かに想いを寄せる余裕も無さそうですよね。 敢えて言及するならば、前線に出られない自分のことをコンプレックスに思っていたアオイさんに、炭治郎が言葉を掛ける場面があります。 「アオイさんはもう俺の一部だから」 「アオイさんの想いは俺が戦いの場に持って行くし」 この後で、ハッとした表情のまま、走り去る炭治郎を見つめているんですよ。 なので、仮にアオイさんが誰かを意識するのならば、それは炭治郎のことだと思うんですよね。 まぁ、そのままカナヲちゃんの所に行って硬貨のやり取りなのですが。 ったく、この天然人たらしは。 とんでもねぇ炭治郎だ! …ってあれ? 伊之助は? 伊之助とアオイのカップリングの起源 単行本を隅々まで読み返しましたが、伊之助とアオイさんの恋仲を感じさせる様な描写は、見つけられませんでした。 ということで【伊アオ】は、ファンの方々が独自に考えた組み合わせで間違いないでしょう。 では、この組み合わせは一体いつ頃から、どの様に発生したのでしょうか…試しに、pixivで一般公開されている作品の中で、【 伊アオ】を付けている作品を探してみました。 とは言え、「追記」と表示されていたので、実際には、もう少し前から、【 伊アオ】と言う組み合わせは、ファンの方々の頭の中には浮かんでいた様ですね。 筆者が独断と偏見で選んだイラストや漫画10点です。 出来るだけ他のカップリングが入らない物や、刺激の強い描写は避けておりますので、ご了承ください。 蝶屋敷での、任務出発前の場面が描かれています。 この作者さま、凄いですね。 「いってらっしゃい」の言葉の意味や、大正時代の風習などをご自身で調べた上で描いてらっしゃいます。 根拠を求めるアオイさんも、どうにかこじつけようとする伊之助も、微笑ましいです。 原作の世界観も壊していないので、カップリングが苦手な方でも、見やすいのではないでしょうか。 モノクロの漫画ですが、絵が好みでした(どっかで聞いた) ツヤツヤのどんぐりをアオイさんの為に拾ってくる伊之助が、お母さんに小枝や小石を拾ってくる幼稚園児みたいで、見ていて可愛いです。 受け取った後のアオイさんの表情も良いですね。 見ていてほわほわします。 蝶屋敷で休養中の、今回は炊事場でのやり取りです。 伊之助と言ったら、天ぷらですよね。 つまみ食いも、伊之助なら、いかにもやりそうな行動です。 この、いかにもやりそうな行動と行動を掛け合わせて、いい感じの雰囲気を作るのが、良いですね(語彙力死亡…) 作品は、ピンクい要素が少ないのもオススメの理由です。 ほわほわ、きゅんきゅん出来ますよ。 那田蜘蛛山編の時には、おばあさんの切火や言葉の意味を理解出来なかった伊之助でしたが…。 無限列車編を経て心が成長した伊之助ならば、切火を理解して頼んでいるかも知れませんね。 それをアオイさんに頼んだり、戦場で誰かの温もりを感じたりと、確実に成長していますね。 ドタバタ音を立てて駆けてくる伊之助が、とても伊之助です 何 漫画パートのドタバタ感も良いのですが、一枚絵のアオイさんの穏やかな表情が、ぐっと来ますね。 伊之助が隊服を羽織っていたり、髪が伸びていたりします。 上の作品と比較すると、アオイさんの気持ちがクローズアップされている様に思います。 髪は女の命! うっかり短くすると、翌朝のクラスで色々と聞かれていたなぁと思い出す筆者なのでした。 色使いが綺麗ですね。 この絵で、所謂「沼」にハマったと云う様なコメントが散見されました。 言われてみれば、こういうシチュエーションはありそうですね。 ラブラブな雰囲気は皆無ですが、「ここから恋に発展、する?かも?」と思えなくもないです。 同級生?ぽいですね。 喧嘩っ早いガキ大将と規律正しい優等生の2人、確かにこんなカップル居そうですね。 アオイさんに手当てしてほしくて、わざと怪我をしてくる伊之助…ありそうなシチュエーションですね! 最後のコマで、うっかり見ちゃっているカナヲちゃんも可愛いです。 青春の1ページですねぇ。 が、今回は、アオイさんから伊之助への動きが描かれています。 綺麗などんぐりを見つけて伊之助を思い浮かべるアオイさんも、そのどんぐりを「子分からは」と一度は断りつつもホワホワしている伊之助も、微笑ましいです。 見ていてほわほわします。 色使いが素敵ですよ。 こうして見ると、二人とも美形ですね。 お洒落な若者という感じがします。 伊之助はまだしも、アオイさんがガムで風船を作っているのは、何だか新鮮ですね。 イメージに無いからでしょうか。 カップリングが苦手な方でも見やすい作品だと思います。 作中では恋仲となる直接的な描写は無い。 一部のファンの方が提案したところ、賛同者が多かった。 2018年頃から二次創作の作品が増えてきた。 と云う事で、 非公式ながら支持者の多い組み合わせでした。 自分達の青春時代を思い返せば、こういうカップルも居た様な気がします。 思い付いた方も凄いですが、それを素敵なイラストや漫画に表せる方々も凄いですね。 才能だと思います。 二次創作は、原作があるからこそ楽しめる物ですよね。 思えば、紫式部の『源氏物語』や宮沢賢治の『銀河鉄道の夜に』などの文学作品からインスピレーションを受けて作られた漫画や演劇、ドラマも沢山あります。 その作品を入口に、原作に興味を抱く方々も多いですよね。 同じ様に、こうしたカップリングを入口に、『鬼滅の刃』のファンになる方々もいらっしゃることでしょう。 筆者も、はじめは二次創作には否定的でしたが、原作への敬意が表れている二次創作は、見ていて良い物でしたよ。 知らない世界の扉を開くのも、良いかも知れませんね。 参考記事… 参考記事….

次の