般若 心 経 ひらがな。 初音ミクの般若心経ポップの歌詞をひらがなでお願いします。

般若心経全文 ふりがな

般若 心 経 ひらがな

般若心経(般若波羅蜜多心経)とは 般若心経(般若波羅蜜多心経)とは、 仏教における経典のひとつです。 300文字にも満たないわずかな文字数で、大乗仏教において重要な「空(くう)」の思想が説かれているのが特徴です。 般若心経は、真言宗・天台宗・禅宗を中心として、仏教の多くの宗派で読まれています。 基本的に般若心経を読まない宗派には、浄土宗や日蓮宗があります。 般若心経は、主に4つのパートから構成されています。 1つ目のパート・・・観音菩薩がお釈迦様の弟子であるシャーリプトラに、その教えを説く場面から始まります。 2つ目のパート・・・観音菩薩がシャーリプトラへ呼びかけながら、「空」の思想について説いていきます。 3つ目のパート・・・「空」の思想についてさらに深めていきます。 4つ目のパート・・・「真言(マントラ)」という神秘的で特別な言葉そのものが唱えられます。 般若心経の由来と歴史 般若心経は、中国の僧侶である玄奘三蔵がインドから持ち帰り、翻訳したといわれている経典です。 正式には「般若波羅蜜多心経」と呼ばれ、サンスクリット語の「プラジュニャーパーラミター・フリダヤ・スートラ」が原題となっています。 般若心経がインドから中国に伝わったのは、630年頃といわれています。 玄奘三蔵という僧侶が、研究のためにインドへ向かい多くの経典や仏像を持ち帰り、これらを自ら翻訳しました。 現在、日本において広く読まれている般若心経は、この玄奘三蔵によって翻訳されたものだといわれています。 「空」の思想の真髄とは 私たちは日常生活の中で、さまざまな苦しみと向き合っています。 しかし、これらの苦しみは自分の外側から押し寄せるものではなく、実は自分自身への執着から生まれると考えてみたら、見え方が変わってくるかもしれません。 般若心経の中心となっているのは、大乗仏教の「空(くう)」の思想です。 経典では、観音菩薩がさまざまな事象を例に挙げながら、すべてのものに実体がないこと(=空)を説いています。 これには、私たちの肉体や、感じること、思うこと、行うこと、認識することを含め、ありとあらゆるものごとが当てはまるといわれています。 しかし、般若心経で説かれているのは、それだけではありません。 「色不異空 空不異色 色即是空 空即是色」という一節では、色(=目に見える物体)には実体がないと伝えたうえで、さらにそれゆえ空とは色でもあるともいい、ただ単に まったくなにも存在しないという虚無主義の考え方すらも否定しているのです。 般若心経の全文と解説 「般若心経」の全文と、その解説をご紹介します。 仏教の数ある宗派で読まれているお経にふれて、心が楽になるのを感じてみてください。 般若心経の全文 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 (ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう) 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 (かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう) 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 (どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう) 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 (くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう) 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 (ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう) 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 (むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう) 無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 (むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん) 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 (ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく) 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 (いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ) 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 (しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう) 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 (くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ) 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 (とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった) 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 (ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ) 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 (のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ) 即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 (そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい) 菩提薩婆訶 般若心経 (ぼじそわか はんにゃしんぎょう) 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 (ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう) 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 (かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう) 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 (どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう) 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 (くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう) 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 (ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう) 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 (むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう) 無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 (むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん) 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 (ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく) 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 (いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ) 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 (しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう) 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 (くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ) 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 (とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった) 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 (ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ) 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 (のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ) 即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 (そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい) 菩提薩婆訶 般若心経 (ぼじそわか はんにゃしんぎょう) 解説 般若心経は、 お釈迦様の弟子であるシャーリプトラという人物と、観音菩薩との対話という形式になっています。 「舎利子(しゃりし)」とはシャーリプトラのことで、「観自在菩薩(かんじざいぼさつ)」は観音菩薩のことです。 お経全体を通して、仏教の基本である空の思想について解説がなされています。 まず、 観音菩薩は「五蘊(ごうん)」には実体がないと説いています。 五蘊には色・受・想・行・識という5つの要素があり、これらは人間の意識のもとになるといわれています。 つまり、人間の肉体や、感じること、思うこと、行うこと、認識することには、すべて実体がないというのです。 そして、観音菩薩はさらにシャーリプトラに語りかけます。 「形あるすべてのものに実体がないのであれば、その反対に、すべてのものはあらゆる形をとることができる」と。 そしてそれは、人間についても同じことが言える、といいます。 実体がなければ、生まれることも、滅びることもありません。 汚れることも、清らかであることもなく、増えることも、減ることもないのです。 真実の世界においては、 形あるすべてのものや人間のあらゆる感覚もなければ、悩みや苦しみという概念もありません。 このような 「空」の思想を知る仏は、真理に目覚めて心安らかな存在でありつづけます。 観音菩薩は、ひととおり悟りの境地について説いたあと、最後に真言を伝えます。 般若心経の終盤に唱える「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」は、悟りに至る真言(マントラ)です。 したがって、この部分は解釈することができません。 まとめ.

次の

巡礼用品 経本 観音経本 太字 般若心経入 ひらがな付 西国三十三ヶ所観音霊場用 :10033

般若 心 経 ひらがな

写経について 写経の歴史 写経は、私達の祖先から受け継がれて浄行として、今もなお多くの人々によって根強く信奉されています。 わが国での写経の歴史は、日本書紀に「書生を聚めて、始めて一切経を川原寺に写す。 」とあり、その後、聖武天皇のころ、写経司を任命し、これら専門の者が書写して収蔵し、また、諸国の国分寺等に配布されました。 それがおそらく平安時代ごろから、修行の為や、病気平癒、先祖供養など祈りや願いを目的とした個人的写経が始まったようです。 このように写経には長い歴史があり、多くの人の信仰生活の心のやすらぎを与える糧となってきました。 それは身と心と調えて行う写経の心が、そのまま仏さまの教えの心に通うからにほかならないのです。 そしてこの写経の心は、時代を越えて、道を求むる人にとって大きな心の支えになりました。 現代に生きる私達は、写経によって静かに落ち着いた時間を大切にするとともに祈りや願いを生活の中に活かしていく一つの証としたいものです。 『 般若心経』は短い経典でありますが、仏法の大意が述べられており、書写しやすく写経にはもっとも適切です。 初心の方にはこの写経をおすすめいたします。 写経の準備 書道具 硯・墨は小型で質の良いもの。 小筆は、穂先がよくまとまり、弾力のあるものをお選びください。 手本 経典または写経用台紙 室内 清浄に整えます。 仏間を使用する場合は、香、華、灯明を供え、荘厳します。 身支度 手を洗い、口をすすぎ、着衣を整え、心身を清浄にします。 写経の仕方• 正坐し、姿勢を正して呼吸を整えます。 浄水を硯に少量ひたし、静かに墨を磨り、心を落ちつけます。 合掌して、『』、『』を唱えます。 静かに筆をとり、表題から書き始めます。 浄書中は慎重な心構えで、字を間違えないように注意し、丁寧に書写します。 もし字を間違えたときは、誤字の右横に点( )を打ち、同じ行の上下いずれかの余白に、正しい字を書きます。 脱字のときは、その箇所の右に点を付し、行の末尾にその文字を書きます。 日付は本文から一行あけ、始めの一字分を下げて書きます。 終わりに願文などがあればこれを記します。 この場合、頭に「為」と書いて、たとえば故人(戒名、法名)の冥福を祈り、その菩提の為とか、報恩、祈願の為等の願文を記します。 しかし写経そのものが目的の場合はあえて記さずともよいでしょう。 氏名を記し、末尾に「謹写」と記します。 雅号は用いないこと。 書写が終われば、合掌して『』を唱え、写経を終わります。 書写したお経は、箱などに入れて安置し、適時、菩提寺等へ赴き奉納します。 郵送する場合はきれいに折りたたむか、筒などに入れ、丁寧に送ります。 願文の例• 為(戒名)菩提供養• 諸縁吉祥• 家内安全• 学道増進• 心願成就• 世界平和• 諸災消除 写経を行う際に留意すべきこと 心をこめて書写した写経は尊いものとして仏像などと同様に特別な扱いをするように気をつけたいものです。 姿勢は肩に力をいれず、緊張のない自分の最も美しい自然体で行います。 椅子に座る場合は、浅くも深くもなく腰掛け、背すじをまっすぐ伸ばし、背中を腰掛にもたれさせないようにします。 『般若心経』を書写する場合は、一時間ほどで書き上げるのが良いでしょう。 また古来より一字三礼(いちじさんらい/経文を書き写す時、一字写すごとに、三度礼拝すること。 )といって浄書する法もあります。 般若心経写経用紙 ダウンロード 写経のお手本(PDF)をダウンロードできます。 薄墨版と台紙(お手本)版の2種類を用意しました。 どちらでも使いやすい方をお選びください。 このファイルの表示、印刷には、アドビ社のアドビリーダーが必要です。 アドビリーダーは、アドビ社のサイトで無償ダウンロードできます。 ダウンロードサイズ:1. 81MB ダウンロードしてプリンターで印刷してください。 薄いグレーに印刷されますので、その上をなぞるようにして写経してください。 印刷時に用紙サイズをA3に指定すると、用紙に合わせて大きく印刷されます。 ダウンロードサイズ:1. 81MB ダウンロードしてプリンターで印刷してください。 墨一色で印刷されますので、その上に写経用紙、または半紙を置き、透けて見えるお手本の文字をなぞるようにして写経してください。 印刷時に用紙サイズをA3に指定すると、用紙に合わせて大きく印刷されます。 般若心経について 般若心経の意味・解説 準備中です 般若心経を聴いてみよう! 準備中です 写経・一石一字経について 準備中です.

次の

般若心経の効果

般若 心 経 ひらがな

般若心経(般若波羅蜜多心経)とは 般若心経(般若波羅蜜多心経)とは、 仏教における経典のひとつです。 300文字にも満たないわずかな文字数で、大乗仏教において重要な「空(くう)」の思想が説かれているのが特徴です。 般若心経は、真言宗・天台宗・禅宗を中心として、仏教の多くの宗派で読まれています。 基本的に般若心経を読まない宗派には、浄土宗や日蓮宗があります。 般若心経は、主に4つのパートから構成されています。 1つ目のパート・・・観音菩薩がお釈迦様の弟子であるシャーリプトラに、その教えを説く場面から始まります。 2つ目のパート・・・観音菩薩がシャーリプトラへ呼びかけながら、「空」の思想について説いていきます。 3つ目のパート・・・「空」の思想についてさらに深めていきます。 4つ目のパート・・・「真言(マントラ)」という神秘的で特別な言葉そのものが唱えられます。 般若心経の由来と歴史 般若心経は、中国の僧侶である玄奘三蔵がインドから持ち帰り、翻訳したといわれている経典です。 正式には「般若波羅蜜多心経」と呼ばれ、サンスクリット語の「プラジュニャーパーラミター・フリダヤ・スートラ」が原題となっています。 般若心経がインドから中国に伝わったのは、630年頃といわれています。 玄奘三蔵という僧侶が、研究のためにインドへ向かい多くの経典や仏像を持ち帰り、これらを自ら翻訳しました。 現在、日本において広く読まれている般若心経は、この玄奘三蔵によって翻訳されたものだといわれています。 「空」の思想の真髄とは 私たちは日常生活の中で、さまざまな苦しみと向き合っています。 しかし、これらの苦しみは自分の外側から押し寄せるものではなく、実は自分自身への執着から生まれると考えてみたら、見え方が変わってくるかもしれません。 般若心経の中心となっているのは、大乗仏教の「空(くう)」の思想です。 経典では、観音菩薩がさまざまな事象を例に挙げながら、すべてのものに実体がないこと(=空)を説いています。 これには、私たちの肉体や、感じること、思うこと、行うこと、認識することを含め、ありとあらゆるものごとが当てはまるといわれています。 しかし、般若心経で説かれているのは、それだけではありません。 「色不異空 空不異色 色即是空 空即是色」という一節では、色(=目に見える物体)には実体がないと伝えたうえで、さらにそれゆえ空とは色でもあるともいい、ただ単に まったくなにも存在しないという虚無主義の考え方すらも否定しているのです。 般若心経の全文と解説 「般若心経」の全文と、その解説をご紹介します。 仏教の数ある宗派で読まれているお経にふれて、心が楽になるのを感じてみてください。 般若心経の全文 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 (ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう) 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 (かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう) 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 (どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう) 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 (くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう) 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 (ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう) 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 (むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう) 無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 (むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん) 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 (ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく) 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 (いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ) 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 (しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう) 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 (くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ) 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 (とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった) 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 (ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ) 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 (のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ) 即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 (そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい) 菩提薩婆訶 般若心経 (ぼじそわか はんにゃしんぎょう) 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 (ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう) 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 (かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう) 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 (どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう) 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 (くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう) 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 (ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう) 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 (むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう) 無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 (むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん) 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 (ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく) 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 (いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ) 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 (しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう) 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 (くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ) 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 (とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった) 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 (ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ) 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 (のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ) 即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 (そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい) 菩提薩婆訶 般若心経 (ぼじそわか はんにゃしんぎょう) 解説 般若心経は、 お釈迦様の弟子であるシャーリプトラという人物と、観音菩薩との対話という形式になっています。 「舎利子(しゃりし)」とはシャーリプトラのことで、「観自在菩薩(かんじざいぼさつ)」は観音菩薩のことです。 お経全体を通して、仏教の基本である空の思想について解説がなされています。 まず、 観音菩薩は「五蘊(ごうん)」には実体がないと説いています。 五蘊には色・受・想・行・識という5つの要素があり、これらは人間の意識のもとになるといわれています。 つまり、人間の肉体や、感じること、思うこと、行うこと、認識することには、すべて実体がないというのです。 そして、観音菩薩はさらにシャーリプトラに語りかけます。 「形あるすべてのものに実体がないのであれば、その反対に、すべてのものはあらゆる形をとることができる」と。 そしてそれは、人間についても同じことが言える、といいます。 実体がなければ、生まれることも、滅びることもありません。 汚れることも、清らかであることもなく、増えることも、減ることもないのです。 真実の世界においては、 形あるすべてのものや人間のあらゆる感覚もなければ、悩みや苦しみという概念もありません。 このような 「空」の思想を知る仏は、真理に目覚めて心安らかな存在でありつづけます。 観音菩薩は、ひととおり悟りの境地について説いたあと、最後に真言を伝えます。 般若心経の終盤に唱える「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」は、悟りに至る真言(マントラ)です。 したがって、この部分は解釈することができません。 まとめ.

次の