十訓抄 大江山の歌。 『大江山の歌』の品詞分解(十訓抄・古今著聞集) / 古文 by 走るメロス

【現代語訳】大江山/1分でわかるあらすじ|古典の現代語訳

十訓抄 大江山の歌

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾(みす)より半らばかり出でて、わづかに直衣(なほし)の袖を控へて 局の前をお通り過ぎになったのを、(小式部内侍は)御簾から体を分ほど出て、少し(定頼の)直衣の袖を引きとめて、 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての理運のことなれども、 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だすべしとは知られざりけるにや。 あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄 大江山の歌

その時に、 【二】<代作は届いたかとの定頼の揶揄> 定頼の中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、 「 丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに 心もとなく思すらむ。 」と言ひて、局の前を過ぎられ けるを、 =定頼中納言がふざけ(からかっ)て、小式部内侍が 局(私室)にいた時に「丹後国へ遣わした人は京都 に帰って参りましたか。 さぞかし待ち遠しくお思い になっていることでしょう」と言って、小式部内侍 のいる局の前を通り過ぎなさったところ、 【三】<小式部が返事に詠んだ即興の見事な歌> 御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へ て =小式部内侍は、御簾から半分ほど体を乗り出して、 少し定頼の直衣の袖を引き止めて 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 =大江山を越え、生野を通って行く(丹後への)道が 遠いので、まだその先の天の橋立に足を踏み入れた ことはなく、母からの手紙も見てはいません と詠みかけけり。 =と詠みかけ(て返歌を求め)た。 思はずに、あさましくて、「こはいかに、かかるやう やはある」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引 き放ちて逃げられけり。 =定頼は、意外な事で驚き呆れて、「これはどうした ことか、このようなことがあるものか、いやある筈 がない」とだけ言って、返歌を詠むことも出来ず、 袖を引っ張り放してお逃げになったと言う。 【四】<評判が広がった小式部内侍> 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 =小式部内侍は、この一件以来歌詠みの世界で評判が 広がることになった。 京都から山陰道を下る時、必ず通る山城と丹波の 国境にあり、交通・軍事の要所・歌枕の地。 平安初期以来、貴族の間に流行。 平安後期 には歌人の実力を争う場となった。

次の

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄 大江山の歌

この時、小式部内侍はまだ十代前半、宮中に出仕してさほど時がたっていないころ。 しかし母譲りの歌才で歌合に呼ばれるほどになっていました。 しかも母譲りは歌才ばかりでなく最強女子力も遺伝しています。 風流才子と自負する定頼、ちょっとちょっかいを出してみたくなるのも無理はありません。 一言で言えば宮廷風ギャラント(儀礼的恋愛遊戯)です。 当時の貴族社会における社会的慣習として、男性貴族は礼儀上、女房たちに言い寄ったり気のあるそぶりをする義務があった、あるいはそういう態度を期待されていたのです。 定頼も、若くしてすでに歌名があり、しかもあの恋多き母の娘、小式部をほっとく手はなかろうと、ちょっと嫌味を言って気を引いてみた。 小式部が「まあ ひどい!」と怒ったり泣いたりすれば、こっちのもの。 それをきっかけに歌を詠みかわし、徐々にお近づきになろうという算段です。 あるいはそれなりの和歌も用意していたのかもしれません。 ところが、案に相違して小式部は思いもかけない痛烈な返しをして、ニヤけていた定頼の横っ面をひっぱたいた、さすがの風流才子定頼もしっぽを巻いて逃げ出すしかなかった、というお話です。 しかし、このあと二人は恋仲になったのですから、縁は異なもの味なもの、結局定頼のギャラントは実を結んだのです。 定頼との関係が終わってからも、彼女はまだ定頼に気持ちを残していたというお話も伝わっています。

次の