いちじく 切り 方。 イチジク

知ってる?イチジク(無花果)の皮のむき方

いちじく 切り 方

新シーズン SEASON3の開始です。 これから約1年間皆さんよろしくお願いします。 シーズン3初めの動画は「剪定」になります。 この作業がとても重要になります。 それ以外のご質問(翻訳、Youtubeの機能などいちじく栽培に関係のない項目 はこちらではお答えしておりません。 ご覧なりたい字幕に切り替えてご視聴ください。 (切り替え機能についてはこちらでお答えしておりません。 そのため意図とした翻訳になっていない事があると思われますがご了承ください。 こちらでGoogle翻訳を利用して日本語に翻訳します。 ただし、コメントの返信は日本語で入力しますので 返信内容に関しては視聴者様の方でご理解できる言語に翻訳ください。 国際宅急便で種、土を送ることは禁止されております。

次の

いちじくの食べ方(皮のむき方)は? 果物コラム

いちじく 切り 方

美味しいイチジクの見分け方 イチジクはお好きですか?生でそのまま食べたり、コンポートにしたり、スイーツの材料として使ったり。 プチプチとしたあの食感と程よい甘さがとても美味しいですね。 新鮮で美味しいイチジクの見分け方をご紹介します。 ふっくらして大きい• 全体的に赤褐色に色づいている• 切り口の部分に白い液体がついている (ヘタに切り込みを入れてすぐにこのような白い液体が出てきました)• お尻の部分が避けかけている• 表面の皮に張りがある 以上の点を意識して選んでみてくださいね。 へたの部分を持って手でそのまま皮をむきます。 同じように頭の部分から下に向かって他のところもむいていきます。 へたを切り落とします。 へたの部分から縦4等分に切ります。 おしりのほうから実と皮の間にスプーンを入れて実の形に沿って皮をむきます。 すくい取るイメージです。 やりにくい場合はナイフでまわりをむきます。 お尻の部分からリンゴのようにくるくると円を描きながらむいていきます。 イチジクの保存方法 イチジクは傷みやすいので、買ったらその日のうちに食べることをお勧めします。 収穫して3日目にはもう柔らかくなり、皮の色が変わってきているものもありました。 常温ではなく、冷蔵保存がお勧めですが、チルド室があれば冷蔵室より冷えるチルド室がお勧めです。 しかし、冷蔵庫でも3、4日程度になるので、しばらく食べられないようであれば、冷凍保存がいいでしょう。 冷凍保存する場合は、洗ってキッチンペーパー皮をむいて食べやすいサイズに切って冷凍します。 そのまま冷凍してあとから半解凍の時に皮をむいて、としてもいいのですが、先に処理をしておいた方が楽だと個人的に思います。 完全に解凍するとぐちゃっとしてしまうので、 半解凍くらいで食べるといいでしょう。 いかがでしたか?加工されることの多いイチジクですが、生のイチジクもシンプルにそのまま食べたり生ハムをのせたりして食べるととても美味しいですよ。 加工する際も、ぜひ皮むきの方法を参考にしていただけたらと思います。 文・写真 ひださとこ.

次の

いちじくの正しい食べ方とは?特徴や魅力ついても紹介

いちじく 切り 方

皮ごと簡単!いちじくジャムの作り方レシピ 材料(ジャム瓶3つ分)• イチヂク800g• レモン汁大さじ1. 5 作り方 1)洗って、ヘタを切り落とす 皮は丸ごと使います。 2)皮ごとカットして鍋に入れる サイズはお好みですが、1. 5cm角くらいがおすすめです。 3)砂糖をまぶして10~30分おく 浸透圧で水分が出てきて、焦げずに煮詰めやすいです。 4)レモン汁を加えて中火~弱火で煮る アクがたくさん出てくるので、すくい取ります。 はじめは中火で、水分が減ってきたら弱火にして、たまにかき混ぜてください。 アクをすくったり、混ぜたりするのに、こちらの「無印良品のシリコン調理スプーン」が、とっても便利でオススメです。 5)瓶を煮沸消毒する 我が家では、パスタ鍋を活用して、煮沸後は網ごとすくい上げています。 熱いうちに逆さにして水気を切り、水滴を蒸発させてください。 6)瓶に詰める 煮詰まるのに小1時間かかります。 好みのトロミになったら、煮沸消毒した瓶に入れます。 粗熱が取れるまではキッチンペーパーをかけておき、冷めたら蓋をして冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫で3ヶ月ほど保存できます。 いちじくのプチプチ感が際立ちます。 いちじくの上品な香りが楽しめます。 その他、あっさりめのパウンドケーキ、シフォンケーキに添えても、美しいですね。 子どもと作れる簡単ジャム 6歳と10歳の娘たちと作った、5年目のいちじくジャム。 どれも簡単な作業ばかりなので、ほとんど子どもたちに任せられました。 いちじくを洗う• いちじくを切る• 砂糖、レモン汁を計る• 混ぜる 私の仕事は、見守ることと、味見をやめさせることくらいでした。 秋の歓びを五感で味わえる幸せ。 ジャムづくりって、 「切って、煮るだけ」 と手軽なのに、ゆったり流れる時間を味わえるのところが、すごく好きです。 まだジャムづくりしたことない方も、ぜひお気軽に試してみてくださいね。 きっとハマることと思います。 出来上がった可愛いジャムたちは、今月から始まる、のお客様たちにデザートとしてお出しする予定です。 (蛇足)いちじく好きの告白 東京から転勤で金沢に来てから、手軽にいちじくが手に入るようになり、ジャムを作らずに秋を迎えられなくなりました。 イチジクは、生のままでも魅惑の味で• イチジクロール• イチジクケーキ• イチジクパフェ 見つけたら、絶対に注文してしまうほど。 「ドライいちじく」にも目がありません。 もはや、愛しています。 笑 皆さんもぜひ今だけの秋の味、堪能してくださいね。 すまーときっちんのLINEでは、暮らしに役立つ情報をお届けしています。

次の