医療事務 資格 費用。 メディカルクラーク 資格の費用は?【最短・格安で取得の方法】

医療事務の資格 種類と一覧を比較

医療事務 資格 費用

医療事務の資格を取得するには、どの程度の費用が必要となるのでしょうか。 費用があまりにも高額となる場合、いくら医療事務として勤務したくても、諦めなくてはならないという方もおられるかもしれません。 ここでは、医療事務の資格を取得するために必要となる費用について、ご紹介していきます。 医療事務の資格を取得するにはどのくらいの費用がかかる? 医療事務の資格には、いくつもの民間資格が存在しています。 そのため、それぞれの資格によって、必要となる費用や受験資格、取得期間などが異なっています。 中には、公的資格のものもありますし、指定の講座を受講していなくては取得することが出来ないものもあります。 以下、それぞれの場合に応じた費用の相場を見ていきたいと思います。 講座を受講する場合の費用 講座を受講して医療事務の資格を取得する場合、費用の相場はどの程度なのでしょうか。 医療事務講座を開講している主なスクールについて見てみましょう。 ニチイ 医療事務講座 通学コース【3ヶ月】 ・医科コース・・・90,180円 ・歯科コース・・・94,610円 ニチイ 医療事務講座 通信コース【6ヶ月】 ・医科コース・・・60,480円 ・歯科コース・・・56,580円 ソラスト 医療事務講座 ・医科コース(5ヶ月)・・・45,300円 ・歯科コース(4ヶ月)・・・45,000円 ユーキャン 医療事務講座 ・49,000円 主なスクールの医療事務講座の受講費用はこのようになっています。 相場としては、50,000円程度といったところでしょうか。 通信講座か通学講座かによっても費用が異なりますので、しっかり確認しておくことが大切です。 独学にて取得する場合の費用 独学にて医療事務の資格を取得する場合には、テキスト代と受験費用のみとなります。 試験によって受験費用は異なりますが、大体が8,000円程度となっています。 ここにテキスト代がかかってきますが、併せて2万円以内には収まるかと思います。 とはいえ、やはり独学で学習するよりも、講座などでしっかりと実技もマスターできるようにした方がいいと言えます。 費用が安くなることばかりに目が向いて、肝心の試験に不合格とならないように気をつけてくださいね。

次の

医療事務の試験は独学でも合格可能?医療事務資格試験の種類と難易度|コラム|医療事務|資格取得なら生涯学習のユーキャン

医療事務 資格 費用

調剤薬局事務として働くための最短ルートは 資格を取得することです。 では、資格取得までの総額費用は一体どれくらいかかるのでしょうか? 調剤薬局事務の資格には民間のものがいくつかありますが、その中の一つにがあります。 今回は1つの例として、当認定試験について、 「資格取得までにかかる費用は一体どのくらいなのか?」をご紹介します。 基本データ 正式名称 調剤報酬請求事務技能認定 受験料 3,000円 難易度 易しい 取得目標期間 4ヶ月 受験形態 在宅試験 受験資格 指定講座を修了された方 実施期間 毎月実施(年12回) 申込期間 随時 主催団体 一般財団法人 日本医療教育財団 問合せ先 〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10 通信教育 ニチイ() もくじ• 調剤報酬請求事務技能認定とは 調剤報酬請求事務技能認定は、調剤報酬請求事務業務に従事する者として技能を十分に有していることを証明する資格です。 調剤報酬請求事務をはじめとした必要な知識と技能が備わっている者に与えられます。 また、調剤報酬請求事務技能認定は日本教育医療財団が認定する資格であり、当財団によって 認められた教育機関で所定のカリキュラムを受けた後、試験を受けて合格することでこの資格を得ることができます。 この「認められた教育機関」というのが何かと言うと、ニチイ学館のことです。 したがって、他教育機関で学んでいる人や独学で勉強している人は、調剤報酬請求事務技能認定試験の受験資格を満たさないため、 この資格を得ることはできません。 ニチイ学館の調剤薬局事務講座 調剤報酬請求事務技能認定試験を受けるためには、日本教育医療財団の認める教育機関で所定のカリキュラムを受ける必要があると前述しましたが、それに該当するのがニチイ学館の調剤薬局事務講座()です。 また、調剤報酬請求事務技能認定試験はこの講座の 修了試験にあたります。 通学コースと通信コースが用意されており、通学コースには週二回の午前クラス、午後クラス、夜間クラスと週一回の全日クラスがあります。 通学コースの受講料は税込 45,049円であり、受講期間はおよそ2ヶ月です。 一方、通信コースの受講料は税込 36,667円で、受講期間は個人差があります。 いずれも一括払い、分割払いが可能ですが、分割払いの場合は「ニチガククレジット分割払い」という支払い方法になるため注意が必要です。 割引制度について ニチイ学館の調剤薬局事務講座にははありませんが、ニチイオリジナル割引制度というものがあります。 当講座において通学コース、通信コースともに「 紹介割引」「 学生割引」「 受講経験割引」の3つの割引を適用することができます。 資格試験、そして資格取得について 調剤薬局事務講座を受講し終えた後、修了試験として調剤報酬請求事務技能認定試験を受けることになります。 調剤報酬請求事務技能認定試験は在宅試験であり、調剤薬局事務講座で使用したテキストやノート、調剤報酬点数表、その他の資料などを見ながら試験問題に解答できるため、 非常に易しい試験です。 受験料はかかりませんが、試験に合格した場合は日本教育医療財団への申請手続きが必要になります。 その際、 申請手数料に3000円かかりますが、この手続きによって調剤報酬請求事務技能認定を取得することができます。 まとめ これまでに述べたことから、調剤報酬請求事務技能認定の資格取得にかかる費用の総額がわかります。 しかし、ニチイオリジナル割引制度を利用する場合はもう少し安く済むでしょう。 リーズナブルな価格で調剤薬局事務をチャレンジできるから、ニチイで決まりですね! \公式ページをチェックしよう!/.

次の

結局どれが狙い目? 医療事務資格試験の種類と難易度|資格の学校TAC[タック]

医療事務 資格 費用

ユーキャンやニチイ学館など一時期テレビCMでも大きく放送され、いまだ一定数の人気を誇る「 医療事務」。 「医療事務」の 資格や 検定(以下:資格)を持っていると、全国にコンビニの数より多くある病院やクリニックのどこでも働けますし、その資格取得が比較的お手軽なため、とても魅力的な職種です。 ですが、「 医療事務」と一口にいっても、その資格は無数に存在しているため、どれがいいのか判断に迷ってしまいますよね。 この記事では、10年以上医療事務として勤務し、医療事務系教育機関での教員歴のある私が、医療事務の資格に関する医療現場の実情と最も目指すべき医療事務の資格についてご紹介をしていきます。 あなたにあった最善の医療事務の資格が明確になりますので、ぜひ最後までお読みください。 こんにちは、ひとしです。 医療事務系の資格や検定は本当に数多くありますが、そのほとんどが 取得する 意味 が ない ! と私は考えます。 どのような根拠で「 意味がない」と断言しているのか、項目ごとに説明していきますので、医療事務を目指す方はしっかり把握して今後の参考にしてください。 医療事務系の資格例 まず医療事務系の資格検定を列挙していきましょう。 医療保険士• 医療事務検定試験• 医療事認定実務者• レセプト点検業務技能検定試験• 医事コンピュータ能力技能検定試験 などなど・・ このように、少しググっただけで出てきたほんの一部の資格を書き出してみましたが、 はい、全部不要です。 医療事務系の資格が不要な根拠 なぜ不要と言えるのでしょうか?以下に理由を示していきます。 2-1. 無資格で就職可 不要と考える一番の根拠はやはり「 資格がなくても働くことができる」。 これに尽きます。 医師や看護師、その他国家資格の職種はその資格がないと業務を行うことができず、就職すらできませんが、医療事務はそうではありません。 資格がなくても業務を行うことができます。 2-2. 資格に知名度がない 業務を行うことに資格が不要とはいえ、資格を持っているということで知識や技術が保証され、就職に有利になるのではないか? そう考えることもできます。 しかし、 誰もその資格について詳しく知りません! つまり、 面接官である病院の人事担当や事務長がその資格を知らなければ意味がない。 ということです。 これらの医療事務の資格は国家資格ではなく、多くの民間団体が独自で作った資格が乱立している状況であり、誰もその全てを把握していません。 そのため、面接官に「こんな資格を持っているなんてすごいね!」と言われることはなく、 「ふーん、まあ医療事務の勉強したんだね」 という印象を与える程度の役割しかありません。 2-3. 費用対効果がよくない 以上のことから、資格を取得しても費用対効果(コスパ、コストパフォーマンス)がよくないのです。 専門学校などの養成施設や社会人向けの講座、またセミナーなどの受講費用はバカになりませんし、独学でも資格自体の受験費用がかかってきます。 多くのお金と時間をかけても必要な資格だとは私は思いません。 どうせなら知識と技術がしっかり身に付いてかつ、就職でも有利になるような資格が欲しいですね。 医療事務系の中で認知度の高い資格 とはいえ、医療事務の資格の中でも知名度があり、就職に役立つ資格はあります。 ずばり、医療事務において必要な資格は、• 主にこれらに集約されます。 ただ「 医療事務」と一言で言ってもその業種は幅広いため、自分がどのような医療事務員になりたいかをよく考えてこの4つの中から選んでください。 もちろん、全て取得することも可能です。 また今後これらの資格について解説していきます。 おわりに 少々辛辣な内容となりましたが、「 資格商法」という言葉もあるくらい、資格はビジネスとして扱われます。 資格の実施側としては、教材を買わせ、受験料を払わせた時点でミッションクリアなので、受験者が受かろうが受かるまいが、それが現場で評価されようがされなかろうが関係ないということです。 ともあれ、実体験で感じた所感ではあるものの、あくまで私個人の意見です。 どんな資格でも、取得する過程で学んだ知識や勉強の過程というのは決して無駄にはなりませんので、学校等のカリキュラムに組み込まれている場合はしっかりと勉強して合格するようにがんばってください。

次の