犬 ケージ。 犬 ケージ ゲージ サークルの通販

【楽天市場】犬用品 > 犬用品 > サークル・ハウス・ケージ・ゲート > 室内:Pet館〜ペット館〜

犬 ケージ

犬にも落ち着ける自分専用の空間が必要です。 今回は、室内犬にとってのケージの必要性と、ケージ飼いのメリット・デメリットをご紹介します。 長時間留守番させるときの部屋の準備方法についても写真付きでわかりやすく解説します。 室内犬になぜケージは必要なの?ケージ飼いのメリットとは? 愛犬の安全を守るため 家の中には、犬にとって危険なものがたくさんあります。 犬は口に入れて確かめる習性があるため、誤飲や誤食を防ぐためにも、人の生活空間と分けて過ごすことが大切です。 また、愛犬を1日中自由にしておくと、どうしても目を離す時間が出来てしまうため、いたずらや事故のリスクが高まります。 いたずらを未然に防ぐことによって、飼い主さんのストレスも少なくなり、愛犬とより良い関係が築けるでしょう。 落ち着ける居場所をつくる 犬は野生時代、穴倉の中で生活をしていた名残から、狭い空間に入ると落ち着く習性があります。 ケージを愛犬にとって落ち着ける居場所にしてあげることで、安心してくつろいだり、眠ったりすることができるのです。 また、ケージに入れたときに鳴いているとかわいそうに思うかもしれませんが、寂しいのではなく、鳴けば出してもらえると期待して甘え鳴きしている場合もあるでしょう。 鳴いても無視していれば、ケージに入れて鳴くこともなくなるはずです。 愛犬のストレスを減らす 普段から「ハウス」のしつけができていれば、突然の来客や入院、災害などでケージに入れなくてはならないときに、愛犬にかかるストレスを減らすことができるでしょう。 いつも自由にさせているのに来客のときだけケージに入れたりすると、ケージ自体がストレスになってしまうこともあるので、普段からケージに入れる習慣を身につけておけばいざという時に安心ですね。 飼い主さんとの主従関係をはっきりさせることができる 人と同じ空間で過ごしていると、愛犬は自分の方が飼い主さんよりも上の立場だと勘違いし、飼い主さんの言うことを聞かなくなってしまうことがあります。 ケージに入れる時間と出して遊ぶ時間を分けることによって、主従関係をはっきりさせることができます。 主従関係をはっきりさせることで、犬は自分より順位が上のものからは守ってもらえるという安心感を得ることができ、飼い主さんのほうも、しつけがやりやすくなるでしょう。 ケージ飼いのデメリットや注意点は? ケージ飼いにするからといって、ずっとケージに入れて愛犬を閉じ込めておくわけではありません。 ずっとケージに入っているとストレスになってしまうことがあります。 散歩はもちろんのこと、飼い主さんが帰宅したらケージの外に出して遊んであげる時間を持ちましょう。 また、体の大きさに合ったケージを選ぼうとするとどうしても大きなスペースが必要になるため、場所を取ってしまうのが難点です。 なかにはケージが苦手な犬も ある程度の時間なら、ケージのなかにいても大丈夫な犬もいますが、犬種や性格によっては合わない場合もあります。 大型犬の場合はケージに入れるとかえって窮屈に感じてしまうことも。 レトリーバー種やテリア種など、元々運動量が多い犬種の場合は、ケージのなかで過ごす時間を少なめにするといいでしょう。 それ以外の時間は運動させ、ケージ飼いのストレスを発散させてあげましょう。 ケージの選び方 犬はトイレから離れた場所を寝床に選びたがるため、寝床とトイレを離して置けるサイズの、大きめのケージを用意してあげるとよいでしょう。 寝床とトイレが近いと愛犬がくつろげず、そそうの原因となることも。 また、犬の頭がケージから出ていると脱走の原因になったり、屋根に頭がついてしまうと落ち着けなかったりするため、ちょうどいい高さのものを選びましょう。 買い替えの目安は? 柵がさびてしまったり、塗装がはげてしまったりしていると、はがれた塗料やサビを愛犬が誤って食べてしまうことがあります。 また、ジョイントの部分などは犬が噛んで壊れてしまうこともあるため、こまめにチェックするようにしましょう。 ケージやサークルを使った留守番のコツをご紹介! 短時間の留守番の場合は、犬はほとんどの時間を寝て過ごしているようですが、飼い主さんが仕事に行っている間など8時間以上の留守番が必要になる場合、起きて過ごす時間もあります。 ケージやサークル、クレートなどを使って、愛犬が快適に過ごせる環境を作ってあげましょう! 長時間の留守番には柵付きフリースタイルがおすすめ! 長時間留守番させる場合、愛犬に広めのスペースを用意し、開放的に過ごさせてあげましょう。 危険な場所やイタズラしそうな所には柵を設置して予防します。 また、地震などのときに逃げ込めるよう屋根がついたクレートも置いておきましょう。 トイレは広めにするか複数置いておけば、そそうの心配もなく愛犬も清潔に過ごせます。 そそうやイタズラが心配な犬は、庭つき一戸建てスタイルで! 上の「柵つきフリースタイル」ではそそうをしたり、イタズラをしてしまう犬もいます。 そういう場合は、トイレシートを敷き詰めたケージ(サークル)とクレートを紐などで固定し、その中で留守番させる「庭つき一戸建てスタイル」が安心です。 犬にとってトイレがわかりやすいのがポイント。 広い範囲を警戒しなくて済むため、落ち着いて過ごせます。 狭いサークルはNG! この写真のように寝床とトイレの区別がつきにくい環境では、不快に感じて排泄を我慢してしまい、飼い主さんが帰ってきてサークルから出したタイミングでそそうをしてしまうことも。 また、クレートのような落ち着ける場所がないため、犬が落ち着かず、吠えグセがついてしまうこともあります。 そのときの状況に応じ、室内飼いの犬にとってケージやサークルの中で過ごすことがメリットとなることもあるでしょう。 愛犬が普段から快適に過ごせるように、しっかりと環境を整えてあげましょう。

次の

柴犬のケージの選び方は?飼い方は?

犬 ケージ

中型犬は大型犬より抱っこがしやすいというのも、魅力の一つかもしれません。 体が大きすぎないのでマンションでも飼いやすく、初めて犬を飼う人でもしつけやすいのが、中型犬を飼うメリットです。 子どものいる家庭でも、安心して飼育できるのではないでしょうか。 そんな中型犬のケージ選びは、愛犬の体の大きさに合ったサイズであることが大切。 広ければ良いというものではなく、寝床はある程度狭いほうが安心して過ごせます。 Uターンが余裕を持ってできること、伏せのポーズがとれることを目安に、ちょうど良い大きさのケージを見繕ってあげてください。 また、飼い主にとっての使いやすさも重要。 常にケージ内を清潔に保てるよう、掃除がしやすいことも重視してみてください。 こちらはその名のとおり、ラクにお掃除ができる工夫が詰まったケージです。 注目ポイントは、扉が観音開きにフルオープンすること。 中央についているロックを同時に外すことで、一気に扉を開けることができます。 汚れが溜まりやすい四隅にも手が届きやすいでしょう。 ケージを丸ごとお掃除するときも、これなら窮屈な思いをしなくて済みます。 また汚れやすい床はトレーになっており、手前に引き出すことで取り外しできる構造。 ケージ下にはキャスターが付いているので、掃除機をかけやすいでしょう。 ケージ内の仕切りはトイレやご飯スペースと、リラックススペースの区切りとして使えます。 中型犬なら飼い始めの小さなころから成犬になるまで使えるサイズ感です。 置く場所に合わせて形を変えられるケージです。 写真のようにお部屋の角に合わせて直角に並べたり、折らずに真っ直ぐに並べたりと2wayで使うことができます。 狭いお部屋だとケージを置く場所も限られてしまい、ケージの形によってはお部屋全体がアンバランスな雰囲気になることも。 このケージは置く場所に悩まなくて良いので、愛犬も飼い主も過ごしやすい空間づくりに一役買ってくれそうです。 また愛犬がゆっくりできるスペースの隣には、トイレ用スペースがついています。 トイレのしつけは犬を飼う上で苦労するところですが、住居一体型のケージならばしつけが行いやすいでしょう。 トイレと住居スペースの間はトレーとドアで仕切られているので、オシッコが流れる心配もありません。

次の

犬のケージでトイレトレーニング!仕切りを作ってみよう!

犬 ケージ

犬のお留守番をケージでさせるときの利点 ケージは犬にとって自分のお部屋のような安心できる場所!ケージの中や区切られたスペースで時間を過ごすことは、周りを気にせず本能である警戒心を和らげた状態で時間を過ごすことができます。 また、気付かないうちにおきてしまう事故や誤飲・誤食を防ぐことができます。 犬が部屋の隅でまるまっていたり、狭い場所に入り込んでいくことはありませんか?まわりが囲われている状態は、犬にとって実は安心で快適な空間だといいます。 大好きなおもちゃや飼い主さんのにおいのついたお洋服などをお留守番のお供にするのもお勧めです。 まずは、ケージが犬の落ち着ける場所になるよう犬と一緒に工夫してみてくださいね。 3歳のトイプードルです。 生後7ヶ月時まではゲージを利用してましたが、それ以降は、ゲージを無くしフリー状態です。 24時間、どこへ行っても快適な状態にしています。 玄関から涼しく、全室、夏、冬は快適温度でエアコン付けっ放しです。 空気清浄機も必需品ですね。 可哀想なので、5時間以上のお留守番はさせません。 基本、誰かいる様にしています。 2歳くらいまでは寝る時とお留守番はゲージでと決めていました。 しつけの本にも犬はテリトリーが広すぎるとかえって負担になる、ゲージの方が安心して落ち着いて待っていられると書いてあったため、そのようにしていました。 パピーの頃は特に問題もなく気にしていなかったのですが、成犬になるに連れてゲージの中に置いてあるトイレでは排泄をしなくなってしまいました。 犬は本来、寝る場所と排泄する場所は分けるものだと知ってから、ゲージを改良し今までのゲージ部分は全てベッド、連結して繋げた部分にトイレスペースといった形に変更してみました。 それでもやはりゲージ内のトイレは使用せず、帰宅後、ゲージを開けると急いでリビングのトイレに走っているのを見て、フリーにすることに決めました。 お腹の調子が悪い時でもトイレは我慢しているようで、外出していてもこちらが気になってしまうため、お互いのためにこのような形をとることにしたのです。 夜、寝る際も、トイレに行きたいのか呼ぶことがあったため、思いきって、ゲージは常にオープンにし、寝る時やお留守番時はゲージでもいいし、他でもいいといった文字通りフリーにして試してみることにしました。 結果的に、我が家の愛犬はこの方法で正解だったようです。 ゲージ派だった時は、自らゲージに入ることはありませんでしたが、フリーにしてからは、来客があって騒がしい時、眠りたい時、特別なおやつをもらった時などには自分で入ることもあります。 注目してもらいたくて入ってアピールすることもあります。 愛犬を見ていて思うのは、犬は狭い所が好きで、囲まれている空間に安心感を覚えるということは恐らく事実だと思います。 ただ、それは自由に出入り出来る状況の中でその空間が確保されているということであって、自分では出ることが出来ない、閉じ込められた状況とは違うのではないかなと感じています。 現在、ゲージにはトイレは置かずに小さめなクレートのようなものとがあり、また、リビングと寝室に置いてある愛犬のベッドは夏用でも冬用でも周りが立ち上がっていて囲まれた感覚のあるものを使っています。 一時、マショマロクッションのようなベッドにしたこともありましたが、囲まれているカドラータイプの方が好きなようで二つのタイプを置くと必ず囲まれている方で寝ています。 記事もあるように、どちらのお留守番にもメリットとデメリットがありますが、東日本大震災のような大地震が起こった時、何がどのように落ちてきたり倒れてきたりするか想像できません。 ゲージに何かが落下したり飛んできたりすることもあり得ます。 犬の判断で自由に逃げられる空間の方が良いのか、または絶対に安全な環境にある中でゲージにいる方が安全なのか、各ご家庭の居住空間においても変わってくるのかと思います。 最後は飼い主さんの判断になるのかなぁと思っています。 うちの犬はケージを開放したままのフリー派ですが、リビング1室のみです。 ケージを映すようにWEBカメラを設置していますが、1日中ほぼケージの中で寝ています。 ケージには天井もつけていますので安心するようです。 たまに郵便などでピンポンが鳴ると、リビングのドアまで様子を見に行ったりしているみたい。 本当はケージのドアも閉めていた方が安心なのでしょうが、どうしてもケージのドアを閉めるのは嫌がります。 ものすごい形相で歯を剥いて怒るので、ケージのドアは開けたままにするのが習慣づいてしまいました。 そのため、リビングには床にはモノを置かないようにしています。 誤飲が心配なため。 意識してリビングにはモノを置かないようにしているため、おかげで片付いて一石二鳥かも。

次の