ひろし の 回想。 21世紀を手に入れろ(クレヨンしんちゃん)

【485kbps】ひろしの回想 [ニコニコあっぷる]

ひろし の 回想

私もこの映画は本当に大好きです。 個人的な感想になりますが 「昔を懐かしむ気持ち」と「それにいかに共感したか」 というのがポイントなのではないのでしょうか。 あの作品を見て私は「誰でも昔を経て未来へ生きていく」というテーマを感じました。 昔を懐かしむという気持ちは老若男女だれにでも存在しているかと思います。 また昔を思い出すと少なからず美化されていくものではないかと思います。 そんな美化されているものをいい意味で捨てて、 どうなるのかわからない不安の中、 次のステージに進んでいくというのが人生なのではないかなと思います。 多分誰もがそういう人生の選択をしていると思うので そこに共感を覚え感動につながったのではないかと思います。 私自身も号泣したのですが 「寂しい気持ち」と「期待への気持ち」 の2つの感情があったかなと思ったりします。 大好きな作品です。 初めてこの映画を見たのは高校生の時でした。 もちろん私にはひろしや父親のような社会に出てからの思い出はありません。 毎日仕事に残業、どんなに暑い日でも営業に回り疲れて帰りの電車で眠りかける日々。 それでも頑張れるのは家に帰れば家族が待っているから… でも高校生の私もこの回想シーンを見て感動しました。 それは単にひろしというキャラクターに感情移入したのもあるし、家族っていいなぁと思う一方で、自分も将来こんな未来が待っているんだろうかというどこか寂寥感に似た気持ちも感じたり。 一言でいうとすごく共感できたのです。 ただ、最近この共感はひろしに感情移入したのとは違うと考えるようになりました。 ひろし世代の人ならひろしの回想と自分の経験が重なって素直に共感できるのはわかります。 でもこの回想は高校生以上なら大体の人が感動すると答えるシーンです。 なぜか、それはひろしが懐かしさを失う選択をしなければならなかったからではないでしょうか。 過去を懐かしむ気持ちは誰にでもあると思います。 あの頃はよかった、あの時に戻れたら、そんな過去で暮らせる選択肢を目の前に与えられたら私たちはそれを放棄して未来に生きることを躊躇いなく選べるでしょうか。 誰だって未来に生きることを選んだひろしの選択が正しいことくらい分かっています。 過去を懐かしいと思うのは、時間を遡ることができないと知っているからです。 しかし未来が不確かで辛いことも多いほど思い出は美化されていきます。 ひろしはそんな美化された思い出を、未来を共に生きる家族のために失わなければならなかったのです。 この喪失感に私は共感したのだと感じています。 懐かしい思い出に生きたいわけじゃありません。 ただ子供時代から現在までの回想で思い出がただ過ぎ去っていくのがどうしようもなく寂しくて、懐かしくて泣けてくるんです。 そして仕事に追われる毎日でも家族と生きるために懐かしい過去と決別した、ひろしのしんちゃんを抱きしめる姿に感動するんだと思います。 長文失礼しました。

次の

ひろしの回想が泣ける『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』は人生の教科書だ。|MOV

ひろし の 回想

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」(Abema TV)より引用 「大人も感動するクレヨンしんちゃんの映画」として高い評価を受け、 歴代最高傑作の1つとも言われる「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」。 そんなオトナ帝国の逆襲の1番の感動シーンと言えば、ひろしの回想シーンでしょう。 ひろしの回想シーンは、家族を持つ人だけでなく、多くの大人が泣いてしまうと評判です。 ひろしの回想シーンで感動するのはおそらく、 誰もが多かれ少なかれ持つ子供時代の郷愁と、 普段は忘れてしまいがちな、何気ない日常の尊さを 思い出させてくれるからではないでしょうか。 「オトナ帝国の逆襲」のひろしの回想シーン 「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」(Abema TV)より引用 しんのすけ「父ちゃん、オラがわかる?」 ひろし「ああ。 ああ!」 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」より引用 古き良き昭和の世界観を取り戻そうと大人達を操る組織「イエスタデイ・ワンスモア」。 彼らの洗脳により子供になってしまう大人達。 その代償として未来が奪われてしまうかもと、しんちゃん達「カスカベ防衛隊」および野原一家は未来を取り戻すために「イエスタデイ・ワンスモア」のリーダーであるケンのところへ乗り込みます。 「オトナ帝国の逆襲」はノスタルジーへのアンチテーゼが1つのテーマとなっています。 ひろしの回想シーンは、 子供の頃に戻って子供のまま過ごそうとするひろしを、 しんのすけが靴の匂いをかがせることで現実に引き戻すシーンで登場します。 自分のこれまでの人生を思い出し、泣きながらしんのすけをひろしは抱きしめます。 「ひろしの回想シーン」の解説 ひろしの回想シーンはそこまで長くないのですが、 穏やかなBGMにのせてひろしの尊い人生が描かれます。 自転車に乗り、父の背中に揺られた子供時代。 初恋や受験。 はじめてで戸惑う社会人生活。 そんな中で出会ったみさえというかけがえのない存在。 2人の間に生まれた宝物。 温かい家庭。 家族を持つ人なら誰しもが共感できるような、平凡だけれど幸せな日々。 そして家族を持たない人でも、 平凡かもしれないけれど、自分の人生はたくさんの温かいものに支えられてきたんだなあと振り返りその尊さに涙してしまいそうです。 まとめ オトナ帝国のひろしの回想シーンで感動してしまう背景は人によって様々でしょう。 けれど例えば、そこには 「郷愁の思い」と「日々の尊さの再確認」があるのではないでしょうか。 郷愁とは懐かしさから少し寂しい気持ちになることです。 大人になった自分から見た、幼かった頃の無邪気な自分。 決して理路整然とはしていなかったけれども、悩みながらも一生懸命がんばった日々。 そういった過去を思いだし、共感するのではないでしょうか。 そして、 何気ない日常でも、大切な人に出会ったり、いろんな優しさに触れていて、自分の人生はこんなにもかけがえのないものだったんだなあと改めて気づく。 そんな心の動きをひろしの回想シーンはさせてくれるのではないでしょうか。 その他の記事.

次の

クレヨンしんちゃんの映画である「オトナ帝国の逆襲」中のひろ...

ひろし の 回想

ひろしの回想とは、「 」の作中に用いられているの曲名である。 この項は、成分を含みます。 概要 作中の重要で流れる要である。 のを演出する曲で、哀愁漂うとなっている。 ナの放つ「昔のニオイ」。 それによりは、かつてとに連れられてやってきたの地で、と同じくらいのの姿に戻っていた。 辛くもを助けにやってきたの呼びかけにも「ちゃん、変な子だよ!」と言ってそっぽを向く始末。 しかし、機転を利かせたはニオイで昔に戻っているならと、彼の靴を脱がし幼しの鼻先に近付ける。 そのニオイは、紛れもなくナになった今のの放つ足の臭さ「今のニオイ」であった。 自分の足のニオイで意識を失っている間、はの中にいた。 のの荷台に乗り、一緒にに行ったこと。 時代に当時のと歩いたり、の降る中を一人で歩いたりした、のあぜ。 自分の生まれたを離れ、上し就職したこと。 会社のを覚えたり、でをして怒られたり、同僚や上に励まされたり。 その後、と知り合い、満開のでしたこと。 の誕生。 の新築。 の中で外回りをしたり、打ち合わせをしたり、をしたりして、 の中で革につかまりながら、ウトウトと眠ってしまうほど疲れきった体で、 一人でトボトボまで帰る、そんな。 でも、や、がいるだけで、になれたりを感じる、そんなの。 そして、が自分にしてくれたように、をの荷台に乗せ、みんなでに行ったこと。 で徐々にに戻ったは泣いていた。 そんなに、は問いかける。 「とうちゃん、オラがわかる?」 「ああ・・・・・・」 余談であるが、に戻った時には万博のチュアに囲まれていた。 がくさい靴を使ってまでの説得をしたのも理もない。 間違いなくのにはチュアに囲まれる中で精的に幼児に退行化したの姿という異様なをの当たりにしていたのだから。 ならになってもおかしくない話である。 、を救出に向かった際には初めて第三者のからは異様に見えている事を実感したからである。 一方の復帰は特にもなくで終わってしまったが気にしないでう。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の