ミッション v6。 ミッションV6: ゆきしろとばらべに

ミッションV6: ゆきしろとばらべに

ミッション v6

メンバー [ ] この節ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 各メンバーの詳細については各ページを参照。 メンバーカラーを除き、ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィール をもとに記述。 20th Century [ ] 名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー [ ] 備考 (さかもと まさゆき) 1971-07-24 (48歳) リーダー (ながの ひろし) 1972-10-09 (47歳) (いのはら よしひこ) 1976-05-17 (44歳) A型 東京都 Coming Century [ ] 名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー [ ] 備考 (もりた ごう) 1979-02-20 (41歳) A型 (みやけ けん) 1979-07-02 (40歳) O型 神奈川県 (おかだ じゅんいち) 1980-11-18 (39歳) 概要 [ ] 、『』のイメージキャラクターとして結成される。 V6の「V」には、「volleyball」 、「victory」 ビクトリー 、「visual」 ビジュアル 、「versus」 バーサス 、「veteran」 ベテラン など、いくつかの意味が込められている。 「6」は6人組であることにちなむ。 での表記は「勝利六人組」。 年長組3人を「20th Century トゥエンティース・センチュリー 」(通称トニセン)、年少組3人を「Coming Century カミング・センチュリー 」(通称カミセン)として、独立した活動も行っている。 略歴 [ ] CDデビューまで [ ] 1995年8月に発売されたアイドル雑誌『』10月号で、発足以来プロ化を目指していた日本のに乗じて、同年秋に主催で行われる『』のイメージキャラクターとして、新しいグループが作られることが初めて発表される。 当時のグループ名表記は「Vsix」で、候補段階のメンバーは、坂本昌行・井ノ原快彦・の写真と、長野博・・喜多見英明と思われるシルエット(次号で発表)の、計6名となっている。 この6名は当時、「」(初代メインメンバー:坂本・長野、初代サポートメンバー:井ノ原・佐野・原・喜多見)として『』で活躍していたメンバーだった。 翌9月発売の『Myojo』11月号で、「V6」のデビューが大々的に掲載され、この時点でメンバーは坂本・長野・井ノ原・森田剛・三宅健・岡田准一の6名となり、にのディスコ「」でデビュー記者発表が行われた。 に「」でCDデビュー。 同日にデビューイベント『SING FOR THE PEOPLE』を前の特設会場で行う。 また、イメージキャラクターを務めた『バレーボールワールドカップ』の大会中継や、V6主演のタイアップドラマ『』に出演した。 翌1996年からは『』のイメージキャラクターを務めた。 1990年代 [ ] 当初のシングルはなどの作曲によるの楽曲を歌っていた。 1996年12月31日、前年1月17日に発生したの復興チャリティイベント『V6 COUNT DOWN '97』をにて開催し、収益金をに寄付。 1997年10月16日、レギュラー番組『』放送開始。 後続番組の『』が終了する2008年9月まで11年間にわたり放送される。 1997年12月1日、阪神・淡路大震災へのチャリティー活動として、1997年までにデビューしていた・V6・が合体してJ-FRIENDSを結成することを発表。 2003年3月まで活動した。 詳細は「」を参照 1998年、『』で森田がチャリティーマラソンランナーに選ばれ、100kmを完走。 2000年代 [ ] 2000年8月19日・20日に『』で番組パーソナリティーを務めた。 同年9月10日、夏のコンサートでの公演を行う。 2001年、・で日本人としては初の3日間連続公演を行う。 同年10月にはComing Centuryが台湾、でコンサートを開催。 2002年4月20日、の『』に日本人として初出演。 同年5月4日、Coming Centuryが台湾の音楽祭『』でプレゼンターを務める。 同年11月には香港、台湾でコンサートを開催し、香港公演は日中国交正常化30周年記念事業として行われた。 2003年、Coming Centuryが『』で映画初主演。 同作が宇宙を舞台としていることから『』のオフィシャルサポーターに任命された。 同年9月28日、V6初主演映画『』のイベント試写会を全国5大都市で実施。 劇場公開はされなかったが、の特別招待作品に選出、に正式出品された。 2004年、アジア文化産業交流財団から「アジア文化交流貢献有功賞」を受賞。 同年公開の映画『』で日本語吹き替え版の声優及び主題歌を担当した。 2005年、デビュー10周年を迎え、11月1日に国立代々木競技場第一体育館で記念イベントを開催。 翌2日から全国ツアー『V6 10th Anniversary Concert 2005 musicmind』を開催し、同ツアーに連動して全国6大都市で握手会を行った。 また、東京・にミュージアム「V6 10th ANNIVERSARY MUSEUM」が期間限定でオープン 、V6主演映画『』が全国公開された。 同年12月6日、韓国の『日韓友情年記念コンサート』に日本代表として出演。 2006年、全国ツアー『V6 SUMMER LIVE 2006 グッデイ!! 』を8月から9月にかけて開催。 同ツアーで1995年12月の初コンサートから通算500万人の動員を達成した。 2007年9月12日発売の10枚目のオリジナル・アルバム『』が24日付ので初登場1位を獲得。 同ランキング通算1000作目の1位獲得作品となる。 2009年9月19日、韓国・ソウルで開催された『』に出演し、日韓文化交流の功績からアジアスペシャルアワードを受賞。 同年11月に韓国、台湾で7年ぶりのアジアツアーを行う。 2010年代 [ ] 2014年、『』に初出場。 2015年、デビュー20周年を記念して8月30日から全国ツアー『ラブセン presents V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER-』を開催。 11月1日の最終公演の開演前には、国立代々木競技場第一体育館前の特設会場で公開会見を行った。 また12月6日にはで最終公演の模様が独占放送され、これがジャニーズ事務所所属アーティストで初のツアーのWOWOW放送だった。 同年は、8月22日・23日に『』で事務所の後輩のとともにメインパーソナリティーを 、12月24日・25日に『』でメインパーソナリティを それぞれ務めたほか、11月3日には『学校へ行こう! 』が特別番組として7年ぶりに放送された。 2016年10月23日、国立代々木競技場第一体育館で開催された『』に出演。 日本国内で開催される音楽フェスに参加するのはこれが初めてとなる。 2017年、全国ツアー『LIVE TOUR 2017 The ONES』を開催。 長野の45歳の誕生日にあたる10月9日に行われた公演の模様が11月25日にで放送された。 2020年代 [ ] 、ジャニーズ事務所所属グループによる感染拡大防止の支援活動『』の一環として、V6のメンバーを含む76名の期間限定ユニット「」を結成することが発表された。 作品 [ ] V6のディスコグラフィ リリースリスト スタジオ・アルバム 13 シングル 51 映像作品 22 タイアップについては「」を参照 シングル [ ] CDシングル [ ] 1999年7月14日発売の「太陽のあたる場所」までは8cmCDで発売された。 2000年2月2日発売の「MILLENNIUM GREETING」からは12cmCDで発売されている。 # リリース日 タイトル 順位 収録アルバム 1 1995年11月1日 3位 2 1996年2月14日 1位 3 1996年5月29日 1位 4 1996年9月16日 1位 5 1997年1月20日 1位 6 1997年4月3日 1位 7 1997年7月9日 2位 8 1997年11月6日 1位 9 1998年3月11日 1位 10 1998年7月15日 3位 11 1998年11月11日 1位 12 1999年3月31日 1位 13 1999年5月12日 2位 14 1999年7月14日 3位 15 2000年2月2日 3位 16 2000年5月10日 2位 17 2000年10月25日 3位 18 2001年2月28日 3位 19 2001年6月20日 3位 20 2001年8月29日 1位 21 2002年6月12日 1位 22 2003年3月19日 4位 23 2003年5月28日 1位 24 2003年7月2日 1位 25 2004年3月24日 1位 26 2004年8月4日 2位 27 2005年6月22日 1位 28 2005年10月12日 1位 29 2006年6月14日 1位 30 2007年1月31日 1位 31 2007年5月23日 1位 32 2007年12月12日 1位 33 2008年5月28日 2位 34 2008年9月17日 1位 35 2009年6月17日 1位 36 2009年9月2日 1位 37 2010年9月1日 1位 38 2011年8月24日 2位 39 2012年2月15日 2位 40 2012年8月8日 3位 41 2012年12月26日 1位 42 2013年8月21日 3位 43 2014年8月27日 2位 44 2014年10月22日 1位 45 2015年5月8日 1位 46 2016年6月8日 1位 47 2017年3月15日 2位 48 2017年5月3日 1位 49 2018年5月30日 2位 アルバム未収録 50 2019年1月16日 1位 51 2019年6月5日 1位 DVDシングル [ ] # リリース日 タイトル 順位 1 2008年7月30日 1位 20th Century [ ] # リリース日 タイトル 順位 収録アルバム 1 1999年11月25日 10位 2 2000年9月20日 9位 3 2008年3月26日 1位 アルバム未収録 Coming Century [ ] # リリース日 タイトル 順位 収録アルバム 1 1998年5月27日 2位 2 2001年9月19日 5位 アルバム未収録 アルバム [ ] オリジナル・アルバム [ ] # リリース日 タイトル 順位 1 1996年8月5日 1位 2 1997年8月13日 2位 3 1998年8月5日 2位 4 1999年8月18日 1位 5 2000年8月9日 1位 6 2001年8月1日 1位 7 2002年7月31日 3位 8 2003年8月6日 1位 9 2005年11月1日 2位 10 2007年9月12日 1位 11 2010年3月31日 2位 12 2013年2月20日 2位 13 2017年8月9日 1位 ミニ・アルバム [ ] # リリース日 タイトル 順位 1 1996年12月2日 1位 2 1998年2月11日 2位 ベスト・アルバム [ ] # リリース日 タイトル 順位 1 2001年1月1日 1位 2週連続 2 2006年8月2日 1位 3 2015年7月29日 1位 20th Century [ ] # リリース日 タイトル 順位 1 1997年9月10日 4位 2 1998年9月30日 7位 ベスト 2004年2月4日 3位 その他、20th Centuryは先輩であるのミュージカル「」に1996年から2000年まで(グループ結成前を含めると1992年から、井ノ原のみ2001年まで)出演しており、その映像作品やサウンドトラックCDには20th Centuryの劇中歌やライブステージなどが収録されている。 Coming Century [ ] # リリース日 タイトル 順位 ベスト 2002年12月11日 6位 ミニ 2009年7月29日 1位 映像作品 [ ] # リリース日 タイトル 順位 1 :1996年3月21日 :2000年9月27日 2 VHS:1997年3月5日 DVD:2000年9月27日 3 VHS:1997年9月10日 DVD:2000年9月27日 (Coming Century) 4 VHS:1998年6月17日 DVD:2000年9月27日 5 VHS:1998年9月30日 DVD:2000年9月27日 (Coming Century) 6 VHS:1999年2月10日 DVD:2000年9月27日 7 2001年3月22日 7位 8 2002年1月17日 1位 9 2002年10月30日 3位 10 2004年5月26日 2位 11 2005年3月9日 2位 12 2005年3月9日 3位 13 2005年3月9日 1位 14 2006年3月1日 1位 15 2008年2月13日 1位 16 2009年1月7日 1位 17 2009年2月11日 (20th Century) 1位 18 2009年10月7日 1位 19 DVD:2010年11月1日 :2016年2月17日 1位 20 DVD:2012年1月18日 BD:2016年2月17日 1位 21 DVD:2013年11月27日 BD:2016年2月17日 1位 22 2016年2月17日 1位 22 2018年3月14日 1位 その他 [ ] 6V ロクボルト• 6V 電撃ビリビリRemix 2000年12月 - 詳細は を参照 REVOLUTIONS• 11月1日• 1か所1日間2公演• (東京) デビューイベント。 ツアー V6• 12月22日• 1か所1日間1公演• ファーストライブの大阪公演。 次の東京公演と合わせてのツアーだが、クリスマスにちなんだ公演タイトルとなっている。 1996年• 1月27日 - 1月28日• 1か所2日間3公演• (東京) ファーストライブの東京公演。 先の大阪公演と合わせてのツアーだが、新年にちなんだ公演タイトルとなっている。 ツアー V6 V6 Tour in Japan• 3月19日 - 5月5日• 6ケ所6日間? 、、、、大阪城ホール、 V6初の全国ツアー。 イベント V6 「BEAT YOUR HEART」発売イベント「V6 VICTORY SQUARE」• 5月29日• 1か所• 兵庫県• 「」の発売日と同日。 ツアー V6 V6 SINCE 1995 V concert'96• 7月23日 - 8月29日• 7ケ所7日間20公演• 大阪城ホール、、、福岡サンパレス、仙台サンプラザ、名古屋レインボーホール、横浜アリーナ 夏の全国ツアー。 CC Coming Century Concert 1996• 8月6日 - 8月15日• 3ケ所3日間6公演• 、、 V6の公演が開催されない地域で開催された、Coming Century初の単独コンサート。 1996年 - 1997年 ツアー CC Coming Century '96-97 WINTER CONCERT 「HAPPY GREETING」• 12月24日 - 1月11日• 3か所3日間? 横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール V6 96-97 WINTER CONCERT 「HAPPY GREETING」• 12月25日 - 1月12日• 3か所3日間? 横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール 20C 20th Century '96-'97 WINTER CONCERT 「HAPPY GREETING」• 12月25日 - 1月8日• 3か所3日間? 、、(大阪) トニセン初のコンサートツアー。 1996年 イベント V6• 12月31日• 1か所1公演• の災害復興チャリティーイベントとして、グループ単独で行われたカウントダウン・コンサート。 コンサート開催に際し、メンバーの衣装250点をチャリティーオークションし、収益金全額を神戸市教育委員会に寄付した。 後に行われたJ-FRIENDSのカウントダウンコンサートへの布石となったコンサートである。 1997年 ツアー V6 '97 SPRING CONCERT 春一番 V6• 3月27日 - 5月4日• 6ケ所12日間30公演(追加16公演含む)• 仙台サンプラザ、横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、広島厚生年金会館、 5月4日の福岡公演は、当初会場が福岡サンパレスで日程も違う日であったが、申込多数により、日程・会場を変更し行なわれた。 コンサートイベントでの動員数が150万人を突破。 ツアー CC WHAT'S COOL!? 7月27日 - 8月30日• 5か所5日間11公演(追加1公演含む)• 、横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、福岡国際センター カミセン初の全国ツアー。 7月26日(ツアー初日)の大阪公演が、台風の影響により延期となる。 V6 WAになっておどろう• 7月28日 - 8月31日• 5か所6日間15公演(追加3公演含む)• 真駒内アイスアリーナ、横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、福岡国際センター ツアー 20C "ROAD" show• 9月6日 - 11月9日• 11か所15日間? 仙台サンプラザ、、、、東京厚生年金会館、、、愛知厚生年金会館、、広島厚生年金会館、 トニセン初の全国ツアー。 V6やカミセンが公演を行っていない地域で多くの公演が行われた。 イベント V6• 12月31日• 1か所1公演• と共に出演。 このイベントで初めて、として舞台に立つ。 1998年 ツアー V6• 1月2日 - 1月15日• 3か所11日間? 東京宝塚劇場、名古屋レインボーホール、大阪城ホール 東京公演は、名古屋・大阪公演とは違う内容で行なわれた。 1月15日の東京公演では、大雪であったが実施。 また同日の朝、「ジャニーズ祭り in 東京宝塚劇場 ファイナルステージ」のチケット購入抽選会が、会場近くのにて行なわれたため、抽選会開始前にメンバー全員が抽選会場に挨拶に来た。 ツアー V6 ジャニーズ祭り in 東京宝塚劇場 ファイナルステージ• 1月18日• 1か所2公演• 東京宝塚劇場 宝塚劇場で行なわれた公演の最終日に、ジャニーズ事務所のタレントが多数出演して行なわれたイベント。 イベント V6 Be Yourself On White Day• 3月14日• シングル「」発売イベント コンサート V6• 5月1日 - 5月5日• 1か所4日間8公演(追加1公演含む)• 横浜アリーナ 冬に名古屋、大阪で行なわれた公演と同じ内容を、追加公演として横浜で開催。 ツアー CC JOHNNY'S SUMMER CONCERT '98 「Coming Century」• 7月27日 - 8月27日• 3か所4日間7公演• 横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール V6の公演日と前後した日程で公演が行われた。 V6 '98 JOHNNY'S SUMMER CONCERT TOUR• 7月28日 - 8月30日• 3か所5日間9公演• 横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール ツアー 20C JOHNNY'S SUMMER CONCERT '98 20th Century• 9月5日 - 10月24日• 9か所13日間25公演(追加3公演含む)• 、、仙台サンプラザ、、、静岡市民文化会館、、大阪厚生年金会館、福岡市民会館 イベント V6 V6 PRIVATE PARTY• 11月28日 - 12月20日• 8か所5日間? Zepp Sapporo(岡田)、仙台サンプラザ(三宅)、(20th Century)、(森田)、愛知厚生年金会館(坂本)、大阪厚生年金会館(Coming Century)、(長野)、(井ノ原) シングル「」の初回購入特典の応募券を送ると抽選で招待されたイベント。 それぞれの会場にはメンバーの誰かが来ることになっており、公演当日に本人の登場によって初めて知らされた(会場名の後に、どのメンバーが来場したかを記載)。 1998年 - 1999年 ツアー V6 '98〜'99 Johnny's WINTER CONCERT TOUR• 12月25日 - 1月7日• 2か所8日間11公演(追加1公演含む)• 横浜アリーナ、大阪城ホール 1998年にが日本一になったことを記念し、「横浜」で「(V)6公演」を予定していたが、追加公演が決まったため結局7公演行なった。 1998年 イベント V6 J-FRIENDSカウントダウンコンサート「Asia Biggest Countdown in Dome」• 12月31日• 1か所1公演• J-FRIENDSとしてのコンサート。 この公演から、東京ドームでのカウントダウンコンサートが恒例となる。 1999年 ツアー CC Johnny's SUMMER CONCERT '99 「Coming Century」• 7月24日 - 8月27日• 9か所11日間16公演• 北海道厚生年金会館、仙台サンプラザ、横浜アリーナ、、、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、広島グリーンアリーナ、マリンメッセ福岡 V6が夏のツアーを開催しなかった地域を含め行われた。 V6 Johnny's SUMMER CONCERT '99 「V6」• 8月9日 - 8月26日• 3か所6日間12公演• 横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール コンサート+イベント V6 学校へ行こう! PRESENTS V6 SUMMER CONCERT '99「さよなら夏休み!! 学校へ行こう! 8月31日• 1か所2公演• 横浜アリーナ 自身が出演していたテレビ番組『』の番組収録も兼ねて行なわれた。 1999年 - 2000年 ツアー 20C 20th Century CONCERT TOUR "WISHES"• 11月27日 - 2月13日• 11か所14日間公演• 北海道厚生年金会館、、仙台サンプラザ、東京国際フォーラム ホールA、、石川厚生年金会館、長野市民会館、静岡市民文化会館、名古屋市民会館、、広島郵便貯金会館 1999年 イベント 20C 20th Century "WISHES" Limited Secret Live• 12月26日• 1か所1公演• シングル「」発売を記念し、購入者を対象に応募を募り、150名を招待し行われたシークレットライブ。 イベント V6 J-FRIENDS MILLENNIUM in TOKYO DOME• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2000年 ツアー V6 WINTER CONCERT TOUR「MILLENNIUM GREETING」• 1月3日 - 1月10日• 2か所7日間12公演• 横浜アリーナ、大阪城ホール 1月8日の公演で、森田がコンサート途中でステージより落下。 背中から腰を打って退場した。 ツアー CC• 7月29日 - 8月31日• 9か所12日間20公演(追加1公演含む)• 北海道厚生年金会館、、、さいたまスーパーアリーナ、横浜アリーナ、、、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、マリンメッセ福岡 V6の夏のツアーが開催されなかった地域を含め行われた。 V6 V6 SUMMER CONCERT 2000「」• 8月25日 - 9月10日• 2か所4日間7公演• 、大阪城ホール V6としては、2か所のみで公演を実施、さいたまスーパーアリーナ公演ではこけら落とし公演(V6がコンサートとしては初めて使用)を行った。 2000年 - 2001年 ツアー 20C 20th Century CONCERT TOUR ""• 11月10日 - 2月13日• 16か所19日間34公演• 北海道厚生年金会館、、岩手県民会館、福島県文化センター、、大宮ソニックシティ、東京国際フォーラム ホールA、山梨県立県民文化ホール、、、大阪フェスティバルホール、広島厚生年金会館、、、福岡サンパレス、 2000年 イベント V6 J-FRIENDS COUNTDOWN FROM TOKYO• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2001年 - 2005年 [ ] 年 種別 出演 タイトル 詳細 2001年 ツアー V6 V6 winter concert 2001 "Very best"• 1月2日 - 1月8日• 2か所6日間10公演• 横浜アリーナ、大阪城ホール 海外ツアー V6 V6 2001 台北演唱会 V6 CONCERT 2001 IN TAIPEI• 2月9日 - 2月11日• 1か所3日間3公演• 南港101(台湾) 日本人アーティスト初の台湾3日間連続公演。 またV6として台北での初公演。 ツアー V6 V6 SUMMER TOUR 2001 Volume6• 7月24日 - 8月28日• 6か所15日間24公演(追加3公演含む)• 、、国立代々木競技場 第一体育館、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、マリンメッセ福岡 「コンサートは、6人だけで行いたい」とのメンバーの意向により、このツアー以降は、ジャニーズJr. の出演は行われていない(一部ゲスト出演はあり)。 8月22日の東京公演が、台風の影響により8月28日に延期となった。 10月20日 - 12月9日• 14か所22日間34公演(追加3公演含む)• 北海道厚生年金会館、盛岡市民文化センター、仙台サンプラザ、、国立代々木競技場 第一体育館、、、大阪フェスティバルホール、神戸国際会館、広島郵便貯金ホール、九州厚生年金会館、福岡サンパレス、南港101(台湾)、 従来のアリーナクラスではなく、ホールクラスの公演を中心にツアーを展開。 また初の海外公演を、11月4日 - 6日に台北(追加2公演)、11月7日 - 9日に香港で行った。 2001年 - 2002年 ディナーショー 20C 20th Century DINNER SHOW• 12月21日 - 1月6日• 2か所7日間13公演(追加4公演含む)• プロミネンス、大阪・孔雀の間 V6のメンバーとして、またトニセンとして初のディナーショー。 応募者多数のため、1月に4公演を追加。 2001年 イベント V6 Vivaメントレ兄弟presents J-FRIENDS COUNTDOWN in TOKYO DOME• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2002年 イベント V6 韓国"ドリームコンサート2002"• 4月20日• 1か所1公演• 外国人アーティスト初出演 ツアー V6• 7月30日 - 9月1日• 6か所17日間25公演• 真駒内屋外競技場、シェルコム仙台、国立代々木競技場 第一体育館、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、マリンメッセ福岡 ツアー CC Coming Century 「HAVE A SUPER GOOD LIVE 2002」• 9月28日 - 12月1日• 5か所11日間19公演(追加4公演含む)• 北海道厚生年金会館、仙台サンプラザ、国立代々木競技場 第一体育館、大阪フェスティバルホール、広島郵便貯金ホール 海外ツアー V6 V6 ASIA TOUR 2002 Feel Your breeze HK• 11月2日 - 11月3日• 1か所2日間2公演• 日中国交正常化三十周年記念事業 V6 ASIA TOUR 2002 Feel Your breeze TW• 11月15日 - 11月17日• 1か所3日間3公演• 南港101(台湾) イベント V6 J-FRIENDS COUNTDOWN in TOKYO• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2003年 ツアー 20C 20th Century Tour 2003 "SCREAMING! 4月20日 - 6月29日• 19か所23日間40公演(追加4公演含む)• 、北海道厚生年金会館、仙台サンプラザ、、NHKホール、東京国際フォーラム ホールA、、、、石川厚生年金会館、長野市民会館、名古屋センチュリーホール、、滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール、大阪フェスティバルホール、神戸国際会館、広島厚生年金会館、九州厚生年金会館、福岡サンパレス イベント V6 応援歌'03 19th じゃがいもの会チャリティーショー• 5月13日• 1か所1公演• NHKホール• が開催 コンサート V6• 8月14日 - 8月28日• 1か所13日間17公演• 国立代々木競技場 第一体育館 この年はV6のツアーは行われず、東京のみで開催。 公演日ごとに「V program」と「V V program」と2パターンの公演内容で行った。 さらに8月28日は追加公演として「V V V program」(V program と V V program の別々の公演を、まとめて1日で観てもらう内容)を行った。 以下は各公演を行った公演日と公演回。 V program:8月14日(夜)・16日(昼・夜)・18日(夜)・22日(夜)・24日(昼・夜)・26日(夜) V V program:8月15日(夜)・17日(昼・夜)・19日(夜)・23日(昼・夜)・25日(夜)・27日(夜) V V V program:8月28日(昼) ツアー CC Coming Century Concert Tour 2003 "Coming with me!! 10月19日 - 12月7日• 10か所15日間20公演• 北海道厚生年金会館、、岩手県民会館、仙台サンプラザ、東京国際フォーラム ホールA、富山オーバードホール、長野市民会館、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、広島サンプラザホール イベント V6 Johnny's Starship Countdown 2003-2004• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2004年 ツアー・コンサート V6 V6 SUMMER SPECIAL DREAM LIVE 2004• 7月31日 - 8月25日• 2か所18日間24公演• 国立代々木競技場 第一体育館、大阪城ホール この年は「OSAKA DREAM」、「TOKYO DREAM」、「V program」、「V V program」、「『学校へ行こう! 』SUMMER DREAM LIVE」の5パターンにて公演を展開。 以下は各公演を行った公演日と公演回。 OSAKA DREAM:8月1日(昼・夜)・2日(夜) TOKYO DREAM:8月7日(夜)・8日(昼・夜)・9日(夜) V program:8月12日(夜)・14日(昼・夜)・16日(夜)・19日(夜)・21日(昼・夜)・23日(夜) V V program:8月13日(夜)・15日(昼・夜)・17日(夜)・20日(夜)・22日(昼・夜)・24日(夜) 『学校へ行こう』8月25日(夜) イベント V6 Johnny's "BIG SURPRISE" Countdown• 12月31日• 1か所1公演• 11月1日• 1か所3公演• 国立代々木競技場 第一体育館(東京) デビュー10周年を記念して行われたイベント。 3回目(夜)の公演は『学校へ行こう! 』で中継された。 ツアー・イベント V6• 11月2日 - 12月28日• 10か所22日間28公演(追加2公演含む)• 、仙台市体育館、国立代々木競技場 第一体育館、石川県産業展示館4号館、、浜松アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、広島グリーンアリーナ、福岡国際センター デビュー10周年を記念して行われた、3年ぶりの全国ツアー。 全国6都市 握手会• 11月6日 - 12月26日• 6会場• 東京、北海道、仙台、福岡、名古屋、大阪• アルバム「」購入者イベント イベント V6 日韓友情記念コンサート• 12月6日• 1か所1公演• ソウル・チャムシル体育館 イベント V6 見なきゃソンSONG「PRIDEかけてジャニーズ歌合戦」 at TOKYO DOME since 1998• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2006年 - 2010年 [ ] 年 種別 出演 タイトル 詳細 2006年 ツアー V6 V6 SUMMER LIVE 2006 グッデイ!! 8月3日 - 9月1日• 7か所17日間19公演(追加2公演、中止1公演含む)• 北海道立総合体育センター きたえーる、国立代々木競技場 第一体育館、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、広島グリーンアリーナ、マリンメッセ福岡、鹿児島アリーナ 鹿児島公演は当初8月23日 - 24日の2公演を予定していたが、8月23日の1公演のみとなった。 また、東京・大阪それぞれ1公演ずつ追加公演を行った。 最終日に観客動員数500万人を突破。 イベント V6 Johnnys' Countdown 2006-2007• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2007年 ツアー V6• 9月28日 - 11月18日• 6か所13日間16公演(追加5公演含む)• 北海道立総合体育センター きたえーる、、国立代々木競技場 第一体育館、、大阪城ホール、マリンメッセ福岡 当初11月3日・4日に横浜アリーナでの公演が予定されており、公式サイトにも日程が掲載されていたが、ファンクラブ会員に優先販売のお知らせを発送する前に、公演中止となった。 また東京で4公演、大阪で1公演それぞれ追加公演が決まった。 イベント V6 10年目だよ! 見なきゃソンSONGジャニーズカウントダウン歌合戦• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2008年 ツアー 20C• 3月16日 - 5月18日• 12か所14日間19公演(追加5公演含む)• 、岩手県民会館、仙台サンプラザホール、、東京国際フォーラム ホールA、、、、、香川県県民ホール、福岡サンパレス、 第一 ツアー V6• 8月1日 - 8月31日• 8か所15日間19公演(追加5公演含む)• 北海道立総合体育センター きたえーる、ホットハウススーパーアリーナ、国立代々木競技場 第一体育館、新潟市産業振興センター、日本ガイシホール、大阪城ホール、広島グリーンアリーナ、マリンメッセ福岡 このツアー中に、衣装を乗せたトラックが自然発火して全焼。 そのため仙台公演まで別の衣装で公演を行った。 代々木公演は全て新しく衣装を作り直した。 大阪で1公演、東京で3公演それぞれ追加公演が決まり、V6としては1996年以来12年ぶりに新潟公演を行なった。 イベント V6 ウシシもぅ大変! 東西ドーム10万人集結!! 年越しジャニーズ生歌合戦• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2009年 ツアー 20C• 2月7日 - 5月24日• 25か所28日間33公演(追加5公演含む)• 、、青森市文化会館、秋田県民会館、仙台サンプラザ、福島県文化センター、新潟県民会館、、長野市民会館、東京国際フォーラム ホールA、、、、神戸国際会館 こくさいホール、ウェルシティ広島、、、、、、福岡サンパレス、、、 イベント CC• 7月13日• 1か所1公演• 7月19日から始まる6年ぶりのツアーに向けて、応募者5万人の中から1500人を無料招待して行なわれた。 ツアー CC• 7月19日 - 9月13日• 9か所15日間19公演• 北海道立総合体育センター きたえーる、 、国立代々木競技場 第一体育館、サンドーム福井、長野ビッグハット、日本ガイシホール、大阪城ホール、広島グリーンアリーナ、マリンメッセ福岡 Coming Centuryとしては、6年ぶりのツアー。 海外ツアー V6• 11月14日 - 11月22日• 2か所4日間5公演• 、 7年ぶりとなるアジアツアー。 V6としてソウルでは初公演となる。 イベント V6 吠えろ! ジャニーズ虎の巻 東西ドーム10万人集結!! 超豪華年越し生歌合戦 Johnny's Countdown 2009-2010• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2010年 ツアー V6• 4月3日 - 6月13日• 6か所14日間19公演(追加7公演含む)• 北海道立総合体育センター きたえーる、仙台セキスイハイムスーパーアリーナ、国立代々木競技場 第一体育館、名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール、マリンメッセ福岡、神戸・ワールド記念ホール イベント V6 跳べ! ジャニーズ年越し生歌合戦だピョン!! Johnnys' Countdown 2010-2011• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2011年 - 2015年 [ ] 年 種別 出演 タイトル 詳細 2011年 ツアー V6• 8月20日 - 10月10日• 8か所14日間17公演 追加3公演含む• 大阪城ホール、神戸ワールド記念ホール、国立代々木競技場 第一体育館、石川県産業展示館 4号館、、北海道立総合体育センター きたえーる、マリンメッセ福岡、横浜アリーナ イベント V6 リュウ達来ちゃいなよ! ジャニーズ東西ドーム年越し歌合戦!! Johnnys' Countdown 2011-2012• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2012年 イベント V6• 12月27日• 1か所1公演• シングル「」発売記念イベント イベント V6• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2013年 ツアー V6• 3月9日 - 5月26日• 9か所17日間18公演 追加3公演含む• 国立代々木競技場 第一体育館、大阪城ホール、名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール、北海道立総合体育センター きたえーる、仙台セキスイハイムスーパーアリーナ、朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター、長野ビッグハット、広島グリーンアリーナ、マリンメッセ福岡 イベント V6• 6月20日• 1か所1公演• シングル「」発売記念イベント ツアー V6• 8月30日 -11月1日• 7か所15日間15公演• 北海道立総合体育センター きたえーる、大阪城ホール、横浜アリーナ、マリンメッセ福岡、朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター、名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール、国立代々木競技場 第一体育館 デビュー20周年記念ツアー。 2016年 - [ ] 年 種別 出演 タイトル 詳細 2016年 フェス V6• 10月23日• 1か所1公演• 国立代々木競技場第一体育館 イベント V6 ジャニーズカウントダウン 2016-2017• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 2017年 ツアー V6• 8月11日 - 10月22日• 7か所21日間21公演 追加4公演含む• 名古屋 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール、マリンメッセ福岡、大阪城ホール、宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ、北海道立総合体育センター きたえーる、横浜アリーナ、静岡 エコパアリーナ イベント V6 20周年だよ! ジャニーズカウントダウンコンサート2017~2018• 12月31日• 12月31日• 1か所1公演• 東京ドーム 出演 [ ] メンバー個人の出演については、それぞれ、、、、、を参照 テレビドラマ [ ]• (1995年10月9日 - 11月2日、) - V6主演• (1998年10月9日 - 12月18日、) - Coming Century主演• (1999年7月3日 - 9月11日、) - Coming Century主演• セレクトドラマ「室温〜夜の音楽〜」(2002年2月5日 - 3月19日、フジテレビ) - 20th Century バラエティ [ ]• (1995年11月 - 1997年3月30日、)• M-Navi(1996年4月 - 9月、TBS)• (1996年4月 - 1999年9月16日、日本テレビ)• (1997年4月6日 - 1998年3月29日、NHK BS2)• (TBS)• 学校へ行こう! (1997年10月16日 - 2005年3月15日)• (2005年4月19日 - 2008年9月2日)• (2015年11月3日)• (2017年8月30日)• V6の愛なんだ2018(2018年9月24日)• V6の愛なんだ2019(2019年9月23日)• (1998年・2000年・2015年、日本テレビ)• (1999年10月14日 - 2000年3月23日、フジテレビ)• (2000年4月6日 - 9月14日、フジテレビ)• (2000年10月12日 - 2001年3月29日、フジテレビ)• Let's V6大作戦!! 台湾へ行け!! 6番勝負(2001年4月1日、フジテレビ)• (2001年4月12日 - 2010年3月19日、フジテレビ)• (2002年10月7日 - 2004年9月27日、TBS)• (2008年10月18日 - 2010年9月23日、TBS)• (2010年10月13日 - 2011年9月21日、TBS)• (2011年10月12日 - 2012年9月19日、TBS)• (2012年10月17日 - 2014年3月19日、TBS)• (2012年12月27日・2013年4月9日、TBS)• (2014年4月23日 - 、TBS) 20th Century• (2006年4月29日 - 2007年2月24日、TBS) Coming Century• 月刊カミセン 秘 特報(1996年4月 - 9月、)• (2001年4月6日 - 9月28日、TBS)• (2001年10月5日 - 2002年3月29日、TBS)• メドレー (1995年)はのバックダンサーとして出演。 (1999年)は企画コーナーにゲスト出演し「」を歌唱している。 FNS歌謡祭 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年4月) 『』(系)にはに初出演、1999年以降は毎年出演している。 Honey. Bunny! して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年4月) 『FNS歌謡祭』(フジテレビ系列)の派生番組として放送開始した『』(フジテレビ系列)には2015年から出演している。 V6・ジャニーズJr. のカミセンニュースショー(1995年10月 - 1996年3月、) - Coming Century• (1996年4月 - 2004年9月、ニッポン放送) - Coming Century• (1996年4月 - 、) - 20th Century• (1999年10月 - 2003年3月、)• (ニッポン放送)• (2000年5月11日・2000年12月27日・2005年11月1日・2006年8月1日)• (2015年7月31日) - 坂本・長野・三宅• (2015年12月24日・25日、ニッポン放送) - メインパーソナリティ 映画 [ ]• (2003年) - Coming Century主演• (2003年) - V6主演• (2004年) - 日本語吹き替え• (2005年) - V6主演 舞台 [ ]• SHOW劇'97 MASK(1997年12月、) - 坂本・井ノ原・岡田 20th Century• SHOW劇'92 MASK(1992年5月、)• (、)• PLAYZONE'92 さらばDiary(1992年7月 - 8月)• PLAYZONE'94 MOON(1994年7月 - 8月) - 坂本・長野• PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年7月 - 8月)• PLAYZONE'97 RHYTHM II(1997年7月 - 8月)• PLAYZONE'98 5nights(1998年7月 - 8月)• PLAYZONE'00 THEME PARK(2000年7月 - 8月)• 東京サンダンス• 〜俺たちの20世紀〜(2000年3月 - 4月、・・)• 〜21世紀への伝言〜(2001年2月 - 4月、・メルパルクホール福岡・近鉄劇場)• とんかつロック-花川助六物語(2002年4月 - 5月、シアターコクーン・近鉄劇場・メルパルクホール福岡)• SAY YOU KIDS(2004年4月 - 5月、シアターコクーン・)• ブロードウェイ・ミュージカル 「」(2014年9月28日 - 10月19日、青山劇場・)• TWENTIETH TRIANGLE TOUR 戸惑いの惑星(2017年1月21日 - 2月26日、・・シアタードラマシティ)• TWENTIETH TRIANGLE TOUR Vol. 2 カノトイハナサガモノラ(2019年7月26日-2019年9月)• 20th Century Dinner Show 2019(2019年12月8日 - 12月26日) CM [ ]• 「ドラムキッズ」(1997年)• (1998年)• (1998年)• 「ワールドカウントダウン募金」(1998年 - 2000年)• (1999年 - 2000年)• 『』宣伝 (2000年)• 「ドリコレ! 」(2014年 - 2015年) 20th Century• 「」(1997年)• 「」(2000年)• 「ウコンの力」「ニンニクの力」(2005年 - 2006年) Coming Century• 「」(1996年)• 「 中学講座・高校講座」(1998年)• 「進研ゼミ 高校講座」(1999年)• 「」(1998年 - 1999年)• (1999年)• ハウス食品「」(2001年)• 「」(2001年 - 2003年)• 「黄金の味」(2008年 - 2012年) ゲーム [ ]• (1998年2月28日、) - 用ソフト• プロジェクトV6完全攻略ファンブック(1998年6月10日、)• 大人世紀(2002年3月25日、)• VVV6スーパー・ジャンクフード・ブック(2002年8月28日、)• 大人世紀II(2002年9月27日、集英社)• VVV6東京Vシュラン とっておきのグルメランキング。 (2004年9月24日、)• 20th Century「10」TONI-TEN 〜as stage players〜(2005年6月8日、) 写真集 [ ]• Viva! V6 V6ファースト写真集(1997年5月15日、集英社)• V6 2001 IN TAIPEI(2001年6月、ジャニーズショップ及びジェイステーション)• Coming Century TOUR AROUND ASIA 2001(2001年12月20日、ワニブックス)• COSMIC RESCUE LOGBOOK カミセンの宇宙航海記録(2003年7月、)• HOLD UP DOWN V6 photographs(2005年11月3日、角川書店) 雑誌連載 [ ]• 「V6の"楽"級新聞」(ぴあ) - 連載終了• 「V6の主張」() 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 4枚目のシングル『』はデイブ・ロジャースのカバー、最初のシングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』、2枚目のシングル『』は、デイブ自身が後にセルフカバーした。 3曲ともリアレンジされており、「MUSIC FOR THE PEOPLE」のオリジナルはアルバム未収録、他2曲のオリジナルの初収録は『』• 4曲ともリアレンジされており、「WAになっておどろう」のオリジナルはアルバム未収録、他3曲のオリジナルのアルバム初収録は『』• 「GENERATION GAP」と「Be Yourself! 」はリアレンジされており、オリジナルのアルバム初収録は共に『』• 4曲ともリアレンジされており、いずれもオリジナルのアルバム初収録は『』• 5曲ともリアレンジされており、「」のオリジナルはアルバム未収録、他4曲のオリジナルのアルバム初収録は『』• リアレンジされており、オリジナルのアルバム初収録は『』• 「愛のMelody」と「SHODO」はリアレンジされたもののみ収録されており、オリジナルのアルバム初収録は共に『』• 「Catch」と「タカラノイシ」はアルバム未収録• 「ハナヒラケ」と「太陽と月のこどもたち」はアルバム未収録• これより早く『』に、メドレー「Coming Century Non-stop Remix」の1曲目として収録されている• MiMyCEN名義• ただし、この年は年末年始の合算週でそのまま自動的に2週連続1位になるものだった。 リリースから約4年、配信限定だったが、2015年7月29日発売のベスト・アルバム『』の通常盤Disc3の16曲目に収録された。 ただし、商品に記載されていないため、事実上シークレットトラックとなっている。 出典 [ ]• NEWSポストセブン. 小学館 2014年12月1日. 2016年1月31日閲覧。 Johnny's net. 2013年5月24日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 2015年4月23日. 2016年3月14日時点のよりアーカイブ。 2017年3月22日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社 2005年6月16日. 2005年6月18日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社 2015年11月2日. 2015年11月27日閲覧。 神戸市ホームページ. 神戸市役所 2003年7月18日. 2011年1月5日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2015年11月3日. 2015年11月27日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社 2002年1月20日. 2002年1月23日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社 2015年4月5日. 2015年4月8日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞 2000年10月16日. 2000年10月27日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 2009年8月14日. 2016年3月4日閲覧。 BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 2009年11月16日. 2016年3月4日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社 2008年6月5日. 2008年6月5日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社 2009年8月14日. 2016年3月4日閲覧。 SANSPO. COM. 産業経済新聞社 2003年5月22日. 2003年5月26日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社 2003年6月28日. 2003年10月11日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 SANSPO. COM. 産業経済新聞社 2003年9月29日. 2003年10月2日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 ZAKZAK. 産経デジタル 2004年1月20日. 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2004年2月19日. 2004年6月4日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社 2004年5月15日. 2004年6月7日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2005年10月18日. 2005年11月26日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2005年9月27日. 2005年12月20日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2005年9月14日. 2005年12月14日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2005年12月7日. 2006年12月31日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2006年8月7日. 2007年2月18日時点のよりアーカイブ。 2016年3月4日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2007年9月18日. 2016年3月4日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2014年12月31日. 2015年11月27日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2015年3月19日. 2015年11月27日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2015年10月2日. 2016年3月4日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2015年10月2日. 2016年3月4日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2015年8月23日. 2015年11月27日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2015年12月25日. 2015年12月31日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2015年11月4日. 2015年11月27日閲覧。 ORICON NEWS. oricon ME 2016年8月27日. 2017年1月13日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年5月15日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA 2015年12月30日. 2020年4月25日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2016年12月31日. 2020年4月25日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 2014年11月21日. 2016年3月4日閲覧。 ステージナタリー. 2016年9月7日. 2016年9月7日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME. 2016年2月28日閲覧。 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ 2014年11月5日. 2016年2月28日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME. 2016年2月28日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME. 2016年2月28日閲覧。 ライブドアニュース. LINE 2008年3月13日. 2016年2月28日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2015年3月27日. 2016年2月28日閲覧。 シアターガイド. モーニングデスク 2005年6月15日. 2016年2月28日閲覧。 外部リンク [ ]• - ジャニーズ事務所による公式サイト• - avex traxによる公式サイト.

次の

ミッションV6!カメラの前でキス(3回目)。

ミッション v6

この節のが望まれています。 V6が6人揃って『』以来久しぶりにロケに挑む。 番組から「6人で6分間で達成・6分以内で達成すればクリア」のミッションが出され(初回のみ10分)、V6の喋りがよほどグダグダにならない限りチャレンジ中はノーカットでその模様が放送される。 ミッションを累計(連続でなくても良い)10回成功すれば、海外旅行に行くことができる(はずであった)。 そして10回成功させて海外旅行を獲得するも、色々な事情があって雪が降り積もるを6人で旅する事となった。 後に海外旅行に行くための成功回数は「20回」へと変更された。 2011年9月20日深夜(21日未明、関東地区など)をもってレギュラー放送を終了。 同年(12日未明)からは同枠でV6の新番組『』が放送されている。 出演者 [編集 ]• (カッコ内は発言テロップの色)• 放送内容 [編集 ] この節のが望まれています。 ナレーション:(当時TBSアナウンサー)• TD:丹野至之• 技術協力:、• 美術:森つねお()• 美術進行:清水基恵(TACreate)• メイク:惣門亜希子、日高綾子• スタイリスト:五十嵐孝智• 編集:北原直樹• MA:芝岡亜紗美• 音効:太田光則()• TK:木下渚• 番宣:小林恵美子• 編成:宮尾毅• デスク:渡辺香織• 協力:• AP:荒井美妃• ディレクター:及川慶、戸田悠貴、加納祥、秋津貴宣• 演出:有馬巨人• プロデューサー:江藤俊久、、藤田賢城• チーフプロデューサー:合田隆信• 制作協力:VERMUDA• 製作著作: エンディング曲 [編集 ]• 「」V6 ネット局と放送時間 [編集 ] この節のが望まれています。 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考 (TBS) 水曜 0時25分 - 0時55分(火曜深夜) 制作局 (SBS) 同時ネット (KUTV) 同時ネット、2011年4月13日(12日深夜)放送開始 (CBC) 2010年10月27日(26日深夜)放送開始 (SBC) 土曜 0時20分 - 0時50分(金曜深夜) 10日遅れ (BSN) (RKB) 日曜 2時45分 - 3時15分(土曜深夜) 18日遅れ (RBC) 木曜 0時50分 - 1時20分(水曜深夜) 遅れ日数不明 (ATV) 火曜 23時50分 - 翌0時20分 2011年1月4日放送開始 (TUF) 土曜 1時30分 - 2時00分(金曜深夜) 2011年1月8日(7日深夜)放送開始 ・ (RSK) 土曜 0時55分 - 1時25分(金曜深夜) 2011年1月9日放送開始 (UTY) 不定期・単発ネット (tys) (OBS) (MBC) スペシャル版のみ単発ネット 関連項目 [編集 ].

次の

ミッションV6!長岡6人旅。前編…の前編。

ミッション v6

旅行から帰ってきて落ち着いて、「にこにこ健」を読んだら、V6でラスベガスにいると書かれていました。 (もう帰国したかな?) しかも、皆さまに楽しいことをお届けするとの言葉も! うわ~PV撮影?! いったいなんで行ったのでしょう? PVの可能性が強いですよね。 そろそろ新曲が出てもいいですものね~ 6人で一緒の動きは久しぶりな気がしますが、ともかく楽しみに発表を待ちたいです。 ****** 今週のミッションV6は録画をまだ確認していませんのでその前の週のミッションV6の岡田くんの様子を書きたいと思います。 30問のクイズに連続で6人正解したらミッションクリアという内容でしたが、クイズが二択になっていました。 「パンダの尾はA白、B黒」というようなクイズで、正解と思った番号に台の上から下りて立つのですが、ひっかけ問題があったりしてなかなか六人全員で正解できません。 岡田くんは、「タッチのお兄さんはどっち?(写真がでています)」なんて問題ばかり当たって不正解ばかりでした(汗) 間違える度に大きな声で「あ~~~~」と言ったり、問題が出る前に「よ~しこい!」と言う感じで両手を広げてみがまえたりして楽しそうにやっていました。 最後に五人連続して正解がでて、岡田くんが六人目でしたが、問題は「九州新幹線の名前は、すみれ?桜?」というものでした。 岡田くん、さすがにちょっと緊張して、「え・・・・」大きな瞳をもっと大きくして考えていました(可愛い 汗) CM開けに無事に「桜!」と回答して、ミッションクリアでメンバーとハイタッチをして喜んでいました。 こういうクイズ形式でも、一人ずつ答える時に後ろで待っているメンバーが茶化したり応援したりするのがV6らしく楽しくてよかったです。 今週もおもしろかったようなので今夜録画を見たいと思っています。

次の