ねこ けん 動物 病院。 世界初。無料で不妊・避妊手術を行う「ねこけん動物病院」って何?!

mocoどうぶつ病院

ねこ けん 動物 病院

既に不妊去勢手術を行ってるそうです。 頑張れ! イギリスには100 年以上前から、低所得者飼い主対象に 無料で獣医療を行う病院 があります。 People's Dispensary for Sick Animals PDSA ウイキより イギリスの動物病院チャリティ。 1917年マリア・ディキンによって 金銭的に恵まれない人たちのペットの病気や怪我を治す目的で設立された。 イギリスの動物病院チャリティのトップで、毎年100万以上件もの無料診察を行っている。 設立の歴史 第一次大戦、動物福祉のパイオニアであるマリアディキンは ロンドンの動物の健康状態の悪さを憂えていた。 当時貧しい地域である東ロンドンで動物の無料治療を行いたいと思っていた。 数々の批判をものともせず1917年11月17日土曜日 ホワイトチャペルに無料動物病院を開く。 すぐに大成功を収めより広いところへ映らなければならなかった。 6年の間にディキンは馬に医療器具を引かせて 動物治療のためあちこち出かけていった。 PDSAの乗り物はすぐにロンドンの町に安らぎの風景として馴染み、 瞬く間に全国へひろがった。 1949年と1956年の二回にわたり、 PDSAの役割が法的に国会により承認され、今日の活動へと続く。 125• 109• 161• 232•

次の

溝上奈緒子(NPO法人ねこけん理事長) wiki プロフィール!学歴・年齢、動物愛護精神をチャネる!

ねこ けん 動物 病院

ねこけん動物病院について 東京都杉並区にあるは、 猫・犬の不妊手術を無料で行っています。 こちらの病院では、 「刹処分ゼロ・野良猫ゼロ・多頭飼育崩壊ゼロの社会を実現する」という目標を掲げています。 この「不妊手術無料の動物病院の設立」は、クラウドファンディングによって、述べ560名の方々からの支援があり実現されました。 また、この理念を理解してくださるスポンサー企業の力もあって、現在も運営が続いています。 支援期間は終了していますが、このプロジェクトのクラウドファンディングページを見ることはできます。 asahi. 根本の問題解決方法 猫と犬の不妊手術を無料で行う動物病院を作った、NPO法人ねこけんは、現在 年間400匹もの猫を、新しい家族の家に送り出しているそうです。 それは、 「保護猫の多くが、実は家の中で生まれている」ということです。 猫に避妊や去勢の手術を受けさせることができない家庭から、多頭飼育崩壊が起きていました。 増えすぎて飼えなくなってしまい、最後には外に放したりといった状況になっていました。 このように、飼い猫が捨てられてしまったり、多頭飼育崩壊の猫が外へ出てしまうと、外で繁殖をしてしまいます。 いくら多くの人が必死に保護・譲渡の活動をしても、終わらないイタチごっこになってしまいます。 なんで「無料」が大事なの? こちらの病院では、猫も犬も、予約制で不妊手術を無料で行っています。 飼い猫であっても、無料で受け付けています。 野良猫であっても、室内で飼われている猫であっても、不妊手術を怠ったことにより大量に増え続けると、不幸な最後を迎えることになってしまうことがあります。 ご存知の方も多いかもしれませんが、 猫はねずみ算式に増えていきます。 猫は1度に3〜5匹を出産します。 また、猫は数ヶ月で妊娠可能な体になります。 つまり、とても速いスピードで猫が増えていってしまうということです。 譲渡会や里親を募集するなどの方法で、殺処分となる猫を減らす努力をしている活動家の方もいます。 しかし、譲渡されて幸せに生きる道を見つけられる猫ちゃんが全てではないというのも事実です。 無料で避妊手術を受け付ける 避妊手術は、多くの動物病院で受けることが出来ます。 しかし 一般的には、手術を受けるためにはある程度のお金が必要となります。 病院によって金額が変わりますが、日本獣医師会の調査によると下記の通りとなっています。 猫の去勢手術 12,652円 猫の避妊手術(卵巣切除)19,833円 猫の避妊手術(卵巣子宮切除)20,986円 諸事情によりこれらのお金を用意することができない、という理由から起こる多頭崩壊もあります。 「手術はお金がかかるから」といって、そのままにしている人もいます。 捨て猫をゼロにするためには、飼い猫に不妊手術をするということが必要です。 詳細について教えて! 料金は? 料金形態は、先ほどからお話しているとおり、不妊・避妊手術は無料となっています。 他にも、ワクチンやウイルス検査、マイクロチップの埋め込みなども行っています。 こちらは、1000円〜2500円ほどかかりますが、一般の動物病院で行うよりもとても低価格で行うことが出来ます。 送迎も行っている 別料金となりますが、送迎のサービスもあります。 頭数の制限はありませんが、多頭の場合は連絡が必要になります) 「病院まで連れて行くのが大変」というご家庭にも優しいですよね。 申し込み方法 手術や検査は、 完全予約制となっています。 予約は、電話で行うことが出来ます。 (2018年10月時点) 当日の予約については、枠が空いている場合は、対応可能となっているようです。 電話番号:03-6383-2270 問題の根本を解決することの重要さ 世界初と言われている、不妊手術を無料で行なう動物病院の設立。 悲しい思いをする猫・犬を減らすために、いつか殺処分という言葉がなくなるようにと、活動をされています。 加えて、人間の無責任な考えによって繁殖し、悲しい思いをする猫が1匹でも少なくなる素晴らしいサービスでもあります。 そして、クラウドファンディングによって、このような社会的な活動が進んで行くことも、未来を考える上でもとても有意義なことです。 これから先、クラウドファンディング等の新しい仕組みを使って保護活動が発展していくのは喜ばしい事ではないでしょうか。 動物保護に関するクラウドファンディングについて興味のある方は、こちらもご覧ください。

次の

無料で猫の不妊・去勢手術をする動物病院 1年半で1万匹に施術

ねこ けん 動物 病院

既に不妊去勢手術を行ってるそうです。 頑張れ! イギリスには100 年以上前から、低所得者飼い主対象に 無料で獣医療を行う病院 があります。 People's Dispensary for Sick Animals PDSA ウイキより イギリスの動物病院チャリティ。 1917年マリア・ディキンによって 金銭的に恵まれない人たちのペットの病気や怪我を治す目的で設立された。 イギリスの動物病院チャリティのトップで、毎年100万以上件もの無料診察を行っている。 設立の歴史 第一次大戦、動物福祉のパイオニアであるマリアディキンは ロンドンの動物の健康状態の悪さを憂えていた。 当時貧しい地域である東ロンドンで動物の無料治療を行いたいと思っていた。 数々の批判をものともせず1917年11月17日土曜日 ホワイトチャペルに無料動物病院を開く。 すぐに大成功を収めより広いところへ映らなければならなかった。 6年の間にディキンは馬に医療器具を引かせて 動物治療のためあちこち出かけていった。 PDSAの乗り物はすぐにロンドンの町に安らぎの風景として馴染み、 瞬く間に全国へひろがった。 1949年と1956年の二回にわたり、 PDSAの役割が法的に国会により承認され、今日の活動へと続く。 125• 109• 161• 232•

次の