チャイナ エア ライン 事故。 チャイナエアラインの評価について

チャイナエアラインと中国国際航空は別の航空会社でしょうか...

チャイナ エア ライン 事故

確率でみる航空機事故 日本に乗り入れている航空会社の中で最も死亡事故の確率が高いエアラインはどこ? 日本中を震撼させた尼崎の事故。 鉄道の「安全」神話を揺るがしたと各メディアに論評されました。 事故がなくなることが一番ですが、現実問題として事故をゼロにすることはありえません。 そこで注目したいのは、 事故が起きる可能性です。 航空会社ごとの事故率が知りたい!という方には英語ですが、次のサイトをおすすめします。 このサイトでは航空会社別の1970年以降の死亡事故率が数値で示されています。 航空会社名の右に書かれている「Rate」=100万フライトあたりの事故率で、これが低ければ安全(無事故ならゼロ)、高ければ危険ということになります。 日本乗り入れ航空会社で一番リスクが高いのは…ここでAirSafe. comに表示されている航空会社のうち、日本乗り入れをしている航空会社に絞ったうえで、事故率の高い航空会社から順番に並べてみました。 60 エジプト航空 7. 16 チャイナエアライン 6. 83 トルコ航空 4. 89 エアインディア 3. 84 パキスタン航空 3. 54 イラン航空 2. 58 コリアンエアー 2. 47 フィリピン航空 2. 44 ガルーダインドネシア航空 1. 60 タイ国際航空 1. 50 シンガポール航空 1. 45 キャセイパシフィック航空 1. 36 日本航空 1. 14 アシアナ航空 0. 92 マレーシア航空 0. 90 ヴァリグブラジル航空 0. 81 KLMオランダ航空 0. 74 ニュージーランド航空 0. 73 アリタリア航空 0. 59 アメリカン航空 0. 55 エールフランス 0. 37 ユナイテッド航空 0. 33 エアカナダ 0. 28 ノースウエスト航空 0. 22 全日空 0. 22 ブリティッシュエアウェイズ 0. 19 スカンジナビア航空 0. 19 ルフトハンザドイツ航空 0. 18 コンチネンタル航空 0. 16 デルタ航空 0. 00 エミレーツ航空、ヴァージンアトランティック航空、フィンエアー、オーストリア航空、カンタス航空、エバー航空 次回以降の航空会社選びの参考にしてみてください。 もちろん同じ航空会社でも飛行機の機種によっても事故率は異なります。 それらについてはまた別の機会に取り上げたいと思います。 【関連リンク】.

次の

チャイナエアライン:座席指定の方法。指定の可否はブッキングクラスに注意!?

チャイナ エア ライン 事故

チャイナエアラインはまさかの中華航空だとか、そらとぶロシアンルーレットと言われているようです。 統計的には事故率がANAの51.1111倍だそうです。 9万回に一回の事故だそうで、 まー1000回や2000回乗ったところで死なないでしょう。 死亡保証金が少ないそうですが、航空券が安いので、保険を余分にかけて置けば問題は無いと思います。 なので、私は平気で乗っています。 無事に着いた後は、生きている実感を味わうことが出来ますし。 日々の生活に感謝できること請け合いです。 機内食も悪くありませんし、 機材もインド航空よりはるかに新しいと思います。 尤も、インド航空も着陸したときには生きている実感と、 生きていることへの感謝を与えてくれる、すばらしい哲学的なエアラインです。 何も問題はありません、みんなで搭乗しましょう。

次の

実はヤバい?微妙に危険な「航空会社ランキング」&全航空会社の危険度一覧│やじり鳥

チャイナ エア ライン 事故

注意!?安全度ランキングが低い航空会社 によると、以下の10社がワースト10にランクされました。 51位 トルコ航空 JACDEC指数 0. 376 52位 大韓航空 JACDEC指数 0. 396 53位 サウディア JACDEC指数 0. 548 54位 GOL航空 JACDEC指数 0. 689 55位 ガルーダ・インドネシア航空 JACDEC指数 0. 802 56位 TAM航空 JACDEC指数 0. 890 57位 エア・インディア JACDEC指数 0. 934 58位 チャイナエアライン JACDEC指数 1. 130 59位 ベトナム航空 JACDEC指数 1. 544 60位 ライオン・エア JACDEC指数 1. 899 この順位の元になっているJACDEC指数は、 過去30年の事故と運行状況なども勘案した数値。 なので、順位とと現在の事故率が直結しているわけではありません。 ただ、これらの航空会社の総合評価が低いことは間違いありません。 航空会社の安全性を測るデータ、JACDEC指数 上位の順位を見る前に、この JACDEC指数について少し説明を。 JACDEC指数のJACDECは、Jet Airliner Crash Data Rankingの略。 名前のまんまですが、 航空会社の安全性を検証する調査として行われているものです。 この調査は、世界60の主要航空会社を対象に、 ・国際航空運送協会の安全評価基準や安全監査基準 ・過去30年間に起きた航空事故による航空機の破損機数 ・死者数当たりの有償旅客キロ などを独自に数値化し、安全度ランクを定めたもの。 航空機事故だけでなく、運行管理状態なども評価基準に加えられているので、航空会社選びの参考に利用することができます。 ここなら安心!?安全度ランキングが高い航空会社 それでは、上位ベスト10を見てみましょう。 安全度ランキングが高い航空会社は以下の通り。 1位 ニュージーランド航空 JACDEC指数 0. 007 2位 キャセイパシフィック航空 JACDEC指数 0. 008 3位 フィンエアー JACDEC指数 0. 010 4位 エミレーツ航空 JACDEC指数 0. 010 5位 エバー航空 JACDEC指数 0. 010 6位 ブリティッシュ・エアウェイズ JACDEC指数 0. 011 7位 TAPポルトガル航空 JACDEC指数 0. 012 8位 エティハド航空 JACDEC指数 0. 012 9位 エアカナダ JACDEC指数 0. 012 10位 カンタス航空 JACDEC指数 0. 013 これらの航空会社は毎年上位にランクインしているので、評価の高い航空会社といえるでしょう。 気になる 日本の航空会社は、全日空が12位(0. 015)、日本航空が46位(0. 208)となっています。 日本航空は過去の事故がランキングに影響していると考えられます。 飛行機そのものの事故率は非常に低い 航空会社の比較は、以上のような感じです。 でも次に浮かんでくる疑問が、「 じゃあ、飛行機そのものの事故率は高いのか?」ということ。 結論から言うと、 飛行機そのものの事故率は、実は、驚くほど低いです。 2001年に刊行された「知らないと損するエアライン〈超〉利用術」(平凡社・杉浦一機著)に掲載されている統計データよると、「輸送実績1億人キロ当たりの死亡乗客数=0. 04人」「10万飛行時間当たりの死亡事故件数=0. 07件」。 いかに飛行機が安全であるかがわかりますね。 飛行機事故は起こってしまうと大事故に繋がり、大きく報道され、危険な面がクローズアップされがち。 でも、実際は他の乗り物と比較しても、 非常に事故が少ない乗り物なのです。 近くに飛行機嫌いの人がいたら、ぜひ、この事実を教えてあげてください。 航空会社安全ランキング2013、ANA12位、JAL46位 FlyTeam ニュース \ SNSでシェアしよう! / ちょろいもんだぜ海外旅行の 注目記事を受け取ろう•

次の