月さんは困ってます 炎上。 サザエさん炎上騒動で考える、テレビの話題に頼るネット報道の問題点(徳力基彦)

加藤登紀子炎上 現代人に完敗”70年代の化石”

月さんは困ってます 炎上

木下優樹菜 【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】昨年12月にFUJIWARA・藤本敏史(49)との離婚を発表した木下優樹菜(32)。 藤本と同期の千原ジュニアは振り返る。 「子供が生まれた時やったかな。 『バイタミックス(フードプロセッサー)が欲しい』って。 バイタミックス、すべてをミックスできるからって、フジモンの家庭に渡したら、あんなに粉々になって。 はっはっはっ。 全然混ざり合わへんかったって、もう、分離、分離で」 その後、木下は7月1日、自粛から復帰したものの、わずか5日で電撃引退。 男性問題を抱えていると噂され、世論からもそんな木下に同情や擁護する声は集まりにくい。 ところが、芸能界は違った。 爆笑問題の太田光はこうエールを送る。 「ユッキーナって、あのコ、多分、最初にテレビ出たの『太田総理』だったと思う。 まだ世間に出てない時に『なんだ? この女』って感じで、おもしろいなって思って。 最初の感じだと、別に芸能界でどうこうしようとかね、そんな気さらさらなくて。 『呼ばれたから来ました』みたいな感じだった。 そのうち、紳助さんとかいろいろ呼ばれてスターになってって。 でも、初心に帰ればさ、ああいう『別に芸能界とかどうでもいいよ』って、たくましい女のコだから」 おぎやはぎの小木博明も独自の解釈をしている。 「しがらみがあるから動けなかった。 勝負できなかった。 でも、しがらみ、バックボーン、守られた組織を離れることによって、何かできるんだよ。 何かは分かんないけど、何かしだいでは応援したい。 『24 TWENTY FOUR』だって、ジャック・バウアーも事件によって1回、CTUから離れるからね。 組織を出なきゃいけない。 それが今の木下優樹菜。 1人でなんかあるんだよ」 大人だけじゃなく、子供も心配している。 藤本・木下一家と仲の良い小籔千豊の息子が木下の離婚を聞いたときのこと。 「ウチの息子、俺の方をパッて見て『優樹菜さん…』って言うてきたんですよ。 俺の家は俺が働いて、嫁はんが専業主婦してるってことやったんやろうな。 『優樹菜さんってバイトしてるん?』って言うてきたんですよ。 優樹菜さんのところに子供がおる。 でも藤本さんと別れた。 ってことは収入ない。 優樹菜さんの家族はごはん食べれるのかって、スゴい焦った顔して言ったみたい。 で、みんなバーン笑って」と小籔。 23歳でラジオ番組で放送作家デビュー。 PTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

次の

足立梨花のインスタグラムに不穏な隠しメッセージで物議、志村けんの投稿巡りツイッター炎上し精神崩壊か…画像あり

月さんは困ってます 炎上

加藤登紀子氏ツイッターから 加藤登紀子氏は4月10日午前8時49分に、チェンジオルグ(Change. …このマスク配布を止める署名活動が進んでいます。 もう少しで15000人みたい。 」などとツイートした。 この内容にかなり辛辣なものを含む2000近いリプライが寄せられ、4月11日午後6時40分に加藤氏は以下のようにツイート。 安倍さんの、マスク配布政策に、意見を申し上げましたら、本当に何百もの嫌がらせのTwitter、ご苦労さんな事です。 あまりに程度が低くて辟易しています。 これではマスク配布を正当化できる人は、誰もいない、と言うことになりますね。 こんな緊急時に、無駄な事は、やめましょう。 この挑発的とも思えるツイートに、またも2000近いリプライがついた。 当時はネットはなく、情報や意見を発信できるのは雑誌、新聞、テレビ等のメディアしかなかった。 そのメディアの多くが「反権力」という点で共通していたため、加藤氏らが正面切って批判されることなど考えられなかったのである。 故藤本敏夫氏が獄中にある時に婚姻したことに対しても、世俗にとらわれない発想の現れであるかのように好意的に扱われることが少なくなかったように記憶している。 ちなみに故藤本氏の犯した罪は凶器準備集合罪、公務執行妨害罪とされる。 学生運動をする者は当時から論争するのが好きで、今から見ると何の生産性もない議論を延々と重ねていた。 彼らは政治路線をめぐる争いなどでは哲学などの本からの聞きかじりの知識を振り回して自己満足としか思えない議論のための議論をするのである。 だが、彼らの多くはセクトを離れ自由や民主主義、公共の福祉など、普遍的な価値観を持つ者とは論争はしない。 そういう主張をする者は「右翼」「再軍備主義者」であり、話を聞く必要はないという態度で実体的な論争を避けてきた。 それでもなお、反駁してくる場合はゲバ棒、鉄パイプで粛清するのである。 その上で「これではマスク配布を正当化できる人は、誰もいない、と言うことになりますね」と、配布を主張する人たちはレベルが低すぎるから、その主張は根拠がないという流れになっている。 これは、実質何も言ってないに等しい。 70年代はこれで通用したのかもしれないが、今は誰でも情報発信ができる時代。 人々の声を直接、加藤氏に届けることができる。 そのため、これまで加藤氏が論争を避けてきたような相手からも辛辣な批判が浴びせられた。 ・自分が言ったことは「意見」で言われたことは「嫌がらせ」という基準なのか。 ・自分以外の意見はレベルが低いと切って捨てる…. 笑止千万 意見を言えば反論批判が有るのは当たり前 ・マスクが欲しい人にとっては加藤さんの発言は嫌がらせですよ。 自分が言うのは良いけど人が言うのはダメということなんでしょうが。 上記のリプライは、加藤氏が世間と自らを欺いて生きてきた発想の核心部分を突いている。 自分たちは特別で批判されることはないという片務的な議論方法の合理性のなさを指摘された加藤氏が「あまりに程度が低くて」と聞こえない振りをしつつ、なおも自説にしがみついている姿は、タイムマシーンで半世紀前から連れてこられた非文明人が、現代の合理性ある言動を前にして、必死に頰っ被りしているかのようである。 大江健三郎氏の著書「セヴンティーン」で、主人公が自衛隊の病院で看護師をしている姉に言い負かされるシーンが描かれているが、加藤氏はその気分を味わっていると思われる。 マスク二枚配布を中止し、休業補償対策をせよという主張に対しては、以下の点がおかしいことはすぐに分かる。 休業補償を求めるのは勝手だが、それはマスク二枚配布を中止させることとワンセットである必要などない。 子供が考えても分かる理屈を東京大学を卒業した加藤氏が理解できないのは、要は「反政府」という枠組みの中でしか物事を考えていないからに他ならない。 70年代の学生運動をしていた者をタイムマシーンに乗せて現代に連れてきたら、どうなるか。 今回の炎上騒動を通して、加藤氏がその答えを我々に教えてくれた。 今回の事件を機に加藤氏には半世紀に渡る呪縛から逃れ、合理的な思考の上に批判に対して正面から向き合う人間へと生まれ変わってほしい。 それが、彼女の歌う「知床旅情」を聴いて育った私からの願いである。 こんにちは かつて加藤登紀子は日本人であることが恥ずかしくて仕方がない。 と公言し、 曽野綾子氏から、ならば日本から出て行けばよいと言われた。 (誌上にて) 国籍を離脱すればよい、ではなく単に出て行っても日本人であることに変わりはなく、これは、日本人であることの恩恵を享受しておきながら、ふざけるな、出て行け! という事だろう。 今現在はどうなのか問うて見たいがガン無視だろう、以下も同じく。 加藤登紀子の言動、行動は、 亭主であった故藤本敏夫、反帝全学連書記長を務めた彼の思想(思想などといえたものではないが)を事実上支持していたことになる。 収監に至る彼の犯罪を事実上容認し、それは学園のバリケード封鎖(全国の)器物損壊 威力業務妨害、テロ、拉致、リンチも支持していたことになる。 (当時はファッションでもあったよな、その後、イチゴ白書をもう一度などという歌も生まれた。 ) 赤軍の重信房子のように、あの路線は間違いでした、か? それともイチゴ白書をもう一度の歌詞に似た心境か、 加藤登紀子の場合、単に心惹かれた男が活動家だっただけ、で済まされる話ではない。 故藤本が起こした無農薬野菜等の販売企業、大地を守る会が農薬使用の野菜を販売していたことの責を問うのは酷だろう。 加藤登紀子に類する者達。 反権力といえば聞こえはいいが既存の秩序、価値観に本能的な反意をもつ反体制がよりふさわしい。 故大宅壮一が看破したように反体制は体質、資質だ、一見、イデオロギーの仮面をかぶっているが実態はそういう奴ばらなのだ、現在の若い者達の中にも当然多数存在する。 こ奴らに見られる共通項は 憲法改正反対 反天皇 反原発 同性婚容認 多文化共生等々であり、それぞれ独立した問題に何故か脈絡を持つ、反体制故だろう。 故藤本もやはり反原発だった。 イチゴ白書をもう一度は、学生運動に挫折したアンニュイを表現した歌だと、 冗談をいうな、そんなポーズはファッションだ。 それを狙って創られた歌だろう。 GNPが一定水準に達すると人はイデオロギーを口にしなくなるとの説がある。 あれほど社会改革を口にしていた奴ばらがその後何をどうしたのか、何もしてはいない。 さっさとヘルメットを脱ぎすて、その後の高度成長の果実を甘受ではなく享受し味わった、後は反体制的人間としての怨念をはらそうとして来ただけだ、そして今も。 その中で狂人達が咲かせたあだ花が赤軍だ。 日本人であることが恥ずかしくてならない。 とは日本が憎くて仕方がないと同義語だろう。 お隣の全体主義国家や事後法で裁く前近代的国家のことは不問らしい。 もう一つ拉致国家も。 「 加藤等にとりダブスタは当然すぎるほど当然だろう。 御返信不要です。

次の

【星川サラ】炎上か!?前世囲いは許されない?

月さんは困ってます 炎上

日曜日に放送されたサザエさんが炎上という話題が、複数のメディアで取り上げられていました。 個人的には、今回のケースを「炎上」と呼ぶのは少し大袈裟ではないかという印象です。 ただ、テレビにおけるタレント発言の炎上報道などを考える上で、非常に興味深い事例といえるので、ご紹介したいと思います。 まず、今回の騒動を時系列にまとめるとこのようになります。 デイリースポーツは既に記事を修正 冒頭に書いたように、今回のサザエさんの事例を炎上と呼ぶのは大袈裟というのが個人的な結論です。 また、当日のツイートを分析した結果、明確に「不謹慎」と名言している人は11人しかいない、という記事が話題になるなど、デイリースポーツの記事への批判も少なくなかったようです。 参考: もちろん、長引く外出自粛の中で、GWの旅行を促しかねない番組を放送したことに、違和感を感じた人は少なくなかったのは事実だと思いますし、不謹慎というキーワード以外にも、サザエさんを見て嫌な気持ちになったという趣旨の発言をしている方は複数いたようです。 ただ、さすがに「炎上」というタイトルは書き過ぎだったと考えて、記事タイトルを修正、配信先からは削除した可能性が高いと考えられます。 しかし、残念ながらすでに炎上というタイトルの記事が出回ってしまった結果、デイリースポーツ以外のメディアは、「サザエさん炎上」を既成事実として、関連記事が量産してしまっているわけです。 グラフで見えてくる炎上の真の発火点 はたして、サザエさんは炎上と呼ぶ状態になったのかどうか、具体的にグラフで分析してみましょう。 Yahoo! リアルタイム検索というサービスを使うと、。 (出典:Yahoo! リアルタイム検索) 30日間のグラフを見ると、サザエさんの先日の放送日に、ツイート数が大きなピークをつけていることは一目瞭然です。 ただ、一方で、毎週日曜日は「サザエさん」というキーワードを含んだ投稿が多くされていることも分かると思います。 しかも、実はこの最後のグラフのピークは、放送当日ではありません。 放送当日のツイート数は実はピークの半分強の1万件程度、普通の日曜日の投稿が7000件前後ですので、当日だけを見ると2倍も超えていません。 実は、この18000件を超える投稿数のピークは、番組放送 翌日なのです。 その理由は、一週間のツイート数のグラフを見れば一目瞭然。 (出典:Yahoo! リアルタイム検索) 確かに放送当日のツイート数は、7000件と跳ね上がっているものの、そのピークはすぐに収まります。 これは実は通常のサザエさんの放送されている週末の投稿数とそれほど変わりません。 そして、実は炎上に関するツイートが増えるのは、翌日の10時以降。 つまりデイリースポーツの記事が、各種ポータルサイトに転載されたタイミングなのです。 そして、そこからの方が炎上に関する話題が余韻を作っていることが分かります。 実際に、26日のサザエさん放映中の発言を丁寧に眺めてみると、ネガティブな投稿をしている人が、通常の週よりも増えている印象があるのは事実です。 ただ、7000件の全体数からすると、その比率はそれほど高い印象はありません。 当日一番話題になったのは、おそらく批判ツイートではなく、佐藤二朗さんの擁護ツイートでしょう。 このグラフだけを見ると、実はサザエさんは番組放送がきっかけで炎上したのではなく、炎上を報道する記事によって炎上状態になった可能性が高いと考えられるわけです。 大勢が視聴するテレビ番組と批判の構造 しかも、実はサザエさんの放送日には、という言葉もあるように、毎週のように何かしらネガティブなツイートが混じっているのが普通です。 サザエさんのような視聴率が10%を超えるようなテレビ番組は、単純計算すると全国で少なくとも数百万人が視聴していることになります。 そのうちの0. 1%の人がツイートするだけで、何千人もツイートすることになるわけです。 そのツイートする人の1割、視聴者のうちのたった0. 01%の人が批判的な投稿をすれば、数百件の批判的な投稿がツイッター上に出現することになります。 日本のツイッターのトレンドに、毎日の様にテレビ番組関連のキーワードが表示されるのはこれが背景です。 簡単に言うと、賛否が分かれるようなテレビ番組であれば、今回程度の批判的な投稿がツイッター上に数十から数百件出てくるのは、ある意味普通の状況とも言えるわけです。 本来「炎上」という言葉で連想するのは、企業や個人がしでかした不祥事により、批判やクレームの電話が殺到して止まらなくなる火だるまのような状態をイメージされる方が多いはず。 今回のサザエさんの旅行への批判は、ウイルス感染により私たちが感じているストレスが、普段、私たちがテレビを見ながら独り言のように突っ込んでいる発言とともに、ツイッター上にも表出しているだけと考えると、これを「炎上」と呼ぶべきかどうかは議論が分かれるはずです。 メディアが既成事実化する炎上のネガティブサイクル ここに、昨今のテレビ番組に関するネット上のメディアの炎上報道の問題点が見えます。 最近、芸能人の過激な発言の炎上を取り上げるメディアが増えているのも、同様の構造と言えるでしょう。 今回も、ガリガリガリクソンさんのツイートをメディアが記事化していますが、このツイートは記事のタイトルにまで取り上げられた割に、この記事執筆時点で70程度しかリツイートされていません。 ツイッター上の話題のツイートが1万単位のリツイートが珍しくなくなっていることを考えると、このツイートは芸能人のツイートとは言え、それほど注目されていないツイートと言えます。 ひょっとすると、メディア側もリモート推奨で取材に行けなくなっているという現状もあり、ネット上のこうした小さな出来事を取り上げざるをえない状況になっているのかもしれません。 こうしたテレビを起点にした話題にメディアが頼らざるをえない状況が、それほど炎上していない話題を、大手のメディアが記事化し、それにより炎上が既成事実化するというテレビとネット報道のネガティブサイクルを加速しているように感じます。 炎上のネガティブサイクルを加速しないために もちろん、私自身も、こうして炎上事例の解説記事を書いており、このサイクルの末端に関わってしまっているのは事実ですので、他人事のように書ける立場ではありません。 ただ、読者の方に是非知って頂きたいのは、特にネット上のメディアにおいては、記事の表示回数が広告収入に直結するビジネスモデルが確立されてしまった結果、個人が運営するネットメディアはもちろん、デイリースポーツや日刊スポーツのように歴史のあるメディアであっても、時にこうやって炎上を過剰に報道してしまうことがあるという点です。 参考: 炎上のネガティブサイクルを生み出しているのは、メディアかもしれませんが、そうした記事に釣られて炎上記事の拡散に私たちが協力してしまうと、私たちもネガティブサイクルを回すことに加担してしまっていることになります。 炎上がタイトルに入っている記事を見つけたら、是非その記事を拡散する前に、少し落ち着いて、本当に炎上が事実なのか、調べてみることをオススメします。 個人的には、ウイルス感染拡大により、人々の間に不安や他の人に対する不信や怒りが広まってしまっている今このタイミングで、こうしたささいな出来事を炎上と取り上げて火に油を注ぐ行為は、できるだけさけ、未来に向けて私たちが協力していくために役立つ記事を増やしていきたいと、自分にも改めて言い聞かせたいと思います。 来年のゴールデンウィークには、サザエさんのゴールデンウィーク旅行を全国の人が心から楽しく見ることができますように。

次の