アメリカ の ホワイト 国 リスト。 日本、EU、米国が指定するホワイト国リスト

韓国はそもそも何故、アジア唯一の「ホワイト国」だったのか: J

アメリカ の ホワイト 国 リスト

「日本がCFIUSのホワイト国から除外」 この報道は誤解を招くので米国財務省ページのソースを置いておきます。 日経新聞「日本がCFIUSのホワイト国から除外」 日経新聞では、アメリカの外国投資委員会(CFIUS)が、新たな規則を制定したということが書かれ、その中で「日本がCFIUSのホワイト国から除外」と表現しています。 CFIUSとは「安全保障の観点から対米投資を規制する対米外国投資委員会」と記事にもあるように、自由貿易が原則の輸出管理・貿易の話ではありません。 例外国・適格国は英国・豪州・カナダのみ、2年間で将来的に拡大の方針 アメリカの財務省に1月13日付のプレスリリースで以下のFIRRMAの改正による2月13日発効の最終規則が発表されています。 How did the Department of the Treasury determine the eligible foreign states under the regulations? Will the list be revised in the future? CFIUS identified these countries due to certain aspects of their robust intelligence-sharing and defense industrial base integration mechanisms with the United States. 「CFIUSは、当該諸国(英国・豪州・カナダ)について、 米国との強固な情報共有および防衛産業基盤統合メカニズムの側面から認定しました」 とあるように、いわゆるファイブアイズ諸国にしか 例外外国・適格外国認定をしていないわけです(ニュージーランドは除外されている)。 このこと自体は日経の記事にも書いてある よって、日本が「含まれていない」のはある意味で当然と言えると思います。 national security, CFIUS is initially identifying a limited number of foreign states and may expand the list in the future. 実務上は"eligible foreign states"=適格外国と呼ぶらしい)制度の対象となった国は2年間有効で、その後見直しが入るということです。 また、適格外国の対象は将来的に拡大する方針だということも書かれています。 したがって、 日本が「除外された」「外された」と言うのは実態からかけ離れています。 新設された制度なのだから。 (ただ、日本が米国から優遇される立場になるのではという期待は、界隈ではあるようなので、今回の件が「想定外」なのかは私は分かりません。 ) ただし、日本国の現状に問題が無いわけではないので、以下のような問題意識は妥当するでしょう。 また、米国における法改正によって、CFIUS(対米外国投資委員会)の権限が強化され、外国と情報共有ができる仕組みになったが、我が国では対内直接投資を審査する財務省+事業官庁がそのカウンターパートとして機能する体制になっていない。 体制の強化と法整備が必要。 — 小林鷹之 kobahawk 「ホワイト国」は輸出管理でも使用を止めた用語 そもそも「ホワイト国」という名称は実務上の 便宜的呼称であり、正式名称や法規に記載のある名称ではありませんでした。 2019年8月2日に閣議決定された内容では、元々の分類区分である「 グループA」の呼称で呼ぶようにしたとしています。 よって、日経新聞でCFIUSの件で「ホワイト国」という用語を使うのは時宜にかなったものではないですし、「日本が除外された」というのは、新設された制度なので誤解を招く表現でしょう。 実際、以下のように狂喜乱舞する人が居ますが、これは日経新聞だけを読んでるせいでしょう。 これが衝撃でなくて何なのだろう。 隷属の果てにこの始末。 韓国への高飛車な態度がブーメラン。 「ホワイト国」日本外れる: 日本経済新聞 — 清水 潔 NOSUKE0607 以上 Nathannate.

次の

ホワイト国の一覧

アメリカ の ホワイト 国 リスト

日本以外に韓国をホワイト国認定している国! 実は、 ホワイト国というのは、 日本独自の認定であり、 その点で言うと、韓国をホワイト国 認定している国は無いと言っても いいです。 しかし、日本が定めるホワイト国の 定義に韓国は入っており、 その点から考えると、他国から 韓国はホワイト国であるとも言えます。 そして、韓国をホワイト国から 除外する事に対する海外の反応は、 アメリカが除外に対して、 懸念を見せているのに対し、 中国は日本には大きな影響がないと 見ています。 更に詳しく、 韓国のホワイト国除外について 見て行きましょう。 日本以外に韓国をホワイト国認定している国! 実は、ホワイト国は日本特有の 制度であり、全く同様の制度は 外国にはありません。 それ故に、韓国をホワイト国認定を している国は無いと言えるのです。 では、日本の定めるホワイト国とは なにかと言うと、以下の条件を 満たし、日本がホワイト国と 認めた国であると言えます。 〇 大量破壊兵器等に関する条約に加盟 〇 輸出管理レジームに全て参加• 原子力供給国グループ(NSG)• ザンガー委員会(ZC)• オーストラリア・グループ(AG)• ミサイル技術管理レジーム(MTCR)• ワッセナー・アレンジメント(WA) 等の多国間における安全貿易の枠組みに 全て参加している事です。 〇 キャッチオール制度を導入している 輸出物資が兵器転用されないか 見張る制度です。 これ等の輸出物資を兵器に転用する 可能性が少ない証拠となる様々な 条件を満たし、日本が最終的に 認定した国がホワイト国と なるのです。 韓国は上記の条件をすべて満たして います。 それ故に、同様の条件を満たす 他国からすると、「ホワイト」 だと言えるのです。 ホワイト国が日本特有の制度の為、 少し難解に思えますね。 スポンサード・リンク 日本が韓国をホワイト国から除外した事に対する海外の反応! 日本が韓国をホワイト国から 除外した事に対しては、 アメリカと中国が反応を 見せています。 アメリカからすると、 同じ同盟国同士のいざこざであるので、 争いの休止を求めているのが現状。 他方、 中国は日本が仮にホワイト国から 韓国を除外しても、その損失は 軽微だと見ているのです。 更に詳しい海外の反応を 見て行きましょう! 韓国ホワイト国除外に対する海外の反応!アメリカ編! アメリカは日本が韓国にホワイト国 除外を突きつけた事に対し、 喧嘩両成敗という姿勢を見せています。 二国間に「 休止協定」を要求し、 日本のホワイト国除外を 考え直す事を仄めかしました。 一方で、 韓国が反日感情を煽っていた事を 指摘もしたのです。 韓国はホワイト国除外が行われたら、 韓日軍事情報協定(GSOMIA)の 破棄をするとしていたので、 アメリカは軍事的な連携が 崩れて、中国、ロシアの台頭を 恐れた為に仲裁に入ったのでは ないかと考えられています。 アメリカからすると、 面倒ではあるが、しょうがなく仲裁に 入ったという感じがしますね。 韓国ホワイト国除外に対する海外の反応!中国編! 一方の中国は、 日本が韓国をホワイトリストから 除外しても、多大なダメージを 負うのは韓国だけで、日本は 軽微だと 現地メディアの観察者網が報じました。 今回のホワイト国除外による日本と 韓国の関係悪化は、結果的に、 現在、貿易戦争中のアメリカの 痛手になる為か、中国は特に 心配している様子は無いと言えます。 むしろ、韓国が中国に物資供給を 頼もうとしているので、 中国にとっては都合が良いのかも 知れません。

次の

米国、しれっと日本を「ホワイト国」除外。“対等でない同盟国”が浮き彫りに=矢口新

アメリカ の ホワイト 国 リスト

プロフィール:矢口新(やぐちあらた) 1954年和歌山県新宮市生まれ。 早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。 現役プロディーラー座右の書として支持され続けるベストセラー『実践・生き残りのディーリング』など著書多数。 米国に逆らうとイラクのようになる?米国は日本を信じていない… 本当の軍事同盟国だけ「ホワイト国」認定 米国は対米投資規制の届け出を免除する「ホワイト国」のリストから、日本・韓国・ドイツ・フランス・イタリアなどを除外した。 米財務省は安全保障の観点から対米投資を規制する対米外国投資委員会(CFIUS)の届け出を免除する『ホワイト国』のリストを公表した。 2月13日施行の外国投資リスク審査近代化法の新規則から適用される。 昨秋、日本は改正外為法を成立させ、米国と歩調を合わせてきたが、選ばれなかった。 当面、米国の重要技術に投資する企業は審査対応せざるを得ない。 ホワイト国に選ばれたのは、オーストラリア、カナダ、英国の3カ国。 CFIUSの審査は米中間の緊張の高まりを受けて段階的に強化されてきた。 2018年11月からの試験プログラムでは、半導体など27の重要業種について外国投資家に申告を義務付けた。 2月に米国で施行される新規則は、機微な個人情報に関わる投資、軍事施設などに近い不動産の取得もCFIUSの審査対象に加える。 軍事転用できる技術の範囲が広がり、安全保障の解釈自体も拡大されている。 出典: ホワイト国とは、選ばれた顔ぶれを見ても分かるように、米国のコア軍事同盟国だ。 NATOや日米安保条約は、条約上の同盟国に過ぎない。 というより、「米国の、米国による、米国のための軍事条約」だ。 それなのに、基地用地を提供させ、費用を分担させている。 にもかかわらず、常に「フリーライド」、無料で守ってあげていると嘯いている。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の