キャベツ 介護食。 [冷凍] キャベツロール |介護食・治療食の通販【アールエス】

介護食品メーカー一覧表|厳選25社|個人向け・病院施設向け企業

キャベツ 介護食

季節ごとのメニューを管理栄養士が提案する料理教室やワークショップが、毎月開催されている『Kamulier』。 8月の料理教室で紹介されるレシピをいち早く動画で公開します。 今回のメニューは『お好み焼き』。 家族みんなで楽しめる人気料理の介護食バージョンです。 香ばしく焼いたふんわり生地と、豚肉が口の中でほろほろと崩れます。 2g 塩0. 【2】 1をラップで長方形に包み、蒸し器に入れて約10分蒸す。 【3】 蒸しあがった肉は粗熱が取れたら、4等分(大体3mm~5mm)に切ってバラ肉のようにする。 【2】 1と、麺つゆ、米粉、溶き卵、ミキサーなどで粉末状にした桜えび、塩をボールに入れて泡立て器でよく混ぜる。 【3】 キッチンペーパーに油を染み込ませ、温めたフライパンにのばす。 【4】 生地の半量をフライパンに流し入れ、やわらか豚ばら肉2枚をのせて弱火で2分焼く。 【5】 裏返して蓋をして、さらに2~3分蒸し焼きにする。 仕上げ・盛り付け 【1】 皿に盛り、ソースを塗る。 【2】 マヨネーズ、かつお節、青のりをかける。 ポイント 1. やわらか豚ばら肉は、できあがりの半量を使用。 残りは冷凍保存ができます(蒸す前の状態がよい)。 やわらか豚ばら肉の材料は、ゴムベラで底からしっかり混ぜる。 カットするときは、キレイな長方形にしないほうが豚ばら肉らしく見える。 米粉は、小麦粉でも代用できるが、小麦粉は粘り気や弾力が出てもっちりした食感になる。 より軟らかい食感に仕上げるには米粉のほうがベター。 【エネルギー】207kcal【たんぱく質】6. 2g【塩分】1. 5g【脂質】7. 参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。 詳しくは 『Kamulier(カムリエ)』は東京・御茶ノ水駅近く、順天堂大学医学部附属順天堂医院裏手にあります。 店舗は、スーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が介護食向けに監修したケーキなどが味わえるカフェとして(ケーキはテイクアウトや地方発送もあり)利用できる他、介護の「食べること」に関わる商品の販売があり、管理栄養士や歯科衛生士など常駐する専門家から、アドバイスも受けられます。 【データ】 Kamulier(カムリエ) 住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F 電話:03-3812-6036 営業時間:11:00~19:00(月~土) 定休日:日・祝 ウェブサイト• この記事が役に立ったらシェアしよう•

次の

介護食・嚥下食におすすめの野菜|キャベツ・ピーマン・ブロッコリー|献立

キャベツ 介護食

葉の部分は軸に沿って切り目をいれ、軸と共に3cm長さに切る。 ポイント ゆでた青菜をあえ衣であえる前にしょうゆ少量をかけて絞ることを「しょうゆ洗い」という。 水っぽさがとれて味がなじみやすくなる。 すりごまの代わりに、ごまペーストでも。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切る。 かえしをかけてしょうゆ洗いし、軽く絞る。 豆腐は電子レンジで40〜50秒加熱し、水気をきる。 ポイント 豆腐はレンジで加熱し、必ず水切りをすること。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切る。 ポイント ほうれん草の葉は口の中で広がらないように、軸に沿って切り目を入れる。 焼き海苔は口の中にはりつかないよう、 できるだけ細かくちぎる。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って 軽く絞る。 かえしをかけてしょうゆ洗いし、軽く絞る。 ポイント 小松菜の葉は軸に沿って切り目を入れ、食べやすくする。 練りがらしはあえる直前にaの調味液に加えるのが おいしく仕上げるコツ。 仕上がりにすり白ごまをふってもよい。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って、軽く絞る。 ポイント 油揚げは開いてから短冊切りにする。 油揚げを先に煮ることによって煮汁がよくしみ込み、しっとりと食べられる。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って、軽く絞る。 ポイント ちりめんじゃこは必ず湯通しして(または熱湯をかける)軟らかくし、魚の臭みをとること。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って、絞る。 ポイント バターで炒める場合、バターに塩分が含まれているので、塩は控えめにすること。 ほうれん草は下ゆでしてあるので、 さっと火を通す程度に炒めるのがよい。 食べやすい長さに切り、水気を絞る。 しめじが軟らかくなったら春菊を加え、ざっと煮る。 ポイント しめじがツルリとして食べやすい。 春菊は、下の軸のほうは固いので、軟らかい葉の部分を使うこと。 春菊の代わりにほうれん草や小松菜、青梗菜などでもよい。 にんじんは側面にかのこ状の隠し包丁を入れ、 一口大の乱切りに。 さやいんげんは斜め切りにする。 ポイント にんじんは隠し包丁を入れておくと、食べやすい。 火を止めてから煮汁につけてしばらくおくと、味が中までしみ込み、 余熱で軟らかくなる。 にんじんは拍子木切りにし、電子レンジで1分加熱する。 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 ポイント かぶに比べて火の通りにくいにんじんは、先に電子レンジで加熱しておく。 2cm長さに切り、水気を絞る。 野菜がしんなりしたら軽く絞る。 ポイント 野菜に塩をふったあと10分程時間をおいてからもむ。 すぐにもまないこと。 柚子の皮の千切りをのせる。 ポイント 魚に塩と酒をふっておくと生臭みが抜ける。 また、かぼちゃ、煮汁をそれぞれ電子レンジで加熱して 温め、煮汁の中にかぼちゃを漬けておくだけでもよい。 ポイント 電子レンジで作る場合は、かぼちゃに煮汁を大さじ2ぐらいふりかけ、電子レンジで加熱して火を通す。 茹であずきを かけ、さらに2分弱加熱すればでき上がり。 かぼちゃとあずきをつぶして茶巾に絞るのもおすすめ。 ポイント 電子レンジで作る場合は、かぼちゃを耐熱皿にのせ、塩、こしょうをふってバターをのせ、加熱する。 加熱時間は 様子を見ながら調節する。 手軽な冷凍食品を使った簡単なメニューなので、あと1品足りないときや、焼き物の つけ合わせなどにしても重宝する。 ポイント レーズンは熱湯につけてふっくらともどすと食べやすい。 生のかぼちゃを使用する場合は、ワタを取り除いて一口大 に切り、皮をところどころむき、軟らかく茹でて湯をきり、プレーンヨーグルトとレーズンであえる。 ポイント キャベツは電子レンジで加熱した後に切ること。 繊維に直角に切ることで、噛み切りやすくなる。 キャベツの代わりに白菜やさやいんげん、にんじんなどでもよい。 にんじんときゅうりは薄い輪切りにする。 みょがは千切りにして水にさらし、水気をよく切る。 ポイント 野菜に塩をまぶしたらすぐにもまず、10分ぐらいおくこと。 野菜の繊維が折れることなく、しんなりして口あたりが よくなり、たべやすい。 しらす干しは湯通しする。 小町麩はもどし、水気を絞る。 器に盛り、おろししょうがをのせる。 ポイント 野菜は塩をふり、しんなりとさせて軽く水気を絞ることで、酢味がしみ込みやすくなる。 耐熱皿にのせ、電子レンジで1分弱加熱する。 ポイント 浅漬けのような、おひたしのような味で、あともう1品プラスしたいときにぴったり。 きゅうりは歯ごたえを残し、噛みやすく するとよい。 ごま油の香りとコクがきっかけ食。 ポイント ごぼうは薄くしすぎると食べにくいので注意。 軟らかく下ゆでしてから煮る。 中心の芯を取り除き、14cm長さに切る。 ポイント ごぼうを茹でて軟らかくしてから、たたいて硬い中心の芯を取り除く。 めん棒などでたたくことにより、噛みやすくなる。 ポイント さやいんげんは斜めに切ると、さらに噛みやすくなる。 アクがない野菜なので、茹でた後は水にさらさなくてよい。 ごまの香りとコクが食欲を刺激する。 さやいんげんの他に、アスパラガスやブロッコリーでもおいしい。 削りカツオを加え、よく混ぜて器に盛る。 ポイント さやいんげんに縦に切り目を入れると、歯ざわりは残しつつ、そしゃくしやすくなる。 煮汁ごと盛ると、しっとりとして、 食べやすい。

次の

キャベツと油揚げの煮浸し~高齢者の食事・介護食レシピ

キャベツ 介護食

葉の部分は軸に沿って切り目をいれ、軸と共に3cm長さに切る。 ポイント ゆでた青菜をあえ衣であえる前にしょうゆ少量をかけて絞ることを「しょうゆ洗い」という。 水っぽさがとれて味がなじみやすくなる。 すりごまの代わりに、ごまペーストでも。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切る。 かえしをかけてしょうゆ洗いし、軽く絞る。 豆腐は電子レンジで40〜50秒加熱し、水気をきる。 ポイント 豆腐はレンジで加熱し、必ず水切りをすること。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切る。 ポイント ほうれん草の葉は口の中で広がらないように、軸に沿って切り目を入れる。 焼き海苔は口の中にはりつかないよう、 できるだけ細かくちぎる。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って 軽く絞る。 かえしをかけてしょうゆ洗いし、軽く絞る。 ポイント 小松菜の葉は軸に沿って切り目を入れ、食べやすくする。 練りがらしはあえる直前にaの調味液に加えるのが おいしく仕上げるコツ。 仕上がりにすり白ごまをふってもよい。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って、軽く絞る。 ポイント 油揚げは開いてから短冊切りにする。 油揚げを先に煮ることによって煮汁がよくしみ込み、しっとりと食べられる。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って、軽く絞る。 ポイント ちりめんじゃこは必ず湯通しして(または熱湯をかける)軟らかくし、魚の臭みをとること。 葉の部分は軸に沿って切り目を入れ、軸と共に3cm長さに切って、絞る。 ポイント バターで炒める場合、バターに塩分が含まれているので、塩は控えめにすること。 ほうれん草は下ゆでしてあるので、 さっと火を通す程度に炒めるのがよい。 食べやすい長さに切り、水気を絞る。 しめじが軟らかくなったら春菊を加え、ざっと煮る。 ポイント しめじがツルリとして食べやすい。 春菊は、下の軸のほうは固いので、軟らかい葉の部分を使うこと。 春菊の代わりにほうれん草や小松菜、青梗菜などでもよい。 にんじんは側面にかのこ状の隠し包丁を入れ、 一口大の乱切りに。 さやいんげんは斜め切りにする。 ポイント にんじんは隠し包丁を入れておくと、食べやすい。 火を止めてから煮汁につけてしばらくおくと、味が中までしみ込み、 余熱で軟らかくなる。 にんじんは拍子木切りにし、電子レンジで1分加熱する。 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 ポイント かぶに比べて火の通りにくいにんじんは、先に電子レンジで加熱しておく。 2cm長さに切り、水気を絞る。 野菜がしんなりしたら軽く絞る。 ポイント 野菜に塩をふったあと10分程時間をおいてからもむ。 すぐにもまないこと。 柚子の皮の千切りをのせる。 ポイント 魚に塩と酒をふっておくと生臭みが抜ける。 また、かぼちゃ、煮汁をそれぞれ電子レンジで加熱して 温め、煮汁の中にかぼちゃを漬けておくだけでもよい。 ポイント 電子レンジで作る場合は、かぼちゃに煮汁を大さじ2ぐらいふりかけ、電子レンジで加熱して火を通す。 茹であずきを かけ、さらに2分弱加熱すればでき上がり。 かぼちゃとあずきをつぶして茶巾に絞るのもおすすめ。 ポイント 電子レンジで作る場合は、かぼちゃを耐熱皿にのせ、塩、こしょうをふってバターをのせ、加熱する。 加熱時間は 様子を見ながら調節する。 手軽な冷凍食品を使った簡単なメニューなので、あと1品足りないときや、焼き物の つけ合わせなどにしても重宝する。 ポイント レーズンは熱湯につけてふっくらともどすと食べやすい。 生のかぼちゃを使用する場合は、ワタを取り除いて一口大 に切り、皮をところどころむき、軟らかく茹でて湯をきり、プレーンヨーグルトとレーズンであえる。 ポイント キャベツは電子レンジで加熱した後に切ること。 繊維に直角に切ることで、噛み切りやすくなる。 キャベツの代わりに白菜やさやいんげん、にんじんなどでもよい。 にんじんときゅうりは薄い輪切りにする。 みょがは千切りにして水にさらし、水気をよく切る。 ポイント 野菜に塩をまぶしたらすぐにもまず、10分ぐらいおくこと。 野菜の繊維が折れることなく、しんなりして口あたりが よくなり、たべやすい。 しらす干しは湯通しする。 小町麩はもどし、水気を絞る。 器に盛り、おろししょうがをのせる。 ポイント 野菜は塩をふり、しんなりとさせて軽く水気を絞ることで、酢味がしみ込みやすくなる。 耐熱皿にのせ、電子レンジで1分弱加熱する。 ポイント 浅漬けのような、おひたしのような味で、あともう1品プラスしたいときにぴったり。 きゅうりは歯ごたえを残し、噛みやすく するとよい。 ごま油の香りとコクがきっかけ食。 ポイント ごぼうは薄くしすぎると食べにくいので注意。 軟らかく下ゆでしてから煮る。 中心の芯を取り除き、14cm長さに切る。 ポイント ごぼうを茹でて軟らかくしてから、たたいて硬い中心の芯を取り除く。 めん棒などでたたくことにより、噛みやすくなる。 ポイント さやいんげんは斜めに切ると、さらに噛みやすくなる。 アクがない野菜なので、茹でた後は水にさらさなくてよい。 ごまの香りとコクが食欲を刺激する。 さやいんげんの他に、アスパラガスやブロッコリーでもおいしい。 削りカツオを加え、よく混ぜて器に盛る。 ポイント さやいんげんに縦に切り目を入れると、歯ざわりは残しつつ、そしゃくしやすくなる。 煮汁ごと盛ると、しっとりとして、 食べやすい。

次の