日本シリーズ セパ 勝敗。 日本シリーズ2017のルールを詳しく解説します!予告先発・延長・引き分け・雨天の場合はどうなる?

今年の日本シリーズの対戦カードは結果予想は?

日本シリーズ セパ 勝敗

勝 敗 分 勝率 福岡ソフトバンクホークス 11 5 2 0. 688 オリックス・バファローズ 11 6 1 0. 647 読売ジャイアンツ 11 7 0 0. 611 横浜DeNAベイスターズ 10 7 1 0. 588 埼玉西武ライオンズ 10 8 0 0. 556 東北楽天ゴールデンイーグルス 10 8 0 0. 556 北海道日本ハムファイターズ 8 9 1 0. 471 中日ドラゴンズ 8 10 0 0. 444 千葉ロッテマリーンズ 8 10 0 0. 444 阪神タイガース 6 10 2 0. 375 東京ヤクルトスワローズ 6 12 0 0. 333 広島東洋カープ 5 12 1 0. 294 このデータを作為して、2019年でパリーグ最強のホークス、セリーグ最弱のカープの勝敗を除外してみる 勝 敗 分 勝率 福岡ソフトバンク 214 126 14 0. 629 北海道日本ハム 186 157 11 0. 542 千葉ロッテ 184 156 14 0. 541 巨人 181 164 9 0. 525 埼玉西武 177 170 7 0. 510 オリックス 173 171 10 0. 503 中日 171 173 10 0. 497 阪神 165 176 13 0. 484 東北楽天 164 186 4 0. 469 東京ヤクルト 161 185 8 0. 465 広島 149 193 12 0. 436 横浜DeNA 139 207 8 0. 402 さらに、ホークスの圧倒的な勝ちっぷりが凄い! 上位3チームがパリーグ、下位3チームがセリーグ、やれやれ… パリーグ最強とセリーグ最弱を除外すると 2019年と同じように、パリーグ最強とセリーグ最弱を除外してみる セリーグ パリーグ 966 1098 ホークス 126 214 ホークス抜き 840 884 ベイスターズ 139 207 ベイスターズ抜き 827 891 両者抜き 701 677 ホークス除外で840:884 ベイスターズ除外で827:891 両者除外で、701:677のセリーグ勝ち越し データ作為でセリーグ勝ち越し! ソフトバンク ホークスを除外し、2019年は広島カープ除外、2005年から2019年ではDeNAベイスターズを除外すれば、セリーグはパリーグに勝ち越し セリーグの各球団はソフトバンクホークスを見ならうべし データの作為ではどうしようもないので、セパ交流戦に限らず、とくにセリーグの各球団は、ホークスを真似ることか… 2019年のソフトバンクは、先発投手も以前とは入れ替わり、中継ぎ抑えもサファテや岩嵜や森が離脱、主砲の柳田もいない中で、すばらしい結果を出しているのは賞賛せざるを得ない 選手層が厚いといっても、もはや個の力ではなく、球団の姿勢、方針、そして投資力だろう 補強だけでなく、2軍3軍の育成システムもすぐれている セパ交流戦に限らず、パリーグのペナントレース、日本シリーズは、ホークスが勝つか負けるかという次元と言えなくもない DH制は、取るに足らない問題だと思う….

次の

プロ野球

日本シリーズ セパ 勝敗

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• 年度別優勝球団(セ・リーグ) プロ野球• 記録 年度別優勝球団(セ・リーグ)• 年 優勝チーム(監督) 勝 敗 分 勝率 2019 巨人(原辰徳) 77 64 2. 546 2018 広島(緒方孝市) 82 59 2. 582 2017 広島(緒方孝市) 88 51 4. 633 2016 広島(緒方孝市) 89 52 2. 631 2015 ヤクルト(真中満) 76 65 2. 539 2014 巨人(原辰徳) 82 61 1. 573 2013 巨人(原辰徳) 84 53 7. 613 2012 巨人(原辰徳) 86 43 15. 667 2011 中日(落合博満) 75 59 10. 560 2010 中日(落合博満) 79 62 3. 560 2009 巨人(原辰徳) 89 46 9. 659 2008 巨人(原辰徳) 84 57 3. 596 2007 巨人(原辰徳) 80 63 1. 559 2006 中日(落合博満) 87 54 5. 617 2005 阪神(岡田彰布) 87 54 5. 617 2004 中日(落合博満) 79 56 3. 585 2003 阪神(星野仙一) 87 51 2. 630 2002 巨人(原辰徳) 86 52 2. 623 2001 ヤクルト(若松勉) 76 58 6. 567 2000 巨人(長嶋茂雄) 78 57 0. 578 1999 中日(星野仙一) 81 54 0. 600 1998 横浜(権藤博) 79 56 1. 585 1997 ヤクルト(野村克也) 83 52 2. 615 1996 巨人(長嶋茂雄) 77 53 0. 592 1995 ヤクルト(野村克也) 82 48 0. 631 1994 巨人(長嶋茂雄) 70 60 0. 538 1993 ヤクルト(野村克也) 80 50 2. 615 1992 ヤクルト(野村克也) 69 61 1. 531 1991 広島(山本浩二) 74 56 2. 569 1990 巨人(藤田元司) 88 42 0. 677 1989 巨人(藤田元司) 84 44 2. 656 1988 中日(星野仙一) 79 46 5. 632 1987 巨人(王貞治) 76 43 11. 639 1986 広島(阿南準郎) 73 46 11. 613 1985 阪神(吉田義男) 74 49 7. 602 1984 広島(古葉竹識) 75 45 10. 625 1983 巨人(藤田元司) 72 50 8. 590 1982 中日(近藤貞雄) 64 47 19. 577 1981 巨人(藤田元司) 73 48 9. 603 1980 広島(古葉竹識) 73 44 13. 624 1979 広島(古葉竹識) 67 50 13. 573 1978 ヤクルト(広岡達朗) 68 46 16. 596 1977 巨人(長嶋茂雄) 80 46 4. 635 1976 巨人(長嶋茂雄) 76 45 9. 628 1975 広島(古葉竹識) 72 47 11. 605 1974 中日(与那嶺要) 70 49 11. 588 1973 巨人(川上哲治) 66 60 4. 524 1972 巨人(川上哲治) 74 52 4. 587 1971 巨人(川上哲治) 70 52 8. 574 1970 巨人(川上哲治) 79 47 4. 627 1969 巨人(川上哲治) 73 51 6. 589 1968 巨人(川上哲治) 77 53 4. 592 1967 巨人(川上哲治) 84 46 4. 646 1966 巨人(川上哲治) 89 41 4. 685 1965 巨人(川上哲治) 91 47 2. 659 1964 阪神(藤本定義) 80 56 4. 588 1963 巨人(川上哲治) 83 55 2. 601 1962 阪神(藤本定義) 75 55 3. 577 1961 巨人(川上哲治) 71 53 6. 569 1960 大洋(三原脩) 70 56 4. 554 1959 巨人(水原茂) 77 48 5. 612 1958 巨人(水原茂) 77 52 1. 596 1957 巨人(水原茂) 74 53 3. 581 1956 巨人(水原茂) 82 44 4. 646 1955 巨人(水原茂) 92 37 1. 713 1954 中日(天知俊一) 86 40 4. 683 1953 巨人(水原茂) 87 37 1. 702 1952 巨人(水原茂) 83 37 0. 692 1951 巨人(水原茂) 79 29 6. 731 1950 松竹(小西得郎) 98 35 4. 737.

次の

プロ野球セパ交流戦とオープン戦や日本シリーズとの違いは?ペナントレースとの関係性やNPBイベントとの関連等

日本シリーズ セパ 勝敗

勝 敗 分 勝率 福岡ソフトバンクホークス 11 5 2 0. 688 オリックス・バファローズ 11 6 1 0. 647 読売ジャイアンツ 11 7 0 0. 611 横浜DeNAベイスターズ 10 7 1 0. 588 埼玉西武ライオンズ 10 8 0 0. 556 東北楽天ゴールデンイーグルス 10 8 0 0. 556 北海道日本ハムファイターズ 8 9 1 0. 471 中日ドラゴンズ 8 10 0 0. 444 千葉ロッテマリーンズ 8 10 0 0. 444 阪神タイガース 6 10 2 0. 375 東京ヤクルトスワローズ 6 12 0 0. 333 広島東洋カープ 5 12 1 0. 294 このデータを作為して、2019年でパリーグ最強のホークス、セリーグ最弱のカープの勝敗を除外してみる 勝 敗 分 勝率 福岡ソフトバンク 214 126 14 0. 629 北海道日本ハム 186 157 11 0. 542 千葉ロッテ 184 156 14 0. 541 巨人 181 164 9 0. 525 埼玉西武 177 170 7 0. 510 オリックス 173 171 10 0. 503 中日 171 173 10 0. 497 阪神 165 176 13 0. 484 東北楽天 164 186 4 0. 469 東京ヤクルト 161 185 8 0. 465 広島 149 193 12 0. 436 横浜DeNA 139 207 8 0. 402 さらに、ホークスの圧倒的な勝ちっぷりが凄い! 上位3チームがパリーグ、下位3チームがセリーグ、やれやれ… パリーグ最強とセリーグ最弱を除外すると 2019年と同じように、パリーグ最強とセリーグ最弱を除外してみる セリーグ パリーグ 966 1098 ホークス 126 214 ホークス抜き 840 884 ベイスターズ 139 207 ベイスターズ抜き 827 891 両者抜き 701 677 ホークス除外で840:884 ベイスターズ除外で827:891 両者除外で、701:677のセリーグ勝ち越し データ作為でセリーグ勝ち越し! ソフトバンク ホークスを除外し、2019年は広島カープ除外、2005年から2019年ではDeNAベイスターズを除外すれば、セリーグはパリーグに勝ち越し セリーグの各球団はソフトバンクホークスを見ならうべし データの作為ではどうしようもないので、セパ交流戦に限らず、とくにセリーグの各球団は、ホークスを真似ることか… 2019年のソフトバンクは、先発投手も以前とは入れ替わり、中継ぎ抑えもサファテや岩嵜や森が離脱、主砲の柳田もいない中で、すばらしい結果を出しているのは賞賛せざるを得ない 選手層が厚いといっても、もはや個の力ではなく、球団の姿勢、方針、そして投資力だろう 補強だけでなく、2軍3軍の育成システムもすぐれている セパ交流戦に限らず、パリーグのペナントレース、日本シリーズは、ホークスが勝つか負けるかという次元と言えなくもない DH制は、取るに足らない問題だと思う….

次の