低気圧 酸欠。 雨の日って本当に気圧が下がっているの?天気によって体が痛くなるという明確なデータは存在せず

低気圧で眠いだるい!その原因と対策!台風を乗り切る秘策とは

低気圧 酸欠

この記事の内容はこんな感じ• 理由1:猫の本能 もともと猫は砂漠で狩りをして生活していた野生動物です。 雨の日には狩りが出来ません。 そのうえ、猫の身体を雨で濡らすと、夜の寒さで命の危険すら出てきます。 そのために雨が降ると、無駄な体力を使わないようにして、次の狩りへ備えて、ただひたすら寝て休んでいたのです。 ペットとして飼われている今の猫ちゃんたちには狩りの必要はありませんが、雨の日には体を休ませるという昔からの猫の本能による行動だったのですね。 理由2:太陽の光がない 太陽の光を浴びると体内の「メラトニン」というホルモンの分泌が止まります。 メラトニンの分泌が止まると、猫は活動的になります。 しかし、太陽が隠れてしまう天気の悪い日にはメラトニンの分泌が止まらず、やる気が起きない休養モードになるのです。 そのために天気が悪い日は眠い状態になるのです。 理由4:低気圧の影響 雨の日は気圧が低くなります。 人間にも低気圧が原因で起こる「気象病」がありますが、猫にもあります。 人間に比べて猫は自分で呼吸がコントロールできない、耳が敏感、体内の水分量が少ないことから人間よりも低気圧の影響を受けやすいともいわれています。 気圧が低くなると、圧力で締め付けられていた体が緩んで膨張したような状態になります。 同じように血管も膨張し、血液が循環しにくくなります。 だるさ• むくみ• 吐き気、嘔吐• 傷跡の痛み• 食欲不振 猫によって症状も様々です。 治療はなし 現在、気圧の変化が原因の治療法はありません。 症状を抑えたり、軽減させるための薬を処方してもらうくらいです。 そのため、なるべく症状がでないように予防することが大事です。 特に注意をしたい猫 病気の猫ちゃんは気圧によって症状が悪化する場合があります。 てんかんや水頭症、心臓病、喘息などは発作が出やすいことも。 また血液循環障害が起こるので腎臓が弱い猫場合も注意しましょう。 シニア猫ちゃんも気を付けたいですね。 予防法 雨の日でも猫が少しでも快適に過ごせるように飼い主さんができる予防がいくつかあります。 日頃の体調チェック うちの猫は気圧の変化で体調不良になりやすいかも!?と思ったら、まずはチェックしてみましょう。 台風など天気が大きく荒れた場合に症状が出やすいのか、少しの雨でも具合が悪そうなのか、その時の天気や気温、湿度なども体調と一緒にメモしておくといいいでしょう。 獣医さんに診てもらう時にも役立つかもしれません。 水分摂取 低気圧の際には脱水症状になりやすく、水分を多めに摂った方がいいでしょう。 普段より水が飲める場所を増やしたり、水分の多い食事にしてみたりと工夫してみるといいかもしれません。 飼い主さんはしっかりと水分が摂れているか、脱水状態になっていないかを注意してあげましょう。 体を冷やす 気温の高い夏であれば、体を冷やすことにより血管の膨張を防げます。 猫は涼しくて居心地のいい場所を自分で探せるので、エアコンをつけたり、風通しをよくしたり、冷たいマットを敷くなど体を冷やすことが出来る環境を作ってあげましょう。 体を冷やすような食材をあげるのもいいですね。 冬はかえって体調を崩してしまう原因にもなるので、気を付けましょう。 気圧の変化を一足先に知っておこう 低気圧で体調を崩すと分かれば、天気予報などでチェックしておきましょう。 我が家では気圧予報のアプリを活用しています。

次の

女性に多い!低気圧で頭痛が起こる理由は?緩和する5つの方法とは

低気圧 酸欠

低気圧が近づくと、頭が痛くなる、だるいなどの体調不良がある方へ。 このような症状のある人は、全国に1000万人いると言われています。 症状も様々で、ひどい人は動くこともままならないほどです。 このような天気が原因で引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれています。 しかし世間の認知度は低く、なかなか理解してもらえません。 決して「気のせい」ではなく、本人の「やる気の問題」でもないことを知ってほしいです。 また気象病は研究途中で治療法も確立されていません。 そのため現れた症状に対する対処しかできません。 頭痛には頭痛薬を、だるさには風邪薬を、といった具合です。 気象病そのものを治す治療法はありません。 この記事では体調不良が起こらなくなる対策法を提案します。 もちろん必ず効果がある保証はありません。 記事を読んで、試してみようと思ったら、是非やってみてください。 症状は人それぞれ 気象病の症状は人によって異なります。 主な症状は以下のものがあります。 吐き気• だるさ• ボーっとする• めまい• イライラする• 息苦しい• 動けない 症状のひどい人は起き上がるのもつらく、低気圧が近づくと何もできなくなります。 いつ症状は現れる? 気圧が激しく変化するとき、特に気圧が急激に低下するとき、症状が現れる人が多いです。 低気圧が通過する春・秋・梅雨• 台風が近づく晩夏~秋• 夏の局地的大雨(ゲリラ豪雨) 低気圧や台風が近づくと、気圧が急激に下がります。 ゲリラ豪雨は局地的に積乱雲が発生し、雨を降らせます。 積乱雲が発生するときに、上昇気流が起こり、まわりの気圧を下げます。 気象病の原因は? 気象病の原因ははっきり分かっていません。 気圧の変化が体に何らかの影響を与えていることは確かですが、詳しくはまだ確認されていません。 考えられる原因は以下のものがあります。 交感神経のみだれ 気圧が変化すると、人はストレスを感じ、自律神経がみだれるのでは?という考えです。 自律神経は交感神経と副交感神経から成ります。 交感神経……血管を縮小させ、心拍数を上げ、興奮させる• 副交感神経…血管を広げ、体をリラックスさせる 2つの神経がバランスをとっているのが、正常な状態です。 自律神経は気圧が変化しても、体内の環境を一定に保とうとします。 しかし「急激に変化すると、自律神経の対応が追いつかなくなる」というものです。 耳が敏感すぎる 気圧は耳で感じます。 「内耳」という鼓膜の奥にあるカタツムリのような器官に、気圧の変化を感じるセンサーがあります。 このセンサーが敏感すぎるのが、原因ではないかと言われています。 飛行機に乗っても平気なのはなぜ? 気象病の症状は気圧が急激に変化すると起こります。 しかし気圧の変化は飛行機に乗っていても起こります。 飛行機は離陸すると、数十分のうちに高度1万メートルに達します。 気圧の低い高所にいるのも関わらず、私たちが平気なのはなぜでしょう? 飛行機には「 与圧装置」という機内の気圧を一定に保つ装置が備わっているためです。 この与圧装置を使えば、家の中でも快適に過ごせるのではないか?と考えたんですが、与圧装置は業務用しか販売されていません。 残念ながら家庭向けには売っていないようです。 値段も40~50万するので、個人で買うには高すぎます。 気圧をあやつるのは難しそうなので、別の方法を考えてみます。 気象病と高山病は似ている? 高山病は標高の高い山に登ると起こります。 その症状は頭痛、吐き気、だるさなど、気象病と似ています。 高山病は気象病と違い、原因がはっきりしています。 低気圧・低酸素です。 気象病の原因で低気圧は言われていましたが、低酸素が原因かもしれないとは想像していませんでした。 でも低気圧の仕組みを考えると、低気圧と低酸素はセットなのです。 気圧が下がると、上昇気流が発生します。 すると土地表付近の空気が薄くなります。 薄くなったと言っても、息苦しさを感じるほどではないので感覚としては何も感じません。 空気中の酸素濃度が下がっている状態です。 低酸素が原因で酸欠状態となり、頭痛や吐き気などの症状が出ているのではないか? というわけで、酸素吸入をやってみました。 酸素ボンベで直接吸うのですが、結果は 効果抜群です。 体の中にあるモヤが晴れたような感覚です。 しかし 効果が短いのが欠点です。 吸っている間はいいのですが、吸ったあと数分経つと効果が切れてしまいます。 いいと思ったのですが、残念です。 ただ酸素が効果あると分かりました。 高濃度酸素発生器を使ってみる 高濃度酸素発生器というものをご存知ですか?これは濃度の高い空気を発生させる家電です。 高濃度の酸素を体内に取り入れることにより、体の調子を整えたり、スッキリさせる効果があります。 美容家電で治療専用のものではありませんあ、公式によるとペットの治療にも使えるとのことでした。 高濃度酸素発生器は、2つのタイプがあります。 吸入タイプと置き型タイプです。 吸入タイプ 本体から伸びたチューブを通して、直接酸素を吸入します。 鼻に直接チューブを挿入するものや、ヘッドセットのような専用の器具を耳にかけ、鼻の前に酸素を吹きかけるものもあります。 吸入タイプのメリットは、高濃度の酸素を直接吸うことで、効果が高いことです。 デメリットは酸素吸引中、機械の前から動けないことです。 置き型タイプ 高濃度の酸素を空気中に放出するものです。 空気清浄機のように部屋の中全体に効果が見込めます。 ただ吸入と比べると、体内に取り込める酸素の量は少なくなります。 デメリット デメリットは、家でしか使えないことです。 休日家で過ごしているときはいいですが、仕事で出かけるときは使えません。 デスクワーク中心の仕事なら、会社に持ち込んで使えなくはありません。 ヘッドセットと鼻チューブを使って、顔の前に酸素を放出させることもできますが、現実的ではないですね。 それでも、家にいる間だけでも、快適に過ごしたいのなら、利用して損はないのではないでしょうか。 まとめ 低気圧が通過したときの気圧は、標高600メートルの気圧と同じです。 普段の大気中の酸素量を100としたとき、山に登った30%の人が高山病になるときの酸素濃度は85です。 対して、低気圧が通過したときの酸素量は95です。 このわずかな差が体調不良の原因になるとは考えられないという学者もいます。 体調不良が低気圧のせいか、低酸素のせいかは分かりませんが、酸素を取り込むことで体調が回復する事例があるのは確かです。 頭痛や吐き気がなくなったときの、世界が変わる感覚を味わってみてください。

次の

【台風やばい】低気圧で頭痛がする理由と対処法を本気出して考えてみた

低気圧 酸欠

「自律神経」って聞いたことありますよね? 私達の身体の機能がきちんと働くように 私達の意思とは関係なく24時間せっせと働いてくれる大事な神経です。 例えば、 意識せずに呼吸したり、 食べた物を消化するために胃を動かしたり 体温調節のために汗をかいたり これらは全部 自律神経が働いているおかげ。 自律神経には、 交感神経と 副交感神経があり どっちかが働いているときはもう一方は眠っています。 一見、低気圧とは全く関係がないように感じますがどんな関係なんでしょう。 交換神経が優位になると、 意識の上昇、意欲の向上など いわば「 活動状態」になるんです。 一方、雨や曇りの日はどうでしょう。 雨は嫌いだ! とは言いませんが、なんとなく外に出るのが億劫になりませんか? これは、 副交感神経が優位になっている状態。 さっきとは逆で 身体が休もうと リラックスした状態になるので、 だるくなったり、眠くなったりするわけです。 スポンサードリンク 低気圧で眠いだるいときの対策は? 家にいる時やお休みの時なんかは、 本能のままに寝ちゃってもいいわけですが 仕事中に寝るわけにもいきませんよね。 なので、こういう時は、 強制的に 交感神経を優位にしてあげたらいいんです。 ちょっと体を動かしたり(ストレッチとかね) 冷たいものを飲んだり コーヒーを飲んだりするだけでもだいぶ違います。 夜、自然と眠くなるのは副交感神経が優位になるからですが、 反対に、これをやると眠れなくなるっていうのを聞いた事があると思います。 要は、それをやればいいってわけです。 例えば、「寝る直前までパソコンやスマホを観ない」 これよく言われますよね。 スマホやテレビは交感神経を刺激するからです。 先に紹介した物も含め、 結構手軽にできるものばかりなので、試してみてくださいね。 また、酸欠状態を回避するために 深い~呼吸をするのもポイントですよ。 まずは、肺の中の空気を全部出すように息を吐き、 その後大きく息を吸い込みます。 この時、 口から吐いて、鼻から吸う というのが正しい深呼吸の方法です。 口は、口笛を吹くようにすぼめた状態で。 これを3回~10回ほど繰り返します。 深呼吸では追いつかない、台風などの超低気圧の場合には 「 携帯酸素」を試してみるのも良いかもしれません。 279• 101• 233•

次の