メルペイ コード払い 店舗。 メルペイがQR・バーコード決済に対応!電子マネーiDと合わせ全国135万か所で使える

メルペイのコード払いとは?|使い方・使えるコンビニやお店など解説

メルペイ コード払い 店舗

これらはLINEPayやPayPayにはない特徴です コンビニ・ドラッグストア・飲食店などのメルペイ加盟店舗で使うことができ、決済が可能な電子ウォレットサービス。 2019年2月13日にiOS版のメルカリに導入されました。 実際に店舗で使うためにはApple Payに対応したiPhoneを使う必要があります。 「iD(アイディ)」というシステムを用いて支払い処理を行う仕組みですね。 メルペイは現状iOSのみで提供されていますが、2月下旬〜3月中旬にはAndroidに実装され、同時期にバーコード(QR)決済にも対応するとのこと。 ATMで引き出すよりもコスパに優れています。 【約135万店舗!】メルペイが使えるお店一覧 さっそくメルペイが使えるお店を紹介していくよ 結論から言うとメルペイは 「iD(アイディ)決済に対応している全ての店舗」で利用ができます。 先ほど述べたとおり、メルペイがiDの仕組みを用いて決済を行っているからですね。 iDの仕組みについては別の記事で詳しく紹介します。 以下でジャンルごとにメルペイが使えるお店のを紹介します。 iDが利用できることで開始当初から約90万の店舗できましたが、2019年11月現在はさらに 約135万の店舗で利用可能となっています。 以下でジャンルごとに紹介してきます。 スーパーのライフは2019年9月からコード決済できるようになりました。 メルペイと連携できる銀行(抜粋) 愛知銀行、青森銀行、足利銀行、イオン銀行、岩手銀行、愛媛銀行、大垣共立銀行、香川銀行、北日本銀行、紀陽銀行、京都銀行、高知銀行、埼玉りそな銀行、静岡銀行、大光銀行、第三銀行、大東銀行、筑邦銀行、中京銀行、徳島銀行、栃木銀行、鳥取銀行、トマト銀行、西日本シティ銀行、福島銀行、三重銀行、みずほ銀行、みちのく銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行 ほとんどの銀行に対応しているので、「連携できない!」ということは無いと思います。 三菱UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などの主要の銀行にもしっかりと対応しているのでほとんどの方が利用できるのではないでしょうか。 まとめ:2019年11月現在、使える店は135万店舗! メルペイが利用可能な店舗を紹介してきました。 2019年11月時点で使えるお店は135万ほど。

次の

メルペイ

メルペイ コード払い 店舗

メルペイ後払い スマート払い とは? メルペイ後払いとは、メルペイで支払いした分を翌月に清算できるサービスです。 簡単に言うと、クレジットカードのスマホアプリ版といったところでしょうか。 初めての方へ向け、メルペイ後払い スマート払い での支払い例を紹介します。 今月:メルペイ後払い スマート払い で8,000円分の買い物• 翌月:先月分の費用 8,000円 を清算 といった形で、お金の前借りができるようなシステムですね。 今月分の費用に関しては翌月に支払いを行うため、お金を支払わずに購入することができるわけです。 メルペイ後払い スマート払い が使える店舗 メルペイ後払い スマート払い は、メルペイでの支払い方法の1つとなります。 そのため、メルペイが使える店舗であれば特に制限なく利用することが可能です。 メルペイが使える店舗は、• メルペイコード払い• iD払い に対応しているところ。 特に「iD払い」であれば幅広い店舗で利用可能になっているので、使い勝手の良さは間違いありませんね。 対応しているコンビニ 利用できる店舗として、頻度が高いコンビニを紹介します。 メルペイに対応している店舗は以下の通り。 メルペイ後払い スマート払い を使うメリット・デメリット メルペイ後払い スマート払い は、クレジットカードのように利用できるため、メリットを感じやすいサービスだと思います。 しかし、メリットがあるものにはデメリットも付き物。 ここではメルペイのメリットとデメリットを紹介して、本当にあなたに合うサービスなのか判断してみてください。 メルペイ後払い スマート払い のメリット• 翌月払いなので、欲しいものが今すぐ購入できる• 手数料無料 清算方法による• 自分で利用上限を設定できるため、使いすぎの心配がない メリットとしては、上記の3点があげられます。 翌月払いなので、欲しいものが今すぐ購入できる クレジットカードと同様な機能のため、今手元にお金がなくても欲しいものが購入できるサービスです。 「来月まで我慢するのは嫌。 欲しいものは今すぐ買いたい!」なんて人にはオススメですね。 手数料無料 清算方法による メルペイ後払い スマート払い の清算方法については後述しますが、手数料無料で使うことができます。 自分で利用上限を設定できるため、使いすぎの心配がない メルペイ後払い スマート払い では、利用金額を自分で設定することができます。 そのため、ゆとりをもって利用することができ、翌月の精算時に「お金が払えない・・・」とはなりにくいようになっています。 メルペイ後払い スマート払い のデメリット• 翌月払いのため、お金の管理が必要• 清算方法によっては、手数料が発生する 300円• メルペイを適切に利用しないと、後払い スマート払い の上限金額に制限がある デメリットとしては、上記3点があげられます。 概ね、メリットの反対ですね。 翌月払いのため、お金の管理が必要 メルペイ後払い スマート払い はクレジットカードと同様、信用による取引です。 翌月に支払いを行えることを想定し、お金を前借りすることができるわけです。 そのため、翌月に支払いをするためのお金の管理がマストです。 清算方法によっては、手数料が発生する 300円 メルペイ後払い スマート払い の清算方法については後述しますが、清算方法によっては手数料が発生します。 費用は300円。 メルペイを適切に利用しないと、後払い スマート払い の上限金額に制限がある メルペイ後払い スマート払い には上限金額が設定されています。 これは、メルカリがユーザーの利用履歴から判断するものです。 そのため、適切な利用が行われていないと、上限金額が下がってしまいます。 上限金額に関してユーザーにより異なり、100円〜20万円程度になっているようです。 メルペイ後払い スマート払い での支払い方法[コード払い・iD払い両方OK] 次は、メルペイ後払い スマート払い での支払い方法について紹介していきます。 基本的にはメルペイ残高払いと同じように支払いをすることができます。 メルペイでは支払い方法を• メルペイ残高払い• メルペイ後払い スマート払い のどちらにするかを選択することができます。 この設定を「メルペイスマート払い」に設定しておくだけ。 クレジットカードやiD払いでの支払いはできません• 他の商品と一緒に支払いをすることはできません• コンビニ支払いができない場合は、発行された番号の有効期限が切れている可能性があります。 その場合は番号の再発行を行いましょう。 メルペイ後払い スマート払い の清算時期 メルペイ後払い スマート払い の清算時期についても説明しておきます。 上記例だと、• 利用月日:8月1〜8月31日• 清算期間:9月1〜9月30日 利用月日の翌月1日に利用明細がメルペイから送られてくるので、その月末までに清算を済ませる形になります。 メルペイ後払い スマート払い の清算が遅れた場合、延滞金が発生する【半月ごとに300円】 2020年5月の利用分より、メルペイ後払い スマート払い では遅延手数料が発生することになっています。 清算期日は、利用の翌月となります。 そもそも支払いを行うのが当たり前なサービスとなっているので、しっかりと計画して支払いを行いましょう! メルペイ後払い スマート払い には上限金額がある メルペイ後払い スマート払い には上限金額の設定があります。 例えば、上限金額が100,000円の場合、メルペイ後払い スマート払い は100,000円分までの買い物にしか利用できません。 また、決められた上限金額内であれば、自分で利用したい金額を設定することも可能です。 上限金額を20,000円に設定しておけば、20,000円までしかメルペイを利用することができなくなります。 そのため、お金がピンチの場合でも使いすぎを防止することが可能です。 ただし、上限金額に関しては、メルカリからの信用によって増減します。 上限金額はメルカリからの信用によって決まる メルペイの上限金額はメルカリからの信用によって決まります。 メルカリからの信用の基準は公開されていませんが、以下のような項目によって判断されていると考えられています。 メルペイの利用頻度• メルペイでの支払い金額• メルペイ後払い スマート払い の清算が期限内にされているか メルペイを普段使っていて、支払いの滞納がなければ、ある程度の上限金額まで利用することが可能です。 注意 売上金で購入したポイントは利用できません メルペイ後払い スマート払い が利用できない メルペイ後払い スマート払い は、以下の条件に当てはまる方は利用できません。 18歳未満のお客さま• メルカリでのご利用の場合:「本人情報の登録」がお済みでないお客さま• お店でのご利用の場合:「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定がお済みでないお客さま• メルカリまたはメルペイの利用を制限されているお客さま• メルペイスマート払いの支払期限を過ぎて清算がお済みになっていないお客さま• 以下の手順より、番号の再発行をしてください。 ポイントは以下となっています。

次の

【7月版】「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ

メルペイ コード払い 店舗

対象となる店舗と還元率• キャッシュレス・消費者還元事業対象 中小・小規模事業者が経営する対象店舗、中小・小規模事業者が経営するフランチャイズチェーン本部の直営店の場合 5%• キャッシュレス・消費者還元事業対象 中小・小規模事業者が経営するフランチャイズチェーン 本部の直営店舗以外 の場合 2% 対象となる店舗の確認は以下から確認できます。 ポイント還元上限 ポイントの還元上限は 毎月30,000ポイントです。 ただし注意点としては、「メルペイコード払い」と「メルペイ電子マネー iD 」の支払い方法がそれぞれ毎月最大15,000ポイント還元であるという点です。 どちらか一方しか利用しない場合はポイントの還元上限は最大で15,000ポイントとなります。 ポイント還元対象となる支払い方法 ポイント還元対象となる支払い方法はこちらです。 メルカリの売上金からメルペイの有償ポイントを購入し、そのポイントを利用して支払い• メルペイ残高払い ポイント利用を含む• メルペイあと払い ポイント還元時期 ポイント還元時期は支払い方法によって異なります。 メルペイコード払いの場合:期間中、毎週月曜日に、前週の還元対象決済分のポイントを還元• メルペイ電子マネー iD での支払いの場合:期間中、毎月25日に、前月の還元対象決済分のポイントを還元 メルペイ電子マネー iD での支払いのほうが還元時期が遅いといえます。 ポイント有効期限 還元されたポイントの有効期限は、還元された日を含めて90日間です。 公式ページ&詳しい情報はこちら。 使えるお店について メルペイが使えるお店については、利用できる支払い方法が iD払いなのか メルペイコード払いなのかを意識する必要があります。 ファミリーマート・ポプラ・セイコーマートではiD払いのみ利用可能です。 メルペイのメリット• iD払い対応のお店で支払いが可能なので支払えるお店が多い• メルカリの売上金をメルペイ残高に変えれば、手数料がかからずメルカリサービス以外で使える• キャンペーン時のポイント還元が翌日と早い まず1つ目ですが、メルペイは iD払いも可能なので、利用できる店舗が既に多いです。 2つ目ですが、メルカリ利用者にとっては 手数料がかからない使い道が増えたという点です。 メルカリの売上金はメルカリで買うときの代金として使うことはできます。 もちろん手数料なし メルカリサービス以外で使いたい場合は銀行口座への振込があります。 今までだと、メルカリの売上金を自分の口座に振り込むことはできたのですが、手数料が発生していました。 2019年4月23日から振込金額にかかわらず一律200円 そこで メルペイの出番です。 メルカリの売上金は、支払い用銀行口座を登録すれば、メルペイ残高へ手数料なしで変換できるので、街中で利用することができます。 3つ目ですが、時々行われるキャンペーンでは還元率が高い上に、 ポイント還元も翌日と早いのが特徴です。 ただし、通常のときは 還元率は0%なので、現状ほかのQRコード決済・バーコード決済の還元率と比べればあえて使うメリットはありません。 キャンペーン時にうまく活用するというのが現実的な使い方になります。 まとめ ここまで、支払い方法・還元率・還元時期・使えるお店についてまとめてきました。 個人的にメルペイは 「iD払い」ができるというのが強みだと思います。 既に利用できる店舗が多いからです。 かざすだけで決済が完了するというのもSuicaのようで馴染みがあります。 今までメルカリを利用してきた人にとっては、その売上金を街中でも利用できるツールとしては良いですね。 ただし、普段メルカリを利用していない人にとっては、高還元のキャンペーン時以外に利用するメリットはないです。 基本的にメルペイが使えるところは他のバーコード決済が使えるため、還元率が劣るから。

次の