冬 生まれ 男の子 名前。 冬の季節をあらわす名前 [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

12月生まれの男の子・女の子へおすすめの名付け。クリスマスや植物にちなんだ名前とは? [ママリ]

冬 生まれ 男の子 名前

この記事の目次• 大人気!冬をイメージさせる漢字をチェック! 名前といえば、植物の名前を連想するのは昔から現在、未来まで好まれていますよね。 冬といえば、凍てつく寒さ、透き通った空気、そんな静かで研ぎ澄まされたイメージも素敵です。 「冬」という感じをダイレクトに使った名前 まずは、一目で冬生まれと分かる「冬」を使った名前にはどんなものがあるのでしょうか?冬を越すことから、「蓄える」「蔵にしまう」といった意味があります。 男の子 女の子 冬人(ふゆと)冬喜(ふゆき)冬弥(とうや) 冬香(ふゆか)冬陽(ふゆひ)冬希(ふゆき) 冬の植物をイメージする名前 植物はすくすく育っていくイメージ、美しく咲き誇る花々、果物や実は中身の充実した様から誠実で実りの多い人生を望む思いが込められています。 少し見て行きましょう。 【冬の花の花言葉】• 椿…控えめな優しさ・誇り• 枇杷の花…治癒・温和・内気・静かな思い・密かな告白・あなたに打ち明ける• 寒牡丹…高貴・富貴・荘麗• 柊…クリスマスによく使用される柊。 花言葉は「用心深さ」。 着実に自らの足で一歩ずつ人生を歩むように。 柚…可愛らしい見た目や清々しい香りで人気• 柑…やや小ぶりのミカンの一種。 明るく爽やかなイメージ• 橙…1月生まれの赤ちゃんによく似合う。 お正月のイメージで縁起良く• 苺…2004年から人名用漢字になりました。 澄んだ空気、冴え冴えと、凍てついた風景に凛とした日光の輝き、吐く息は冷たく、家のどこにいても寒いなどから 思い当る漢字は、「澄」「冴」「凛」「冷」「寒」など浮かびませんか?ひとつひとつ例を見て行きましょう。 澄…雨が上がった後の澄み切った青空をイメージして、おおらかな心根の優しい子になりますように• 冴…「氷の如く清く澄みきった心」「頭が冴える」から、物事をはっきり考え、頭脳明晰な子に育ちますように• 凛…りりしく、きっぱりと、知的に…。 冷…感情を高ぶらせない。 温度が低い• 寒…さむさ。 冬のさむさ。 ひやす。 こんな漢字が候補です。 「白」・「銀」・「雪」・「結晶」・「氷」• 白…清く正しく潔く気品がある人、自分の意見を主張できる快活な人に…。 銀…豊かさや幸運に恵まれる人生を送れる。 雪…真白な雪から、清楚・純粋を表現し「素直な子供になって」と願う…。 結晶…「晶」クールな魅力で輝きを持つ人に…。 氷…けがれのない透明感がある人間に…。 でも、一見冬とは関係ない名前に見えていても、分かる人には分かる冬の名前っておしゃれだと思いませんか? それに少し珍しさも加わります。 12月という月を細かく分解してみると、実に沢山の文字が浮かび上がってきます。 そんな12月ならではの数あるキーワードを是非、チェックしてみて下さい。 12月のキーワード• 旧暦の呼び名…師走(しわす)• 陰暦の呼び名…乙子月(おとごづき)• 12月の誕生花、カトレアの花言葉…魅了(みりょう)• 12月の誕生石、ターコイズの石言葉…繁栄(はんえい)• 同じく誕生石、ラピスラズリ…瑠璃(るり)• 季語…都鳥(みやこどり)• 風物詩…柚子湯・除夜の鐘・鶴 と浮かび上がって来ました。 ここから、一文字ずつ文字を分解してみますと、「師」「走」「乙」「魅」「璃」「栄」「都」「音」「南」「聖」「鈴」「鶴」「柚」「鐘」と出ました。 この中で「聖」と「柚」「南」については既に述べてたり、後述にもありますので、省略します。 この漢字に込められる意味とは…、• 師…周囲の人たちのお手本になれるような人間に育ってほしい• 走…フットワークが軽く、人生を上手に渡り歩いてほしい。 または、偉大なスポーツ選手になってほしい• 乙…周りの皆から愛される人になってほしい• 魅…誰からも愛される子に育ってほしい• 璃…瑠璃色の空、深い海のようにおおらかに・才能を磨いて輝かしい人生を• 栄…沢山の友達に恵まれた人生を送れますように、または、大きな富を築き、裕福に暮らせますように• 都…人に囲まれるような人生を送ってほしい、または、おしとやかで上品な子に育ちますように• 音…周囲を和ませ、楽しませられるような子に育ってほしい、または、音楽に才能がある子に育ってほしい、• 知性・感性のある子に育ってほしい• 鈴…可愛らしく、清らかな子に育ってほしい、または、爽やかで心優しい人になってほしい• 鶴…高貴な人間に育ってほしい、また、心に淀みがなく、白く澄んだ人柄になりますように• いつまでも健康に長生きして欲しい• 鐘…煩悩のない、汚れない子に育って欲しい• 暖…愛情も金銭的にも恵まれた人生が送れますように• 南…すくすくと元気に成長し、実り多い豊かな人生を• 温…心の温かさで人を癒し、だれからも好かれる人に• 灯…人の心をホッと和ませるような優しい人になりますように• 名づける時のルール・注意したいこと もし、知らずに自由な発想で、どこにもない珍しい名前が出来た!と喜んでみたのも束の間、お役所からNGが出てしまうことも。 調べてみると意外と駄目なことってあるんです。 まず次のポイントを念頭に入れて、名付け時の注意点にしてみて下さい。 姓名のバランスは良いか…「きへん」が多いなど同じ部首があるのも考えもの• 呼んでみてしっくりくるか…名前の候補が二つ以上でも、発音してみて• 画数をチェック…画数の多い少ないを交互に配置して、バランスをとって• 読みやすいか…ご自分達だけでなく、周囲に読みにくくないか確認してみては?• 人名漢字であるかのチェック…法務省の公式HPで確認できます• アルファベット・数字は使えないので注意…珍しい名前をと気張ってもNG スムーズに名づけられるコツとは 一生に一度のお子さんへのプレゼント、考え考え考えてもどうしても、出てこない…。 そんなママパパにはこんなコツを使ってみて下さい。 コツを使い始めてみたら、何個も候補が出来て困った!なんて、嬉しい悩みに変わっちゃうかもしれませんよ。 時間的余裕をたっぷり取ろう…妊娠中安定期に入ったら考えてみては?• 家族みんなで協議…祖父母・兄弟にも聞いてみてイメージを膨らましてみましょう• 音から決める…好きな言葉・好きなお花をイメージした言葉を音に変換してみて• イメージから決める…子供への願い「優」「賢」「強」「美」などイメージを名前に• 漢字にとらわれず、ひらがなでも冬を感じられる名前が素敵! 冬にまつわる事柄を掘り起こしてみると、本当に沢山の名前が考えられますね。 漢字で考えた名前を平仮名にしてみたら、こちらの方がしっくりきた、なんてこともあるかもしれません。 名付ける前の注意点や、コツなどを使って、色んな角度から検討してみて下さい。 きっと素敵な名前が出来上がりますよ。

次の

冬生まれの赤ちゃんの名前211選!雪・冴など/12・1・2月生まれ

冬 生まれ 男の子 名前

この記事の目次• 冬ならではの良さをイメージして名付ける 冬の冷たさからイメージして名付ける 冬は1年の中で最も寒さが厳しく、冷たいイメージがあります。 『冷』の漢字には、同情がなく気持ちが冷たいという意味がありますが、裏を返せば、 感情に流されず冷静で、小さなことには動じないという素敵な意味になります。 冬の冷ややかな空気には、凛とした趣きが感じられますし、 清らかで、けがれのない美しさが感じられます。 このように冬の「冷たさ」からイメージして名付けるのも冬生まれ特有のものです。 冬特有の暖かさからイメージして名付ける また、冬には「冷たいイメージ」とは真逆の「冬ならではの暖かいイメージ」もあります。 冬ならではの温かいイメージには、暖炉や焚き火。 家族で囲むアツアツの鍋料理やポカポカと温かいコタツなどがあり、一面の雪景色を照らす太陽の光は、キラキラと眩しく、決して冷ややかな印象を与えません。 このように、 冬には、心をほっと癒してくれるような温もりや、力強い生命力を感じる光景もたくさんあります。 定番的な冬のイメージだけに捕らわれず、少し異なる観点からイメージを膨らませて考えると、より素敵な名前になるかもしれません! 「冬の冷たさをイメージした名前」「冬ならではのぬくもりを感じる名前」それぞれ後半で紹介してますので、参考にされてくださいね。 それでは、いろいろな切り口から冬生まれの子にぴったりな名前を359個紹介していきます。 『冬』をそのまま使った名前 『冬』という漢字を入れるだけで、まさに冬生まれ!とわかる、冬らしい名前になりますよね。 『冬』を『ふゆ』と読ませる名前 小冬(こふゆ)・冬音(ふゆね)・美冬(みふゆ)・魅冬(みふゆ)・冬佳(ふゆか)・冬花(ふゆか)・真冬(まふゆ)・冬子(ふゆこ)・冬陽(ふゆひ)・冬依(ふゆえ)・冬希(ふゆき)・冬湖(ふゆこ)・千冬(ちふゆ) 『冬』を『とう』と読ませる名前 冬子(とうこ)・冬湖(とうこ)・冬奈(とうな)・冬歌(とうか)・冬羅(とうら)・冬美(とうみ)・冬(とう) 『冬』を『と』と読ませる名前 小冬(こと)・小冬音(ことね)・美冬(みと)・冬都(とと)・優冬(ゆと)・心冬莉(ことり)・彩冬恋(さとこ)・冬恋(とこ)・沙冬(さと)・冬空(とあ)・冬聖(とあ)・冬愛(とあ)・冬花(とな)・冬萌(とも・ともえ)・冬萌実() 『冬』を使った当て字の名前 空冬()・冬月(ゆづき)・吹冬(ふぶき)・冬星(きら)・景冬(けいと・けい)・美冬(そなた)・冬紗(かずさ)・冬桜(かずさ)・冬葉(かずは)・冬姫(いぶき) [co-8] 『雪』に関する漢字を使った名前 冬と言えば『雪』ですよね。 雪、白、結晶、銀、氷など、雪から連想される漢字を使った名前をご紹介します。 『雪』を使った名前 雪白(ゆき)・雪奈()・雪音(ゆきね)・真雪(まゆき)・美雪(みゆき)・深雪(みゆき)・雪恋(ゆきこ・せつこ)・小雪(こゆき)・恋雪(こゆき)・湖雪(こゆき) 『銀』を使った名前 銀雅(ぎんが)・銀愛(ぎんな)・銀杏(ぎんな)・真銀(ましろ)・美銀(みしろ)・銀香(ろか)・妃銀(ひろ)・銀香(ぎんか) 『白』を使った名前 真白(ましろ)・白花(きよか)・唯白(ゆき・ゆうは)・湖白(こはく)・白音(しおん・しらね)・鈴白(すずか・すずは)・白那()・白羽(てんし・はくば)・白愛(はくあ)・白桜(はくら・しいら)・純白(ましろ)・白雪(みゆき)・結白(ゆうは・ゆうき)・純白(ましろ) 『結晶』をイメージする名前 晶白(あきは)・美晶(みあき)・結晶(きらら・ゆら)・小晶(・さらら)・千結晶(ちゆら)・晶結(しょう)・晶(あきら・きらか)・綺晶(きあら・きら)・麗晶(うらら)・晶香(きらか・しょうか) 『氷』を使った名前 氷麗(つらら)・氷音(ひおん・ひお)・氷真(ひさね)・氷翠(ひすい)・氷花(ひょうか)・氷愛()・氷奈()・氷雪(ひゆき)・氷埜(ひの)・綺氷(きらら・きらり)・美氷(・みり)・明氷(あけひ・あき)・希氷(きき) 冬の冷たい空気をイメージする名前 冬と言えば、白銀の世界を想像しませんか?冷たい世界に白い雪が降り積もり、キラキラと輝く世界は、静かで澄んだ空気を想像させてくれます。 『澄』を使った名前 澄香(すみか)・香澄(かすみ)・澄子(すみこ・すみね)・澄月()・澄明()・明澄(あす)・明澄香()・亜澄(あすみ)・愛澄(あすみ・ますみ)・歩澄(あずみ)・有澄(ありす)・音澄(おと)・樫澄(かしす)・和澄(かずみ)・美澄(みすみ)・澄恋()・澄蓮() 『冴』を使った名前 夕冴(ゆうひ)・愛冴(あいさ)・冴子(さえこ)・冴名()・冴絵(さえ)・冴綺(さき)・冴彩(さや・さあや)・冴音(こと・さお・さのん・さと)・冴和(さわ)・冴永(さえ)・冴心(さえこ)・麗冴(れいさ)・有冴(ありさ)・冴月(さつき) 『冷』を使った名前 冷()・美冷(みれい)・冷夢(れむ)・冷音(れもん・れのん・れお)・冷香(れいか)・希冷(まれ)・冷乃(れの)・冷菜(れな・れいな) 『静』を使った名前 静香(しずか・せいか)・静夜香(さやか)・静聖(せいか)・静河(しずか)・静音(しずね)・静弥香(さやか)・小静(こしず)・静空(しずく)・静奈(しずな)・静成(せいな・)・静瑠(せいる) 冬の温もりを感じる名前 暖炉に揺れる灯りなど、冬らしい暖かな温もりを感じる名前をご紹介します! 冬ならではの暖かさをイメージ 暖子(のんこ)・暖(のん・はる)・暖心(はるみ)・美暖(みはる)・冬暖(ゆのん・ゆの)・暖音(はるね)・暖々香(ののか)・暖々(のの)・灯()・灯子(とうこ)・冬灯(ふゆひ)・雪灯(ゆと)・灯里()・心灯(みと)・灯名(・ともな・とうな)・灯華(ともか)・橙子(とうこ)・橙冬(とう)・美橙(みと)・心橙(みと)・真心橙(まこと)・美心橙(みこと)・心橙(こと)・橙灯(だいあ)・橙音(とおん)・橙色(とき・とうき)・暖佳(はるか)・暖乃(はるの)・花暖子(かのこ)・花暖()・葉暖(はのん)・優暖(ゆのん)・真暖(まの) 心の温もりをイメージ 心温(みはる・こはる)・冬愛(とあ)・愛温(あのん)・美包(みほ)・優包(ゆほ)・心穏()・冬穏(とおん)・穏花(しずか)・穏冬(おと)・日愛(にちか)・温日(はるひ)・温心(はるみ)・詩愛(しあ)・温歌(はるか)・愛心(あいこ・あみ)・冬音愛(とおあ) クリスマスにちなむ名前 冬の一大イベントである『クリスマス』にちなんだ名前の数々をご紹介します。 しかし、赤ちゃんが少し成長して、お散歩に出歩けるようになる頃には、外が麗らかな春を迎えます。 また、年末から年始にかけての行事に忙しく過ごす出産になると時期的に忙しいかと思われますが、たくさんのお祝い事に包まれた、とても幸せな時期でもあるのです。 このように、冬生まれの赤ちゃんには、冬らしい特権があります。 その素敵な季節にちなむ名前、ぜひ自信を持って付けてあげてくださいね! (他にも、冬生まれの名前に関しては、「」や、「」、「」でも、詳しく紹介しています。 ) [co-9].

次の

冬生まれ(12月、1月、2月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前67選 冬をイメージするかっこいい名前を紹介

冬 生まれ 男の子 名前

雪のイメージから考える 一年で最も寒い冬を象徴するのが雪です。 雪は純白、純真など清らかなイメージがあるので名前にピッタリな漢字です。 一面が真っ白な雪に覆われている景色は、キラキラ輝いている様子から銀世界とも言いますね。 名付けには雪の色を表現している白、銀の他、雪の結晶から「晶」を使うのもおすすめです。 雪、銀、白、晶を使った男の子の名前• 冬の花、植物から考える 冬は寒さに覆われるため動植物も休息の時期です。 しかしそんな寒い冬に美しく花を咲かせる植物もあります。 最近では男の子に花の名前を付けるのも人気ですね。 特に冬の花は強くたくましいイメージがあるので男の子の名付けに最適です。 名前に使いやすい冬の花は、柊、柚子、橙、椿などです。 柊、柚、橙、椿を使った男の子の名前• 冬の気候、空気感から考える 寒ければ寒いほど空気が澄むので、冬は一年で最も空気の透明度が高い季節。 普段は見えない遠くの山々が見えたり、夜になると星々がとてもキレイに見えますね。 澄み渡る空気の中で静かに揺らめく満天の星は冬の醍醐味ですね。 そんな冬の清らかなイメージから名前を考えてみましょう。 透、純、冴、澄、清を使った男の子の名前 「透」は、す、とう、とおる、ゆき、などの読み方ができます。 「純」は、じゅん、すみ、ずみ、あつ、などの読み方ができます。 「冴」は、さえ、ご、こ、などの読み方ができます。 「さ」と区切るのも人気です。 「澄」は、す、すみ、ずみ、きよ、などの読み方ができます。 「清」は、せい、しょう、きよ、きよし、などの読み方ができます。 冬の空、星空からイメージする男の子の名前• 「朔」も冬らしい言葉 朔(さく)と言う漢字は生まれた季節を問わず、男の子の名付けに人気ですが、北の方角と言う意味があるので、冬にちなんだ名付けにも向いています。 「さく」と言う響きはやわからく、「さくちゃん」と言う愛称も可愛らしいですね。 朔太郎、朔矢、など漢字の組み合わせによって男らしさがアップします。

次の