風と木の詩。 風と木の詩 (1) (中公文庫―コミック版)

風と木の詩のあらすじやネタバレを書いています(感想もあり)

風と木の詩

19世紀末のフランス、アルルのラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる、思春期の多感な少年達を中心とする物語。 愛欲、嫉妬、友情など、さまざまな人々の想いが交錯するなか、運命に翻弄される2人の主人公、華麗なジルベールと誠実なセルジュの切ない愛が描かれる。 竹宮は「当時はベッドで男女の足が絡まっているのを描いただけで作者が警察に呼び出されていましたが、私は作品を描く上で愛やセックスもきちんと描きたかったの。 ジ、ジルベール……!!! 精神的に弱っている時に読むとダメージが大きいです。 涙なくしては読めない!! もし第一部で終わっていればまだ救いがあったかもしれませんが……でもきっと二人は幸せだったのでしょう。 二人の愛の集大成がこの結末なら、納得できます。 今もなお語り継がれる感動の名作。 青春というほんの一部分ですが、ジルベールとセルジュ、対照的な二人の激動の過去もそれぞれに描かれ、彼らの人生そのものを見た気分になりました。 「同性愛」という言葉では片付けられない、真実の愛を探し求める少年の壮大な愛と青春の物語です。 私の人生に多大なる影響を与えた作品であることは間違いありません!永遠の名作なので、まだ読まれてない方は男女問わず是非オススメしたいです!人生観変わりますよ! 引用元:.

次の

【風と木の詩が1冊無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:竹宮惠子)

風と木の詩

きみはわがこずえを鳴らす 風であった 風と木ぎの詩がきこえるか 青春のざわめきがーー おお 思い出すものも あるだろう 自らの青春の ありし日をーー 概要 19世紀末のフランス、アルルのラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる、思春期の多感な少年達を中心とする物語。 1976年、『週刊少女コミック』(小学館)第10号から連載開始。 1982年7月号から、連載誌を『プチフラワー』(小学館)に変えて1984年6月号まで連載された。 全2部構成。 第25回小学館漫画賞少年少女部門受賞。 当時としては非常に衝撃的な「を含む少年の」「少年への性的」 「肌の色による差別」といったテーマを織り込んでいたため、作者も本作品を構想してすぐに発表できたわけではなく編集者に却下される時期が続いた(当時はwebでの発表という手段も無かった)。 そこで作者は他のヒット作を出して自身の作家としての発言力を高めるという道を選んで6年の間に実行してやっと商業誌掲載の道を開くという経緯をたどっている。 (参照) 2007年の時点で490万部が出版され、少女漫画としては歴代53位。 は「これからの少女漫画は、風と木の詩以降という言い方で語られることとなるだろう」と語り、は「少女の内界を見事に描いている」と評し、は「少年愛漫画の金字塔」とした。 以上wikiより引用 言わずと知れた界のバイブル的存在。 2chの801板の名無しが「風と木の名無しさん」であるのを見ればこの作品の位置づけがお分かりであろう。 OVAは監督作品。 あらすじ.

次の

風と木の詩のあらすじやネタバレを書いています(感想もあり)

風と木の詩

>> 【風と木の詩】あらすじ 19世紀のフランスのある学園には、 抱かれるという愛情表現しか知らない ジルベールという少年がいました。 そこに、セルジュという一風変わった転校生がやって来ることで、ジルベールの運命が変わっていきます。 1巻を読んだときの印象は、ベルサイユのばらの様な古風な少女漫画デザインの絵で、私の住んでいる世界と同じとは思えない時代設定の描かれ方に驚きました。 続きを読みたくなった理由は、娼婦のような少年のジルベールに、 私もとりこになってしまったからです。 【風と木の詩】最終回の結末ネタバレは? ジルベールの 突然の死に呆然としてしまいました。 ジルベールという大切な存在を失ったセルジュの 痛みや苦しみを共に感じました。 印象に残っているシーンは、ジルベールがだんだんとセルジュに魅了に惹かれて打ち解けている様が描かれた所です。 ジルベールも、寂しがり屋の少年だったことが分かって安心しました。 好きな登場人物は、 ジルベールです。 育てられた環境が違うだけで、本当に人は変わってしまうものだと感じましたが、 セルジュと出会ったことで輝くことができた ジルベールがとても愛おしかったです。 わたしが行きつけの美容室でもFODを利用して雑誌を読むシステムに代わっていましたw 余ったポイントを利用して、他の漫画を読む事だってできますよ。 「 U-NEXT」「 FOD」「 music. jp」は、動画配信サービスも取り扱っているので、 無料期間中は、放送中のドラマ・懐かしの旧作ドラマ・映画・アニメ・人気雑誌が 読み放題といったサービス特典付きです!.

次の