カットロトム 育成 論。 【ポケモン剣盾】カットロトムの育成論と対策

【ポケモン剣盾】カットロトムの育成論と与ダメージ計算

カットロトム 育成 論

<確定技> ・ リーフストーム 一致140技。 どんな型にせよ草ロトムなら必要になってくると思います。 ・ ボルトチェンジ 他のロトムとは違い、水への遂行はリフストがあるので10万よりもこちらが優先。 草複合タイプのため地面を呼びにくく一貫しやすい優秀な技です。 が、リフストと同じく連打がきかないので場合によっては10万が必要になる可能性もあるのでそこは柔軟に。 ・ めざめるパワー炎 ノオー・ハッサム・ナットなどを悉く呼び寄せるので非常によく刺さります。 ただCを抑えている分火力はひかえめなので交代読みで当てたいです。 今回の型はSが低いのでタイプに関しては炎一択かと。 理想個体は31-4n-2-31-30-31-30 <候補技> ・ でんじは ボルチェンの欄でも書きましたが地面呼ばないのでよく刺さる優秀な技です。 鬼火との比較ですが、バンギ対面から打ちやすいのが鬼火、ニョロトノ対面から打ちやすいのが電磁波かなと思っています。 今回は雨パ重視ですので電磁波優先ですかね。 対雨に限らず電磁波orボルチェンの二択を迫れるのは普通に強いと思います。 ・ ひかりのかべ これを張るとDSカブがグドラの竜技を耐えはじめるんでDSガブ入ってるPTならワンチャンあるかもしれませんね。 <その他候補> リフレクター・鬼火・日本晴れ・10万• 性格・努力値及びダメ計 H252B12C128D60S58@穏やか 実値は157-x-129-141-148-113 となります。 <特殊耐久> 眼鏡グドラの雨ハイポンを確3 同条件の竜の波動を確3 同条件の流星群耐え 珠グドラのりゅうせいぐん2連打を高乱数耐え スカニョロトノのれいBを確3(オボンの関係でたまに事故る) 美尻御大様のユキノオー の吹雪耐え 眼鏡ラティオスの流星群中乱数耐え <物理耐久> A252スカバンギのエッジを確3 美尻御大様のギャラ の舞逆鱗を確3 同ギャラの舞ジュエル逆鱗耐え 珠ドリュのシザクロ+砂ダメを高乱数耐え <特攻> 無振りノオーをボルチェン+めざ炎で確定 殆どの型の水ロトムをリフストで確定 ボルチェンでグドラの身代わりを確定破壊 <素早さ> 準速60族・最速50族抜き ダメージ計算 確定欄の技、努力値振りで計算します。 ()内は努力値振り。 外は実数値。 補有となければ全て補正なしです。 運用 PTの補完的な採用・運用になります。 役割対象は水、一部電気地面等々、被役割対象はハッサム・ノオー・ラティ・マンダ・ガッサ・ナット・サザン・ガモス・フシギバナ・ハピラキ等々。 役割対象にはかなり強いですが、呼ぶ面子もそうそうたる面子なのでPTでカバーしてやって下さい。 立ち回りについては先発後発は特に問いません(そのための耐久振りなわけですし)。 ただバンギニョロに強いことを考えるとやっぱり先発が使いやすいですかね。 場に出たらボルチェン+電磁波でくるくるサイクル回せば良いでしょう。 リフストが水ロトムのハイポンと違って連打できないのが残念ですね。 ( 最近見かけるバンギムドー+ラティハッサ等に対して割りと動けることも追い風ですかね。 補完に水が入ってくることが多いですし。 あと、こいつじゃラティのメガネ流星群耐えないからいらないですね。 一応ラティ流星は中乱耐えはしますが; コメントありがとうございます。 ちゃんと候補技としてあがっていますよ.

次の

カットロトム育成論 : 【対面操作】脱出パック カットロトム【奇襲】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

カットロトム 育成 論

こんにちは、ポケモットです。 カットロトムはタイプと特性によって、環境で多く見かけるポケモンに対して強く出ることができます。 ウォッシュロトムやカバルドン、バンギラスなどが使用率上位にいますが、これらに対してカットロトムは非常に強いです。 これらを相手にできる様にSには最低限努力値振り、残りはHPに努力値を厚く振っています。 先に具体的な調整だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、カットロトムを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 とつげきチョッキなども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに最低限振った後の余り全てをHに• C=252最大まで振る• S=最速バンギラス抜き。 Sに少ししか振っていないウォッシュロトム対応用。 ) ウォッシュロトムとカバルドン、バンギラスなどに対して強く出れる様に、カットロトムを育成しました。 リーフストームは使用後に特攻が2段階下がってしまうのがデメリットですが、「だっしゅつパック」を持たせているので、リーフスームを使用後は控えに戻ることが可能。 しかもHPに努力値を厚く振っているので耐久力も高く、「おにび」を覚えさせているので、相手の物理ポケモンに対しても非常に強いです。 だっしゅつパックの良さ だっしゅつパックは、自身の能力値が下がってしまった時に、自身と控えを強制交換できるアイテムです。 リーフストームで能力値が下がってしまった場合でも、控えと交換することができます。 通常リーフストーム後は特攻が2段階下がってしまうため、相手を倒せても、次に出てきた相手に起点にされてしまうことも珍しくありません。 しかし、だっしゅつパックを採用することで、相手に起点にされることなく、次に繋げることが可能です。 ただ、威嚇や「がんせきふうじ」を受けても「だっしゅつパック」が発動してしまうので、ご注意を。 今回のカットロトムの立ち回り・役割 主に、ウォッシュロトム、バンギラス、カバルドン に対して選出します。 それ以外にも、「おにび」を採用しているため、物理ポケモンに対して強いこと、ボルトチェンジを採用しているので、有利対面を作りやすいことから、どんな場面でも非常に使いやすいカットロトムとなっています。 バンギラスは砂状態での耐久力が化け物なので一撃では倒しきれませんが、ウォッシュロトムやカバルドンは確定1発、バンギラスも確定2発で倒せます。 ウォッシュロトムは非常に多くのポケモンを相手にできる優秀なポケモンで、そのウォッシュロトムの倒し方がなかなかありません。 しかしカットロトムであればウォッシュロトムに対して完全に有利対面になります。 ) 個人的にはCSブッパだと、カットロトムは少し使いにくいので、今回は耐久にも努力値を振ることにしました。 また、分かり切っていることですが、受けポケモンとしては非常に優秀で多く選出されているトリトドン、ヌオーに対してもカットロトムは一方的に倒すことができることも良い点です。 リーフストームで一撃ですし、相手が交換することを読んで、「おにび」で後続に負荷をかけても良いです。 相手がこちらの「おにび」を読んで居座ってきても、ヌオーやトリトドンからカットロトムへは有効打が少ないので焦ることはありません。 6%~52. 3%~125. 6%~50. 3%~121. 3%) 確定1発 相手にカットロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 ドラゴンタイプで相手をする• 火力のある、ほのおタイプで相手をする ドラゴンもしくは、ほのおタイプで相手をすることをオススメします。 カットロトムは、草、電気、がメイン技でサブとして悪やゴースト技を覚えます。 それらに対してドラゴンタイプのポケモンは非常に強いです。 特にサザンドラがオススメで、ヒートロトム、カットロトム、ウォッシュロトム、どのロトムに対しても強く出ることができます。 上記3種類のロトムに対して、どのタイプも半減で受けることができるので、サザンドラはロトム系統に対して、非常に強いです。 もちろんヒートロトムやリザードンなどの特攻の強い、ほのおタイプのポケモンなら「だいもんじ、オーバーヒート」などで一撃でカットロトムを倒すことができることもあります。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 カットロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 今回はHPにも努力値を振った耐久型のカットロトムの紹介でした。 特に最速バンギラス抜き調整もしているので、確実にバンギラスよりも早く動くことができるのも嬉しいところです。 「おにび」で機能停止させても良いし、「リーフストーム」で一気に勝負をかけても良いです。 ウォッシュロトム、カバルドン、バンギラスだけでなく、ヌオーやトリトドンなどの受けポケモン、そして物理アタッカーに対しても強く出ることができるので、非常に使いやすいカットロトムとなっています。 是非カットロトムを使ってみてください。 それでは、また.

次の

ロトム (カットロトム)

カットロトム 育成 論

こんにちは、ポケモットです。 カットロトムはタイプと特性によって、環境で多く見かけるポケモンに対して強く出ることができます。 ウォッシュロトムやカバルドン、バンギラスなどが使用率上位にいますが、これらに対してカットロトムは非常に強いです。 これらを相手にできる様にSには最低限努力値振り、残りはHPに努力値を厚く振っています。 先に具体的な調整だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、カットロトムを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 とつげきチョッキなども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに最低限振った後の余り全てをHに• C=252最大まで振る• S=最速バンギラス抜き。 Sに少ししか振っていないウォッシュロトム対応用。 ) ウォッシュロトムとカバルドン、バンギラスなどに対して強く出れる様に、カットロトムを育成しました。 リーフストームは使用後に特攻が2段階下がってしまうのがデメリットですが、「だっしゅつパック」を持たせているので、リーフスームを使用後は控えに戻ることが可能。 しかもHPに努力値を厚く振っているので耐久力も高く、「おにび」を覚えさせているので、相手の物理ポケモンに対しても非常に強いです。 だっしゅつパックの良さ だっしゅつパックは、自身の能力値が下がってしまった時に、自身と控えを強制交換できるアイテムです。 リーフストームで能力値が下がってしまった場合でも、控えと交換することができます。 通常リーフストーム後は特攻が2段階下がってしまうため、相手を倒せても、次に出てきた相手に起点にされてしまうことも珍しくありません。 しかし、だっしゅつパックを採用することで、相手に起点にされることなく、次に繋げることが可能です。 ただ、威嚇や「がんせきふうじ」を受けても「だっしゅつパック」が発動してしまうので、ご注意を。 今回のカットロトムの立ち回り・役割 主に、ウォッシュロトム、バンギラス、カバルドン に対して選出します。 それ以外にも、「おにび」を採用しているため、物理ポケモンに対して強いこと、ボルトチェンジを採用しているので、有利対面を作りやすいことから、どんな場面でも非常に使いやすいカットロトムとなっています。 バンギラスは砂状態での耐久力が化け物なので一撃では倒しきれませんが、ウォッシュロトムやカバルドンは確定1発、バンギラスも確定2発で倒せます。 ウォッシュロトムは非常に多くのポケモンを相手にできる優秀なポケモンで、そのウォッシュロトムの倒し方がなかなかありません。 しかしカットロトムであればウォッシュロトムに対して完全に有利対面になります。 ) 個人的にはCSブッパだと、カットロトムは少し使いにくいので、今回は耐久にも努力値を振ることにしました。 また、分かり切っていることですが、受けポケモンとしては非常に優秀で多く選出されているトリトドン、ヌオーに対してもカットロトムは一方的に倒すことができることも良い点です。 リーフストームで一撃ですし、相手が交換することを読んで、「おにび」で後続に負荷をかけても良いです。 相手がこちらの「おにび」を読んで居座ってきても、ヌオーやトリトドンからカットロトムへは有効打が少ないので焦ることはありません。 6%~52. 3%~125. 6%~50. 3%~121. 3%) 確定1発 相手にカットロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 ドラゴンタイプで相手をする• 火力のある、ほのおタイプで相手をする ドラゴンもしくは、ほのおタイプで相手をすることをオススメします。 カットロトムは、草、電気、がメイン技でサブとして悪やゴースト技を覚えます。 それらに対してドラゴンタイプのポケモンは非常に強いです。 特にサザンドラがオススメで、ヒートロトム、カットロトム、ウォッシュロトム、どのロトムに対しても強く出ることができます。 上記3種類のロトムに対して、どのタイプも半減で受けることができるので、サザンドラはロトム系統に対して、非常に強いです。 もちろんヒートロトムやリザードンなどの特攻の強い、ほのおタイプのポケモンなら「だいもんじ、オーバーヒート」などで一撃でカットロトムを倒すことができることもあります。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 カットロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 今回はHPにも努力値を振った耐久型のカットロトムの紹介でした。 特に最速バンギラス抜き調整もしているので、確実にバンギラスよりも早く動くことができるのも嬉しいところです。 「おにび」で機能停止させても良いし、「リーフストーム」で一気に勝負をかけても良いです。 ウォッシュロトム、カバルドン、バンギラスだけでなく、ヌオーやトリトドンなどの受けポケモン、そして物理アタッカーに対しても強く出ることができるので、非常に使いやすいカットロトムとなっています。 是非カットロトムを使ってみてください。 それでは、また.

次の