俺ガイル ss アンチ 葉山。 【俺ガイル・八幡SS】雪乃「私は今日、葉山君と婚約する」

#2 葉山グループが潰れた

俺ガイル ss アンチ 葉山

vip2ch. 65 別の場所 海老名「葉山君変わっただけで、なんか雰囲気がさ…違い過ぎるし」 結衣「た、確かにね…あははは」 海老名「みんなちょっと葉山君に頼りにし過ぎてたのかもね」 結衣「頼りにしすぎてる…か」 海老名「結衣はともかく、優美子もね。 36 次の日 学校にて 結衣「あ…」 三浦「結衣っ」 結衣「やっはろ~、優美子」 三浦「おはよ…あんさ、結衣」 結衣「なに?」 三浦「隼人がさ…呼んでたよ。 41 葉山「だからお願いだ、結衣。 63 数日後 奉仕部 結衣(…なんだろ…やっぱり変化ないや…まだ数日だけど) 八幡「雪ノ下、この問題の解釈はこうか?」 雪乃「あら、あなたにしてはやるわね。 44 結衣「あはは、なんだか懐かしいっていうか…変わらないよね…ヒッキーも」 八幡「当たり前だろ、人間そう簡単に変わるか」 雪乃「……」 結衣「そっか…なんだろ…?後ろめたいっていうか…変な感じ」 八幡「そもそも、変わるってのは今までの自分を否定してるんだぞ?」 八幡「今までの生き方もな」 八幡「俺はぼっちに誇りを持ってるからな。 55 海老名「葉山くんなら、大丈夫だよ。 70 海老名「ヒキタニ君は変えないで、葉山君は…」 海老名「多分一回仮面つけて、また外してる。 44 結衣「痛そう…」 葉山「それでも…俺を見てくれるってさ…」 結衣「うん、優美子は本当に隼人くんのこと好きだしね」 葉山「ああ、考えていくさ。 vip2ch.

次の

【俺ガイル】比企谷八幡「奉仕部を辞めることにするわ」【葉山】

俺ガイル ss アンチ 葉山

あー、疲れた」 雪乃「全然疲れてそうに見えないわね」 結衣「確かレポートって……あれ、読書感想文じゃん!」 八幡「たんまり8ページ書いてきたからな。 てっきり下校時間まで怒られるかと……」 雪乃「……もう少し時間がかかるものだと思っていたのだけれど、一体どんな手を使ったのかしら」 八幡「……お前らさ、いい加減にしとけよ」 結衣「えっ……」 八幡「いつもいつも罵倒やら暴言やら人を傷つけてトラウマ抉ってばかりいてさ、お前ら楽しい?」 雪乃「な、何を言って……」 八幡「俺は楽しくなかったね。 いつもいつも我慢してきた。 まだ放課後になってから時間は短いのにも関わらずだ」 八幡「別に、何も無いですよ……」 平塚「嘘をつ……」 八幡「ああ、そうだ。 一体誰が……) 八幡(屋上の鍵が壊れている事は確か女子の間で有名……だったよな。 どうして俺を呼び出した……葉山」 葉山「……昨日、彼女を見かけてね。 酷くやつれていた。 何があったのか聞いてみても何でもないの一点張りだ」 八幡「……」 葉山「そして今日の結衣の不自然な様子。 放課後入ってすぐに奉仕部部室に行けば誰もいない。 行く途中でも誰も見かけなかったよ。 俺が知る限りでは文化祭以外では奉仕部は、ほぼ毎日活動していたはずだったが」 八幡「とっとと要点を話せ。 長ったらしい前置きはいらん」 葉山「それは済まなかった。 それじゃあ聞かせてもらうとするよ。 それだけだ」 葉山「自分に泥を塗りたくって周囲を傷つけてか?随分と無様だな、比企谷……流石孤独なだけあるな」 八幡「俺には自分の思い通りに動けないお前の方が無様に見えるんだがな」 葉山「君は動いたあげく状況を悪化させているようにしか見えないな」 八幡「これはリセットだ。 元あった状態に戻してるだけだ」 葉山「リセット……だと」 八幡「ああ、そうだ。 これでもう二度と争いは起きなくなる。 実に平和的な解決法じゃな……ガッ……」 ズドン!! 今まで……いや、今でも俺が成し得なかったことだ……」 八幡「……」 葉山「俺は正直言って悔しかった。 何故君はそこまで自分を犠牲に出来るのか。 誰だって手に入れられないものがあるし、苦悩だってある」 葉山「そして比企谷、君にもそれが当てはまる。 だが君は僕達が持っているものは手に入れられない」 八幡「喧嘩売ってんのか……」 葉山「……君はもう分かっているんじゃないのか。 自分が何を持っていてそして……自分が何をすべきなのか」 八幡「……」 葉山「一応喧嘩を吹っ掛けた事は謝るよ。 済まなかった」 八幡「一応って、お前謝る気無いだろ。 ……クソ、喧嘩なんて距離の近い奴同士でやる俺には縁の無いものだと思ってたんだがな……」スタスタ 八幡「……手間を掛けさせて済まなかった……その、ありがとう……」 バタン 葉山(喧嘩……か。 虫が良すぎるかもしれないが……) 職員室 コンコンガチャ 八幡「失礼……します。 奉仕部の存続に深く関わる大事なことだ」 雪乃「……」 平塚「その為にもある人物から話がある。 私は仕事に戻る」 平塚「比企谷、もう自分から……傷つく必要は無いからな……」ボソッ ピシャ 八幡「……」 雪乃「……何の用かしら?あなたは……私達のことが……嫌いだったのでしょう」 八幡「ああ、確かに嫌な時は沢山あったな。 割とイケメンなのに目の事を執拗に言われたりとか、トラウマを無造作に掘り返されたりとかマジで傷ついたさ」 雪乃「……」 八幡「だが俺は嘘をついた。 嫌な部分も確かにあった……だがそれが辞めた理由じゃない。 俺は昨日あの時、お前達の話を聞いた」 雪乃「……!」 八幡「正直夢みたいな話だったさ。 学校でも一二を争う美女二人が俺に好意を向けてくれてることが明確になったんだからな。 そして今度は全てを捨ててまで逃げようとした。 結果、俺は雪ノ下と由比ヶ浜を傷つけた……」 雪乃「……」 結衣「……」 八幡「だが俺はもう逃げない、逃げたくない。 この奉仕部での時間を失いたくない。 それが俺自身が編み出した俺の為の俺の答えだ」 八幡「俺は雪ノ下も由比ヶ浜も受け入れることはできない。 俺はここで明確な答えを出したかった」 八幡「何よりお前達が俺のせいで争う必要は全く……」 パーン! 私が初めて好意を向けた相手は私の友人が好きな人だった。 私は私の好意を通すことで由比ヶ浜さんに拒絶されてしまうことが怖かった……」 結衣「ゆきのん……」 雪乃「確かにあなたの言う通りだわ。 逃げていれば私達の過ごしてきた時間は無駄になる。 だから私は全力であなたに好意を通す。 でも勘違いしないでほしいの」 雪乃「私はあなたの為に争うつもりは毛頭無いわ。 ゆきのんと争うのが嫌だった。 だけど今は違う。 私はゆきのんに……ヒッキーに真っ向から立ち向かいたい!」 八幡「!!」 結衣「そしてゆきのんを拒絶なんて絶対にしない。 ヒキタニ君こそどうだい?」 八幡「おかげさまで」 葉山「そうか……良かった」 葉山「……こんな事を言うのもアレだが、やはり俺は君を受け入れられそうにない」 八幡「別に無理矢理受け入れる必要は無いだろ。 金子みすずの詩でもそう言ってるだろ」 葉山「みんな違ってみんないい……か。 どのような結果にも良くも悪くも何かしらの理由を付けてそれらが青春の一ページであるかのように自らをだまくらかしている 青春とは悪である。 青春の名の下に自覚無く自分勝手に行動し周りに迷惑をかけまくる。 そしてそれらが蔓延している なら俺の場合はどうか?答えは簡単だ。 青春とは夢である。 誰もが思い描く限られた時間。 そしてその誰もが知らず知らずの内に青春を謳歌している。 その誰もの中に俺が入っているのは明白だ そして夢であるからこそ人は無計画に思ったことをやれるしうなされもする。 そして夢である以上、必ずいつかは目が覚める。 なら目が覚めるまで、この青春を謳歌しようじゃないか。 そして目が覚めた後、俺はこう思い返すであろう…… やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

次の

【俺ガイル】葉山隼人「比企谷との勝負」【三浦優美子SS】

俺ガイル ss アンチ 葉山

文化祭を終えて早数日、今日は球技大会である。 文化祭で付いた俺の悪印象は時の流れに乗って 薄まっている。 と言っても「ヒキタニ?誰それー?」 なんて会話が俺の近くで聞こえるあたりヒキタニって 奴の顔すら認識されてないのだろう。 ちょっと悲しいと感じる今日この頃である。 由比ヶ浜「ヒッキーやっはろー!」 比企谷「うす」 由比ヶ浜「元気ないねヒッキー!今日は球技大会だよ! 張り切っていこーよ!」 比企谷「俺どうせ試合でねーしだるいだけだよ」 由比ヶ浜「男子は野球なんだよね?怠惰?で出れるよ!」 比企谷「代打な、まぁ俺は基本的に怠惰な人生を送って いるから間違えではないが」 由比ヶ浜「?ヒッキー難しい言葉使い過ぎ!」 戸塚「おはよー由比ヶ浜さん、八幡」 由比ヶ浜「やっはろー彩ちゃん!」 比企谷「おはよう戸塚!今日も可愛いよ!」キリッ 戸塚「もう八幡!僕男だよ!」 比企谷「可愛い」 可愛い 由比ヶ浜「むー」ムスッ 比企谷「どした?」 由比ヶ浜「デレデレすんなし!」 比企谷「してないしてない」目ソラシ 戸塚「あはは、二人とも仲いいね。 」 由比ヶ浜「そ、そうかな~。 えへへ」 平塚「皆席に着け!イチャイチャするな比企谷!」 比企谷「あ~だるい」 戸塚「ほら八幡!そろそろ準備しなきゃ。 そういえば 八幡野球したことある?」 比企谷「い、一応な」 い、いえない。 一人でしかやったことないって 戸塚「本当?!あの僕野球したことあんまりなくて・・。 教えて、くれる?」上目遣い+潤った目 比企谷「天使だ。 天使がいる」 おう、任せろ! 戸塚「え?」 比企谷「あ、いやすまん。 なんでもない」 戸塚「今回の試合って5回までなの?」 比企谷「ああ、普通の野球のルールとほとんど一緒だが ホームランの賛否は審判の判断で四球死球あり。 コールドも審判の判断なんだと。 」 戸塚「僕9回までやってみたかったな~」 比企谷「まぁ時間も押してるし仕方ないな」 [newpage] ~葉山目線~ 今日はずっと待ちわびていた球技大会。 活躍することは「みんなの葉山隼人」として当然だが それ以上にヒキタニより活躍し少しでも雪乃ちゃんの 俺に対する評価を上げなくては。 その為には 葉山「みんな!力を合わせてA組に勝とう!」 一同「「「「おー!!!!」」」」 審判「ではお互いに礼!」 一同「「「「「「「お願いします!!!」」」」」」」 一回表 1組の攻撃 6組投手である葉山は持ち前のセンスとチームメイトの ファインプレイに助けられランナーを一人出したものの スリーアウトを取り切った 一回裏 6組の攻撃 1組のバッテリーは野球部の地区予選ベスト8とレベル が高いため葉山をはじめとする運動部は三者凡退に終わる 二回表 1組の攻撃 1組の運動部組が足を使って1死2,3塁のピンチを迎えるが 文化部の内野ゴロによってダブルプレーとなり スリーアウト 二回裏 6組の攻撃 野球経験者が6組に一人いたためそいつがヒットを打つものの 次のバッターはダブルプレーとなり二死。 その後のバッターも 三振をしてスリーアウト こうして苦戦を強いられるが何とか善戦をする葉山たちだが ここで試合の流れが大きく変わる 葉山「はぁ、はぁ。 くそっ!」 三回表となり一組の打順は1番に戻るが迎えたのは 野球部バッテリーの投手である佐野。 佐野は小柄ながらも 俊足なため内野ゴロでもセーフにした。 ノーアウトのチャンスに打席に立つのは金本。 野球部でも4番と務めるパワーをここで発揮しホームランを たたき打つ。 その後何とかスリーアウトまで耐えきったは6組だが みんなの心はだいぶ折れていた 葉山 まずい!みんなの活気がなくなっている! このままではみんな俺が打たれて負けたという印象しか 持たずこれからの学校生活に支障が出てしまう! 何とかしなければ! 葉山はこの状況をなんとか乗り切る術を探しているが とある人物が視界に入った 葉山 あいつなら! 葉山「ヒキタニ、試合出てないだろ?出てみないか?」 モブA「そ、そうだな!ヒキタニ出ろよ!」 モブB「ピッチャーできるだろ!投げろ!」 6組の思考は一つのものに直結した ヒキタニに責任を押し付けよう!そんなものに。 葉山 ここまで言われれば出ざるを得ない、そして点を取られ 敗けた責任を自分で負うんだ! [newpage] 比企谷「ふ、ふふふ、アッハッハッハ!」 一同「「「!?」」」 比企谷「俺が投げ、点を取られればヒキタニのせい。 運良く抑えられれば俺たちの守備が良かった、 そういって言い逃れる」 葉山「な、なんのことだ?」 比企谷「点を取れなきゃチャンスでヒキタニがしくじった。 点を取れれば俺たちが打った、そういって 自分たちにメリットしかないことを言う」 葉山「ち、ちが・・」 比企谷「勝ったら俺たちは強かった!とかほざく」 「負けたら全部ヒキタニのせいだ!とかほざく」 葉山「そ、そんなことしないよ、ヒキタニ」 比企谷「ふ~ん、まぁいいだろう。 出てやるよ」 葉山「ほ、ほんとか!?」 比企谷「ああ、そのかわり条件がある」 葉山「条件?」 比企谷「俺が1点でも取られたら すべては俺のせいにしてくれて構わない。 が、 俺がもし0点に抑えられたら俺に誠心誠意謝罪しろ。 」 葉山「な!?・・・、分かった。 条件を飲もう」 審判「6組、守備について!」 葉山「すいません!ピッチャー交代です!」 比企谷はマウンドに立つ 審判「プレイ!」 バッターは1組三番目の野球部服部。 身長は中々高く長打力のある バッター、しかし比企谷の投げたボールはど真ん中の直球。 葉山「な!?」 葉山は必ず打たれると確信した。 が、 審判「ストライーク!」 服部のバットは空を切った。 グラウンドに立つ全員は 唖然としていた。 服部でさえも。 二球目もど真ん中の直球、これを服部は見逃す。 服部 ど、どういうことだ?なぜ打てなかった? 三球目は内角へのストレート。 服部はボールをよく見て振ったが またも空を切った。 佐野「どうした?お前が直球を空振りするとは」 服部「わ、分からない。 からぶった理由すらも」 佐野「何?」 その後運動部の二人も三振に終わった 戸塚「八幡すごい!野球部を三振にするなんて!」 比企谷「ありがと、戸塚」 戸塚「っていうかさっき言ってたアレ、言われたところに おいといたけどどうするの?」 比企谷「まぁそれはあとでな」 6組の全員は三者三振。 またも比企谷の投球の出番となる。 しかし野球部の打てない球を初心者が打てるわけでもなく 三者三振。 葉山が比企谷を呼びだした 葉山「ひ、ヒキタニ」 比企谷「葉山、またしてもお前にチャンスをやろう」 葉山「え?」 比企谷「俺たちが逆転できなかったらさっきのはチャラだ」 葉山「ほ、本当か!?」 比企谷「その代わり逆転したら土下座だ、下手にやる気を削ぐことを 言っても土下座だ」 葉山「分かった、いいだろう」 二人が戻ると既に二死。 ベンチの裏には由比ヶ浜たちが いた 優美子「こらー!戸部ー!打たなきゃ許さんしー!」 由比ヶ浜「とべっち!打てーー!」 戸部「やべーっしょ、俺がアウトになったら終わっちまう!」 比企谷「戸部、一つアドバイスだ」 戸部「おおー!頼もしいっしょ!」 比企谷「・・・・・・・・」 戸部「・・・・・・・・」 比企谷「いいか?」 戸部「わかったっしょ!」 戸部は一つ目のストレートを大きく空振り。 二球目はボール、三球目のストレートを大きく振って 打ち返し俊足を生かしツーベースヒット 戸部「やったっしょ!」 戸塚「八幡!僕も打つからね!」 しかし二塁が空いているということで歩かされる ここで比企谷へと回る 金本「タイム!」 佐野「どうした?」 金本「歩かせるか?あいつ経験者っぽいし 佐野「いや必要ない。 抑えてみせる!」 佐野は振りかぶって投げる。 ストレートはかなり速い。 初心者は当然、経験者でもかなり速い140キロほど。 だが カキーーーン! ボールは勢いよく1塁側ベンチの上の網に当たる 金本「な!」 比企谷「こんなもんか」ボソッ 二球目を大きく外してきた。 バッテリーは 歩かせる気になってしまった 比企谷「あ~あ」 佐野「?」 比企谷「地区ベスト8ってもこんなもんか。 まあしゃあない」 佐野「んだと!」 金本「佐野!勝負だ!ここまで言われて逃げれっかよ!」 佐野「おう!」 三球目をストレート、これを比企谷はチップ。 金本 こいつで抑えろ! 運命の四球目。 バッテリーは決め球を決め佐野は投球を始める。 佐野はもう抑えられたと思っている。 比企谷の眼はそんな余裕を 打ち砕くとあるものを見逃さない 比企谷「フォークか」 金本「?!」 比企谷はフォークの落ち始めを思いっきり叩く ボールはプールへ飛んでいきプールの中に入る 200メートルは離れているであろう場所へ 一同「「「「ホームランーーーー!」」」」」 [newpage] 比企谷「葉山、ほらやれよ」 葉山「な、なんのことだい?」 比企谷「ふ~ん、そういうことなら。 三浦、ちょっといいか?」 三浦「ヒキオなに?」 比企谷「今日の試合の様子をベンチからとっといたんだ。 みんなの活躍が見れるぞ、やるよ」 三浦「本当?!ヒキオ気が利くじゃん」 比企谷「おう由比ヶ浜や海老名さんと一緒にでも見るといいと 思う。 活躍が見れるし」 葉山「ま、待て!ヒキタ「あ?」」 比企谷「何ほざいてんだよ?」 比企谷「約束が守れねえ奴が何言ってんだよ」 [chapter:みんな仲良く一人をつぶそうって思考しかできないゴミくずが] [newpage] [chapter:あとがき] 今回も前回投稿した八幡のテニスチートのSSとにたようなもので 球技大会においての八幡チートでしたがどうでしたかね? 葉山をどん底に突き落とすため最後ああいう形になりました 区切りが良くないですがその後の葉山はご想像にお任せします さて今までいろいろなSSを投稿してきました。 しかし僕の最優先目標は 有名になることです はっきり言っておきます。 しかしそのためには面白いものを投稿しなければなりません これからもいろんなネタを考えて投稿しますのでどうそよろしく~! ツイッターフォローしたってください!.

次の