余っ た カレー で カレー うどん。 余ったカレーうどん&残り汁を活用したリメイクレシピ5選

【超簡単】めんつゆと残ったカレーで簡単カレーうどん人気レシピ!3ステップで完成!

余っ た カレー で カレー うどん

カレーうどんの残り汁で作る「カレーうどんのリメイクパン」 カレーうどんを食べ終えて、どんぶりの底に残った汁を使ったリメイクレシピ。 作り方はフレンチトースト同じです。 カレー汁をパンに浸して、バターを溶かしたフライパンで焼くだけ。 お好みでチーズをトッピングしたり、卵を落として食べても美味しそう。 余ったカレーうどんを鍋に入れた「鍋焼きチーズカレーうどん」 鍋焼きうどんのカレー版。 麺つゆは使っていないので、塩分は控えめで食べられます。 材料は鍋焼きうどんそのままで、豚肉と卵が入っています。 カレーのリメイク定番の「カレーうどん」と「焼うどん」を融合させたレシピです。 カレーうどんの汁を使って3度おいしく!「カレーリゾット」 カレーで食べて残ったら「カレーうどん」に、さらに残ったカレー汁は「カレーリゾット」に使います。 「みんな大好きカレー味」を3度も楽しめるリメイクレシピです。 旨みが凝縮したカレーで作る、カレーリゾットはまた格別ですよ。 チーズの力を借りた救済レシピ「焼カレーのうどんグラタン」 カレーも食べたし、うどんも食べた。 今度はチーズをのせてグラタンにしよう!そんなレシピのご紹介です。 グラタン皿にカレーうどんをのせて、チーズをたっぷりのせて、トースターで焦げ目がつくまで焼いたら完成です。 温かいカレーうどんに飽きたら「冷製カレーうどん」 カレーうどんと言えば、体があったまる「温かい」が定番ですが、「冷たい」カレーうどんだってあっていいはず。 ありそうでなかった「冷たいカレーうどん」のレシピです。 冷たく冷やしたカレーうどん。 暑い日に食べたくなること間違いなしです。 — みづちょりす mizuuukeeey 余ったカレーうどんの汁でインスタントラーメン作ったけど……そこそこ美味い — おもち。

次の

【超簡単】めんつゆと残ったカレーで簡単カレーうどん人気レシピ!3ステップで完成!

余っ た カレー で カレー うどん

カレーうどんの残り汁で作る「カレーうどんのリメイクパン」 カレーうどんを食べ終えて、どんぶりの底に残った汁を使ったリメイクレシピ。 作り方はフレンチトースト同じです。 カレー汁をパンに浸して、バターを溶かしたフライパンで焼くだけ。 お好みでチーズをトッピングしたり、卵を落として食べても美味しそう。 余ったカレーうどんを鍋に入れた「鍋焼きチーズカレーうどん」 鍋焼きうどんのカレー版。 麺つゆは使っていないので、塩分は控えめで食べられます。 材料は鍋焼きうどんそのままで、豚肉と卵が入っています。 カレーのリメイク定番の「カレーうどん」と「焼うどん」を融合させたレシピです。 カレーうどんの汁を使って3度おいしく!「カレーリゾット」 カレーで食べて残ったら「カレーうどん」に、さらに残ったカレー汁は「カレーリゾット」に使います。 「みんな大好きカレー味」を3度も楽しめるリメイクレシピです。 旨みが凝縮したカレーで作る、カレーリゾットはまた格別ですよ。 チーズの力を借りた救済レシピ「焼カレーのうどんグラタン」 カレーも食べたし、うどんも食べた。 今度はチーズをのせてグラタンにしよう!そんなレシピのご紹介です。 グラタン皿にカレーうどんをのせて、チーズをたっぷりのせて、トースターで焦げ目がつくまで焼いたら完成です。 温かいカレーうどんに飽きたら「冷製カレーうどん」 カレーうどんと言えば、体があったまる「温かい」が定番ですが、「冷たい」カレーうどんだってあっていいはず。 ありそうでなかった「冷たいカレーうどん」のレシピです。 冷たく冷やしたカレーうどん。 暑い日に食べたくなること間違いなしです。 — みづちょりす mizuuukeeey 余ったカレーうどんの汁でインスタントラーメン作ったけど……そこそこ美味い — おもち。

次の

余ったカレーでカレーうどん♪ レシピ・作り方 by とこっちぃ|楽天レシピ

余っ た カレー で カレー うどん

カレーうどんにリメイクする カレーのリメイクレシピの定番といえば、カレーうどん。 カレーの具材に、じゃがいもや人参を入れている時は、うどんとは相性が良くないので、ルーだけを使うようにします。 カレールーど同量の水を加えたら、顆粒出汁等で味付けをして、水溶き片栗粉でとろみをつけます。 たっぷりの油揚げと白ネギを組み合わせると、本格的なカレーうどんに。 トマトソースと組み合わせて、 イタリアン風のカレーうどんにしたり、中途半端な量のカレーが余っている時には、焼きうどんにカレーを加えて、「 ドライカレー風 焼きうどん」等のアイディアも。 カレーの具材に影響されないので、先に紹介したカレーうどんよりも作りやすいかも。 ご飯の上にかけるのではなくて、茹でたマカロニやペンネの上にかけて焼き上げてグラタン風にアレンジしたり、耐熱性のスフレ皿に卵入りで焼き上げて、 「カレーココット風」等のアレンジもあります。 カレーパスタにする そのまま茹でたパスタの上にカレーをかけても美味しいですが、 「味は一緒じゃない?」と家族に批判を受けそうなら、少し一工夫。 カレールーを茹で汁でわって、バター&コンソメ顆粒を加えてスープカレー風のベースを作り、パスタと組み合わせて 「スープカレー風パスタ」。 普通にナポリタンを作った所に、カレールーを足して焼き上げた、B級グルメテイストな 「ナポリタンカレー」。 カレーに牛乳(生クリームでも)を加えて、卵やベーコンと一緒に混ぜて作った 「カレーカルボナーラ」等のアレンジでも美味しそうです。 カレー鍋にする 毎日、 少しづつ消費していくのが面倒な時は、まとめて食べ切れるカレー鍋がおすすめ。 作って、余ってしまっているカレー鍋に水を入れて、だしの素、みりん、醤油などで味付けして、好きな野菜やお肉を加えて煮込むだけです。 シメは、ご飯とチーズを加えて煮込めば、カレー風味のリゾットにできますよ。 炊飯器を使ってリメイクピラフ 余ったカレー、研いだお米を炊飯器に入れたら、足りない分の水を入れたお米の量の「号」に合わせて加えて炊き上げるだけ。 カレーの量が多すぎると、水分量が少なくてご飯が炊けないので、少しシャバシャバになるぐらいの水を足せる量が目安。 また、カレーの具材を一緒に入れて炊くよりも、具材は分けておいてルーだけ合わせて作るのがおすすめ。 具材は別で温めて、炊きあがったピラフにのせるようにして食べれます。

次の