赤い 糸 キャスト。 赤い糸(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

ドラマCD「赤い糸の執行猶予」

赤い 糸 キャスト

赤い糸のネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - 赤い糸のあらすじ1 文化祭のクラスの出し物は占い屋さんで、芽衣は大道具係、敦史は占い役になります。 友人の陸達はバンドをすることになります。 大人しい性格の沙良は激しい踊りで意外な一面を見せます。 文化祭当日、占いをしていた敦史に幼馴染の麻美が訪ねてきます。 父が自殺したこと知らせて、知り合いが敦史しかいないことを伝えます。 席をはずしていた敦史がクラスに戻ってくると、芽衣以外の人達はバンドを見に行っていました。 敦史が芽衣を占ってあげます。 芽衣の誕生日を尋ねて、敦史は幼い頃を思い出します。 それは初恋の話です。 ケーキ屋に急いでたどり着いた敦史は女の子とぶつかってしまいます。 ケーキが潰れてしまい、敦史は謝ります。 女の子は優しくプレゼントをくれます。 その女の子は敦史と同じ年齢と誕生日でした。 その子の名前を言おうとすると、友人達が帰ってきて占いは終わります。 陰で陸は話を聞いていました。 【承】 - 赤い糸のあらすじ2 文化祭が終わると、次は修学旅行が始まります。 敦史は芽衣に一緒にまわろうと誘います。 自由時間の予定を二人で決めます。 家まで芽衣を送り届けると、芽衣の母と敦史は出会います。 自分の名前と母の名前を聞かれた敦史でした。 修学旅行に出発して芽衣達は楽しみます。 沙良は芽衣の恋を応援します。 敦史と二人きりでまわる前日に、入院していた敦史の母の夏美が怪我をしてしまいます。 翌日に敦史は家に帰らなければならなくなります。 敦史は芽衣に事情を説明して、夜に宿から抜け出します。 二人はデートをして幸せな時間を過ごします。 文化祭の時に言えなかった初恋の相手が芽衣であることを伝えます。 翌日、芽衣は敦史とまわる予定だった場所に一人で行きます。 友人達に内緒で陸が芽衣を追いかけます。 芽衣と陸は一緒にまわることにします。 沙良達が芽衣達を発見してしまいます。 沙良が芽衣に電話をすると、芽衣は一人だと嘘をつきます。 沙良は陸の事が好きで、芽衣に嘘をつかれてショックを受けます。 宿の屋上から飛び降ります。 【転】 - 赤い糸のあらすじ3 沙良は一命をとりとめたものの記憶喪失になります。 そして大阪に転校してしまいます。 芽衣は沙良を追い込んだことでクラスの皆からいじめを受けます。 陸がかばいます。 夏美は薬物を止めることができなくて入院していました。 病院から抜け出すために怪我をしたのです。 医師から遠くの入院先を勧められます。 芽衣の母は芽衣に近づかないで欲しいと敦史に頼みます。 理由はある真実が芽衣を傷つけるからです。 敦史は芽衣を突き放します。 そして麻美と付き合うようになります。 芽衣は敦史とは終わったと思います。 高校受験が始まって、陸は芽衣と同じ高校を受けます。 しかし、陸は落ちてしまい、芽衣と友人の美亜は合格します。 芽衣と陸は付き合うことになります。 美亜も仲良しの友人と付き合うようになります。 陸は夜間学校のため、学校が始まるまで毎日会おうと要求します。 芽衣は承諾します。 新しい友人ができて、芽衣は毎日会うのは止めようと言います。 怒った陸は暴力をふるいます。 【結】 - 赤い糸のあらすじ4 美亜が彼氏と別れてしまいます。 落ち込んでる美亜と一緒にいたいと思う芽衣でした。 しかし、陸は許しませんでした。 美亜は薬物に溺れてしまいます。 数日後、芽衣が美亜を説得しに行きます。 電話しても来ないため、陸が芽衣を探しに来ます。 そして暴力をふるいます。 そこに高校進学で帰ってきていた敦史が現れます。 陸をぶっ飛ばす敦史でした。 敦史がまだ芽衣の事が好きという事に陸は気づきます。 祭りで敦史と陸は話し合います。 その後、陸は交通事故で亡くなります。 祭りに誘われていた芽衣が陸の死を知ります。 芽衣の16歳の誕生日がきます。 中学の友人達が祝ってくれます。 16歳の誕生日は一緒に祝おうと約束していた敦史は現れませんでした。 家に帰ると、父と離婚することになった芽衣の母が真実を話します。 それは芽衣が実の娘ではない事でした。 母の幼馴染の娘だったのです。 母の幼馴染は敦史の母と関わって亡くなってしまったのです。 真実を敦史に言ったこと、近づかないで欲しいと言った事を芽衣に話します。 芽衣は幼い頃、敦史とぶつかったケーキ屋の前に行きます。 やってきた敦史に、最初から敦史の事を信じていれば良かったと言ってエンディングとなります。

次の

赤い糸 ~ 映画×連続ドラマ 赤い糸 ~ 番組制作 映画

赤い 糸 キャスト

赤い糸のネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - 赤い糸のあらすじ1 文化祭のクラスの出し物は占い屋さんで、芽衣は大道具係、敦史は占い役になります。 友人の陸達はバンドをすることになります。 大人しい性格の沙良は激しい踊りで意外な一面を見せます。 文化祭当日、占いをしていた敦史に幼馴染の麻美が訪ねてきます。 父が自殺したこと知らせて、知り合いが敦史しかいないことを伝えます。 席をはずしていた敦史がクラスに戻ってくると、芽衣以外の人達はバンドを見に行っていました。 敦史が芽衣を占ってあげます。 芽衣の誕生日を尋ねて、敦史は幼い頃を思い出します。 それは初恋の話です。 ケーキ屋に急いでたどり着いた敦史は女の子とぶつかってしまいます。 ケーキが潰れてしまい、敦史は謝ります。 女の子は優しくプレゼントをくれます。 その女の子は敦史と同じ年齢と誕生日でした。 その子の名前を言おうとすると、友人達が帰ってきて占いは終わります。 陰で陸は話を聞いていました。 【承】 - 赤い糸のあらすじ2 文化祭が終わると、次は修学旅行が始まります。 敦史は芽衣に一緒にまわろうと誘います。 自由時間の予定を二人で決めます。 家まで芽衣を送り届けると、芽衣の母と敦史は出会います。 自分の名前と母の名前を聞かれた敦史でした。 修学旅行に出発して芽衣達は楽しみます。 沙良は芽衣の恋を応援します。 敦史と二人きりでまわる前日に、入院していた敦史の母の夏美が怪我をしてしまいます。 翌日に敦史は家に帰らなければならなくなります。 敦史は芽衣に事情を説明して、夜に宿から抜け出します。 二人はデートをして幸せな時間を過ごします。 文化祭の時に言えなかった初恋の相手が芽衣であることを伝えます。 翌日、芽衣は敦史とまわる予定だった場所に一人で行きます。 友人達に内緒で陸が芽衣を追いかけます。 芽衣と陸は一緒にまわることにします。 沙良達が芽衣達を発見してしまいます。 沙良が芽衣に電話をすると、芽衣は一人だと嘘をつきます。 沙良は陸の事が好きで、芽衣に嘘をつかれてショックを受けます。 宿の屋上から飛び降ります。 【転】 - 赤い糸のあらすじ3 沙良は一命をとりとめたものの記憶喪失になります。 そして大阪に転校してしまいます。 芽衣は沙良を追い込んだことでクラスの皆からいじめを受けます。 陸がかばいます。 夏美は薬物を止めることができなくて入院していました。 病院から抜け出すために怪我をしたのです。 医師から遠くの入院先を勧められます。 芽衣の母は芽衣に近づかないで欲しいと敦史に頼みます。 理由はある真実が芽衣を傷つけるからです。 敦史は芽衣を突き放します。 そして麻美と付き合うようになります。 芽衣は敦史とは終わったと思います。 高校受験が始まって、陸は芽衣と同じ高校を受けます。 しかし、陸は落ちてしまい、芽衣と友人の美亜は合格します。 芽衣と陸は付き合うことになります。 美亜も仲良しの友人と付き合うようになります。 陸は夜間学校のため、学校が始まるまで毎日会おうと要求します。 芽衣は承諾します。 新しい友人ができて、芽衣は毎日会うのは止めようと言います。 怒った陸は暴力をふるいます。 【結】 - 赤い糸のあらすじ4 美亜が彼氏と別れてしまいます。 落ち込んでる美亜と一緒にいたいと思う芽衣でした。 しかし、陸は許しませんでした。 美亜は薬物に溺れてしまいます。 数日後、芽衣が美亜を説得しに行きます。 電話しても来ないため、陸が芽衣を探しに来ます。 そして暴力をふるいます。 そこに高校進学で帰ってきていた敦史が現れます。 陸をぶっ飛ばす敦史でした。 敦史がまだ芽衣の事が好きという事に陸は気づきます。 祭りで敦史と陸は話し合います。 その後、陸は交通事故で亡くなります。 祭りに誘われていた芽衣が陸の死を知ります。 芽衣の16歳の誕生日がきます。 中学の友人達が祝ってくれます。 16歳の誕生日は一緒に祝おうと約束していた敦史は現れませんでした。 家に帰ると、父と離婚することになった芽衣の母が真実を話します。 それは芽衣が実の娘ではない事でした。 母の幼馴染の娘だったのです。 母の幼馴染は敦史の母と関わって亡くなってしまったのです。 真実を敦史に言ったこと、近づかないで欲しいと言った事を芽衣に話します。 芽衣は幼い頃、敦史とぶつかったケーキ屋の前に行きます。 やってきた敦史に、最初から敦史の事を信じていれば良かったと言ってエンディングとなります。

次の

映画『赤い糸』のネタバレあらすじ

赤い 糸 キャスト

連ドラと映画の完全連動という新しい挑戦! 小説の映画化は昔からありましたが、昨年の「恋空」という作品からケータイ小説という新メディアからの映画化・TVドラマ化が注目されています。 TBSは「恋空」で2度美味しいと思った恒例の時期をずらしての公開で思ったよりも視聴率に反映されなかったのですがCXは過去に例を見ない完全連動です! 昨今の「ケータイ小説」の人気もあって(携帯小説と言わないのがミソですが・笑)4000万アクセスを超え書籍化されたシリーズは累計180万部を突破して待望の映画化がCX制作…そこで前回の大作「恋空」の前例を踏まえて取った策が「キャストが同じで同時に進行」! どんな作りなのか?どっちも見ないと意味がつながらないのか?共倒れしない作りになっているのか?…と色んな思いをさせる時点で既にワクワクですが、更にワクワクさせるのがキャスト陣!…主演のカップルは、昨年「ビクター・甲子園ポスター」のイメージキャラクターを務めた南沢奈央と06年「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリ受賞の溝端淳平という今まさに事務所も世間も推している10代でも期待の高い2人です。 先日08年の「ジュノン・スーパーボーイ」グランプリが決まって、そんな追い風ネタもタイムリーだったりしていますが脇を固めるキャストも期待される若手女優が目白押しでとても楽しみです。 (2)その集約された2時間は違う視点や時間軸で描かれて連ドラとは違った描写が絡み合うように脚本に工夫がされている。 (3)同じキャスト&スタッフで変に生まれがちなメディアの違いでの温度差を極力減らす事ができ、更に予算的にも削減できる(主題歌のPVも同じスタッフで制作したというこだわりようはさすがです)。 (4)映画であれば他局も宣伝してもらえるので必然的に同時期にOAされるドラマへの宣伝効果につながる。 …というように実に計算されつくしています。 そして映画のラストは連ドラの10~11話が見たくなる流れにつながっているようですので…どこまでどう映画の展開・影響力が連ドラに関わってくるのか?「見なくても楽しめた」とか「見て逆にわけがわからなくなった」と言われない計算や「映画でやってる意味が薄くドラマだけで十分」とか「映画を見ちゃったので10話まで見なくてもいいや」と思わせない脚本・演出の手腕が見所でもあります。 いうても名のある有名俳優と女優の大作ではないので(計算できる面ももちろんありますが)ほぼ全てが実験的なところは否めませんし、原作がティーンに人気がある作品なのに対し、あえて幅広い層に受けるように脚色に気を使ったと言っている面もはたしてプラスに感じ取れるかどうか?…普段映画を見ないガイドも今回ばかりは注目しています。 南沢奈央(18)O型1990年6月15日生まれ163cm 埼玉県出身 溝端淳平(19)A型1989年6月14日生まれ175cm 和歌山県出身 【 南沢奈央 】 堀北真希・黒木メイサに次ぐ事務所(スウィートパワー)の推し女優として期待されている感が伝わるのは、昨年の第28回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンイメージキャラクターとクレアラシルのCM出演を奪取した事で明らかに!(彼女に対する期待はまさにこのヒロイン枠で一気に認知を広げるために標準を合わせてきたような存在)…清潔感あふれる王道女優の魅力が開花するでしょう。 【 溝端淳平 】 まだ19歳ですが、第19回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のグランプリ獲得以降はトントン拍子でドラマや映画にという俳優業に加えて年齢以上の落ち着きとTALKセンスが買われ数々のバラエティに出演と今ノリにノッテいるタレントに成長。 歴代ジュノンボーイやニコラモデルを有するエヴァーグリーン・エンタテイメントの期待の星が堂々の登板です。 ガイドが注目している同い年(16歳)の九州美人2人! 桜庭ななみ(16)O型1992年10月17日生まれ161cm 鹿児島県出身 石橋杏奈(16)A型1992年7月12日生まれ163cm 福岡県出身 【 桜庭ななみ 】 ミスマガジン2008グランプリ受賞者としてお伝えしていた彼女のグラビアアイドルとしてではない女優としての面を堪能したいと思います。 彼女も主演の南沢奈央と同じスウィートパワー所属ですが2歳年下ですし業界歴もまだ浅いので今回はいい位置(サブキャスト)での経験=ステップになった事でしょう。 【 石橋杏奈 】 画像はSpontaniaの「サヨナラ... 」というCDのジャケットから…こんなに可愛い子ばかり揃えてるとリアル感が無くなるのでは?と心配してしまいますね?(笑)。 2006年の「第31回ホリプロタレントスカウトキャラバン」グランプリから2年間経ちましたが、福岡県出身&学生という事もあってじっくりと育てている印象。 偶然ですが南沢の2007年に続き今年の第29回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンモデルが彼女でした。 1であろう存在。 今作品は茶髪でイマドキなギャル風な役で華を添えています。 【 岩田さゆり 】 岡本玲が「ニコラ」ならこちらは「ラブベリー」!…しかも同じくアーティスト活動をしている事でも有名で人気ですが、2004年のTBS系「3年B組金八先生」での女優デビューでの印象を語るファンの数の方が多いかもしれません。 その後若くして主演を数多くこなしているも大ブレイクに通じる作品に恵まれず4年が経ちましたが今年は写真集・DVD・CDのBEST版と色んな活動をこなして最後にこの大作という締めになって2009年に向けての弾みになったのではないでしょうか? 劣化せずに綺麗な正統派女優に成長してきている印象をそのままに今後につながる事と思います。

次の