お寺 の 掲示板。 「お寺の掲示板」の深~いお言葉

『お寺の掲示板』が本になりました!

お寺 の 掲示板

8月19日にツイッターに投稿された超覚寺の掲示板(同寺提供) 「輝け!お寺の掲示板大賞」と題する企画がSNSで開かれている。 掲示板のグッとくる言葉を投稿してもらい、表彰する異色の企画。 7月の開始直後は低調だったものの、一つの投稿をきっかけに注目度が一気に上昇した。 全国から応募が寄せられ、なかには毎週のように自ら投稿する〝常連〟寺も登場するなど盛り上がりをみせている。 (共同通信=松森好巨) 大賞を企画したのは僧侶で仏教伝道協会に勤める江田智昭さん(42)。 4月ごろ、高校野球地方大会の標語募集の案内を見たとき「これをお寺の掲示板でやるとおもしろいのでは」とひらめいたのが始まりだったそう。 加えて、以前から仏教の教えを広めるためにSNSを使えないかと考えを巡らしていたこともあり、掲示板の写真をツイッターやインスタグラムで募集するという企画に結びついた。 準備期間が短かく告知も十分にできなかったため、開始当初の投稿は低調だった。 「このまま静かに終わるのかな」という江田さんの心配を吹き飛ばしたのは、7月中旬の一つの投稿だった。 岐阜県内のお寺の掲示板を撮影したこの投稿。 ツイッターで話題となり「いいね」やリツイートが合計で15万件近くに上った。 すると、大賞そのものの注目度も高まり、ネットニュースや、全国紙にも取り上げられた。 ハワイを含む全国各地から投稿が寄せられ、その数は9月末時点で300件を超えたという。 ここまでの盛り上がりに江田さんは「公共的な空間に面した掲示板だったからなのでは」と分析する。 「掲示してある内容は直接的ではなくても『宗教』。 それなのに、活字ではなく掲示板という形で示されると抵抗感が薄らぐのではないでしょうか。 寺に入る人は少なくなっても、寺の前を通る人の数は変わりません。 その中には江田さんが「ラジオ番組のはがき職人のよう」と評するお寺が存在する。 広島市中区にある超覚寺だ。 「仏の顔は何度でも」「お墓参りは、ご先祖様とのオフ会」…超覚寺のツイッターには7月以降、毎週のように掲示板の写真がアップされている。 「15年前ぐらいから毎週日曜日に貼り替えていました」と話すのは住職の和田隆恩さん(51)。 大賞が始まったのを知ると「こういう企画を待っていた」。 熱が入り、現在は週2回のペースで掲示板を更新し投稿している。 有名人の発言や話題のドラマのせりふなど、さまざまな言葉が載っているが、心掛けていることは「お経から引用しない」「分かりやすい言葉を使う」こと。 超覚寺は広島市の中心部にあり、学生らたくさんの人が寺の前を行き交う。 実際、掲示板を見た人が詳しい内容が知りたいと寺を訪ねてきたこともあった。 和田さんは言う。 「掲示板はお寺の広告塔。 若い人に興味を持ってもらうために、日々、生活のなかでアンテナを張って言葉を練っています」.

次の

「おまえも死ぬぞ」 響く金言、お寺の掲示板に熱視線:朝日新聞デジタル

お寺 の 掲示板

東北でもいよいよコロナの感染者が多くなり、結婚式も大打撃。 毎日のように日にち変更の依頼の電話がかかってきます。 キャンセル料や、日程変更料の話をするとお客様から怒鳴られ・・・ 対応に追われるプランナーからは、笑顔が消え・・・。 4月は10件近くあった婚礼もわずか2件 5月も20件近くあった婚礼も1件になり 6月も続々日程変更 8月の新郎新婦は当初90名を予定していたが7名で開催をするとの事。 (新郎新婦+親 兄弟) 遠くは10月のお客様まで来年に日程変更依頼。 新規は来館するも日程決まらずで成約にならず・・・。 会社からは、そんなに来期に日程変更するなら来期は予算倍増だね!!と言われ・・・ バンケの数増えてないから倍増できるわけ無い・・・ 来期の予算作成をする時期にきているがどう作成していいかよくわかりません。 今日はこれから緊急事態宣言の発表ですね。 そうすると明日また、日にち変更の電話が続々かかってくる。 このままで、ホテル運営が大丈夫なのか? と毎日 会議が開催されるが結局 何も決まらず・・・。 でも今は、踏ん張りじきだと思い、掃除をしまくる。 もはや掃除をするところがない位になってきたが、とにかく掃除ををする。 明るい未来の為、そして来館いただくお客様に喜んでもら為。 昨年は、東京オリンピックまで、あと何日と言っていましたが、まさか、3ヶ月でこんな事になるなんて。 今、私は銀座にいます。 こんなに、人も車もいない銀座は、早朝しか見たことがない。 観光バスは1台もありません。 ここ2、3年で銀座でオープンしたホテルは数知れず。 つい最近まで、人手不足で悩んでいたのに。 東京のビジネス中心街、大手町にもスーツ姿のビジネスマンをほぼ見かけない。 有楽町の飲食店はほぼ営業中。 パチンコ屋も元気に営業中。 時々、新台入れ替えの大きなプレートを持ったスタッフがウロウロしている。 全体的な印象は、 外国人は全く見かけない。 女性が多い気がする。 私は、緊急事態宣言後にも東京に来なくてはならない。 明後日、東京がどうなったかを、下から目線で伝えます。 私は今、 東京で色々見る研修を続けてますが、 本当に大変なことになってます。 この反動は想像を絶することになりそうです。 そんな時に、自分のことで思い出したことがあります。 私のホテルマン生活の過去に、(今回のように) 自分ではどうしようもないことが、3回ありました。 1985年8月 JAL墜落事件 当時、JALホテルズ直営ホテルのレストランマネージャー。 あれから2年間は、社員旅行禁止、宴会場の夏祭り、お正月縁日の禁止。 ご遺族のホテル利用に対する注意事項などなど。 初めて経験した自分ではどうしよもない事件でした。 1992年8月 グアム島を襲った風速105号の台風オーマ 当時、ホテルの料飲支配人。 ホテルも壊滅的な被害。 半年間もホテルの営業を休止。 現地スタッフも解雇なしで耐え抜いた事件。 1993年8月 グアム島を襲ったマグニチュード8. 7の大地震。 ホテルが三つに割れて営業停止六か月。 ホテルゲストの安全と、全員を無事日本への帰国に翻弄。 いずれも生命の危機を感じた事件でした。 「なんで自分は色々な事件に巻き込まれるのか?」 そう思って、不幸の主人公と思っていた。 しかし、 この大変な事件があった時も、 会社は私に給料を払ってくれました。 よって、私は生き延びることができたのでした。 2011年3月 東日本大震災発生 この時は自分の会社を経営していた。 地震の影響による被害が甚大で、 契約していた会社さんも大きな被害を受けた結果、 ほぼすべての契約が解除された。 契約合計が2,000万円くらい。 とたんに会社存続の危機となったわけです。 自分ではどうしようもないこと。 そんなときに、 自分ができることは? 今、目の前にいるお客様へ、 最高のサービスを提供することではないでしょうか! こんな時に来てくれるお客様ほど大切にしなければ。 だが、 新型コロナウイルスは、 本当に大変な事件をもたらした。

次の

「おまえも死ぬぞ」 響く金言、お寺の掲示板に熱視線:朝日新聞デジタル

お寺 の 掲示板

全国各地の寺にある、仏さまや各宗祖の教え、寺院のお知らせなど伝える掲示板。 そこに書かれた標語について、ユニークさや反響を考慮に入れながら賞を決める「輝け!お寺の掲示板大賞」に昨年から注目が集まっています。 標語を写真に撮り、コメントなどを添えてツイッターもしくはインスタグラムに投稿すると、10月末の締め切り後に、その内容によって各賞が授与されるという仕組みです。 掲示板大賞を発案したのが、浄土真宗本願寺派僧侶であり公益財団法人仏教伝道協会に勤める江田智昭さんです。 2018年から始めた企画が、テレビや新聞、SNSで取り上げられ拡散。 多くの人に知られるようになりました。 今年9月26日には新潮社からも出版されます。 低予算で大きな成果を上げたスピードとタイミング 「今、世間ではお寺離れが進んでいます。 お寺の中には入ってもらえなくても、お寺の前にある掲示板というスペースで、少しでも一般の方々がお寺の活動や仏教に関心をもってくれる機会になればと思い始めました」(江田さん) 2018年に協会内で企画を立ち上げた時の予算は3万円。 内訳は「仏教伝道協会賞」として受賞者に渡す賞金分のみです。 低予算にも関わらず、江田さんの企画は寺の掲示板というものを世間に周知するための大きな効果を上げました。 「4月に発案し3ヵ月後の7月から掲示板大賞をスタートしました。 SNSを使用した手軽さ、予算の少なさということもあり、協会内でもすんなりゴーサインは出ました」(同) 予算や実現までのスピード感に加え、同賞を立ち上げた時期も味方しました。 「今は注目されやすいインスタグラムやツイッターといった媒体も、これからも世間の注目を集め続けていくかは分かりません。 2018年のというタイミングは、時流に企画をうまく乗せられたのだと思います」(同) 企画を開始して数週間後、まず「お前も死ぬぞ 釈尊」という掲示板が投稿され、SNSで大きな反響に。 成功を収めたことで、2019年に第2回の開催を決定。 今年も「衆生は不安よな、阿弥陀仏動きます」「墓参り合掌した手で蚊を殺す」など、個性ある言葉が集まっています。

次の