ロクアカ ss。 ロクアカ/帝国の狙撃手《星》のアルベルト=フレイザーは冷徹にグレンの敵を撃ち、リィエルの援護をしてきた|とりもげ.com

ロクでなし魔術講師と禁忌教典のセラ=シルヴァースとグレンの関係は?天使の塵事件とは!?

ロクアカ ss

イラストは三嶋くろね先生! カシ 2020年05月08日 アニメの完成度の高さから、原作に興味を持ちました。 この作品のキャラは、このすばのイラストを担当した三嶋くろね先生によつて描かれています。 なので、キャラが非常に魅力的なのが特徴です。 内容は、なろくでなし魔術教師が生徒を導き、生徒のため、仲間のために戦う物語です。 設定や物語に深みがあり、戦闘シーンも 興奮します。 魔法科と類似していますが、デバイスを駆使したとんでも魔法や核兵器並みの強さを誇る主人公ではありません。 なので、敵とのギリギリの戦闘は、手に汗握る展開です。 また、そこまで完璧ではないので見ていてハラハラします。 そこが良い所でしょう。 一見、ろくでなしの教師ですが、過去の経験から魔術の危険性から遠ざけるために、敢えて演じてる面もあることや、本当は心優しい側面もあります。 そんな人柄がとても気に入っています。 これに加え、キャラそれぞれの物語、秘められた真実など、これからの展開に読書意欲をそそられます。 さらに、三嶋くろね先生の描くキャラが加わるのですから。 まさに、私の求めていた作品でした。 Posted by ブクログ 2018年09月19日 働きたくない! と叫ぶ主人公だったが 家主により強制的に働かされる事に。 何もしなくてすむ生活、素晴らしいです。 しかし家主にとったら、確かにこれは不必要物件。 むしろ殴り倒したい。 財産があるなしの問題ではありません。 しかし素晴らしいとしか言えない、一貫した主人公。 このやる気のなさも素晴ら しいです。 かと思ったら…。 実は見計らっていた、と言われたらそれまでですが この豹変っぷり。 言っている事は正しい、と思いますけど。 何に使うか、は本人次第とはいえ 攻撃に特化したものが多いでしょうし。 主人公と生徒とのギャップも面白いですし 魔術についても学校なので分かりやすく解析。 おかげで地盤ができました、な戦いの分かりやすさ。 一気に読めて、非常に面白かったです。 若干、学校の制服について討論したいですが。 男子生徒の服も…こんなに露出してるのでしょうか?.

次の

アルベルト=フレイザー (あるべるとふれいざー)とは【ピクシブ百科事典】

ロクアカ ss

グレンが不在の間、リィエルのお守りで苦労した アルベルトは帝国宮廷魔導士団に所属する凄腕魔術師。 特務分室に所属していて、執行官ナンバーは17の《星》。 青い髪ということでリィエルとの関連性も疑えるところではありますが、濃淡の差、どちらもクール系キャラ以上の共通点はなく、二人の間に同僚・戦友以上の関係はありません。 といっても、魔導士団からグレンが去ったあと、リィエルの「お守り」を引き継ぐことになったのはアルベルトその人であり、グレンと再会するまでには リィエルの規格外ではあるけどつっこむばかりのその戦法と思考を一番に理解する良き理解者、サポート役にまでなりました。 (笑) アルベルト=フレイザーという男 「(この女は今まで始末してきた外道魔術師とは格が違う。 こいつを捕まえることができれば帝国は組織に対して有利に立ち回れる…)」 そんなアルベルトですが、グレンとは違いしっかり特務分室の現役魔術師であるため、彼の本分、魔術師としての力量はもちろん鈍っていません。 どこまでも見透かすかのような厳しく、静謐な、鷹のような眼差しは、 どんなに距離が離れていようと対象の腕、脚、心臓、そして頭蓋を打ち抜きます。 「所詮相手は狙撃屋。 ごく近距離の魔術戦に持ち込めば容易に下せるとでも思ったか?」 アルベルトは「 帝国随一の狙撃手」の異名のままに、ジンをゆうに越える【ライトニング・ピアス】使いの魔術師です。 といっても、長距離射撃だけに留まらず、近接格闘やナイフの投擲までもこなしてしまうのだから、およそ隙というものが見つかず、セリカを除けば作中でも最強に近い凄腕魔術師でもあります。 また、意外なところで、アルベルトは 司祭の資格を所持してもいます。 殺しの裏仕事に就いていながら不適格だと自覚はありながら、無残な死を遂げる者には弔いと慈悲の言葉をつぶやき、そしてもう元には戻らない人体実験の被験者が殺してくれと言った際には、 グレンが喚いている横で、厳かに、速やかに【ライトニング・ピアス】を打つのがアルベルト=フレイザーという男です。 (リィエルの世話を冗談抜きで苦としていなかったのは、好々爺なバーナードの冗談を真に受ける仕事に真面目すぎる性分もあるでしょうけど、この捨てたというわずかな奉仕精神も少なからず影響しているのでしょうね。 ……あんまり否定できねーけど」 そんなアルベルト、グレンを常々甘いと突き放しますが、もちろん決して見捨てたりはしません。 アニメ的にもそうですけど(笑)、戦友として、そして親友として。 「お前では既に魔導士ではない。 教師だ」とグレンを事件に深入りしないよう諌めるなど、アルベルトのスタンスはアニメのクールキャラにしては驚くほどブレず、 主人公グレンが魔術の教鞭を取れるほどは「大人」であること、総じてセリカと同じくロクアカの大人なアニメの部分をしっかり担っているキャラクターの一人でもあり、そんなグレンとアルベルトの会話はロクアカ原作の見所の一つです。 (笑).

次の

アルベルト=フレイザー (あるべるとふれいざー)とは【ピクシブ百科事典】

ロクアカ ss

グレンが不在の間、リィエルのお守りで苦労した アルベルトは帝国宮廷魔導士団に所属する凄腕魔術師。 特務分室に所属していて、執行官ナンバーは17の《星》。 青い髪ということでリィエルとの関連性も疑えるところではありますが、濃淡の差、どちらもクール系キャラ以上の共通点はなく、二人の間に同僚・戦友以上の関係はありません。 といっても、魔導士団からグレンが去ったあと、リィエルの「お守り」を引き継ぐことになったのはアルベルトその人であり、グレンと再会するまでには リィエルの規格外ではあるけどつっこむばかりのその戦法と思考を一番に理解する良き理解者、サポート役にまでなりました。 (笑) アルベルト=フレイザーという男 「(この女は今まで始末してきた外道魔術師とは格が違う。 こいつを捕まえることができれば帝国は組織に対して有利に立ち回れる…)」 そんなアルベルトですが、グレンとは違いしっかり特務分室の現役魔術師であるため、彼の本分、魔術師としての力量はもちろん鈍っていません。 どこまでも見透かすかのような厳しく、静謐な、鷹のような眼差しは、 どんなに距離が離れていようと対象の腕、脚、心臓、そして頭蓋を打ち抜きます。 「所詮相手は狙撃屋。 ごく近距離の魔術戦に持ち込めば容易に下せるとでも思ったか?」 アルベルトは「 帝国随一の狙撃手」の異名のままに、ジンをゆうに越える【ライトニング・ピアス】使いの魔術師です。 といっても、長距離射撃だけに留まらず、近接格闘やナイフの投擲までもこなしてしまうのだから、およそ隙というものが見つかず、セリカを除けば作中でも最強に近い凄腕魔術師でもあります。 また、意外なところで、アルベルトは 司祭の資格を所持してもいます。 殺しの裏仕事に就いていながら不適格だと自覚はありながら、無残な死を遂げる者には弔いと慈悲の言葉をつぶやき、そしてもう元には戻らない人体実験の被験者が殺してくれと言った際には、 グレンが喚いている横で、厳かに、速やかに【ライトニング・ピアス】を打つのがアルベルト=フレイザーという男です。 (リィエルの世話を冗談抜きで苦としていなかったのは、好々爺なバーナードの冗談を真に受ける仕事に真面目すぎる性分もあるでしょうけど、この捨てたというわずかな奉仕精神も少なからず影響しているのでしょうね。 ……あんまり否定できねーけど」 そんなアルベルト、グレンを常々甘いと突き放しますが、もちろん決して見捨てたりはしません。 アニメ的にもそうですけど(笑)、戦友として、そして親友として。 「お前では既に魔導士ではない。 教師だ」とグレンを事件に深入りしないよう諌めるなど、アルベルトのスタンスはアニメのクールキャラにしては驚くほどブレず、 主人公グレンが魔術の教鞭を取れるほどは「大人」であること、総じてセリカと同じくロクアカの大人なアニメの部分をしっかり担っているキャラクターの一人でもあり、そんなグレンとアルベルトの会話はロクアカ原作の見所の一つです。 (笑).

次の