嫌 韓 みずき。 韓国の反応 総合アンテナ

[B!] 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*) : 【韓国の反応】サード配置で運命が変わった韓国企業と日本企業「中国の嫌韓感情が嫌日感情を凌駕した」

嫌 韓 みずき

このたび引っ越しを決めました。 過去にさんざん要望されたのに、ほったらかしにしてた「もっとちゃんとカテゴリ分けして!」は、します。 こっちではやりかけては面倒になって放り出し、やりかけては面倒になって放り出してたんですが。 ・機能やデザインについての要望 (できるかどうかわかりません。 今やる気まんまんなんですが、主に私の知識・技術的な理由で。 調べてるうちいらっとして投げ出すパターンが多くてさ…) ・コメント欄にNGワードをつけたほうがいいでしょうか?つけるとしたらどういう単語? (迷ってるんですよね。 「チョン死ね!!」みたいなことを書き込む人が後を絶たないので。 そういう発言はホントにモチベが下がるのでやめて欲しいねん。 私のような性格の女子が、コメント欄から逃げちゃうよ。 ) ・その他、私への質問等がありましたら。 (なんでもいいよ!ただ、答えるのは答えたくなった質問だけね。

次の

楽韓Web

嫌 韓 みずき

韓国海軍の空母が、私たちの海を縫っムルセルトゥムない海上防御力を示す日がそれほど遠くない。 最終的に施行に入った海軍の航空母艦導入事業が滞りなく着々足を運んでおり、計画通りなら、10年後には太極マークが描かれた空母が海を守る姿を見ることができるだろう。 17日、海軍によると「大型輸送艦-II」の導入のための先行研究は現在、計画通りにうまく実行されており、2030年代初頭までは戦力化が可能である。 海軍が導入することにした大型輸送艦-IIは軽空母に該当する。 韓国海軍の軽空母をどの造船会社が作成することはまだ決まっていない中で、現代重工業と韓進重工業・大宇造船海洋が受注競争を繰り広げる予定だ。 現在、海軍は「大型輸送艦-I」である「独島(1万4,500トン)」を運用している。 独島艦は長さ199 m・幅31m、最大速力時速42㎞、乗組員330人と700人の上陸兵力を乗せることができる。 また、ヘリと戦車・装甲車・トラック・空気浮揚高速上陸艇などを積むことができる。 2005年7月独島が進された時、日本や中国など周辺国は「韓国が軽空母を作動させることになった」と大々的に報道し、韓国の海軍力増強を警戒する姿だった。 独島艦はその姿だけを見ると軽空母に属すると見ることができる。 しかし、軽空母にはスキージャンプ台のようなデッキが必要となり、垂直離着陸戦闘機が搭載されなければならない。 独島艦はこのような姿ではないので軽空母とは見られない。 海軍も「独島艦は軽空母ではなく、多目的大型輸送艦に該当する」と説明した。 海軍が運用することになる大型輸送艦-IIは独島より一層アップグレードされ、垂直離着陸が可能な戦闘機が搭載される。 大型輸送艦-IIに搭載される戦闘機は、米国の第5世代ステルス戦闘機である「F-35B」が有力である。 大型輸送艦-IIの名前はまだ決まっていない。 大型輸送艦は陸地から遠く離れた島の名前を付けることを勘案すると、既存の独島・馬羅島に続いて白翎島・延坪島などの島の名前が付くようになると予想される。 国防部の関係者は「大型輸送艦-IIは海軍の最初の空母であるだけに意味がありますので、国民世論と各界の意見を勘案し名前を付ける」とし「必要であれば、国民公募などのイベントも行うことができる」と伝えた。 韓国は数十年前から空母の導入の必要性が提起されていたが、これといった成果はなかった。 1990年代紆余曲折を経て、ロシアから空母を導入したが戦力化に失敗したことがある。 「空母保有国試み」というハプニングに終わったとんでもない事件だった。 (中略) しかし、この空母の購入がまったく役に立たないわけではなかった。 この際に国内のいくつかの造船会社が二隻の空母を直接見ながら構造を把握し、艦艇建造技術を一段階高める契機になった。 軍関係者は「当時、ロシアの航空母艦を分析しながら得た技術で、今の独島艦などの大型艦艇を作ることができた」とし「ただの鉄くずの塊とされていたロシアの空母が、私たちの艦艇建造能力をアップグレードさせたわけだ」と伝えた。 (引用ここまで) 中略部分にはノヴォロシースクとミンスクのキエフ級空母をロシアから払い下げてもらい、韓国の民間会社が購入した経緯が書かれてます。 当時、自国の空母として導入する気満々だったのですが、艤装はほとんど剥がされていてただの鉄くずであったという話ですね。 実際にノヴォロシースクは鉄くずとして韓国で解体され、ミンスクは通貨危機で中国に転売されて中国でテーマパークとして一時期開業、その後は展示公園になる予定でしたがどうなったかは今ひとつ不明。 ヴァリャーグがロシアからウクライナに接収され、その後紆余曲折を経て遼寧となったのと途中までの経緯は同じでしたが「空母の戦力化」という意味での執念が中国と韓国では異なっていた……ということでしょうかね。 でもって、韓国では3~4万トンクラスの。

次の

みずきの女子知韓宣言というサイトが女子を騙る意味は何ですか?サイトの管理...

嫌 韓 みずき

韓国海軍の空母が、私たちの海を縫っムルセルトゥムない海上防御力を示す日がそれほど遠くない。 最終的に施行に入った海軍の航空母艦導入事業が滞りなく着々足を運んでおり、計画通りなら、10年後には太極マークが描かれた空母が海を守る姿を見ることができるだろう。 17日、海軍によると「大型輸送艦-II」の導入のための先行研究は現在、計画通りにうまく実行されており、2030年代初頭までは戦力化が可能である。 海軍が導入することにした大型輸送艦-IIは軽空母に該当する。 韓国海軍の軽空母をどの造船会社が作成することはまだ決まっていない中で、現代重工業と韓進重工業・大宇造船海洋が受注競争を繰り広げる予定だ。 現在、海軍は「大型輸送艦-I」である「独島(1万4,500トン)」を運用している。 独島艦は長さ199 m・幅31m、最大速力時速42㎞、乗組員330人と700人の上陸兵力を乗せることができる。 また、ヘリと戦車・装甲車・トラック・空気浮揚高速上陸艇などを積むことができる。 2005年7月独島が進された時、日本や中国など周辺国は「韓国が軽空母を作動させることになった」と大々的に報道し、韓国の海軍力増強を警戒する姿だった。 独島艦はその姿だけを見ると軽空母に属すると見ることができる。 しかし、軽空母にはスキージャンプ台のようなデッキが必要となり、垂直離着陸戦闘機が搭載されなければならない。 独島艦はこのような姿ではないので軽空母とは見られない。 海軍も「独島艦は軽空母ではなく、多目的大型輸送艦に該当する」と説明した。 海軍が運用することになる大型輸送艦-IIは独島より一層アップグレードされ、垂直離着陸が可能な戦闘機が搭載される。 大型輸送艦-IIに搭載される戦闘機は、米国の第5世代ステルス戦闘機である「F-35B」が有力である。 大型輸送艦-IIの名前はまだ決まっていない。 大型輸送艦は陸地から遠く離れた島の名前を付けることを勘案すると、既存の独島・馬羅島に続いて白翎島・延坪島などの島の名前が付くようになると予想される。 国防部の関係者は「大型輸送艦-IIは海軍の最初の空母であるだけに意味がありますので、国民世論と各界の意見を勘案し名前を付ける」とし「必要であれば、国民公募などのイベントも行うことができる」と伝えた。 韓国は数十年前から空母の導入の必要性が提起されていたが、これといった成果はなかった。 1990年代紆余曲折を経て、ロシアから空母を導入したが戦力化に失敗したことがある。 「空母保有国試み」というハプニングに終わったとんでもない事件だった。 (中略) しかし、この空母の購入がまったく役に立たないわけではなかった。 この際に国内のいくつかの造船会社が二隻の空母を直接見ながら構造を把握し、艦艇建造技術を一段階高める契機になった。 軍関係者は「当時、ロシアの航空母艦を分析しながら得た技術で、今の独島艦などの大型艦艇を作ることができた」とし「ただの鉄くずの塊とされていたロシアの空母が、私たちの艦艇建造能力をアップグレードさせたわけだ」と伝えた。 (引用ここまで) 中略部分にはノヴォロシースクとミンスクのキエフ級空母をロシアから払い下げてもらい、韓国の民間会社が購入した経緯が書かれてます。 当時、自国の空母として導入する気満々だったのですが、艤装はほとんど剥がされていてただの鉄くずであったという話ですね。 実際にノヴォロシースクは鉄くずとして韓国で解体され、ミンスクは通貨危機で中国に転売されて中国でテーマパークとして一時期開業、その後は展示公園になる予定でしたがどうなったかは今ひとつ不明。 ヴァリャーグがロシアからウクライナに接収され、その後紆余曲折を経て遼寧となったのと途中までの経緯は同じでしたが「空母の戦力化」という意味での執念が中国と韓国では異なっていた……ということでしょうかね。 でもって、韓国では3~4万トンクラスの。

次の