ティファ キャットファイト。 女性上位ミックスファイト Round.5 ~川崎亜里沙 編~

キャットファイト 画像掲示板

ティファ キャットファイト

最初からチョップを谷間で受け止めて返す等エロミックスプロレス的な展開が連続しています。 さちこ横綱インパクト強すぎ 後半戦に突入してきたCPE東京大会ですがセミファイナルはなかなかボリューミーな試合でした。 ルールはミックスプロレスのタッグマッチ。 男は男のみのタッグ、女は女のみのタッグチームでまとめられています。 男チームは佐野直・シバターのタッグ。 当日思い出したのですが佐野直の入場曲はファミコンのくにおくんのりゅういち・りゅうじのダブルドラゴン兄弟と戦う時のテーマですね。 やっとすっきりしました。 シバターは色気づいてきたのか茶髪セミロングヘアーになっています。 女チームはさちこ横綱・現役風俗嬢の紫龍みおのボリューミーコンビ 紫龍みおはガチ風俗嬢なので引退後の生活もあると思うので顔にモザイクかけてます。 顔見たい人は さちこ横綱の穴あきワンピースですがもう何がなんだかわからないですね。 カオスです。 ゴングが鳴ると紫龍みおと佐野直が対決。 握力比べでつかみ合いの後、 さすがに本職ですね。 ササッとダウンさせてます。 この後詳しくは忘れましたが何か関節技をかけてたはずです。 さちこ横綱がシバターをボッコボコ お互いにチェンジしてさちこ横綱とシバターにチェンジ。 威圧感かどうか分かりませんがさちこ横綱がシバターの攻撃を次々と跳ね返し、怯んだところをPKラッシュ。 途中紫龍みおにチェンジして股開きで3カウント取りにいきますがさすがにシバターもピョンと跳ね、3カウントを取らせません。 再びさちこ横綱が出てきてPKでボコリ、 紫龍みおが股開きっぽい謎の固めで3カウントを取ろうとしますが再び阻止。 すると紫龍みおが体操着の上だけ脱いでシバターの首に巻き付けダーティファイト。 苦しそうですね。 シバターも逆転しようと乳をガッツリ掴んで攻撃してます。 ここは詳しい内容は失念 シバターが佐野直にチェンジ。 しかし紫龍みおが勢いづいてきたようで乳ビンタ さらに乳ビンタ・・と乳ビンタラッシュで佐野直を追い詰めます。 乳にストラングルホールドと腕ひしぎ十字固め 佐野直が乳ビンタされて気でも狂ったのでしょうか?管理人の席からはカメラマンが邪魔して上手く撮れませんでしたが 元来腕を中心にかける技であるストラングルホールドをなぜか乳にかけています。 乳を中心に佐野直が回転し、会場大爆笑。 そこから今度は乳に腕ひしぎ十字固めをかけてます。 チョップを乳で受け止めて跳ね返すさちこ横綱 流れを一気に掴みに行くためにシバターとチェンジし、紫龍みおもさちこ横綱とチェンジ。 「ボディスラムか?」と思いましたが・・・ 不発。 両者ダウン状態に。 このまま両者ダウンで無効試合かと思いましたがさちこ横綱が先に起き上がり顔面騎乗攻撃。 後から佐野直がカットしに来ますがそれを紫龍みおがさらにカット。 リング上に4人入り乱れる大乱闘です。 そのまま顔面騎乗3カウントで勝利。 勝者インタビューで木曽さんちゅうが質問するのですがさちこ横綱が答える直前にとある客が 「どすこいどすこーい!!」 と掛け声を飛ばしてました。 さちこ横綱がそれに合わせて張り手のモーションをし、気を撮り直して木曽さんちゅうが再びインタビューしようとしますがまた 「どすこいどすこーい!!」 と言われ張り手のモーションで返し、結局木曽さんちゅうは何一つインタビューできず仕舞いでしたwwww 試合はラストのメインイベント ラ・マルクリアーダ&鳳華 vs 平井さん&びりりあんみりんだ に続きます。

次の

フューチャーカード バディファイト

ティファ キャットファイト

最初からチョップを谷間で受け止めて返す等エロミックスプロレス的な展開が連続しています。 さちこ横綱インパクト強すぎ 後半戦に突入してきたCPE東京大会ですがセミファイナルはなかなかボリューミーな試合でした。 ルールはミックスプロレスのタッグマッチ。 男は男のみのタッグ、女は女のみのタッグチームでまとめられています。 男チームは佐野直・シバターのタッグ。 当日思い出したのですが佐野直の入場曲はファミコンのくにおくんのりゅういち・りゅうじのダブルドラゴン兄弟と戦う時のテーマですね。 やっとすっきりしました。 シバターは色気づいてきたのか茶髪セミロングヘアーになっています。 女チームはさちこ横綱・現役風俗嬢の紫龍みおのボリューミーコンビ 紫龍みおはガチ風俗嬢なので引退後の生活もあると思うので顔にモザイクかけてます。 顔見たい人は さちこ横綱の穴あきワンピースですがもう何がなんだかわからないですね。 カオスです。 ゴングが鳴ると紫龍みおと佐野直が対決。 握力比べでつかみ合いの後、 さすがに本職ですね。 ササッとダウンさせてます。 この後詳しくは忘れましたが何か関節技をかけてたはずです。 さちこ横綱がシバターをボッコボコ お互いにチェンジしてさちこ横綱とシバターにチェンジ。 威圧感かどうか分かりませんがさちこ横綱がシバターの攻撃を次々と跳ね返し、怯んだところをPKラッシュ。 途中紫龍みおにチェンジして股開きで3カウント取りにいきますがさすがにシバターもピョンと跳ね、3カウントを取らせません。 再びさちこ横綱が出てきてPKでボコリ、 紫龍みおが股開きっぽい謎の固めで3カウントを取ろうとしますが再び阻止。 すると紫龍みおが体操着の上だけ脱いでシバターの首に巻き付けダーティファイト。 苦しそうですね。 シバターも逆転しようと乳をガッツリ掴んで攻撃してます。 ここは詳しい内容は失念 シバターが佐野直にチェンジ。 しかし紫龍みおが勢いづいてきたようで乳ビンタ さらに乳ビンタ・・と乳ビンタラッシュで佐野直を追い詰めます。 乳にストラングルホールドと腕ひしぎ十字固め 佐野直が乳ビンタされて気でも狂ったのでしょうか?管理人の席からはカメラマンが邪魔して上手く撮れませんでしたが 元来腕を中心にかける技であるストラングルホールドをなぜか乳にかけています。 乳を中心に佐野直が回転し、会場大爆笑。 そこから今度は乳に腕ひしぎ十字固めをかけてます。 チョップを乳で受け止めて跳ね返すさちこ横綱 流れを一気に掴みに行くためにシバターとチェンジし、紫龍みおもさちこ横綱とチェンジ。 「ボディスラムか?」と思いましたが・・・ 不発。 両者ダウン状態に。 このまま両者ダウンで無効試合かと思いましたがさちこ横綱が先に起き上がり顔面騎乗攻撃。 後から佐野直がカットしに来ますがそれを紫龍みおがさらにカット。 リング上に4人入り乱れる大乱闘です。 そのまま顔面騎乗3カウントで勝利。 勝者インタビューで木曽さんちゅうが質問するのですがさちこ横綱が答える直前にとある客が 「どすこいどすこーい!!」 と掛け声を飛ばしてました。 さちこ横綱がそれに合わせて張り手のモーションをし、気を撮り直して木曽さんちゅうが再びインタビューしようとしますがまた 「どすこいどすこーい!!」 と言われ張り手のモーションで返し、結局木曽さんちゅうは何一つインタビューできず仕舞いでしたwwww 試合はラストのメインイベント ラ・マルクリアーダ&鳳華 vs 平井さん&びりりあんみりんだ に続きます。

次の

女性上位ミックスファイト Round.5 ~川崎亜里沙 編~

ティファ キャットファイト

5 対戦ファイター: 川崎亜里沙 人気シリーズの女性上位ミックスファイトの第5弾。 第1試合にはお馴染みの川崎選手が登場。 同じシリーズに同じ女優さんが出演するのは珍しいですね。 ですが、S性に定評のある川崎選手なのでこの企画にはマッチしているのかも知れません。 先制攻撃を仕掛けたのは川崎選手。 まずは打撃で男レスラーをリングに転がします。 川崎「女舐めんじゃないわよ!」 川崎「もうこれで終わり?」 しかし、まだまだ序盤。 男レスラーもこの程度では沈みません。 男レスラーも関節技で川崎選手を攻撃。 川崎選手はセクシーな声で苦しみます。 やっぱりヤラレ声がいいですね! 足を集中的に狙って川崎選手を苦しめます。 川崎「あああああ!!!」 受けの技術も高い川崎選手ですが、このままだとダメージが蓄積されます。 反転し何とかエスケープ。 マウントを取ると男レスラーを首絞め。 川崎「もしかして気持ちよくなってるんじゃないの?首絞められて」 負けじと首を絞め返す男レスラー。 前回の勝負ではこの接戦を制した川崎選手でしたが、今回は男レスラーに軍配。 更に足を極められ、絶叫する川崎選手。 中盤の攻防戦は男レスラーが有利に進みます。 しかし、川崎選手はまさかの噛みつきでこの技を脱出。 意外にダーティですw このチャンスをものにしたい川崎選手は得意のコブラツイスト! これは決まったか!!! ですが、今回の男レスラーは一味違います。 すぐさま逆転すると更に攻勢に出ます。 男「所詮男には敵いませんでしたって言ってみろ」 川崎「い、言わない、、、」 息も絶え絶えに何とか言葉を返す川崎選手。 劣勢です。 腕十字を極める男レスラー。 川崎「ああああ、やめて!!」 絶叫し弱音を吐いてしまう川崎選手。 ですが、まだ闘志は消えていません。 気合を入れ直し力任せに技を解きます。 男レスラーの腹を何度も踏みつけると勢いをつけてギロチンドロップ。 川崎「早く負けを認めなさいよ」 徐々に川崎選手のペースになってきました。 足で挟んでの3カウントを狙いますが、男レスラーも意地を見せ2カウントで返します。 男レスラーを打撃でダウンさせると顔を踏みつけます。 川崎「ほら、顔踏まれて気持ちよさそうだね?」 レフリーがカウントを取りますが、これも何とか2カウントで脱出。 ならばとギブアップさせる方向にシフトチェンジ。 川崎「男なのにあっさりと負けるわね?ほら、早く負けましたって言いなさいよ!」 川崎選手の太ももに締め付けられ息ができなくなる男レスラー。 川崎「ほら、あのカメラに向かって言いなさいよ!早く!!」 これは屈辱的!! 何かの大会とかでこんなこと言われた日にゃあ、男の尊厳丸つぶれです。 それでもギブアップしない男レスラーの腰を踏みつけ高笑いする川崎選手。 川崎「こんなやられてばっかで悔しくないの?ほら、かかってきないさいよ、その弱い力で」 これで勝負ありかと思いましたが、男レスラーも粘ります。 踏んでいる足を攻撃すると、川崎選手をダウンさせます。 そして、逆転の思いを乗せた電気あんま。 川崎選手、気持ちよさそうな声を上げてしまいます。 川崎「いや!いやぁ!!ああああ!!!」 これでギブアップすることはないでしょうが、メンタルにダメージを与えることはできます。 ここから流れを掴めれば、、、 しかし、今回の川崎選手にとってこの攻撃は逆効果でした。 男レスラーの猛攻を凌いだ川崎選手は 川崎「中々やるわね」 そう言うと大技・スープレックスで男レスラーをマットに沈めます。 大ダメージを負った男レスラーに 川崎「最後の大技決めてあげるから」 パワーボム炸裂!!!!! 男レスラーは断末魔の声を上げ痙攣するのみ。 すかさず抑え込むとそのままフォール。 男レスラーこれは返せませんでした。 美人に上に覆いかぶさられて3カウント取られるって最高だと思います。 ギブアップ負けもいいですが、何もできずに敗北のゴングを聞く羽目になるというシチュエーションもたまりませんね。 川崎「強い男って聞いてたけど全然大したことなかったね。 もっと強くなってから挑戦、挑みな!分かった?」 男「わ、わかりました、、、」 川崎「聞こえない!」 男「わかりました、、、」 川崎「よしよし、いい子だね」 年下に子供扱いされる屈辱よ、、、 男レスラーを踏みつけ 川崎「次はもっと面白い試合期待してるからね」 と勝利宣言。 完全に実力差を見せつけられた男レスラー。 敗北を植え付けられた彼のリベンジはあるのでしょうか?ww 今回も川崎選手のSっぷりと一級品のヤラレ姿を堪能できる仕上がりになっていました。 黒の大人っぽいコスチュームや青の華やかさも良かったですが、 赤色も不思議なエロスを掻き立ててくれます。 エロありの勝ち試合も今後出てくれることを期待したいですね!! 【ダウンロード版】 【DVD版】.

次の