成田 市 停電。 成田市

サービス内容

成田 市 停電

NEWS 7月10日(金)〜 夏をおいしく過ごす 夏GOURMET この夏にぜひとも食べていただきたい「夏のスタミナMENU、夏のスイーツMENU」をご紹介!• NEWS 6月26日(金)〜 ボンベルタのクリアランスSALE クリアランスならではのオトクがいっぱい! 最大70%割引の商品もあるのでぜひご来店ください!• NEWS LINE@でうれしいニュースをお知らせ 最新情報やお得ニュースが届くLINE@の「友だち」追加はこちら!• NEWS終了しました 7月10日(金)〜15日(水) 夏を涼しく過ごす 快適アイテム特集 これからの季節に最適な快適アイテム(衣料品、寝具から生活雑貨まで)を多数取り揃えています!• FEAR終了しました 7月10日(金)〜14日(火) おいしいものがいっぱい。 愛媛県 物産フェア 関東地方ではなかなか購入することができない愛媛県選りすぐりの商品を集めました!• NEWS終了しました 6月10日(水)〜7月11日(土) 夏のBonStamp 10スタンプでボンベルタお買物券500円分プレゼント! (お買上げ合計1,000円以上で1スタンプ押印)• NEWS終了しました 6月14日(日)〜21日(日) 父の日ギフト 父の日ギフトのぴったりの商品をたくさん用意しています! ぜひご来店ください!• NEWS終了しました 3月20日(金・祝)〜24日(火) 春の特別ご優待会を開催 イオンカード会員、ボンベルタWAON会員、G. GWAON会員さま限定のご優待会を開催します!• NEWS終了しました 3月20日(金・祝)〜24日(火) 北の味覚市を開催 毎回大好評の北の味覚市! 北海道の海から美味しい贈り物が届きます!• FAIR終了しました 2020年春のセレモニーフェア 行事ごとが多くなってくるこれからの季節。 「特別な日」の装いにとっておきの1着を• NEWS終了しました 〜2020年3月14日(金) ホワイトデーギフト特集 チョコレートだけではなくホワイトデーに喜ばれるギルトを集めています。 ぜひお立ち寄りください!• NEWS終了しました 2020年3月6日(金)〜8日(日) 会津うまいもの市開催! 会津うまいものを集めました。 また期間中、赤べこ/起き上がり小法師の絵付体験も同時開催!• NEWS終了しました 2020年2月29日(土)まで ボンベルタ成田市民図書館閉館のお知らせ 一昨年9月より、皆様にご利用いただいていました「ボンベルタ市民図書館」は2月29日(土)を持って閉館となります。 NEWS終了しました 2020年2月29日(土)まで 「成田市プレミアム付商品券」 「成田市プレミアム付商品券」を販売します!! 「成田市プレミアム付商品券」をご利用いただけます!!• NEWS終了しました 〜2月14日(金) バレンタインショコラフェスタ開催 ゴディバ、モロゾフ、メリーチョコレートといった人気のチョコレートブランドが勢揃い!• FAIR終了しました 2月7日(木)〜2月12日(水) 大阪・広島物産館フェア 大阪・広島の物産館から銘店が本館1階エスカレーター横に特設会場に出店。 お見逃しなく!• NEWS終了しました 〜2月10日(月)まで ホームコーディー店内商品 5%OFF イオンドラッグボンベルタ成田、マルエツ成田ニュータウン店の1000円以上の当日レート提示で5%OFF• NEWS終了しました 12月13日(金)~17日(火) クリスマスご優待会 イオンカード会員さま・ボンベルタWAONカード会員さま・G. GWAONカード会員さま限定のご優待。 NEWS 2019年12月5日(木)更新 ボンベルタ成田 NEW SHOP OPEN VAN CLUB[メンズ]は本館3階にThe Scotch Club[レディス](6日オープン)は本館2階にオープン。 ぜひお立ち寄りください!• NEWS 2019年12月1日(日) FUNAJUKUフットサルコート GRAND OPEN! 高密度人工芝を使用したフットサルコート。 プロサッカー選手のメソッドを取り入れたサッカースクールも行います。 NEWS終了しました 11月8日(金)〜11月12日(火) 冬の特別ご招待会 イオンカード会員、ボンベルタWAONカード会員、G. GWAON会員様限定フェアを開催• NEWS終了しました 11月7日(木)〜11月12日(火) 江戸打刃物実演と即売会・リサイクル着物フェア 刃物研ぎとリサイクル着物の展示販売フェアを開催します。 NEWS終了しました 11月8日(金)〜11月13日(水) 岩手宮城フェア 岩手県、宮城県の物産フェアを開催します。 NEWS 10月4日(金)更新 ボンベルタ成田の 最新情報はこちら! フェアやイベントなど、ボンベルタ成田の様々な最新情報を掲載! 要チェックです!• NEWS終了しました 10月18日(金)〜22日(月) 体感フェア ボンベルタ成田の人気ショップで、とっておき・お気に入り・おトクを味わえる5日間!• NEWS終了しました 10月19日(土)・20日(日) まちで見つけた 美味しいものフェア 地元の人気ショップが一同に会する2日間。 お見逃しなく!!• NEWS終了しました 2019年8月9日(金)〜15日(木) ふくい南青山291フェア 福井の特産や物産、名産を発信・販売する福井県のアンテナショップが期間限定でボンベルタ成田に登場!! お立ち寄りください!!• NEWS終了しました 2019年6月28日(金)〜 クリアランスSEAL 様々な店舗が参加するクリアランスセール。 クリアランスセールならではのオトクがいっぱい!• NEWS終了しました 2019年7月12日(金)〜 7月のイベント インフォメーション ボンベルタ特選家具市、まるごと高知フェア、金物市を開催! ぜひお越しください!• NEWS終了しました 2019年7月1日(月)〜 6月のイベント インフォメーション 横田真珠特別販売会や盆ちょうちん販売会などのイベントが盛り沢山!• NEWS終了しました 6月28日(金)~7月2日(火) 愛媛県物産フェア 関東ではなかなか手に入れることのできない愛媛県のおいしいものがいっぱい集まった物産フェア。 NEWS終了しました 6月20日(木) 乳がん検診受診しませんか? 6月20日に30代、40代対象に乳がん検診を実施します。 気になる方はぜひこの際に受診してください! 早期発見につながるかも! NEWS終了しました 6月7日(金)〜 ボンベルタではじめる 5つの夏支度 ヘアスタイルにファッション、スキンケアや暑さ対策快適グッズ、そしてひんやりスイーツなどの情報が盛りだくさん!• NEWS終了しました 6月7日(金)~6月11日(火) 「夏の味覚」が当たる スタンプラリー 期間中ボンベルタ館内でお買上げ1,500円(税込)以上でご応募いただけるスタンプラリー開催!• NEWS終了しました 6月7日(金)~6月11日(火) 上野公園前みはし、福ねこTOKYOの特別販売会 [上野公園前みはし]のあんみつ、[福ねこTOKYO]猫好きが贈る「福ねこ弁当」を特設会場で数量限定販売!• NEWS終了しました 6月7日(金)~6月11日(火) 夏の特別ご招待会開催 イオンカード各種、ボンベルタWAONカード・G. G WAON カードのご利用でご優待対象商品が特別価格でお求めいただけます。 NEWS ボンベルタ成田 NEW SHOP OPEN ボンベルタ成田に新しくオープしたショップをご紹介!• NEWS 4月20日(土)〜 新感覚アミューズメントパークが新設! 体を動かして親子で一緒に楽しめるスポーツアクティビティ。 お子様を連れてお越しください!• NEWS 3月27日(水)〜 おきがるBBQ GARDEN 3月27日オープン 友達や家族を誘って行きたい屋上でバーベキューが楽しめるBBQ GARDENがOPEN!• NEWS終了しました 5月30日(木)〜6月3日(月) 北のうまいもの自慢 北海道うまいっしょ市 北のうまいもの自慢を取り揃えました! 海産物やスイーツ等の選りすぐりをお楽しみください。 FAIR終了しました 5月1日(水・祝)〜12日(日) 母の日フェア 母の日ギフトをお買い上げで父の日ギフトに使えるクーポンプレゼント。 NEWS終了しました 2019年4月26日(金)〜 最新チラシはこちら! Bon Belta Times(ボンベルタ タイムス)でフェアやイベントなど、様々な情報が御覧いただけます!• NEWS終了しました 2019年5月2日(木・休)〜 GWイベント情報 ゴールデンウィーク中に開催されるイベントなどこちらをご覧ください。 FAIR終了しました 4月26日(金)〜30日(火) 三重テラスフェア 日本橋にある「三重テラス」より、三重の物産品や人気の銘菓等集めました。 NEWS終了しました ~4月30日(火・祝) 西川誕生祭 記念キャンペーン実施中 スリープナビにて西川誕生祭開催! 今だけのオススメアイテムいっぱい!• NEWS終了しました 3月21日 木・祝 ~3月25日 月 春のご優待会 ボンベルタWAONカード・G. G WAON カードのご利用で特別価格でお求めいただけます。 NEWS終了しました 3月23月(土)〜3月24月(日) お買物券が当たる! 大抽選会 お買上げ合計5,000円(税込)毎に1回、抽選会に参加いただける大抽選会開催!• NEWS終了しました 2019年2月9日(土)〜 最新チラシは こちら! Bon Belta Times(ボンベルタ タイムス)でフェアやイベントなど、様々な情報が御覧いただけます!• SHOP INFO 2019年2月10日(日)オープン トランクルーム 「marine box」オープン 「半年月額賃料半額」オープン記念キャンペーンを開催。 ご来店ください!• NEWS 2019年1月18日(金) 『おゆみの古着』が ボンベルタ成田にOPEN!! 千葉市おゆみ野で人気のUSEDセレクトショップ『おゆみの古着』がボンベルタ成田にOPEN!! NEWS終了しました 2019年2月10日(日)〜 3月のイベント インフォメーション 3月4日まで「ボンベルタ 中学校標準服 承り会」を開催中。 ぜひご参加ください!• FAIR終了しました 2019年1月23日 水 〜1月29日 火 物産館フェア開催 大阪・熊本・鳥取・広島・沖縄の物産館より人気の商品がボンベルタに大集合!• NEWS終了しました 2019年1月10日 木 〜14日 月・祝 2019 年賀状 ラッキーナンバー セール 平成31年お年玉付 年賀はがきで 割引や特典をゲット!!• NEWS終了しました 2019年1月1日 火・祝 ~ 新春初売り 今回も様々な初売り特典をご用意。 様々なイベントで2019年初売りを盛り上げます。 NEWS終了しました 2019年1月1日 火・祝 ~ クリアランスセール 開催 日頃のご愛顧に感謝してクリアランスセールを開催。 特別価格でお買い求めいただけます。 SHOP INFO 予約受付中 ザ・クロックハウス からのお知らせ アストロン史上最高性能 5Xシリーズデビュー• SHOP INFO 2018年10月21日(日) 買取ショップ 「WAKABA」オープン 金・貴金属・宝石・ブランド品・切手の買い取りなら本館4階「WAKABA」へ!• FAIR終了しました 2018年12月14日 金 ~18日 火 クリスマス ご優待会開催 対象のカード会員さまに限り5日間限定でご優待対象商品が特別価格でお買い求めいただけます。 SHOP INFO終了しました 2018年12月9日(日) みんなで考える こどもの事故と虐待 成田赤十字病院 小児科副部長古館 和季による「みんなで考えるこどもの事故と虐待」• FAIR終了しました 2018年11月9日(金)スタート 冬美支度 温かくて、楽しくて、美味しい、冬支度をお手伝いします。 FAIR終了しました 11月9日(金)〜12月10日(月) お歳暮ギフト 早期承り会 ボンベルタならではの冬の贈りものがいまだけオトクに!• FAIR終了しました 11月9日(金)〜11月13日(火) 冬のご優待会 カード会員さま限定で対象商品が特別価格でお求めいただけます。 FAIR終了しました 11月9日(金)〜11月11日(日) 大抽選会開催 ボンベルタお買物券が当たる大抽選会にご参加ください!• FAIR終了しました 11月9日(金)〜11月13日(火) スリープナビ 「冬のくらしMONOたち」 冬の快眠アイテムをご紹介します!• FAIR終了しました 2018年10月6日(土)・7日(日) 街で見つけた 美味しいものフェア 今回はボンベルタまちみつコラボ弁当も登場! 人気ショップもいっぱいです!• NEWS終了しました 2018年10月6日(土) 歴史・時代小説サロン 歴史小説・時代小説のご寄贈を受付いたします• FAIR終了しました 2018年10月5日(金)〜9日(火) 体感フェア NEW SHOPも加わって、恒例の体感フェアもますます盛り上がります!• NEWS終了しました 2018年9月30日(日) 中華の鉄人「陳建一」 料理パフォーマンス あの「陳建一」がボンベルタ成田にやってくる! 調理の実演&トークショーを一緒に楽しもう!• NEWS終了しました 2018年9月29日(土) 『ポールスター』の ジャズ演奏会 「楽しく」演奏して「楽しく」聴いてもらうことをモットーに活動している本格ビッグバンドの演奏会。 NEWS終了しました 2018年9月28日(金) いよいよ グランドオープン!! 生まれ変わったボンベルタ成田にご期待ください!! NEWS終了しました 2018年09月14日(金) 食品ゾーンを 拡大しました! 1階食品ゾーンの和洋菓子、地域の銘菓・銘店コーナーが充実!!

次の

【停電】総武本線・成田線、佐倉駅で架線断線が発生し、運転見合わせ

成田 市 停電

成田山新勝寺の表参道 国際線旅客数および貿易額日本最大の であるを有する国際・のである。 の客数日本一の()などで知られており、市の観光入込客数は推計で約1319万人、宿泊客数は約308万人を記録する日本屈指のでもある。 訪日観光客がよく利用する所謂「ゴールデンルート 」と称される - - - - - - - 成田 - 成田国際空港(またはその逆)訪日観光コース上の拠点(宿泊・周辺観光)となっている。 また、による広域観光周遊ルート形成促進事業の広域関東周遊ルート「大回廊」においても江戸回廊ルートとして組み込まれている。 古くから、の二大を有するとして栄えた。 にはが置かれるなど、までとの振興を二大施策とした農村型都市であった。 に入ると市の南東部に成田国際空港 の建設が決定され、(昭和53年)の空港開港や日本の期( - )とともに成田市の市域が拡大し、発展の影響から構造に多大な変化がもたらされる事になる。 現在では農業人口は減少し都市近郊農業型へと転換している。 その反面、や空港関連のなどが生まれ、新たなが創出された。 また観光面にも力を入れており、成田山新勝寺ではだけで270万人(非公式)、年間4000万人(成田市推計)ともいわれる参拝客で賑わう。 成田空港におけるの騒音であるが、成田市街地からは離れた丘陵部に位置しているため、航空機の騒音被害を殆ど受けない地域も多い。 航空機の騒音被害を受けるのは、空港の周辺と航路直下である。 空港用地の大部分は成田市に属するため、などの関連税収は成田市に入ることが多く、財政の豊かさは全国有数である。 しかし、空港用地の一部がかかるなどの被害は見過ごされがちであるのに対し、空港利益を独り占めしているという批判もある。 現在、地域と共生する空港づくり掲げ、航空需要の増大に従う騒音問題などに向き合っている。 なお、(平成30年)に開港40周年を迎えたが、現在も成田国際空港の完全開港はなされていない。 (昭和61年)にはの回避を目的とするに指定され、千葉県からは千葉新産業三角構想の中核都市として位置付けられている。 国の法に基づき(15年)に国際空港特区、同年には国際教育推進特区に認定された。 (平成18年)、、を吸収編入した。 による「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4つの観点から住みやすい都市を評価する「住みよさランキング」では、2009年度全国総合1位の評価を受けている。 また、通勤圏を考慮した新方式ではに次いで2位の評価を受けている。 地理 [ ] の北部中央に位置し、の千葉市から約25キロメートルの距離である。 のから50 - 60キロメートル圏内である。 成田市の中心市街地(市役所の位置)から成田国際空港までは更に約5キロメートル離れている。 に位置し、成田山新勝寺およびそのを中心に展開している。 面積は213. 84 平方キロメートル(千葉県下6位)で、県土の4. 市の南西部に門前町(旧市街地)とが、南東部の丘陵地帯に成田国際空港がある。 これらの地域郊外には地帯が広がる。 市の西部にある、北辺のとの県境を流れるからの取り込みを行っており、重要な水源でもある。 (極東)所字北割地先 - 東経140度28分21秒• (極西)北須賀字中外埜地先 - 東経140度14分57秒• (極南)南三里塚字東地先 - 北緯35度43分24秒• (極北)小浮字流作地先 - 北緯35度54分09秒 地形 [ ] 千葉県北部中央の北総台地に位置する。 標高は最低標高の1メートル(安西地先)から最高標高の42メートル(南三里塚地先)となっている。 成田市の市域の5分の3の面積は海抜10メートルから海抜40メートルの丘陵部であり、が地表を覆う高燥な台地となっている。 残りは印旛沼や根木名川水系から入る浸食谷による平らな低湿地帯であり、土地利用も全く異なる。 台地部では山林と畑が混在し野菜畑や落花生畑、牧草地などに、低地部は豊かな水に恵まれ水田に利用されてきた。 現在も美しい田園風景が広がっている。 また、の崖下に市街地が広がっており、「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」に該当する急傾斜崩壊危険区域が市内に68箇所ある。 成田層(固結した砂層)が雨水によって侵食され、固結粘土層との間にすべりを生じ関東ローム層とともに崩壊する事例が台風などによる大雨により発生する事が度々あり、擁壁工などの整備が進められている。 市域 広袤(こうぼう):東西20. 1キロメートル 南北19. 9キロメートル 自然 :、大須賀川、、、、荒海川、小橋川、取香川、十日川、派川十日川、竜台川 :北印旛沼、坂田ケ池、弁天池、バタ池(羽田池)、西池、浅間池• 坂田ケ池 気候 [ ] 年間の平均気温は14. 2度、年間降水量は1429. 1ミリメートル。 年間通して比較的温暖な気候に恵まれる千葉県の中では気温が低い。 1月の最低気温の平均はで1. 9度に対し、-2. 毎年氷点下5度以下を記録し、年間の0度未満の冬日日数は50 - 80日ほどであり、千葉県の沿岸部とは大きな気候の違いがある。 過去最低気温は(昭和59年)1月20日に-10. 7度を記録している。 春から夏にかけて南西の風が強く吹く事が多く、夜間にが発生する割合が高い。 霧が発生し易い理由としてで気温のが激しく、周辺の利根川、印旛沼、中小河川、耕地や水田などが多湿な状況を作り出している事が挙げられる。 2 48. 6 9. 7 49. 5 12. 7 54. 9 18. 0 64. 4 21. 8 71. 2 24. 2 75. 6 28. 1 82. 6 30. 0 86 26. 2 79. 2 21. 1 70 16. 4 61. 5 11. 8 53. 2 19. 1 66. 4 27. 5 29. 3 2. 0 35. 6 7. 2 45 12. 1 53. 8 16. 3 61. 3 20. 3 68. 5 21. 8 71. 2 18. 7 65. 7 12. 3 54. 1 5. 7 42. 3 0. 0 32 9. 4 48. 9 mm inch 61. 8 2. 433 62. 9 2. 476 115. 6 4. 551 116. 6 4. 591 119. 6 4. 709 144. 9 5. 705 123. 2 4. 85 117. 2 4. 614 214. 8 8. 457 202. 1 7. 957 99. 8 3. 929 50. 7 1. 996 1,429. 1 56. 264 出典: 成田航空地方気象台 隣接している自治体 [ ]• : 、• 歴史 [ ] 地名の由来 [ ] 成田(なりた)の地名の由来には諸説あり• () 成田付近にはの約3万年前からが居住していた事が、空港建設に伴う発掘調査(新東京国際空港No. 55遺跡())によって判明し、発掘された楕円形は千葉県内最古の遺物として位置づけられている。 縄文時代の南羽鳥中岫第1遺跡では、人頭形土製品などが出土し、国のに指定されている。 また関東地方最後の大貝塚であるなどがあり、縄文時代最後の土器とされる「荒海式土器」が発掘され、(佐倉市)の調査では稲作の可能性が明らかにされている。 西暦3世紀終わり頃の古墳時代、市内には多くの古墳が出現した。 近隣のや日吉倉古墳群を含め、約340基の古墳が存在する。 成田市は、水運に恵まれ、大和王権にとっては、重要なルート上に位置し、政治・軍事・経済上重要な地域だったとされる。 市域では、成田ニュータウンに位置するが全国的に有名であり、周堀と土堤をめぐらした完全な姿は偉容である。 また、古墳用の埴輪を焼いた登り窯(公津原埴輪窯跡)が古墳のすぐ近くで発見されたが、成田ニュータウンの造成により消滅した。 千葉県内には他にもう1ヵ所、木更津市畑沢に畑沢埴輪窯跡が発掘されたのみで、貴重な遺跡であった。 古文書に成田市域の地名が出るのは755年『』に「印波郡丈部直大歳、埴生郡大伴部麻与佐」の歌がみえる。 (はにふのこほり)は、成田市近辺と推測される。 『万葉集』「第20巻4392番」より和歌の詳細については、以下を参照。 事務所(三里塚御料牧場記念館) 中期、成田はとしての色を濃くしていった。 参拝者の増加と共に、飯屋やなどが次第に専業化していった。 記録によると、(元禄14年)には旅籠が1件も無い農村であったが、(天保14年)には旅籠32軒となっている。 当時の農村とはしては珍しく、煙草、刀剣の研、髪結、提灯、蝋燭、傘、下駄屋などがあり、との間を結ぶをはじめ、利根川の木下河岸(印西市)、常陸国を結ぶ滑川河川、香取・佐原・芝山・九十九里などを結ぶ道などが集中する交通の要衝として栄え、参拝者以外の旅人でも賑わった。 (明治14年)6月および(明治15年)6月に、が千葉県下の下総種畜場(後の)へする際に成田山を行在所(あんざいしょ)と定めた。 境内には「明治天皇成田行在所」の碑が建てられている。 1871年(明治4年)に旧成田市域はに属し、1873年(明治6年)千葉県に統合された。 1876年(明治9年)のでは、第10区11-16小区に属す。 明治11年、はと改称。 印旛郡公津新田が八生村に、下埴生郡成木新田が公津村に編入され、1897年(明治30年)下埴生郡が印旛郡へと編入され、旧市域はすべて印旛郡となる。 江戸時代にと呼ばれた馬の放牧地があり、明治時代に入るとその内の一牧「取香牧」(現・成田市取香・三里塚付近)に牧羊場が開場した。 以後、管轄となりで知られる「」となる。 この頃から下総台地の佐倉牧や小金牧などで開墾が行われ始め、成田の「十余三」はその13番目の開墾地名である。 「明治天皇成田行在所」 明治以後は観光の振興に力を入れ、交通の整備が急速に進んだ。 それ以前は東京から成田まで片道二日の行程が普通であったが、乗合馬車の整備により半日で到達可能になった。 また鉄道敷設の気運が高まり、1901年(明治34年)(初代)により成田 - 我孫子(現・)が開通、(現・)と接続し上野駅に直結させた。 1910年(明治43年)には、(現の前身)により成田門前 - 成田駅に県下初の電気軌道が運行を開始する。 大正末期には、成田駅の乗降客数は千葉駅に次ぐ千葉県内第2位まで増加した。 明治期の成田は成田山参詣の恩恵を受け、特に活気に満ちていた。 しかし急速に交通網が整備されたため、参詣客が増加する反面日帰り客の増加を招き、旅館業者の宿泊客が奪われ、転業するものが増えた。 もっとも産業自体は活気に満ちており、この頃登場し、現在でも成田名物として有名な「」など、薬、酒、たばこ、飲食、料理、土産物屋などが参道に店を連ねた。 町の発展に伴い、にあった物産陳列館も成田町に移され、町立千葉県物産館が開館した。 また成田町には成田分署、佐倉裁判所成田出張所、、大日銀行、九十八銀行、各保険会社の代理店などが置かれ、現市域の中枢としての機能を有していた。 に入り、によってもたらされた活況や、その反動により起こった恐慌にも成田の参詣客数には関係なく、宿泊客数も増加した。 この頃から、成田瓦斯会社(後に成宗電気軌道に合併)によって、市内にが灯るようになる、しかし、成宗電気軌道による電灯用電気供給により、以後ガス灯を圧倒していった。 成田の経済を象徴する物として、この頃成田銀行が一時経営不振に陥るが、その後川崎銀行の元で経営を再建、市内の中小銀行を併合し「総武銀行」、「千葉合同銀行」と改称、後に現在の「」となる。 大正期、成田は前のピークを形作る。 戦時中、『江戸時代、成田山の仁王門再建工事をしていた大工"辰五郎"が誤って高い足場から転落したが、成田山の焼印を押したお守りが二つに割れ、お不動様の霊験により怪我ひとつなく助かった』という地域内の言われから、出兵兵士達の間で成田山の「身代わり札」が流行した。 太平洋戦争末期、戦争の長期化により物資の不足が深刻化すると、成田山公園に設置されていた銅像やようかんの看板、として成田鉄道(2代)の鉄道線()、次いで軌道線(旧成田電気軌道[成宗電気軌道])が廃線となり国に供出された。 また、市内に直接的な空襲被害は無かったが、1945年(昭和20年)2月、八生国民学校校舎に米軍機が撃墜され墜落。 校舎が全焼する事件が起き、米兵の引渡し騒動など一部混乱はおきたが特に害は無かった。 1945年(昭和20年)8月15日、終戦を迎えたが相次ぐ凶作や急激な物価高騰の影響を受けて戦時下より一層生活困窮に陥った。 また、消息不明未帰還者が相次ぐなど、市内にも戦争の残した爪跡は決して少ない物では無かった。 成田市の誕生 [ ] 終戦後、1953年(昭和28年)に町村合併促進法が制定され、翌年の1954年(昭和29年)3月31日、成田町、、、、、の1町6村が合併し、(旧)成田市が誕生する。 成田は田園観光都市として、農業を中心とした都市形態であったが、1966年(昭和41年)6月22日の新東京国際空港建設計画(三里塚案)の発表、それに続くによる7月4日の()によって町は一変する事になる。 空港建設の決定に伴い、市議会は即時空港建設反対の決議をしたものの、翌月には決議を白紙に戻し、空港建設を積極的に協力する姿勢を打ち出した。 しかし計画地近辺の地元住民らを中心に、何の説明も無く意見を無視し国家権力を振りかざした新空港建設に、激しい憤りの声が挙がった。 市民の間では空港建設に対して賛否がわかれ、閣議決定に前後し、地元の約1千戸、3千人もの住民によってが結成。 1968年(昭和43年)には、反日共系などと共に決起集会を共催。 反対闘争は強化され、ついには死者を出すなど、深刻な社会問題と発展し、現代史に残るやとなる。 相次ぐ流血の惨事に成田市では「暴力行為の排除と信仰の町成田の平和と繁栄の為に市民の協力を願う」との主の声明を出す。 こうした混乱の中、1978年(昭和53年)5月20日、全国から約13,000人の機動隊員が動員され、厳戒態勢の中、現在の成田国際空港が開港した。 その後、空港関連事業として、の開通、内陸工業団地、が千葉県北総開発局(現・千葉県企業庁)によって造成され、現在では化が進んでおり、人口も増加傾向にある。 また、近年ではや大型が市内に立地し、北総地域の商業都市としての一面もある。 しかし、政府による空港建設の強行は、地域住民・日本国政府・地方公共団体との間の信頼関係を崩壊させ、用地買収も進まず、成田空港は開港から35年以上経つ今日でも完全開港が成されていない。 沿革 [ ] 成田山開基1070年祭(2008年)• ( 3年) : 成田山新勝寺開山(成田山縁起による)正式名称 成田山明王院新護新勝寺。 (15年): 成田村安養寺の聖観音菩薩坐像胎内に「成田郷 応永十五年」の銘が見える。 (成田の地名の初見。 安養寺の火災により聖観音菩薩は寺台の永興寺に移される。 (22年): 町村制施行により成田町、、、、、()、()の7ヶ町村が誕生。 (明治30年): 成田鉄道の佐倉 - 成田が開通。 には成田 - 滑川も開通。 : 下埴生郡が印旛郡に編入され、成田町以下6町村が印旛郡に属する。 (明治33年): より、長沼の沼地無償払い下げが認可される()。 (明治34年)4月1日: 成田鉄道の成田 - 我孫子が開通。 (明治43年) 第1トンネル跡(2012年)• : の成田山門前 - 成田駅前間開通。 成宗電気軌道の火力発電所から一般家庭に電灯用電力の供給が開始される。 県下で2番目の電力供給。 (明治44年): 多古線の成田 - 三里塚間が開通。 には三里塚 - 多古間が開通。 ( 3年): 千葉県営鉄道八街線の三里塚 - 八街間が開通する。 (大正 9年): 成田鉄道が国有化され、成田線と呼称。 (大正15年): 京成電気軌道(現・)酒々井 - 花咲町(仮駅)間が開通。 ( 5年): 京成電気軌道、花咲町 - 京成成田間開業。 (昭和13年): 成田山開基一千年祭記念開帳が始まる。 (昭和29年): 成田町、公津村、八生村、中郷村、久住村、豊住村、遠山村が合併し、成田市が誕生する。 千葉県内で11番目の市制施行。 人口44,724人。 (昭和33年): 成田市役所新庁舎落成(それまでは旧成田町役場の物を使用)。 (昭和41年)• : (当時)から県知事(当時)へ、国・県有地を中心に極力民有地の面積を抑えて三里塚に新空港を建設したいとの協力要請がされる。 突然の内定に建設予定地は大混乱に陥る。 : 県知事から成田市長(当時)に三里塚に新空港を建設したいと正式に協力を要請。 同日、三里塚小学校にて新空港説明会を実施。 大混乱となる。 : 閣議決定。 空港の建設予定地が千葉県成田市の周辺に決定する。 成田市議会が新空港反対決議を採択(賛成17・反対5・白票3)。 : 県は空港建設に伴う移転や、土地売買に関する相談を受け付ける「千葉県国際空港相談所」を開設する。 : 成田市議会、新空港反対決議を白紙撤回。 (昭和42年): 運輸大臣(当時)が成田入り、反対派が国鉄成田駅を占拠する。 (昭和43年)• : が開通。 甚兵衛渡しが役目を終える。 : が完成。 これにより成田-江戸崎線が開通。 茨城県と橋で繋がる。 : 国鉄千葉 - 成田間が。 (昭和44年)• 3月: 印旛沼開発事業竣工。 : 国道51号線(佐倉 - 佐原間)が6年の歳月をかけ舗装化。 (昭和45年)• : 資材輸送専用線(国鉄成田駅から分岐、大株から土屋地先に至る約2. 9キロメートル)が一部開通(全通は8月31日)。 : 新東京国際空港建設に伴い下総御料牧場閉場。 以降空港建設反対運動が激化する。 : 押畑に市総合運動場の第1期施設工事として大谷津運動公園野球場が開場。 6万7000平方メートルを造成して建設された。 (昭和47年)• : 成田ニュータウンへの入居が始まる。 :(現・) 富里IC - 成田IC間供用開始。 : 京成電鉄、 - 成田空港駅(現・東成田駅)間完成。 : が国営事業としてにより始まる。 (昭和48年)• : 成田空港A滑走路(4,000メートル)完成。 : 成田ニュータウンに中台運動公園がオープン。 中台運動公園野球場が開場。 - : 第28回(若潮国体秋季大会)の軟式野球(一般軟式)会場(大谷津運動公園野球場、中台運動公園野球場、成田高等学校野球場、西中学校野球場、中台中学校グラウンド)となる。 (昭和49年)• : 成田市公設地方卸売市場(青果部)開場。 : 成田市は、空港関連事業の予算見通しが立たなくなり、財政困難に陥る。 「非常事態宣言」を発令し財政再建対策委員会を設置。 (成田空港開港と共に解消。 以後好転に向かう。 (昭和50年): 市制20周年記念事業として、成田国際文化会館が開館。 (昭和50年)• : いずみ清掃工場が開設。 収集日が週3日になる。 : 新東京国際空港の安全確保に関する緊急処置法(現:)成立。 : 空港開港、翌日より運行開始。 : 京成が成田空港駅(現)乗り入れ。 新空港自動車道 成田IC - 新空港IC間供用開始。 (昭和55年): 成田用水の幹線がほぼ完成。 暫定通水開始。 翌年本格通水。 (昭和56年): 国道51号のが全面開通。 (昭和58年)6月: 千葉県は「」を策定し、成田市、千葉市、木更津市、の3市を核都市とした。 (昭和59年)10月27日: 市制30周年記念事業として、成田ニュータウン赤坂地区に市立図書館が開館。 (昭和60年): 東関東自動車道成田IC - 大栄IC間供用開始。 (昭和61年)• : 国鉄成田線、佐倉 - 成田間が複線化。 : 成田市、佐倉市、栄町、芝山町が国の国際観光モデル地区に指定。 国鉄成田駅西口広場が供用開始。 「第4次首都圏基本計画」において、成田広域連携拠点としてに指定される。 (昭和63年)• - : 成田山開基1050年祭記念開帳。 : と提携に調印。 : 成田市役所新庁舎落成。 業務開始(現庁舎)。 ( 2年): と提携に調印。 (平成 3年)• : 成田空港駅までJR・京成電鉄が開通。 : 成田空港問題第1回シンポジウム開催。 (平成 4年)• : 成田空港第2旅客ターミナルビルが開業。 : 京成成田駅と京成成田駅東口広場結ぶ京成成田駅東口地下道が完成。 (平成 5年)• : 運用開始。 : が終結。 : 成田空港問題第1回円卓会議が開かれる。 (平成 6年): が終結。 (平成14年): 成田空港暫定平行滑走路(B滑走路)供用開始。 (平成16年): 成田市制施行50周年記念式典が成田国際文化会館で執り行われる。 (平成17年): 人口が10万人に達する。 (平成18年)• : ・を編入合併。 人口120,237人となる。 : 環境マネジメントシステムの国際規格「」を認証取得。 (平成20年): 成田山新勝寺表参道の道案内となるモニュメント「時空の舞(ときのまい)」除幕式。 (平成21年)• 成田空港B滑走路が当初の計画より北側へ延伸され2,500メートル化、供用開始。 (平成22年)• : 成田市の第1回成田空港成長戦略会議を開催。 市の観光キャラクター「うなりくん」がデビュー。 - : 第65回(ゆめ半島千葉国体)の柔道・ゴルフ・ソフトボール会場となる。 : が設立、活動を開始。 : 成田新高速鉄道()が開通。 市内にが設けられる。 : 一坪田に大栄野球場が開場。 : 「成田空港に関する四者協議会」において、成田空港の年間発着容量30万回への容量拡大について国・千葉県・空港周辺9市町およびNAAの四者で合意。 (平成24年)• : 成田空港A滑走路が開港以来初の4000メートル全面運用を開始。 (平成25年)• : 成田空港が年間発着容量27万回化し、を導入。 (平成27年)• :スカイタウン成田(JR成田駅東口再開発ビル)が完成。 : 成田空港第3旅客ターミナル(LCC専用ターミナル)が開業。 : - 間開通、市内にが開設。 成田空港開港直後の1980年の成田市の人口は68,418人であり、2007年までに3万人程度増加している。 その殆どが市外からの転入者であり、当時の関係者の高齢化と供に成田空港問題を知らない住民が増えた事が成田空港問題の風化を早めていると言う指摘がある。 1995年に誕生した第4代・市長はその象徴であり、元社会党国会議員・一坪運動の地権者の一人(=用地収容反対運動)として登記された人物である。 成田市議会では平成9年11月、市内で起きた専務宅で発生した爆破事件をきっかけに、同年12月10日「過激派暴力集団の排除等に関する決議」を決議し、極左暴力集団の一掃と根絶を図る事を要望した。 また、成田市議会の他に、県内27市議会、千葉県議会、芝山町議会他51町村議会、山武郡市町村会及び 千葉協力会など203団体が同じく「極左暴力集団排除決議」を決議している。 方言 成田のは下流地域で使われる言葉である。 「…しましょう」「…だろう」、或いは「…でしょう」など、話し手の意思を表すのに「べー」がよく使われる(例: 遊んべー、行くべー)。 この「べー」も場所により「だっぺ」や「だべー」と違いが見られる(茨城県では「だっぺ」や「ぺ」が使用されており、茨城寄りになるほど「ぺ」が使われる頻度が高まる)。 また、単語にも地域の特性を持つ物や標準語に近い物がある。 しかし、最近では方言を使う人は減り、使用されているのは一部地域のみである。 平成の大合併 [ ] (平成15年)に成田地域任意合併検討協議会が初会合を開催 、 (平成15年)に成田地域任意合併検討協議会で、、、、、、、、、、の2市8町1村が法定協議会の規約を承認して翌月の参加各市町村の定例会に法定協議会設置の議案を提出することになった。 合併における争点の一つは、成田空港関連のなどの税収入をほぼ独占している成田市と、騒音問題を抱えているにもかかわらず、空港収入が少ない周辺市町村との温度差であった。 合併の枠組みは、が山武地区の合併協議会へ参加したため離脱し、2市8町1村による議論になったが、(平成15年)に成田市議会が11市町村での法定協議会設置を否決して市長の(当時)が辞意表明し 、空港圏合併任意協議会は解散した。 空港関連収入の取り分が少なくなる事を嫌って、その後成田市は「成田市への編入合併」を前提に、・・及び芝山町に対し合併協議参加を呼びかけたが、富里市・多古町・芝山町は「新設合併」を主張し不参加。 結果、2006年(平成18年)3月27日に下総町と大栄町を編入することが決まった。 成田市が富里市との新設合併を拒否した理由として、財政展望が明るくないことに加え、成田空港建設当時、富里・八街地区への空港建設案があり、両町村が激しい空港建設反対運動を展開したため、成田市への建設が閣議決定された経緯がある。 平成の大合併沿革• 2004年(平成16年)• 3月1日 成田市・下総町・大栄町合併協議会設置。 5月27日 千葉県知事が合併重点支援地域に指定。 2005年(平成17年)• 3月15日 合併協定調印。 3月16日 成田市、下総町の議会で合併申請議案可決。 3月18日 大栄町の議会で合併申請議案可決。 3月25日 県へ合併申請。 4月6日 臨時県議会で議決。 4月12日 県で合併決定。 5月13日 総務大臣による官報告示。 2006年(平成18年)• 3月27日 下総町・大栄町が成田市に編入合併。 平成の大合併後の動き• 2007年3月、千葉県により、市町村合併第2ステージ「千葉県市町村合併構想」が発表され、成田空港圏自治体連絡協議会や地域振興連絡協議会に参加した神崎町、栄町を含む、成田市、富里市、多古町、芝山町の2市4町案が提案される。 2007年11月より、成田市を除く、富里市、栄町、神崎町、多古町、芝山町の1市4町の首長による合併懇談会が開かれる。 2008年8月5日、富里市、栄町、神崎町、多古町、芝山町の1市4町の首長が成田市役所を訪れ、小泉一成市長に「千葉県市町村合併推進構想」に示された、成田市、富里市、栄町、神崎町、多古町、芝山町の2市4町による合併協議の申し入れを提出する。 2008年9月2日、成田市、富里市、栄町、神崎町、多古町、芝山町の2市4町の経済団体代表者らが成田市役所を訪れ、小泉一成市長に「2市4町による合併実現に関する要望書」を提出する。 2008年9月29日、富里市、栄町、神崎町、多古町、芝山町の1市4町の首長へ「合併協議申入れに関する回答書」で、新たな合併に取り組むよりも、当面の成田市の諸課題に全力を傾けていきたい旨を回答する。 行政区域変遷 [ ] 現在の成田市は1954年に新設合併で誕生したものである。 それ以前のについては当該項目を参照。 変遷の年表 成田市市域の変遷(年表) 年 月日 現成田市市域に関連する行政区域変遷 (明治22年) 施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。 旧成田市• 香取郡• (明治32年) 4月1日 豊住村の一部(田川)はに編入。 (昭和7年) の一部(日吉倉の一部)を編入。 (昭和17年) 本大須賀村は改称し になる。 (昭和28年) 遠山村の一部(の一部)は富里村とに編入。 (昭和29年) 豊住村の一部(興津)がに編入。 成田町・公津村・八生村・中郷村・久住村・遠山村・豊住村が合併し 成田市が発足。 (昭和30年) 滑河町・高岡村・小御門村が合併し 滑河町が発足。 同日、改称し になる。 大須賀村と昭栄村が合併して が発足。 (平成18年) 下総町と大栄町は成田市に編入。 その後の空港建設に伴い、成田ニュータウンの造成、内陸工業団地の造成など、大規模な空港関連事業が進められた。 1978年の空港開港からは、空港関連企業によって新たな雇用が生み出され、人口移入が増え続け、2005年には人口が10万人を突破した。 2006年に下総町、大栄町を併合し人口12万人を超え、現在も増加傾向にある。 総世帯数は50,342戸(2007年3月1日)。 人口推移 [ ] 総数 [単位: 人] 各年10月1日現在(2005年までは旧・下総町及び大栄町の人口を含まず。 ) 1920年 28,415 1925年 29,621 1930年 34,054 1935年 33,529 1940年 30,857 1947年 44,068 1950年 44,724 1955年 44,969 1960年 43,149 1965年 42,407 1970年 42,514 1975年 50,915 (5万人突破) 1980年 68,418 1985年 77,181 1990年 86,708 1995年 91,470 2000年 95,704 2005年 100,717 (10万人突破) 人口構成 [ ] 平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、1. 75%増の131,190人であり、増減率は千葉県下54市町村中10位、60行政区域中13位。 15-18代 (こいずみ かずなり) - 2007年(平成19年)1月22日 - 現職。 歴代市長• 初代 石原貞三 (いしはら ていぞう) - 1954年(昭和29年)4月27日 - 1956年9月24日• 2 - 5代 (ふじくら たけお) - 1956年(昭和31年)11月10日 - 1971年4月30日• 6 - 11代 長谷川録太郎 (はせがわ ろくたろう) - 1971年(昭和46年)5月30日 - 1995年5月29日• 12・13代 (おがわ くにひこ) - 1995年(平成7年)5月30日 - 2003年3月24日• 14代 小林攻 (こばやし おさむ) - 2003年(平成15年)4月28日 - 2006年12月4日 (2006年12月2日、収賄容疑で逮捕。 2007年9月14日、千葉地裁にて懲役2年、追徴金1200万円の実刑判決) 政策 [ ] 都市宣言• 世界連邦平和都市宣言 昭和33年10月31日宣言• 公明選挙都市宣言 昭和39年12月21日宣言• 交通安全都市宣言 昭和41年9月22日宣言• 平成7年2月21日宣言• スポーツ健康都市宣言 平成16年11月7日宣言 市のキャッチフレーズ• 空港(そら)交流(ふれあい)希望(ゆめ)創造都市成田 成田市民憲章(昭和46年11月3日制定) 信仰のまち、世界に通ずるまち成田は、わたくしたちのふるさとです。 ゆたかな自然と文化にめぐまれてきたわたくしたち成田市民は、大きな希望と誇りをもって世界に伸びようとしています。 わたくしたちは、成田のかがやかしい発展とおたがいのしあわせをねがい、市民憲章をさだめます。 1, 親切な心で 平和な成田を つくりましょう。 1, よろこんで働き 豊かな成田を つくりましょう。 1, きまりをまもり 住みよい成田を つくりましょう。 1, 自然と文化を大切にし 美しい成田を つくりましょう。 1, 若い力をそだて 明るい成田を つくりましょう。 業務核都市基本構想 [ ] 東京圏の都市問題解決を図るため、業務機能をはじめとする諸機能の適正配置の受け皿として地域の広域中心都市となるべき都市がに指定された。 千葉県では、千葉市を中心とする区域、木更津市を中心とする区域、成田市を中心とする区域及び、柏市を中心とする4つの区域が業務核都市として位置付けられている。 県は、多極分散型国土形成促進法に基づく、成田・千葉ニュータウン業務核都市基本構想 を策定し2004年3月23日主務大臣(国土交通省、、、厚生労働省)の承認を得て、同年4月6日県報に告示した。 今後は、本基本構想に基づき、成田地域(成田市、富里市(一部))と千葉ニュータウンの中央部・東部の地域(印西市(一部)、白井市(一部))を一体の業務核都市として国、県、地元市町村等と連携を図りながら、積極的に育成整備を推進していくことになる。 成田地域の業務施設集積地区の区域 地区名 位置(町名・字名等) 面積 成田空港周辺地区 成田市 (一部)、(一部)、(一部)、駒込(一部)、(一部)、小菅(一部)、(一部)、成田新高速鉄道用地 約200ha 成田都心地区 成田市 土屋(一部)、寺台(一部)、郷部(一部)、成田、幸町、仲町、田町、本町、上町、新町、馬橋、東町、囲護台一丁目、二丁目、三丁目(その他一部)、加良部三丁目、中台五丁目、花崎町(一部)、不動ヶ岡(一部)、南平台(一部) 富里市 日吉台一丁目(一部)、二丁目(一部)、成田新高速鉄道用地 約435ha 産業政策 [ ] 千葉県では、1983年6月に「千葉新産業三角構想」を策定した。 これは県内陸部への先端技術産業導入推進による工業構造の高度化と均衡のとれた地域構造の実現を目指すものとして推進されてきた。 その後、1994年に「ちば新産業ビジョン」を策定し、県内の国際産業母都市化を目指し一定の成果を収めてきたが、国際化の進展・人口減少社会への移行等の課題に対応し、新たな県の産業振興の戦略・指針として「千葉新産業振興戦略」2006年6月に策定した。 千葉新産業三角構想 - 千葉県では、「構想」、「構想」、「成田国際空港都市構想」の3つ構想を軸とした。 成田市が含まれる、成田国際空港都市構想では、空港が持つ国際物流機能を生かしつつ• 国際物流機能の集積• 先端技術産業を中心とした臨空工業団地の整備 これらを基本に、国際交流拠点として高次の都市機能を備えた国際空港都市の形成をめざすとされている。 現在、「成田国際物流複合基地」の事業が進められている。 また、近隣の臨空工業団地では、現在100を越える企業が立地し、拠点性が高まっている。 千葉新産業振興戦略 千葉県では、7地域の潜在力・可能性戦略として、東葛地域、京葉臨海地域、かずさ地域、千葉地域、長生・山武地域、安房周辺地域、成田周辺地域を核として産業振興をはかるとしている。 成田市が含まれる成田周辺地域では、物流産業の集積と首都圏の食糧生産供給の効率化の推進として空港関連産業・国際物流・新ロジスティック産業が集積するほか、首都圏の食料供給基地としての役割を担うとされている。 具体的な政策として、物流施設立地促進のためのインフラ整備・規制緩和、効率的な物流システムの構築が進められている。 財政 [ ] 歳入のうち市税が全体の55. その中でもの比重が高く、固定資産税全体の64. しかし、住民税は景気低迷とその対策として実施された大規模な特別減税や恒久的減税の影響が大きく、評価替え及び大規模償却資産に対する県課税が発生した事に伴い減少している。 また、市税全体の推移を見ると平成10年に落ち込み、以後微増傾向にあったが、平成14年度以降減少傾向である。 財政力指数 地方公共団体の基盤の強弱を示すは、平成23年度1. 35である。 この数値が大きいほど財政力が大きく、「1」以上の場合極めて健全な財政とされ、は交付されない。 成田市は平成16年度78. 年々増加する社会福祉費や生活保護費などにより上昇傾向にある。 ラスパイレス指数 全国市町村職員の給与水準を示す(国を100としたもの)では、平成24年度111. 8と全国で12位の高さとなっている。 また県内では、君津市(113. 7)、香取郡神崎町(112. 7)、市川市(112. 4)、鎌ケ谷市(112. 0)に次ぐ5位である。 議会運営委員会• 常任委員会• 教育民生• 経済環境• 建設水道• 特別委員会• 空港対策• 交通対策• 健康づくり• 議会改革• 大学誘致調査• 平成23年度一般会計決算額• 歳入647億9,416万円(うち市税307億5,688万円)• 歳出609億3,741万円• 特別会計決算額• 歳入206億5,264万円• 歳出198億7,439万円 行政組織 [ ] 行政組織図 [ ] 市職員数は1178人(平成25年4月1日現在 市長、副市長及び教育長を除く。 会計管理者 - 会計室• 副市長• 企画政策部 - 企画政策課 成田ブランド推進室・大学誘致推進室 ・秘書課・広報課 国際交流室 ・人事課• 総務部 - 総務課・行政管理課・管財課・契約検査課 工事検査室 ・危機管理課• 財政部 - 財政課・市民税課・資産税課・納税課 債権回収対策室• 空港部 - 地域振興課・空港対策課• 市民生活部 - 市民課・保険年金課・市民協働課 市民相談室 ・交通防犯課・下総支所・大栄支所• 環境部 - 環境計画課・環境対策課・クリーン推進課・環境衛生課• 福祉部 - 社会福祉課・高齢者福祉課・障がい者福祉課・介護保険課• 健康こども部 - 子育て支援課・保育課・健康増進課• 経済部 - 観光プロモーション課・商工課・農政課・卸売市場• 土木部 - 土木課・道路管理課・建築住宅課・下水道課• 都市部 - 都市計画課・市街地整備課 再開発事業室 ・公園緑地課・街路課• 水道事業 - 水道部 - 業務課・公務課• 議会 - 事務局• 監査委員 - 事務局• 農業委員会 - 事務局• 選挙管理委員会 - 事務局• 教育委員会 - 教育長• 教育総務部 - 教育総務課・学校施設課・学務課・教育指導課・学校給食センター・大栄幼稚園・小学校・中学校• 生涯学習部 - 生涯学習課・生涯スポーツ課・公民館・図書館• - 消防長• 消防本部 - 消防総務課・予防課・警防課・指揮指令課• 署 - 成田消防署・赤坂消防署・三里塚消防署・大栄消防署 役所 成田市消防本部• 成田市役所(本庁舎)成田市花崎町760番地• 成田市下総支所(旧下総町役場)成田市猿山1080番地• 成田市大栄支所 成田市松子413番地1 警察• (管内は、成田市・富里市並びに印旛郡栄町の一部<安食地区>)• (管内は、成田国際空港供用区域)• 成田合同庁舎• 成田方面隊• 成田分駐隊• 高速道路交通警察隊成田分駐隊• 成田方面隊• 北総地区少年センター 消防• 成田消防署• 飯岡分署• 三里塚消防署• 空港分署• 赤坂消防署• 公津分署• 大栄消防署• 下総分署• 消防団(12分団97ヶ部)• 第1分団 成田地区 9ケ部• 第2分団 公津地区 11ケ部• 第3分団 八生地区 8ケ部• 第4分団 中郷地区 8ケ部• 第4分団 久住地区 11ケ部• 第6分団 豊住地区 7ケ部• 第7分団 遠山地区 12ケ部• 第8分団 滑川・小御門 6ケ部• 第9分団 高岡・名木 5ヶ部• 第10分団 大須賀・桜田 6ヶ部• 第11分団 津富浦 7ヶ部• 第12分団 前林・川上 7ヶ部• - 空港における大規模災害に備えた空港内専用消防署。 西分遣所• 2ビル待機所 裁判所• 当市にはは所在しない。 近隣の佐倉市にある、佐倉支部、佐倉支部、を利用する。 治安・事故 成田市の治安状況は成田空港の影響もあり、平成14年度の刑法犯認知件数4,042件を記録し、平成15年より治安悪化の煽りを受けて成田防犯連合会が組織され、犯罪の予防警戒、自主防犯活動、青少年非行防止及び健全育成のための活動などが行われている。 また、成田市交通防犯課では防犯パトロールカー(白黒塗装)で市内を巡回し防犯を呼びかけるアナウンスを流すなどし、現在は認知件数は減少傾向にある。 市内で起こった主な事件・事故・自然災害 名称 発生年月日 備考 宗吾門前火災 1910年(明治43年)9月 宗吾霊堂の諸堂、門前の民家73戸を焼失。 米軍機撃墜火災 1945年(昭和20年)2月 八生国民学校全焼。 花咲町火災 1945年(昭和20年)5月9日 被災世帯184世帯。 1954年(昭和29年)2月17日 台風25号(根木名川氾濫) 1955年(昭和30年)10月11日 流失家屋3戸、床上浸水33戸、床下浸水99戸、耕地冠水被害。 (根木名川氾濫) 1958年(昭和33年)9月27日 床上浸水17戸、耕地冠水被害。 1968年(昭和43年)2月26日、3月10日、3月31日 1971年(昭和46年)2月22日 - 3月6日、9月16日 - 9月20日 千葉県警察成田警察署爆破事件 1971年(昭和46年)8月7日 1971年(昭和46年)9月16日 1978年(昭和53年)3月26日 1985年(昭和60年)6月23日 1985年(昭和60年)10月20日 M6. 7 1987年(昭和62年)12月17日 成田空港など市内に被害。 東京都東部地震 M6. 0 1988年(昭和63年)3月18日 市内の高速道路、河川堤防に亀裂が生ずる被害。 1992年(平成4年)9月14日 1999年(平成11年)11月11日 降 2000年(平成12年)5月24日 負傷者1名、建物一部損壊103棟、床上浸水2棟、床下浸水6棟。 佐野地先林野火災 2002年(平成14年)3月21日 山林3ヘクタール焼失。 突風被害(規模推測F1) 2003年(平成15年)10月13日 茨城県、成田市赤荻地区、宗吾地区などで、置の倒壊、屋根瓦が飛ばされる被害。 2009年(平成21年)3月23日 (M9. 0) 2011年(平成23年)3月11日 震度6弱を観測。 重傷者1名、建物全壊4棟、半壊64棟、一部損壊1,286棟、断水232戸、停電、道路損壊被害。 台風26号(猛烈雨) 2013年(平成25年)10月16日 市内で土砂崩れ発生。 死者1名、建物全壊3棟、建物半壊1棟その他床上・床下浸水被害。 成田市刑法犯認知件数の推移 年\区分 総数 凶悪犯 粗暴犯 窃盗 知能犯 風俗犯 その他刑法犯 特別法犯 昭和50年 623件 10件 33件 537件 14件 10件 19件 20件 昭和55年 1,104件 6件 31件 1,011件 34件 3件 19件 271件 昭和60年 1,609件 11件 22件 1,462件 73件 1件 40件 69件 平成2年 1,350件 6件 54件 1,114件 90件 7件 79件 34件 平成7年 2,685件 8件 66件 2,230件 203件 3件 175件 49件 平成12年 3,976件 38件 122件 3,347件 46件 8件 415件 53件 平成17年 3,248件 10件 76件 2,643件 156件 8件 355件 74件 平成20年 2,265件 9件 100件 1,730件 108件 15件 303件 299件 平成21年 2,440件 8件 79件 1,940件 81件 5件 327件 284件 平成22年 2,129件 7件 66件 1,671件 93件 5件 287件 193件 平成23年 1,743件 4件 60件 1,396件 57件 6件 220件 122件 平成24年 1,804件 9件 70件 1,396件 70件 12件 247件 110件 平成25年 1,708件 - - - - - - - 平成26年 1,858件 - - - - - - - 平成27年 1,523件 - - - - - - - 平成28年 1,495件 - - - - - - - 平成29年 1,418件 - - - - - - - 平成30年 1,251件 - - - - - - -• 区分\年 平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 発生件数 1,610件 959件 894件 751件 776件 720件 656件 689件 死者数 8人 5人 11人 10人 3人 9人 13人 15人 傷者数 1,489人 1,202人 1,202人 972人 996人 926人 855人 894人 広域行政 [ ] 県議会• 成田市単独で千葉県議会の選挙区(成田市選挙区、定数2)を構成する。 も参照。 衆議院小選挙区• に属する。 印旛利根川水防事務組合• 、、、佐倉市、、栄町、酒々井町及び本市の6市2町で構成されている。 佐倉市、四街道市、印西市、、、富里市、酒々井町、栄町及び本市の7市2町で構成されている。 八富成田斎場• 八街市、富里市及び本市で管理運営されている。 国の機関 [ ]• 佐倉支局成田出張所• 千葉労働局成田• 千葉労働局成田パートサテライト 空港関連機関• 東京航空局• 成田空港事務所• 大臣官房総務課成田分室• 成田航空地方気象台• 厚生労働省• 成田空港検疫所• 成田税関支署• 東京税関成田航空貨物出張所• 横浜植物防疫所成田支所• 動物検疫所成田支所 県の機関 [ ]• 千葉県水道局成田給水場• 千葉県水道局千葉ニュータウン営業所成田支所• 千葉県土整備部成田土木事務所• 千葉県土整備部北千葉道路建設事務所• 千葉県健康福祉部印旛健康福祉センター成田支所() 成田ナンバー [ ] 国の規制緩和によりが認められ、2006年(平成18年)10月10日から「成田」ナンバーが導入された。 対象地域は成田市、富里市、山武市、香取郡神崎町・多古町、山武郡芝山町・である。 なお旧ナンバーは「千葉」。 当初、小林攻市長(当時)はローマ字での「NARITA」ナンバーの創設を要望したものの、「地域名は漢字二文字」という原則により2005年7月29日「成田」ナンバーと決定した。 排気量125cc以下の二輪車についてはローマ字「NARITA」の併記が認められ、2006年3月27日の新市発足と同時に交付された。 議会 [ ] 市議会 [ ] 成田市公設地方卸売市場 公設の地方卸売である(成田市場)がある。 に含まれることが決定したことから、市場内で・などの輸出手続きをワンストップ化し迅速化を図るなど、国際物流拠点としての機能強化の実証試験も行われている。 かつては農業が盛んであり、近郊農業の中心地の一つであったが、1960年代以降農業従事者は減少している。 産業別人口 (農業のみ平成27年千葉県農業基本調査、そのほかは2000年国勢調査)• 農業 2,731人• 漁業 10人• 林業 2人• 合計 2,743人 組合• (本所) 第二次産業 製造基地としては、成田空港周辺の工業団地群があり、成田市には3つの工業団地と1つの物流団地がある。 これらの工場は成田空港と密接に関連している。 製造品出荷額では千葉県内第17位である(平成18年度)。 産業別人口• 製造業 4,921人 9. 建設業 3,013人 6. 鉱業 21人 0. 合計 7,955人 15. 1 従業者数 人 3,457 4,987 100. 5 製造品出荷額(万円) 14,387,888 17,966,703 93. 9 付加価値額(万円) 7,965,771 8,449,524 86. 0 第三次産業 成田国際空港株式会社本社ビル 成田市で最も多いのが、三次産業への従事者であり、成田空港関連事業の大半がこれに含まれる。 産業別人口• サービス業 14,639人 29. 卸売・小売業・飲食業 11,567人 23. 運輸・通信業 8,029人 15. 公務 3,394人 6. 金融・保険業 1,128人 2. 不動産業 463人 0. 電気・ガス・熱供給・水道業 272人 0. 39,492人 78. 大正の以降、煉瓦の弱点である耐震性が露呈し衰退していったが、現在でもその面影を市内で見る事が出来る。 また、香取郡高岡村高田(現・成田市高岡)の粘土で作られた煉瓦はに建つ「」建設の際、実に19万3千枚が使われた。 約130年を経た現在でも建ち続ける灯台は、高度な設計と良質な煉瓦でこそ成しえた技である。 下総鬼瓦 かつては工芸品の下総鬼瓦も重要な産業の一つだったが、今では千葉県下唯一の鬼瓦工場がこの町に残るのみとなり、千葉県の伝統的工芸品に指定されている。 商業 [ ] ユアエルム成田店 北総地域の商業は成田市を中心として成田商圏が形成されている。 千葉県の平成18年度消費者購買動向調査(1968年度から3 - 5年ごとに実施、前回調査は平成13年)では、成田市の人口122,776人に対し、商圏地域市町村数9市7町2村。 商圏人口892,487人。 消費吸引人口272,359人。 消費吸引人口率221. また周辺の市町村にもその効果が波及し、大型店舗の立地も進みその拠点性を高めている。 一方で、競争の激化などから成田店が撤退するなどしている。 なお、平成18年に成田店が撤退したが、平成27年にがほぼ同じ場所にオープンした。 成田国際空港の商業施設売上高は1246億円(2018年3月期)に達する。 流通関係者の間で成田国際空港は「売上高日本一のショッピングセンター(SC)」として知られている。 ショッピングセンター業態(テナント集積)として1000億円以上を売るのは成田国際空港だけであり、()、(同)などの有力ショッピングセンターを抑えて頭一つ抜けた規模になる。 1 89. 3 87. 4 242. 7 221. 主な商業施設(店舗面積が10,000平方メートル以上の店舗もしくは記事化している店舗)• (ウイング土屋)• 成田店(公津の杜)• がキーテナント• (成田ニュータウン)• 食品売り場は• (成田市中心部・富里市日吉倉)• 核店舗は• 成田国際空港• 企業 [ ] 市内に本社・本店を置く企業 [ ]• (本社・航空会社)• (本社・航空会社)• (航空機用の製造)• (本社・航空会社)• (羊羹と和菓子の製造)• 市内の主な工場・事務所• (成田工場・中央研究所)• (成田工場)• (成田工場・磁石合金の製造など)• (成田PC工場)• (成田事務所、梱包、運輸、倉庫)• (成田工場)• (成田工場)• (成田工場・航空機用支援機材の設計・製作・修理など)• 航空機整備カンパニー(東京整備工場・ホイール・客室装備品の整備など)• (成田工場・自動車用車体部品)• (成田工場)• (パーツサプライ&テクニカルセンター) 金融 [ ]• - 成田支店(成田空港出張所)、成田西支店、成田空港支店• - 成田支店、成田西支店、成田空港第二出張所• - 成田支店、成田西支店• - 成田支店• - 成田空港支店(成田国際空港出張所、成田空港第2ビル出張所、成田国際空港第三出張所、成田国際空港第二出張所)• - 成田支店(成田空港出張所、成田空港第2出張所)• - 成田支店、下総支店、大栄支店• - 成田支店、赤坂支店、三里塚支店• - 成田支店 物流 [ ] 成田空港の貨物取扱量は約224万トンで世界第3位(2006年:)と世界有数であり、成田市や近隣市町村(芝山町・多古町・横芝光町)には多くの物流基地が進出している。 現在、千葉県の成田国際空港都市構想の一環として成田国際物流複合基地の整備が進行している。 ここ数年の貨物取扱量はほぼ横ばい状態が続いている。 市内の主な物流拠点• 成田エアカーゴセンター• ロジスティクス 成田ロジスティクスセンター• サプライチェーン株式会社 成田物流センター• 成田営業所• グローバルロジスティクスセンター• 成田空港物流センター• 成田ロジスティクスセンター• 成田カーゴセンター• (旧東急ロジスティック) 成田空港支店• 成田営業所• 成田ロジスティック・ターミナル (グループ)• 成田オペレーション統括支店 (との業務提携)• 成田営業所 主な宿泊施設 [ ] ANAクラウンプラザホテル成田 主に成田空港利用者や、航空会社クルー向けのホテルが多い。 成田駅周辺には、成田山への観光客を主要客としてきた旅館やホテルなどが多いが、成田空港にも程近いため、外国人観光客の宿泊客も増加傾向にある。 成田空港周辺• - (平成元年)に「成田全日空ホテル」として開業し、(平成19年)に名称変更。 - (昭和60年)に「成田東急イン」として開業し、(平成5年)に「ホテル成田東急」、(平成14年)に「成田エクセルホテル東急」に名称変更。 (平成30年)に現名称に変更。 - 「ホリディ・イン成田」として地元の地権者が設立したものをが営業権を継承して(昭和62年)に「ホリディ・イン東武成田」として開業。 (成田空港内)• スカイハートホテル(旧成田ホテルスカイコート成田)• インターナショナルホテル成田 - (平成7年)開業。 (イシン・ホテルズ・グループ)• 成田空港• JR・京成成田駅周辺• 成田菊水ホテル• インターナショナルガーデンホテル成田(イシン・ホテルズ・グループ)• 成田U-シティホテル• (旧メルキュールホテル成田)• コンフォートホテル成田(チェーン)• 京成成田駅前• 成田 - (平成19年)に開業。 姉妹都市・提携都市 [ ] 国際交流 [ ] 外国人登録者数は約2,400人であるが、海外からの観光客や空港関係者も多く、市内の街中では様々な言語が飛び交う。 また、市内の外国人登録数は年々増加傾向にある。 外国人登録数:総数2,448人(平成17年12月末) 内訳:(単位:人) 国籍別(上位) 人数 521(22. にの締結をした。 といわないのは、「姉」「妹」という上下関係が連想されるためである。 (2年)に姉妹都市(友好都市)となる。 もともとは、成田ロータリークラブとサンブルーノ・ロータリークラブが姉妹クラブとなっていたことに由来する。 中区()• (平成10年)に「友好交流推進協議合意書」を調印し友好都市となる。 これ以前より、行政・スポーツの分野での交流が盛んであった。 (大韓民国)• (平成14年)に「友好交流推進協議合意書」を調印し友好都市となる。 などの交流がある。 ネストベズ市(ストアストロムス県)• (平成15年)に「友好交流合意書」に調印し友好都市となる。 成田市の福祉関係職員を研修のためにネストベズ市へ派遣し、福祉行政を中心に交流を進めてきた。 フォクストン()• (平成7年)旧下総町との間に姉妹都市提携を締結。 1992年より下総中生徒を親善大使として派遣するなど交流がある。 (())• (平成28年)に友好都市の締結。 また、同時に成田国際空港もとの姉妹空港覚書を締結した。 地域 [ ] 地区 [ ] 成田市は大まかに成田山新勝寺の門前町(成田地区)、地区、空港地区(遠山地区)、農村地区、工業団地地区に分かれる。 市内の地域区分は、市制施行以前の町村区分と平成の合併以前の町で地域区分されている。 地区 大字 成田地区 成田、田町、東町(あずまちょう)、本町(ほんちょう)、仲町(なかまち)、幸町(さいわいちょう)、上町(かみちょう)、花崎町(はなざきちょう)、馬橋(まばし)、新町、南平台、土屋、寺台、郷部(ごうぶ)、不動ヶ岡、ウイング土屋、囲護台(いごだい)、美郷台 ニュータウン地区 赤坂、吾妻(あづま)、加良部(からべ)、橋賀台(はしかだい)、玉造、中台 公津地区 八代、船方、北須賀、台方(だいかた)、下方、大袋、江弁須(えべす)、飯田町(いいだちょう)、並木町、飯仲(いいなか)、宗吾、公津の杜(こうづのもり)、はなのき台 八生地区 松崎(まんざき)、(おおだけ)、上福田、下福田、宝田、押畑、山口、米野 中郷地区 野毛平(のげだいら)、東金山、関戸、和田、下金山、新妻(にっつま)、芦田、東和泉、西和泉、赤荻 久住地区 芝、大室、土室(つちむろ)、小泉、成毛(なるげ)、大生(おおう)、幡谷(はたや)、飯岡(いのおか)、久住中央、荒海(あらうみ)、磯部、水掛(みずかけ)、新泉(しんいずみ) 豊住地区 北羽鳥、長沼、南羽鳥、佐野、竜台(たつだい)、安西、南部、北部 遠山地区 小菅、大山、馬場、久米、久米野、山之作(やまのさく)、吉倉、東和田(とうわだ)、川栗、畑ヶ田(はたけだ)、、本城(ほんじょう)、(こまいの)、(とっこう)、堀之内、新駒井野、長田、(とよみ)、(てんじんみね)、(とうほう)、(ふるごめ)、、(てんなみ)、御所の内、、、、、、、 下総地区 猿山、大菅、滑川(なめがわ)、西大須賀、四谷、新川、名古屋、高倉、成井、地蔵原新田、青山、倉水、名木(なぎ)、冬父(とぶ)、中里、七沢、高岡、大和田、高(たか)、小野、小浮(こぶけ)、野馬込(のまごめ)、平川 大栄地区 伊能、奈土(など)、柴田、堀籠(ほうめ)、村田、所、桜田、南敷(なじき)、馬乗里(まじょうり)、横山、浅間(せんげん)、東ノ台(ひがしのだい)、大沼、久井崎(くいざき)、稲荷山(とうかやま)、中野、津富浦(つぶうら)、松子(まつこ)、臼作(うすくり)、吉岡(きちおか)、新田(しんでん)、一坪田(ひとつぼた)、前林、水の上(みずのかみ)、川上、多良貝(たらがい)、大栄十余三(たいえいとよみ)、官林(かんりん)、一鍬田(ひとくわだ) 新勝寺門前町 [ ] 成田駅(JR東日本)および京成成田駅(京成電鉄)から成田山新勝寺にかけての地区。 成田市の旧市街地にあたる地域で、地元では 町中(まちなか)と呼ばれている。 昔ながらの成田の住民が多い。 週末や祝日は、成田山新勝寺の参拝客で賑わっている。 大きな参道としては、 表参道、 新参道、 電車道がある。 このうち、最も大きい参道が表参道であり、京成、JR成田駅から成田山新勝寺までの約1キロメートルの道の両脇に成田名物の羊羹、地酒、鉄砲漬、川魚の佃煮、鰻屋、土産物屋や、に登録されている大野屋旅館など約150店舗程の店が並ぶ。 人の往来も激しく道幅が狭い為、車道は・を除く片側一方通行となっている。 2004年(平成16年)には表参道の電線地中化工事が終わり、商店のセットバックによる歩道幅の拡張やファザードの改築など、景観に配慮した街作りが行われている。 また、2005年(平成17年)9月30日、表参道の一部でもある、成田市上町地区(約300メートル)が、国土交通省の平成17年度都市景観大賞「美しいまちなみ優秀賞」を受賞している。 新参道は、成田山新勝寺から国道51号線に掛けての参道であり、成田山交通安全祈祷殿や成田山新勝寺の参拝客用駐車場があり、マイカーで成田山新勝寺に訪れる参拝客用の参道となっている。 また電車道は成田山新勝寺から京成成田駅方面に掛けての参道であり、かつて千葉県内初の電気軌道「」 1910-1944 が路面電車を運営していた路線の名残である。 現在でも明治時代に造られた赤煉瓦のトンネルなど、かつての面影が残っている。 これらの地区はJR成田線と京成本線に挟まれるような形になっており、他の地区から孤立した市街地になっている。 ニュータウン地区 [ ]• 成田駅(JR東日本)の西側に広がるのが成田ニュータウン地区である。 当初、主に成田空港や空港関連企業で働く従業員向けに計画されたが、現在では成田から東京都心、千葉市をはじめとする千葉県北西部へ通勤する住民も多い。 門前町と比較して、新しく成田市に引っ越してきた住民が多いのが特徴である。 又、成田市の人口のうちで最も大きな割合を占める。 現在では公共施設も移転しており、成田警察署・成田税務署・郵便局・総合運動場・ハローワーク・図書館・保健所・急病診療所等が成田ニュータウン地区に位置している。 面積117. 3ヘクタール、計画人口11,740人。 1986年から「成田市公津東土地区画整理組合」によって京成電鉄本線の新駅を中心に全体として複合的な都市開発を目指し区画整理された地区。 1994年4月1日に京成電鉄・公津の杜駅を新設。 その後、駅前商業エリアに成田店が1999年12月にオープンした。 人と人、人と街の「交流」を目指した「人間にやさしい街づくり」をテーマに、千葉県下有数のグレードの高い街づくりに取り組んでいる。 また、旧建設省から「ふるさとの顔づくりモデル土地区画整理事業」に指定されており、千葉県内では京成成田駅東口土地区画整理事業が最初で公津の杜は、この事業が2番目の指定となっている。 美郷台(郷部)• 面積60. 2ヘクタール、計画人口6,020人。 1980年から「成田第一土地区画整理組合」によって区画整理された地区。 成田第一と言うのは成田市で最初の組合施行による土地区画整理事業だった為。 現在では中心通りに商業施設が並ぶ新興住宅街。 法務局はこの地区内に移転した。 国道408号と根木名川にはさまれた面積37ヘクタールの商業地域であり商圏は茨城南部までおよぶ。 商業地域であるため計画人口は僅か180人に留まる。 農業地区と旧市街地との境界地に位置し、大型ショッピングセンターをはじめ映画館・飲食店・各種店舗が存在する。 もとは、成田空港の旧資材輸送基地として提供され、その後暫定輸送の燃料中継基地として活用された。 その後、新東京国際空港公団所有地を含めた11ヘクタールとその周辺の水田を造成してできた地区。 接道の国道408号線を東へ向かうと成田空港に至り、ウイング土屋と成田ニュータウンの間に美郷台が位置する。 また、同地区には、の新駅「土屋駅(仮称)」用の駅前広場用地が用意されており、新駅設置に向けて署名活動や国や県、運行主体となる京成電鉄に要望(陳情)などを行っているが、未だ計画では何も触れられていないのが現状である。 市では、近隣ショッピングセンターに車を駐車し、駅から電車で通勤する「」構想をしている。 成田駅(JR東日本)西口から約2. 5キロメートル、成田ニュータウンに隣接した面積37. 6ヘクタールの住宅地。 「成田市公津西土地区画整理組合」によって2001年から区画整理された地区。 四季折々緑豊かな公園が整備され、商業施設や医療施設を誘致を行うなど魅力ある街作りに対して2011年により「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞した。 その他• 京成成田駅(京成電鉄)構内から成田市役所奥方に見える住宅地は、富里市。 こちらも成田空港周辺ニュータウンという事では性格を同じくする。 空港地区 [ ] 現在の成田市の顔とも言える地区。 空港通り、新空港道を挟んでの群が建ち並び、空港を囲むように、空港関連企業、物流団地、貸し駐車場、病院、公園などが位置する。 一つの街を形成していると言っても過言では無い。 成田空港と空港関連企業の従業員数を合わせると、約46,000人もの雇用を生み出しているほか、空港周辺道路などのインフラも整備された。 またメディアへの露出が高く、この地区が登場するドラマが放映されるたびに、新しい観光スポットが生まれる状況である。 未だに一部周辺住民の反発は根強いものの、と並んで拡大が続いている。 農業地区 [ ] 上記3つの地区を囲むように存在している地区。 三里塚闘争で一躍全国区になった三里塚もこの地区である。 全国的な農業離れの他、ニュータウン地区と空港地区の拡大も大きな要因となっている。 かつては首都圏の近郊農業の一翼を担っており、京成電鉄ではを仕立てていたが、1998年からは朝の電車1本のうち1両だけが行商人専用に当てられているのみとなり、2013年に行商列車は廃止された。 離農された農地はなどに転換されているが、無人化した農地へのゴミや産業廃棄物の不法投棄が問題になっている。 市環境対策課の職員や、地区の監視員、警備会社などによる不法投棄パトロールや、移動式などで不法投棄・不法残土投棄などの警戒を強めている。 工業団地 [ ] 成田市には、豊住工業団地、大栄工業団地の3つの工業団地がある。 また、物流団地である成田新産業パークがある。 地域格差の是正と空港の騒音下利用計画の一環として造成された。 また、機械工業中心とした非公害型企業のみという珍しい工業団地でもある。 成田空港を介して輸出入される製品を取り扱っている。 従業員はほとんどが地元雇用者であり、こうした工業団地群は成田空港周辺市町村に多く見られる。 郵便事業 [ ] 成田市コミュニティバス(うなりくんラッピング) - 平成時代のの一つ。 成田市のマスコットキャラクター。 成田市特別観光大使。 清掃・衛生施設 [ ]• 成田富里いずみ清掃工場(焼却場)• シャフト式の清掃工場、2012年10月より稼働。 富里市との共同出資により建設された。 余熱利用施設や屋外多目的広場などが整備される予定。 成田市リサイクルプラザ• 1998年完成。 カン・ビン、不燃性粗大ゴミや可燃物は混在した軟質性粗大ゴミから、資源を効率的に回収する施設。 成田クリーンパーク(最終処分場)• 1988年完成。 上記の施設から排出された不燃物を埋め立てる施設。 当初、2011年程度まで埋め立てが可能と予測されていたが、成田空港B滑走路北側延伸工事によって2007年3月をもって埋め立てを終了した。 上下水道 成田市は、3つの水道が供給されている。 成田ニュータウン地区:千葉県営水道• 成田国際空港:千葉県営水道(専用水道)• 下総・大栄地区:成田市営簡易水道• その他の地区:成田市営水道 成田市営水道は市内15ヵ所に設置された井戸水と、利根川の表流水の2つを水源としており、井戸水と表流水を混合し供給している。 また、同じ市内でも供給元の違いにより水道料金に格差が生じている。 成田市の上水道普及率は82. 千葉県の上水道普及率は94. 成田市の下水道普及率は73. 千葉県の下水道普及率70. しかし、旧下総町、大栄町の下水道が未着手であり、市町合併以前の普及率82. 成田市の汚水は流域下水道を流れ、印旛沼流域の15市町村(成田国際空港)の汚水と共に花見川終末処理場と花見川第二終末処理場に集積・処理し、につながる河川に放流されている。 また、成田市の雨水はそれぞれの地区の自然流下により、雨水幹線通り、根木名川、小橋川、江川及びその他河川へ自然放流されている。 健康と福祉 [ ] 平成22年度の平均寿命は、男性が80. 3歳、女性が86. 6歳となっている。 平成25年4月現在、65歳以上の人口は24,321人で、総人口比の高齢化率は18. 健康・福祉・子育て施設• 千葉県印旛健康福祉センター• 成田市保健福祉館• 下総分館・大栄分館• 成田市急病診療所 医療 [ ] 成田赤十字病院 二次(二次保健医療圏)としては印旛医療圏(管轄区域:印旛地域)である。 三次医療圏は千葉県医療圏(管轄区域:千葉県全域)。 は特筆性の高いもののみを記載する。 市内の• 二次医療圏(市内)• - 病床数719、、 の指定を受けている。 災害時用ヘリポート完備。 - 病床数642• 一次医療圏(市内)• 緊急指定病院• 医療法人鳳生会成田病院 - 病床数716、印旛山武郡市2次救急、成田市1次救急指定。 その他の医療機関• 聖マリア記念病院• 大栄病院• 成田リハビリテーション病院• 成田富里徳洲会病院(所在地は、市域に隣接)• 二次医療圏• (、基幹災害拠点病院・救命救急センター)• (、災害拠点病院) 教育 [ ] に指定されており、成田市国際教育推進特区構想が認可されている。 学校教育施設 [ ] 成田市立図書館は1984年(昭和59年)10月27日、市制30周年記念3大事業の一つとして開館した。 開館当初、まだ珍しいによる蔵書の管理を導入するなど、規模と設備において全国有数の規模と言われた。 その後、各公民館の図書室は成田市立図書館の分館となった。 詳しくは成田市立図書館公式ページを参照。 () 体育施設• (、軟式野球場、、体育館、テニスコート、相撲場、プール)• (硬式・軟式野球場、テニスコート、プール、多目的広場) - の地区大会の会場としても使用。 が行われた。 (ナスパ・スタジアム) - が行われた。 印東体育館• 久住体育館• 大栄海洋センター(体育館、屋内プール)• 久住テニスコート• 三里塚記念公園テニスコート• 大栄テニスコート• 北羽鳥多目的広場(多目的グラウンド、野球場)• スポーツ広場(成田、遠山、八生第1・第2、中郷、公津、久住第1・第2、豊住第1・第2)• 大栄工業団地久茂富第一公園(全天候テニスコート2面)• 外小代公園(全天候テニスコート2面)神宮寺公園(目的広場、全天候テニスコート1面)北羽鳥多目的広場(多目的広場、野球場)• 下総サイクリングコース(1周1. 5キロメートル) その他、学校教育施設開放などがある。 成田市は2004年11月7日「スポーツ健康都市宣言」を宣言し、健康な心と体を育むスポーツを積極的に推進している。 報道機関 [ ] 「」も参照 航空機によるテレビ受信障害を防ぐ為、1993年(平成5年)11月18日「成田テレビ中継放送局」が成田市大袋に開局された。 このテレビ放送中継局は、からの電波を受信して 電波として再送信している。 受信できる範囲は、成田市を含む57,230世帯となっている。 また、高さは200メートルと成田市で一番高い建物でもある。 その他、「佐原テレビ中継放送局」(香取市、1995年1月20日開局)、「下総光テレビ中継放送局」(横芝光町、1995年3月16日開局)、「江戸崎テレビ中継放送局」(茨城県、1995年2月28日開局)があり、全4施設で約8万世帯を対象としている。 2011年7月24日の地上デジタル放送への完全移行後は、航空機によるフラッターの影響は受けにくいという事から2015年7月より鉄塔の解体作業が行われているが、天候や場所によっては地上デジタル放送を受信出来ない場合も有り、問題も残されている。 県域放送局である千葉テレビ放送は、当地に中継局を置いておらず、を受信している。 放送局 [ ]• NHK千葉放送局 成田報道室• フジテレビ 成田空港民放クラブ• テレビ朝日 成田支局第一ターミナル• 千葉テレビ放送 成田空港室• メディアポート成田(MENAC)- 成田空港内専用放送局• ケーブルテレビ局• NCTV• FM局• (83. 7 MHz):2014年12月27日に開局した。 (89. 7 MHz・76. 1 MHz):外国語FM放送局。 県内では千葉市と成田国際空港内のみが放送対象地域。 (78. 0 MHz):千葉県の県域FM放送局。 スタジオはガラスで隔てられており、壁は大空をイメージした青色。 成田テレビ中継局送信設備• 成田支局• 成田支局• 成田支局• 成田空港第1ターミナル分室• 成田空港分室• 成田空港第1ターミナル記者室• 成田支局 フリーペーパー [ ]• : 毎週日曜日・水曜日・金曜日 発行部数3万部• : 毎週土曜日 発行部数9万部• : 68,350部• :(毎週金曜日 発行部数39,683部)• : 毎週土曜日 発行部数10万部 ポータルサイト [ ]• - アドバンネット運営• 市外局番 [ ]• :2006年10月1日から市内全域が「0476」に統一された。 また、旧大栄町の70局地域は49局へと変更された。 交通 [ ] 空港 [ ] 成田国際空港第1ターミナル• (成田空港)• 国際線• 第1ターミナル 北ウイング• 第1ターミナル 南ウイング• 第2ターミナル• 第3ターミナル• 国内線• 第1ターミナル(南ウイング)• 第2ターミナル(国内線エリア)• 成田国際空港のアクセス [ ] アクセス改良計画• (成田新高速鉄道プロジェクト)が、7月17日に開業(線路の建設および保有は。 運行会社はの。 経由で都心と成田空港間をで30分台で結ぶものであり、具体的にはから接続点(土屋地区)までの路線新設ならびに既存路線の設備改良計画である。 成田市は千葉県及び茨城県の8市町村(成田市、、我孫子市、、、栄町、、河内町)で構成されている(我孫子 - 成田)の会員であり、成田線の複線化、成田空港へのアクセス向上(成田スカイアクセスとの交差部への新駅の設置)の早期実現に向けて活動している。 (圏央道)の延伸は、 - 間が(平成27年)に開通した。 大栄JCT - 間の事業が計画されている。 成田スカイアクセスの建設とあわせて、一般国道464号のとなるが計画されている。 こちらも起点は印西市岩萩地先(印旛日本医大前)、終点は成田市大山地先となっており、ほとんどの区間で線路と併走する予定。 鉄道路線 [ ] 公津の杜駅(京成電鉄)• 中心となる駅: (JR東日本)• - 成田駅 - - -• 我孫子支線• 成田駅 - -• 空港支線• 成田駅 - -• - - - 空港第2ビル駅 - 成田空港駅• 京成成田駅 -• (成田スカイアクセス線)• - - 空港第2ビル駅 - 成田空港駅• 東成田駅 - ()• 公津の杜駅(第1回選定)• 成田空港駅(第4回選定) 鉄道施設• 鉄道愛好者団体• : - 成田空港駅間。 北千葉線 : - - 成田ニュータウン - 間。 (成田急行電鉄) : 東京・東平井 - 鎌ケ谷 - 成田 - 間。 - 成田市内を走った。 (昭和19年)12月11日 として廃線。 (旧・多古線) - (昭和21年)廃線。 (旧・千葉県営鉄道八街線) - (昭和15年)廃線。 バス路線 [ ] 成田空港ターミナル循環バス 路線バス [ ]• 成田市に本社を置くの企業。 主に成田駅・京成成田駅から、成田市内、周辺の富里市、栄町、香取市、芝山町、茨城県河内町などを結び運行。 また、成田空港からは空港内整備地区や周辺の芝山町、多古町方面を運行。 成田市に本社を置く京成グループの企業。 第1旅客ターミナルビルと第2旅客ターミナルビルとを結ぶターミナル連絡バス、空港と周辺市町村、ホテルなどを結ぶバスや高速バスの運行など。 JR成田駅と三里塚、多古、を結ぶバス(多古線)を主に運行している。 多古線は、廃線となった成田鉄道の代行路線として開業した官営自動車が前身となっている。 Circle Bus 成田市内循環バス(通称200円バス)• 成田ホテルバス連合会が運営する運賃210円均一バス。 市内の主な商業施設と7ホテルを結ぶ循環バスを運行している。 路線は2ルートあり、Aルートは成田空港交通、Bルートは千葉交通に委託されている。 成田市コミュニティバス• 詳しくは「」を参照。 高速バス [ ]• 夜行高速バス。 大阪なんば・八条口 - ・成田空港・銚子線。 市内では、大栄、成田空港第2ターミナル、第1ターミナル、京成成田駅の各駅に停車する。 とによる共同運行。 ・ - 大栄 - 東芝町(入口)・太陽の里・。 市内では、大栄に停車する。 と千葉交通による共同運行。 東京駅ととを結ぶ路線。 市内では、三里塚公園、住宅入口の各駅に停車する。 と千葉交通による共同運行。 京成成田駅 - 東京ディズニーリゾート線• 京成成田駅、公津の杜駅からとを結ぶ路線。 片道のみ1便運行。 千葉交通による運行。 成田空港へのアクセスバス• その他、成田国際空港から各方面へ高速バスが運行されている。 詳しくは「」「」を参照。 深夜急行バス [ ] 新橋駅 - 成田線• 深夜の終電後に、、、、と成田ニュータウン、JR成田駅とを結ぶ路線。 による運行。 (金曜日のみ運行。 ) 新橋駅 - 西船橋、千葉ニュータウン、成田線• 毎日深夜の終電後に新橋駅、有楽町駅、東京駅、、、鎌ヶ谷市内、千葉ニュータウンと成田市内、京成成田駅、成田空港とを結ぶ路線。 による運行。 新橋駅 - 新松戸、千葉ニュータウン、成田線• 毎日深夜の終電後に新橋駅、有楽町駅、東京駅、、、松戸市内、新鎌ヶ谷駅、千葉ニュータウンと京成成田駅、成田空港とを結ぶ路線。 成田空港交通による運行。 銀座駅 - 成田線• 平日深夜の終電後に、東京駅、兜町と成田市内、JR成田駅とを結ぶ路線。 による運行。 早朝直行バス [ ] 成田市内 - 東京駅・浜松町線• 土曜・日曜・祝日の早朝に成田駅、成田市内と東京駅、とを結ぶ路線。 による運行。 成田市内 - 成田空港線• 早朝に京成成田駅、松原から成田空港第2旅客ターミナルとを結ぶ路線。 片道1便のみ運行。 千葉交通による運行。 道路 [ ] 空の駅 さくら館 成田山の初詣や、市内の大型ショッピングセンター、成田空港や関連企業、への大型車などの車の流入が多いのが特徴。 国道51号では「成田山入口交差点」が主な渋滞箇所。 特に初詣期間中は断続的に数キロメートルから十数キロメートルの渋滞も見られる。 また、国道51号の千葉区間では成田市の寺台地先が最も交通量が多い(平日24時間自動車交通量41,919台 )。 国道408号では大型車の通行できる並行道路が無く、成田ニュータウン、方面、方面、成田空港方面などを結ぶ主要道路が交わる「土屋交差点」が主な渋滞箇所。 近年、近隣の大型ショッピングセンターの開店に伴い休日の渋滞が増加したが、交差点改良工事により若干改善した。 (富里市) - 10 - 10-1 - - 11 - (香取市)• 10 -• (圏央道)• (香取郡神崎町) - 87 - 90 大栄JCT - (計画中区間) - 主 成田小見川鹿島港線IC(仮称・事業中) - (香取郡多古町)• (、、)• 北方面 - ・・・•

次の

千葉県成田市前林

成田 市 停電

目次(もくじ)• 停電関係は東京電力の公式プレスリリースを参考に 2019年9月9日未明から、台風15号の影響で関東地方の広範囲で停電が発生しています。 9月10日午前中10時の段階では、 千葉県全域で約57万4400軒が停電状況にあります。 現状、市民生活に最も影響を与えているのは停電と言ってよいかと思います。 公式情報がどこにあるのか、分かり難い部分もあるので、お伝えしておきますね。 【公式情報】東京電力のプレスリリースで復旧計画を公表 最も基本的な一次情報は、 東京電力ホールディングスのプレスリリースにて発信されています。 一日に何度か 『停電の復旧計画』として進捗状況が公開されていますが、9月10日午前10時の段階では、9月10日午前5時発表分が最新情報です。 9月9日23時発表の段階では千葉県全域で「確認中」でしたが、午前5時段階では、復旧計画の予定が示されていますので、参考になるかと思います。 今回紹介したこと• 2019年9月9日、台風15号の影響で関東地方を中心に広範囲に停電が発生。 9月10日午前中10時の段階では、千葉県全域で約57万4400軒が停電状況にあります。 停電の復旧計画は東京電力が一日に何度かプレスリリースを発信していますので、そちらを参照することをおすすめします。 日中の停電情報の推移は、東京電力パワーグリッドが発信している停電情報から確認することができます。 交通関係(鉄道・道路)については、遅延を伴いながらも既に復旧しています。 昨日は台風一過の成田市内を取材で一通り回っていたのですが、強風による看板の破損が多く見られ、停電により信号が点灯していない箇所も発生していました。 点灯はしていても、強風で信号機の向きが大きく変わってしまっていて、事実上、無信号状態になっている交差点もあり…。 成田市内では通行不可能な道路も発生していて、市内の道路の各所で渋滞が発生しています。 車で移動される際には、十分お気を付けください。 東京電力が発表している公式情報を見る限りは、千葉県の停電状況が回復するまでには、一定の時間がかかることも想定されます。 地域の防災情報を十分把握して、今後に備えましょう。

次の