ブロンod。 エスエスブロン錠OD

ひさしぶりにブロンODした感想とか

ブロンod

こんばんわ。 まの時間に目覚めてしまいました…。 熟睡できたのは2時間、最大量とを以てしてもこの有様です。 というのは難しいですね。 昼間寝てしまうと夜眠れない原因になるのかと思い、最近は昼間は朝起きて、日中も昼寝しないように気を付けているのですが、なかなか上手くいかないですね。 今日はブロンの話をしたいと思います。 決して推奨するものではなく、やめてもらうために正直に書きます。 ブロンは、市販の咳止めの薬です。 現在錠剤タイプが2種類(錠数はもう少し種類があります)、液状の所謂咳止めシロップがありますが、このうち今回話すのは一番プロトタイプともいえるブロン錠についてです。 をするにあたってネットなどでかなり上位に挙がってくるのがこの薬ですが、ブロンの成分のメチルとジヒドロという2種類の麻薬的作用をする成分が配合されています。 みんながこれに手を出すのは、今のご時世この薬ぐらいしかこういった成分を配合している薬が市販されていないからです。 ちなみ後遺症、副作用として主に表れるのは便秘です。 なので、便が白くなりますし、酷いと痔になります(笑) このへん、プロになってくると(プロってなんだよって感じですが)一回ザルでぬるま湯で糖衣を溶かして飲みます。 ほぼドラッグといっても過言ではないこちらの薬は、ダウナー作用のあるものです。 初めましては10錠ぐらいで十分効きます。 まったりした感じ、でも覚醒作用で眠れない、とろーりとした時間が過ぎます。 一日中家の中にいるのであればまだしも外出は本当に辞めたほうがいいです。 周りから見たらあなたは完全にラリっちゃってますから。 最初はね。 そのうち10錠が15、20、30、40…私が行きついた先は160錠でした。 なぜこうなってしまうのか。 連続使用でブロンはあっという間に耐性が付きますので、服用回数も錠数もあっという間に増えるからです。 出費もかさみます。 私がハマってしまっていた全盛期は大学生の時でしたので、バイト代握り占めて、あたかも具合悪そうな顔をしながら何店舗も薬局を周りブロンを買い集めていました。 一日に1瓶(80錠)じゃ足りなくなっていました。 副作用は口の異常な渇き、幻覚。 でも心配なのはそこじゃないんです。 一番大変なのは、薬をやめるとき。 依存症なので簡単にはいきません。 禁断症状として手の震え、発汗、異常な衝動、など沢山のリスクが伴いました。 私の場合は周りの助けもあって、一か月程度療養をして完全にブロンを断ち切りましたが、気付くと薬局でまたブロンを買っていました。 それを少しにでも取り上げてくれる人がいないといけないのです。 それぐらい、依存度の強い、怖い薬です。 これまで様々な薬をODしてきましたが、ブロンは鬱の人にとっては救世主みたいな存在に簡単になってしまいます。 飲み続けている間のリスクが少ないからです。 そのかわり、先ほども言ったように断薬の時に最悪な期間を過ごすことになります。 ブロンでは、死ねませんから。 一時的に、救われたような気がするだけで自分の周りの時間は着々と進んでいるし、大切な人にも沢山心配も迷惑もかけます。 正直なんかよりも性質が悪いんじゃないでしょうか。 だから、というわけではないですが、私は周りにブロンに手を出そうとしている人、手を出してしまっている人がいたら止めに入ります。 殴ってでも。 今すぐその手元にあるブロンをトイレに流してください。 今この文章を読んですぐです。 あなたがそうしてくれることを、願うことしかできないけれど 結局は自分の意思です。 私はほかにもというをODしとがありますが、深夜徘徊、記憶欠乏、幻覚、まさに、ラリってる人でした。 1人で誰もいない場所にろれつの回らない言葉で話しかけ続けている姿を母が映像に残していてくれなければ気付くこともなかったでしょう。 あれほど恐ろしい薬は今まで飲んだことがありません。 それも、トイレに全部流しました。 そのせいで私が失ったものは、仕事、友達、恋人、と多すぎました。 記憶はまるでありません。 一つだけ覚えているのは毎日深夜の墨田川を見て、美しい、一緒になってしまえたら。 その映像だけです。 それも定かではありませんが、当時家の目の前に墨田川が流れていたのでたぶん自分の記憶だと思います。 今の私の話を少しします。 が週に2、3回。 4日前にをODして(でつぶやいていましたが、2ST飲んだようです)高熱に脈拍の急上昇、口の渇き、全身に力が入らなくなり歩けなくなる、と散々な目に合いました。 母が無理やり飲ませた150ml. のお茶ですら飲むのは一日がかりでした。 二日は死んでました。 その前は3日連続で 一年ぶりのでした。 友達と電話しながら、もう平然と。 鮮血って綺麗なんですよね。 流れていると快楽すら覚えます。 他の方がどうかは知りませんが、私は他人を切っている気分なのです。 このゴミ人間を殺してやろう、どんどん血を流せ、そうだ、もっと、もっと。 異常ですかね。 異常でしょうね。 解離性のせいな気もします。 その病気のお話はまた今度。 では、もう一度眠ってみます。 おやすみなさい。 oscareri.

次の

金パブロンをODしました。

ブロンod

こんばんわ。 まの時間に目覚めてしまいました…。 熟睡できたのは2時間、最大量とを以てしてもこの有様です。 というのは難しいですね。 昼間寝てしまうと夜眠れない原因になるのかと思い、最近は昼間は朝起きて、日中も昼寝しないように気を付けているのですが、なかなか上手くいかないですね。 今日はブロンの話をしたいと思います。 決して推奨するものではなく、やめてもらうために正直に書きます。 ブロンは、市販の咳止めの薬です。 現在錠剤タイプが2種類(錠数はもう少し種類があります)、液状の所謂咳止めシロップがありますが、このうち今回話すのは一番プロトタイプともいえるブロン錠についてです。 をするにあたってネットなどでかなり上位に挙がってくるのがこの薬ですが、ブロンの成分のメチルとジヒドロという2種類の麻薬的作用をする成分が配合されています。 みんながこれに手を出すのは、今のご時世この薬ぐらいしかこういった成分を配合している薬が市販されていないからです。 ちなみ後遺症、副作用として主に表れるのは便秘です。 なので、便が白くなりますし、酷いと痔になります(笑) このへん、プロになってくると(プロってなんだよって感じですが)一回ザルでぬるま湯で糖衣を溶かして飲みます。 ほぼドラッグといっても過言ではないこちらの薬は、ダウナー作用のあるものです。 初めましては10錠ぐらいで十分効きます。 まったりした感じ、でも覚醒作用で眠れない、とろーりとした時間が過ぎます。 一日中家の中にいるのであればまだしも外出は本当に辞めたほうがいいです。 周りから見たらあなたは完全にラリっちゃってますから。 最初はね。 そのうち10錠が15、20、30、40…私が行きついた先は160錠でした。 なぜこうなってしまうのか。 連続使用でブロンはあっという間に耐性が付きますので、服用回数も錠数もあっという間に増えるからです。 出費もかさみます。 私がハマってしまっていた全盛期は大学生の時でしたので、バイト代握り占めて、あたかも具合悪そうな顔をしながら何店舗も薬局を周りブロンを買い集めていました。 一日に1瓶(80錠)じゃ足りなくなっていました。 副作用は口の異常な渇き、幻覚。 でも心配なのはそこじゃないんです。 一番大変なのは、薬をやめるとき。 依存症なので簡単にはいきません。 禁断症状として手の震え、発汗、異常な衝動、など沢山のリスクが伴いました。 私の場合は周りの助けもあって、一か月程度療養をして完全にブロンを断ち切りましたが、気付くと薬局でまたブロンを買っていました。 それを少しにでも取り上げてくれる人がいないといけないのです。 それぐらい、依存度の強い、怖い薬です。 これまで様々な薬をODしてきましたが、ブロンは鬱の人にとっては救世主みたいな存在に簡単になってしまいます。 飲み続けている間のリスクが少ないからです。 そのかわり、先ほども言ったように断薬の時に最悪な期間を過ごすことになります。 ブロンでは、死ねませんから。 一時的に、救われたような気がするだけで自分の周りの時間は着々と進んでいるし、大切な人にも沢山心配も迷惑もかけます。 正直なんかよりも性質が悪いんじゃないでしょうか。 だから、というわけではないですが、私は周りにブロンに手を出そうとしている人、手を出してしまっている人がいたら止めに入ります。 殴ってでも。 今すぐその手元にあるブロンをトイレに流してください。 今この文章を読んですぐです。 あなたがそうしてくれることを、願うことしかできないけれど 結局は自分の意思です。 私はほかにもというをODしとがありますが、深夜徘徊、記憶欠乏、幻覚、まさに、ラリってる人でした。 1人で誰もいない場所にろれつの回らない言葉で話しかけ続けている姿を母が映像に残していてくれなければ気付くこともなかったでしょう。 あれほど恐ろしい薬は今まで飲んだことがありません。 それも、トイレに全部流しました。 そのせいで私が失ったものは、仕事、友達、恋人、と多すぎました。 記憶はまるでありません。 一つだけ覚えているのは毎日深夜の墨田川を見て、美しい、一緒になってしまえたら。 その映像だけです。 それも定かではありませんが、当時家の目の前に墨田川が流れていたのでたぶん自分の記憶だと思います。 今の私の話を少しします。 が週に2、3回。 4日前にをODして(でつぶやいていましたが、2ST飲んだようです)高熱に脈拍の急上昇、口の渇き、全身に力が入らなくなり歩けなくなる、と散々な目に合いました。 母が無理やり飲ませた150ml. のお茶ですら飲むのは一日がかりでした。 二日は死んでました。 その前は3日連続で 一年ぶりのでした。 友達と電話しながら、もう平然と。 鮮血って綺麗なんですよね。 流れていると快楽すら覚えます。 他の方がどうかは知りませんが、私は他人を切っている気分なのです。 このゴミ人間を殺してやろう、どんどん血を流せ、そうだ、もっと、もっと。 異常ですかね。 異常でしょうね。 解離性のせいな気もします。 その病気のお話はまた今度。 では、もう一度眠ってみます。 おやすみなさい。 oscareri.

次の

はじめてのブロンODの話

ブロンod

平成30年8月13日 月 、初めて、ブロンで、ODをしました。 ちなみに、薬を初めて大量摂取したのは、同じ年の7月22日に精神科から処方されて飲んだ、錠0. 5mg[アメル] 14錠を飲んだ時です。 このときは、特に何も変化がなかったので、市販薬で簡単に購入できる、ブロンに手を出したのかもしれません。 市販薬では、一番成分のいい薬らしく、決められた量より多く飲むことで、アッパーとダウナーをキメることができます。 初めての人は、10錠~20錠とネットに書いてあったのですが、効かないなーと思い、次々足して飲んでいったら、一瓶飲んでいました。 ふと、気が付いたら、11時過ぎに、体がふわふわ浮いている感覚がありました。 最初は楽しかったのですが、私の場合、外に行こう!というようなテンションアゲアゲ!!みたいな気分にはなりませんでした。 どちらかというと、初めての体験だったので、嬉し、楽しいのと、恐怖とで、ダウナーに近かったです。 それから、夕方まで、そのようなふわふわした状態が続いたのですが、いきなり吐き気に見舞われ、ODをしました。 吐くことによって、気分は楽になり、ふわふわした感覚はあったものの、寝たら治まるかなーと思い、寝てしまいました。 そのあと、夜中何回か起きて、トイレに行ったり、お腹が空いたので、軽くお菓子をつまんで、また、寝ました。 こちらが、当日、ブロン錠を飲んだ時の大体の時間配分です。 15:00~16:00 吐く。 17:15過ぎ 体がふわふわするものの、無理矢理、就寝。 夜中、5回ほど、トイレ。 吐いたからか、お腹がグーグー鳴る。 26:00 食事ができるようになる。 シャキシャキ動けました。 気分によって、薬の作用が変わったり、個人差があると思います。 私は、さんで買ったのですが、やはり、続けるとなると、さんで購入する方が、は断然良いと思います。 ちなみに、私は、ブロン液は一度も、試していません。 甘ったるくて、ドロドロしているので吐いてしまいそうで…。 吐き気を抑えるために、吐き気止めを買う方もいるそうです。 私は、ODすることについては、賛成でも反対でも、どちらでもありません。 ODした人間が言うのもなんですが、自己責任だと思っています。 ネットで色々検索して、市販薬と比べ、計算して、わかったのですが、やはり、やから購入する方が、多少は安くなります。 購入数に限りはありますが...。 私自身、今度購入する機会がもしあれば、から購入しようと思っています。 気になった方は、検索してみて下さい。

次の