ツイッター高度。 ツイッターでプロフィール検索できるの?やり方・表示されない原因・バレる可能性・外部webサービスなどをまとめて紹介【Twitter】

Twitterの高度な検索の使い方【高度な検索・検索オプション】

ツイッター高度

Twitterにも存在する「高度な検索」 通常の検索サイト、GoogleやYahoo! でよく目にする「高度な検索」 実はTwitterにも存在します。 入り口が少々分かりづらいのが難点。 Twitterの公式ヘルプには下記のように記載されています。 twitter. comの検索バーに検索語句を入力します。 検索結果の最上部で [その他のオプション] をクリックし、[高度な検索] をクリックします。 検索結果を絞り込むため、必要なフィールドに入力します(下記の役立つヒントをご覧ください)。 [検索] をクリックして結果を表示します。 出展: Twitter「高度な検索」への直リンク もちろん上記の方法でもよいのですが、頻繁に利用する場合は直リンクをブックマークしておくほうが便利です。 Twitterの高度な検索 Twitter「高度な検索」を利用してみる こちらのTwitte「高度な検索」画面をみると使い方はおわかりと思います。 [ユーザー]項目の[次のアカウントからのツイート]に検索したいアカウントを入力します• [日付]項目のテキストをボックスに日付を入力します。 日付を入力するテキストをボックスをクリックすると現在の日付のカレンダーが表示されます 過去のカレンダーを表示する時は上の「月と年」が表示されている部分をクリックすると表示がかわります。 期間の終了日が入力できたら、最後に[検索]ボタンをクリックします。 検索結果が表示されます。 画面右上の検索ボックスと画面左上に検索の構文が表示されています 検索演算子や構文がわかれば直接検索できるようになります 検索の演算子や構文がわかれば、「高度な検索」を開かずとも検索ボックスに直接入力して検索することが可能です。 自分のTweetをまとめてブログにする 記録をとる、検索しやすくするという意味では、自分のTweetを一日ごとに記事としてブログにして残すという方法もあります。 私はオリジナルドメインを取得しWordPressに移行する前に利用していたFC2ブログをいまは「つぶやき倉庫」として利用しています。 Twilogを利用する Twilogというサービスを利用すると自分のTweetや他のユーザーのTweetを一覧で検索しやすくしてくれます。

次の

「ツイッター高度な検索」方法

ツイッター高度

Twitterにも存在する「高度な検索」 通常の検索サイト、GoogleやYahoo! でよく目にする「高度な検索」 実はTwitterにも存在します。 入り口が少々分かりづらいのが難点。 Twitterの公式ヘルプには下記のように記載されています。 twitter. comの検索バーに検索語句を入力します。 検索結果の最上部で [その他のオプション] をクリックし、[高度な検索] をクリックします。 検索結果を絞り込むため、必要なフィールドに入力します(下記の役立つヒントをご覧ください)。 [検索] をクリックして結果を表示します。 出展: Twitter「高度な検索」への直リンク もちろん上記の方法でもよいのですが、頻繁に利用する場合は直リンクをブックマークしておくほうが便利です。 Twitterの高度な検索 Twitter「高度な検索」を利用してみる こちらのTwitte「高度な検索」画面をみると使い方はおわかりと思います。 [ユーザー]項目の[次のアカウントからのツイート]に検索したいアカウントを入力します• [日付]項目のテキストをボックスに日付を入力します。 日付を入力するテキストをボックスをクリックすると現在の日付のカレンダーが表示されます 過去のカレンダーを表示する時は上の「月と年」が表示されている部分をクリックすると表示がかわります。 期間の終了日が入力できたら、最後に[検索]ボタンをクリックします。 検索結果が表示されます。 画面右上の検索ボックスと画面左上に検索の構文が表示されています 検索演算子や構文がわかれば直接検索できるようになります 検索の演算子や構文がわかれば、「高度な検索」を開かずとも検索ボックスに直接入力して検索することが可能です。 自分のTweetをまとめてブログにする 記録をとる、検索しやすくするという意味では、自分のTweetを一日ごとに記事としてブログにして残すという方法もあります。 私はオリジナルドメインを取得しWordPressに移行する前に利用していたFC2ブログをいまは「つぶやき倉庫」として利用しています。 Twilogを利用する Twilogというサービスを利用すると自分のTweetや他のユーザーのTweetを一覧で検索しやすくしてくれます。

次の

Twitter(ツイッター)の検索コマンド全22選 日付やアカウントを指定して探す

ツイッター高度

ツイッターの検索はイマイチ? しょっぱなから恐縮ですがツイッター内の検索ってイマイチですよね。 話題のトレンドワードを検索するくらいならまったく問題ないのですが、 知りたいことを検索する場合には検索結果が多すぎたり、検索ワードが含まれていないものを拾ってきたり…… ……というのはわけも分からず闇雲に検索していた昔の僕です。 高度な検索を使いこなそう ツイッターは上手に検索しないと 検索結果が膨大に出てきてしまって収集がつかなくなるんですね。 しかも、ツイッターは 話題のツイート、新しいツイートがベターという価値観なので、求めるものがなかなか出てこないことがあります。 しかし、ツイッターには『高度な検索』というものがありますので、これでちゃんと検索ができるんです。 高度な検索パソコン編 パソコンの場合、こちらから『高度な検索』にアクセスできます。 『高度な検索』のリンクをクリックするとこんな画面になります。 検索方法はGoogle検索とほぼ同じです。 『次のキーワード全体を含む』では記述した 語順どおりのフレーズが含まれているツイートがヒットします。 『次のキーワードをすべて含む』『次のキーワードを含まない』を組み合わせると 『ブロガー -兼業』とGoogle検索したときと同じになります。 (『ブロガー』を含むが『兼業』は含まない) ブロガーに役立つ検索 さて、ここからいよいよブロガーさんに役立つ検索法です。 あのインフルエンサーさんが以前はどのようなツイートをしていたのか? ツイッターでちゃんと検索することができます。 『高度な検索』を使わない場合 じつは、 特定の人が特定の期間にどのようなツイートをしていたのか? ということは、『高度な検索』を使わずに検索することもできます。 たとえば、僕、ゆーいちろう( free30303)の2019年12月のツイートを検索するなら以下のように検索欄に記入します。 from: free30303 since:2019-12-01 until:2019-12-31 しかし、これって英語部分をつい忘れてしまうんですよね。 「えーと、最初につける英語はなんだったっけな?」と検索方法を検索する始末。 そこを『高度な検索』を使うと簡単にできます。 特定の人の特定期間のツイート 先ほどにも例にあげた、僕が2019年12月にツイートしたものを検索するとします。 その場合、まず『高度な検索』の欄の中程にある 『アカウント』欄に、ユーザー名(@がついている名前)を入力します。 次に、下までスクロールすると、日付けを入力する欄がありますので、日付を入力します。 これで右上の『検索』をクリックします。 結果はこんなふうに 僕が配信したツイートだけが出てきます。 特定の人に関する特定期間のツイート さて次は、 特定の期間、みんなはあの人のことをどう言ってたの? ということが分かる検索です。 今度は『高度な検索』のトップにある『キーワード』に名前を入力します。 キーワードなので日本語のアカウント名でも大丈夫です。 そして先ほどと同じように日付を入力して『検索』です。 すると結果はこんなふうになります。 僕の発信以外にも、 僕の名前を入れてツイートしてくださっている方のツイートが出てきます。 高度な検索スマホ編 ツイッターは大半の方がスマホでご利用だと思うので、スマホで高度な検索をする方法をご紹介したいのですが、じつはすっきりと説明できる方法がよく分かりません。 (1)『 twitter. twitter. com』にアクセス (2)一旦キーワードを入れて検索 (3)『高度な検索』が表示される くわしく解説します。 スマホで『高度な検索』手順 (1)まず『 twitter. com 』で検索してください。 twitter. com』にアクセスします。 ここでブックマークしておいてください。 (2)一旦適当なキーワードで検索します。 すると検索結果の画面に点が三つ表示されます。 この三つの点をタップすると以下のように『高度な検索』が出てきます。 あとはパソコンとまったく同じように使えます。

次の