さす て な 京都。 チームラボ、環境学習施設「さすてな京都」に、ごみ処理やリサイクルについて大画面で学べるタッチパネルサイネージ「Digital Information Wall」を導入。|チームラボのプレスリリース

京都市西京極総合運動公園野球場

さす て な 京都

(ただし,団体見学予約が入っている場合は催行できない場合があります。 その場合は,自由見学をご利用ください。 この場合,案内は付きませんが,希望者には見学者用のタブレットを貸与します(ただし,タブレットの数には限りがあるので,先着順での貸与となります。 【団体見学について】• 対象者• 9名以下のグループや個人の方は、上記の定時ツアーや自由見学を勧めます。 見学内容• (工場見学の後に,選択した項目を実施します。 ) A:ミニ講座「はてな?さすてな京都」(エントランスホールや展示室の展示解説) B:ミニ講座「はてな?廃棄物 ~京都市の最新情報~」 C:ミニ講座「はてな?気候変動~京都市の最新情報~」 D:ミニ講座「はてな?地域環境~京都市の最新情報~」• 見学所要時間• 90分〜120分.

次の

京都市西京極総合運動公園野球場

さす て な 京都

概要 [ ] 2019年10月現在、第一工場と第二工場が稼働している。 また、環境学習施設として「さすてな京都」が第二工場に併設されている。 京都市環境政策局が管理を行い、一日に最大1100トンのゴミを焼却する。 また、クリーンセンターには南部資源リサイクルセンターが隣接し、一帯は環境政策局の中でも重要な拠点となっている。 焼却炉の余熱利用として、出力8,800kwのと横大路体育館(横大路運動公園内)への余熱提供を行っている。 第一工場 [ ]• 焼却炉:JFEキルン付ハイパー火格子ごみ焼却炉• 廃棄物発電:8,800kw(最大)• 煙突の高さ:100m 第二工場 [ ] 現在の第二工場はに稼働した2代目である。 初代の第二工場はに稼働を終了したが、京都市の財政難により建て替え工事の着工が延期された経緯がある。 VR技術や煙突の展望台などを活用した環境学習施設「さすてな京都」を併設している。 廃棄物発電:8,950万kw(年間)• 煙突の高さ:約78m• 総工費:約315億円• さすてな京都は、令和元年10月1日に稼働を開始した京都市南部クリーンセンター第二工場に併設された環境学習施設で、10月5日から見学可能になった。 さすてな京都の愛称は、一般市民から応募を募り、475件の中から選ばれた。 最先端の「さ」、素晴らしいの「す」、展望台の「て」、南部クリーンセンターの「な」、持続可能なという意味の「サステナブル」の語をかけて名付けられた。 さすてな京都では、焼却炉やゴミ発電、バイオガス化施設など、ごみ処理に要する大規模な施設を間近で見学出来るとともに、焼却処理やエネルギー回収の技術など、世界最先端の環境技術などを学ぶことができる。 エントランスでは、京都の環境や暮らし、地球規模の環境問題などを紹介している。 展示室では、ジオラマを使った環境技術の紹介などにより、環境について学ぶことができる。 工場見学通路では、巨大なごみピットの中で動くごみクレーンや焼却炉などごみ処理の設備を見学することができる。 ビオトープは、かつての横大路沼、巨椋池の生態系の復元をテーマに整備しており、オニバスやミズアオイなど地域を特徴づける植物を観察し、生物多様性を学ぶことができる。 また、屋上にはごみから出るエネルギーを利用した足湯や芝生広場がある。 さすてな展望台では、貸し出されるタブレットを使って、京都の自然、地域の歴史・文化を学ぶことができる。 沿革 [ ]• (50年) - 第二工場(初代)が稼働• (昭和61年) - 第一工場(現在)が稼働• (19年) - 第二工場(初代)が稼働を終了• (平成27年)8月 - 第二工場(2代目)の建物を建設する工事が着工• (元年)10月1日 - 第二工場(2代目)が稼働。 (令和3年)3月 - 第一工場(現在)が稼働を終了する予定。 出典 [ ]• 朝日新聞. 2019年10月5日. 2019年10月6日閲覧。 京都新聞. 2014年11月4日. 2015年7月7日閲覧。 京都新聞. 2015年7月7日. 2015年7月7日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

京都市:「さすてな☆春のエコまつり」の開催について

さす て な 京都

概要 [ ] 2019年10月現在、第一工場と第二工場が稼働している。 また、環境学習施設として「さすてな京都」が第二工場に併設されている。 京都市環境政策局が管理を行い、一日に最大1100トンのゴミを焼却する。 また、クリーンセンターには南部資源リサイクルセンターが隣接し、一帯は環境政策局の中でも重要な拠点となっている。 焼却炉の余熱利用として、出力8,800kwのと横大路体育館(横大路運動公園内)への余熱提供を行っている。 第一工場 [ ]• 焼却炉:JFEキルン付ハイパー火格子ごみ焼却炉• 廃棄物発電:8,800kw(最大)• 煙突の高さ:100m 第二工場 [ ] 現在の第二工場はに稼働した2代目である。 初代の第二工場はに稼働を終了したが、京都市の財政難により建て替え工事の着工が延期された経緯がある。 VR技術や煙突の展望台などを活用した環境学習施設「さすてな京都」を併設している。 廃棄物発電:8,950万kw(年間)• 煙突の高さ:約78m• 総工費:約315億円• さすてな京都は、令和元年10月1日に稼働を開始した京都市南部クリーンセンター第二工場に併設された環境学習施設で、10月5日から見学可能になった。 さすてな京都の愛称は、一般市民から応募を募り、475件の中から選ばれた。 最先端の「さ」、素晴らしいの「す」、展望台の「て」、南部クリーンセンターの「な」、持続可能なという意味の「サステナブル」の語をかけて名付けられた。 さすてな京都では、焼却炉やゴミ発電、バイオガス化施設など、ごみ処理に要する大規模な施設を間近で見学出来るとともに、焼却処理やエネルギー回収の技術など、世界最先端の環境技術などを学ぶことができる。 エントランスでは、京都の環境や暮らし、地球規模の環境問題などを紹介している。 展示室では、ジオラマを使った環境技術の紹介などにより、環境について学ぶことができる。 工場見学通路では、巨大なごみピットの中で動くごみクレーンや焼却炉などごみ処理の設備を見学することができる。 ビオトープは、かつての横大路沼、巨椋池の生態系の復元をテーマに整備しており、オニバスやミズアオイなど地域を特徴づける植物を観察し、生物多様性を学ぶことができる。 また、屋上にはごみから出るエネルギーを利用した足湯や芝生広場がある。 さすてな展望台では、貸し出されるタブレットを使って、京都の自然、地域の歴史・文化を学ぶことができる。 沿革 [ ]• (50年) - 第二工場(初代)が稼働• (昭和61年) - 第一工場(現在)が稼働• (19年) - 第二工場(初代)が稼働を終了• (平成27年)8月 - 第二工場(2代目)の建物を建設する工事が着工• (元年)10月1日 - 第二工場(2代目)が稼働。 (令和3年)3月 - 第一工場(現在)が稼働を終了する予定。 出典 [ ]• 朝日新聞. 2019年10月5日. 2019年10月6日閲覧。 京都新聞. 2014年11月4日. 2015年7月7日閲覧。 京都新聞. 2015年7月7日. 2015年7月7日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の