マットレス カビ 防止。 マットレスのカビ対策や取り方【専門クリーニング業者もあり】

モットンのカビ防止法【生えてしまった時の対処法と原因も解説!】

マットレス カビ 防止

具体的にどれくらい放置したらカビるの? カビてしまう期間はその人の環境によって異なるので一概には言えません。 僕の場合3ヶ月程度で黒カビが目視できるレベルに育っていたため、1ヶ月でも危ないかもしれませんね。 翌朝の布団が湿っている位ですから、例えば3日放置しただけでも結構嫌な感じがしませんか? どれくらい放置できるか?ではなく、ちゃんと対策しておくことが重要です。 スノコは敷きっぱなしに適したアイテムではない? 一般的に「折りたたみスノコ」などを用いて床とマットレス(布団)の間に隙間を作ることがカビ対策だとされています。 しかし、折りたたみスノコは高さの無いものが多いためカビないとは言い切れません。 床との隙間が2cm〜3cmであり、通気性が悪い置き場所だとそのスペース内に湿気が滞留してカビる可能性もあるため。 例えば下記のようなパターン。 ベッドやマットレスを壁に沿うようにレイアウトすることってよくありますよね。 でも、それだと空気の逃げ場が狭まるため湿気が滞留しやすい可能性があります。 木製スノコはまるごとカビてしまう? スノコといえば木製が一般的ですが、カビる時はスノコごとカビてしまう場合もあるようです。 そうなると寝具はおろか、スノコもダメになってしまいますよね。 しかし、スノコにはプラスチック製もあり、これは過去に購入し検証しました。 プラスチックなのでカビには強いですが、やはり一晩寝て起きた後は床が少し湿っていたため湿気は滞留しやすいようです。 個人的にはすのこ自体あまりおすすめできません。 【関連記事】 万年床でもカビない最強マットレス 高反発ファイバーを使用したエア系マットレス 寝具素材としては比較的新し目な高反発ファイバーという素材があります。 一例としては下記のような素材。 (メーカーによって差があります) よく「エアーなんちゃら」「なんちゃらエアー」みたいな名称で販売されているのを見かけた方も多いでしょう。 どうやって洗うの?どれくらいで乾くの? 高反発ファイバー素材は熱に弱いというデメリットがあるため、お湯で洗うのは控えましょう。 お風呂場に持ち込んだらぬるま湯程度のシャワーを全体にかけてあげるだけで洗えます。 (洗剤などは不要) 持ち上げて上下に振れば水が切れるので、ある程度水を切ったら風通しのよい場所に立てかけておきます。 風通しが良い日陰などなら午前中に干して夜にはあらかた乾いているでしょう。 慣れるまで少し寒いと感じるかもしれないのがデメリット この通気性の良さ、寝苦しい夏には快適極まりない反面、冬は慣れないと寒いです。 マットレスの上に布団でも敷いていれば問題ありませんが、この手のマットレスは敷布団を敷かずに使うのが正しい体圧分散マットレス。 高反発で(床への)底付き感がないので1枚でも使えるのです。 メーカーによっては厚めのマットレスカバーで対策している所もあり、何なら自分で敷きパッドを1枚付ければかなり改善されます。 とはいえ、暖かな空気や湿気を溜め込んでいた他の寝具素材と比較すると通気性が良い印象は残るでしょう。 ただ致命的な問題でもなく、全体的に優秀な素材だと言えます。 夏の快適性を体感すれば納得だよ おすすめの高反発ファイバー(エア系)マットレス airweave(エアウィーブ)四季布団 高反発ファイバー素材のマットレスを先駆けて有名にしたと言えるのがエアウィーブ。 この素材に特化した日本の寝具メーカーとして有名アスリートを起用したCM露出や百貨店などへの出店で恐らく一番知名度が高いでしょう。 しかし、寝具メーカーとして高級路線を意識しているのか価格も高いのが難点。 この四季布団はシングルサイズで約9万円ほどします。 また、3万円〜5万円程度で買えるエアウィーブはほとんどが「マットレスパッド」と呼ばれる既存の寝具の上に敷く寝具。 つまり単体で使うものではないため根本的なカビ対策にはならない点に注意が必要です。 購入・詳細【 】 RISE(ライズ)スリープオアシス ライズはプロアスリートと共に製品を開発し「仕事や家事育児・趣味に頑張る人」へ寝具の大切さを発信している日本の寝具メーカーです。 2011年設立なのでまだ歴史は浅いながら、品質と価格のバランスが取れた寝具で知名度が急上昇。 特に エア系マットレスである「スリープオアシス」は素材を高密度にすることで耐久性を向上させていると他メーカーよりも改善意識を高く持っているのが高評価です。 通気性を損なわない程度に独自の密度で作っていることから、他のエア系マットレスより少し重みがあるとのこと。 エア系マットレスは寝具の中では軽量という利点があるものの、それですぐにヘタってしまっては元も子もありませんからね。 中でもカビ対策でおすすめなのが「スリープオアシス エントリー」という、エントリーモデル。 上位モデルと同じエア系中材を使っているものの、シングルサイズで19,990円とアイリスとほぼ同じ価格帯になっています。 その上、公式通販サイトから購入すると「60日間のお試し安心保証」が付帯してくるのもポイント。 保証面や品質へのこだわりを考えるならやはり寝具メーカー品が安心です。 ちなみ上位モデルとなると、シングルサイズで29,990円〜と約1万円アップしマットレスカバーの質感が大きく変わっているのが違い。 エントリーモデルは両面ともメッシュを主としたカバーですが、上位モデルは片面がコットンニット、もう片面がミクロマイクロ素材となっています。 キルティングのデザインも異なり、高級感の違いが価格の差だとと言えますね。 また、上位モデルには「腰部硬めタイプ」という腰の部分だけ硬めの芯材を使ったタイプが選べるので、より丈夫さを求めるならエントリーよりも上位タイプがよいでしょう。 ライズの寝具は「スリープマジック」というウレタン素材のマットレスを所持していますが、品質が良かったのでおすすめですね。 【関連記事】• 【関連記事】 アイリスオーヤマ エアリーマットレス 僕が使っていたエア系マットレスです。 特に「エアリープラスマットレス」は表と裏で使い分けられるリバーシブル。 (表)メッシュカバー• (裏)ニットカバー ニット面を使えば寒さを和らげる事ができそうですね。 ちなみに僕はエアリーマットレスを1年以上使っていましたが、なんとなく1年位でヘタった感じはありました。 ヘタると床に直接敷いた時「底づき感」が出てきて寝心地が悪くなります。 シングルサイズでおよそ16,000円〜19,000円くらいの価格帯にありながら、1年ちょっとでヘタったのは何とも悔しい。 当時はエアリーマットレスがエア系マットレスで一番安かったので選びましたが、今ならライズを選んでいますね。 【関連記事】 さいごに 敷きっぱなしにしたいならエア系マットレス一択 普通のマットレスや敷布団にスノコという選択をする人は多いかもしれませんが、モノも二倍になるうえカビる可能性は残ります。 近年ではハウスダストアレルギーに気を遣う人からも注目を浴びているほど。 敷きっぱなし(万年床)ライフを快適にするために欠かせないアイテムだと言えるでしょう。 参考になれば幸いです。

次の

マットレスのカビの落とし方と3つの防止対策|衛生的な睡眠環境を整える

マットレス カビ 防止

目に見えなくても、実はカビの胞子は空気中に漂い、居心地のいい場所に根を下ろします。 「湿度」「温度」「栄養分」の3条件が整うと、カビは繁殖します。 カビの生える場所として思い浮かぶのは、風呂場やキッチン、洗濯機やエアコンなど。 実は、フローリングでも湿度・温度・栄養分の条件が整うことがあるのです。 それは、 布団をじかにフローリングに敷いて寝ること。 人は寝ている間に、コップ約1杯分(成人の場合)の汗をかきます。 汗を吸収した敷布団には湿度がこもり、人が寝ている布団は温められます。 さらにホコリや髪の毛がカビの栄養分となるため、フローリングや布団に湿度・温度・栄養分の条件が整い、カビが繁殖するのに最適な環境になるのです。 フローリングにカーペットやラグを敷いている場合も同じ。 ホットカーペットや床暖房機能付きフローリングに敷くラグマットでも、カビにとって都合のいい条件が整ってしまいます。 カビ臭いだけでなく、咳やアレルギーの原因にも もともと空気中にはカビの胞子が漂っています。 人間は自然とカビを吸っていますが、健康な方は問題になることが少なく、また、すべてのカビが危険なわけでもありません。 ただ、カビのなかには、 咳やアレルギーの原因になるものもあるので、免疫が落ちていたり、幼い赤ちゃんや高齢の方には注意が必要です。 またカビは、そのままにしていても消えません。 カビ臭いと感じたら、空気がよどんだところやホコリのたまりやすい場所を中心に部屋をチェック。 こまめに掃除をしてカビの栄養になるホコリを取り除きましょう。 カビは、ダニの餌にもなるため、寝具やフローリングにカビが生えないようにすることが大切です。 臭いとりのスプレー式消臭剤があだに? 「布団のにおいが気になる」というとき、手軽なスプレー式消臭剤を使うことは、ありませんか? ただし布製品用のスプレー式消臭剤は、使い方によっては、カビを繁殖させることにも!その理由は消臭する仕組み。 においを消すには、まずしっとり濡れるぐらいスプレーする必要があるからです。 成分をしっかり浸透させてにおいの元をキャッチし、乾くときににおいの元も消えていく仕組みなのです。 湿度・温度・栄養分がそろうと繁殖するカビ。 いくら消臭剤といっても、湿ったまま使っていては逆効果。 布団にスプレー式消臭剤を使う場合は、しっかり乾燥させることが重要です。 スプレー後は、天日干しや布団乾燥機を使うなどして、確実に乾燥させるように気を付けましょう。 漂白剤、カビ取り剤、洗濯でカビは取れる? 布団にカビを発見したら、まずは自宅で落とせるかトライしたいところです。 洗濯用漂白剤は、カビ菌を除去するのにも向いています。 シーツやカバー、自宅の洗濯機で洗える布団なら、浸けおきをした後に洗濯してみましょう。 市販のカビ取り剤も効果は期待できそうですが、そもそも浴室などの水回り箇所にカビ対策で作られているもの。 布団に使うのはおすすめしません。 敷布団のカビを自宅で落とすなら、 重曹水と消毒用エタノールで試してみましょう。 1 重曹水をスプレーし、歯ブラシなどでこすり落とします。 2 カビや水分を、つまむようにして布でふき取ります。 これを繰り返します。 3 カビが取れたら消毒用エタノールを吹きかけ、滅菌します。 4 少し置いてから水分をふき取ります。 5 布団乾燥機をかけたり、2~3日天日干しをするなどして、しっかり乾燥させます。 もしカビが広範囲に広がっている、なかなか落ちないなどであれば、諦めて新しいものを買ったほうが賢明かもしれません。 クリーニングやコインランドリーで落とせる?費用は? 自宅で布団を洗濯するのは難しいものですが、最近は大物選択ができるコインランドリーも増えてきました。 しかし、丸洗いOKの掛布団やこたつ布団は、コインランドリーの利用もできますが、敷布団は、水を含むと重たくなるので洗濯機が回らなくなることも。 利用するコインランドリーで、洗濯が可能か必ず確認しましょう。 布団を傷めずにキレイにするためには、クリーニング店の利用がおすすめです。 費用は業者や 布団のサイズや種類によりますが、4,000円~1万円ほどが多いようです。 ほとんどの素材はクリーニングに出せますが、シルク、ムートン、ノンキルト羽毛布団、低反発ウレタンなどはクリーニング不可の場合が多く、利用前に確認を。 カビが生えている布団の場合は、買い替えを勧められることもあります。 やはりカビを生やさないことが大切です。 見かけたらまずはふき取る フローリングにカビが生えているのを見つけたら、まずは拭きとること。 いきなり掃除機をかけるのはNGです。 掃除機の動きや排気で、カビの胞子が部屋中に飛び散ってしまうからです。 フローリングワイパーなどを使って、静かにカビの生えている部分をふき取り、そのあと掃除機をかけましょう。 カンタンな拭き掃除で取れなければ、無水エタノールを使います。 無水エタノールと精製水で8:2の割合の希釈水を作り、霧吹きでカビに吹きかけます。 そのあと静かに布でふき取り乾燥させます。 エタノールは、色落ちやフローリングのワックスを白化させる場合もあるので、事前に目立たない場所でチェックしてから行いましょう。 色落ちする場合は、無水エタノールのかわりに逆性石けんが使える場合もあります。 この記事に関係のあるセシールの関連商品• 8,789円 税込 ~ 「すのこ」と「吸湿」の1枚2役。 布団の下はもちろん、押入れやクローゼットの吸湿にも。 いろいろな場所で大活躍! 乾燥させて繰り返し使えます。 7,689円 税込 ~ クローゼットに入るから、しまう場所にも困らない。 持ち運びも収納もしやすい六つ折り敷き布団です。 来客用の布団としてもおすすめ。 中わたには防ダニ・抗菌防臭加工を施しました。 14,900円 税込 ~ スッと立ち上げ、サッと干せる二つ折れスタンド式。 21,890円 税込 ~ 体圧を吸収し、やわらかく身体を包みこむ低反発敷き布団です。 横向き寝の多い方におすすめ。 カバーは取り外して洗えるので清潔にお使いいただけます。

次の

すのこベッドはカビる?簡単なカビ取り方法&カビないすのこベッド5選!

マットレス カビ 防止

布団やマットレスにはカビが生えやすい。 これはカビが生える3つの要因を全て満たす場所であるためだ。 カビが生える3つの要因とは、以下のものである。 また、布団の上には皮脂も落ちている。 ここに床からの冷気が加わることで、湿気がたまりやすい場所となってしまう。 そのため、何も対策しなければカビが発生することになるのだ。 しかし、除湿マットを利用すれば解決させることが可能だ。 除湿マットは吸湿性が高く、マットレスの下に敷いておくだけでカラッと乾燥させてくれる。 そのため、布団やマットレスのカビ対策に効果的といえる。 ダニ防止 除湿マットは「シリカゲル」と「吸湿繊維」の2つの素材がある。 それぞれに特徴があるため、自分の寝具にあった素材を選ぶことが大切だ。 耐久性が低く、吸湿繊維の素材より吸湿性に劣るが、値段は安いものが多い。 除湿マットを乾燥させる周期は2~3日に1回となっている。 布団の場合は、除湿マットを取り外すのが簡単であるため、シリカゲルの素材でもよいだろう。 そのため、除湿マットを乾燥させるのも1~2週間に1回の頻度でよい。 ベッドを利用している方はマットレスが重いため、除湿マットのつけ外しも大変だろう。 吸湿繊維のものであれば、除湿マットを乾燥させる頻度が少ないため、マットレスを使用している方におすすめだ。 サイズで選ぶ.

次の