足 が つる 原因 は。 足がつる原因と対処法。「もうつるのはイヤだ!」知っておくべき対処法と予防策!

【医師が解説】寝ているときに足がつるのはなぜ!?原因と対策

足 が つる 原因 は

もくじ• ミネラルなどのバランスが崩れると「つる」! 脱水 運動をするなどで大量の汗をかくと、脱水状態になることがあります。 そのようなときは、筋肉や神経の働きを調整している血液中のカルシウム・マグネシウムなど、ミネラル(電解質)のバランスが崩れることがあります。 水分が不足し、筋肉を安定させている電解質が不足すると、筋肉は十分な代謝を行うことができなくなります。 そうすると、こむら返りが起こるリスクが高くなります。 それが、こむら返りです。 その他にも、次のような時はこむら返りが起こりやすいと考えられています。 過度の労働や運動による体の疲れ• 体の冷え• ふだん使わない筋肉を使った後や、急に負荷をかけた後など どうして、寝ているときに起こるの? こむら返りが就寝中に起こりやすいのは、 足の甲とすねが一直線になる状態が長時間続き、感覚器官の働きが鈍くなるからです。 食生活の面では、ビタミン・ミネラルが不足すると、電解質のバランスが崩れ、こむら返りが起こりやすくなると考えられています。 また、一時的な糖分の過剰摂取も、代謝のためにビタミンが消費されるため、こむら返りが起こることがあります。 偏った食事や、栄養不足などが原因で、起こる場合もあります。 よくこむら返りになるという人は、ビタミン・ミネラルの摂取ができているかなど、日々の生活習慣を見直すことをおすすめします。 よく足がつるのは、病気なの? 生活に支障をきたすほど、こむら返りが頻繁に起こる場合には、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 考えられる病気と症状は、次のとおりです。 熱中症• 腎疾患(人工透析の場合)• プラスイオンが増えてバランスが崩れると、人体にさまざまな影響を与えると考えられている。 血管系疾患• 下肢静脈瘤• 血管炎• 閉塞(へいそく)性動脈硬化症など 内分泌系疾患• 甲状腺機能低下症• 副甲状腺機能低下症• アジソン病など 神経筋疾患• 脳梗塞• 椎間板ヘルニア• 脊柱管狭窄(きょうさく)症• 筋萎縮性側索硬化症• 筋ジストロフィーなど 代謝異常• 糖尿病• 肝硬変• 低栄養状態など 骨関節疾患• 関節炎など これらの他、薬剤の副作用によってもこむら返りが起こることがあります。 高血圧症• 脂質異常症• ぜんそく• 抗ガン剤• ホルモン剤などの薬 処置は、足の指を、手前にゆっくり引く ストレッチ、マッサージを行う こむら返りは多くの場合、一過性のため、ストレッチやマッサージを行うと快方に向かいます。 ふくらはぎが痛い場合は、次のようにストレッチをしてください。 膝を伸ばして座る• 足の指先を手前にゆっくり引き寄せる• 立ちながら足を前後にずらしてアキレス腱(けん)を伸ばす 漢方薬を使用する こむら返りに使用される漢方薬には、筋肉のけいれんを抑える働きがある芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)があります。 芍薬甘草湯は、服用後10分ほどで働きが出て、即効性も期待できます。 しかし、次のような副作用も生じやすいため、服用回数を医師と相談する必要があります。 だるさ• 生活習慣の影響、何らかの病気のサインなどと考えられています。 こむら返りが長時間続くことはほぼないため、症状に適したケアや、安静にしていると、改善するケースがほとんどです。 こむら返りを何度も繰り返す場合は、筋肉の疲労などでふくらはぎが、けいれんしているだけではないかもしれません。 元々患っている病気(基礎疾患)が原因で、こむら返りが起こっている恐れもあります。 気になる方は、早めに医療機関を受診して、医師に相談してください。 【参考文献】 『メルクマニュアル 筋痙攣 — プロフェショナル版』.

次の

寝てる時に足がつる理由は? 医師が解説

足 が つる 原因 は

正座やつま先立ちをしてゆっくりと伸ばします。 痛みが少し治まってから行いましょう。 急激に伸ばすのは厳禁です。 ・すねを蒸しタオルなどで温める 痛みが治まったら温めながらやさしくマッサージをすると効果的です。 足がつりやすい時の予防方法 ・寝る前にストレッチをする ・お風呂で温めながらマッサージをする ・ウォーキングなどの運動をする ・水分をこまめに補給する ・バランスの良い食事をする インターネット上ですねがつることで悩んでいる人の声 最近夜中に足をつることがあります。 左足のすねの骨の左側の部分なのですがひざから足首まで、ひどいときは足の裏までつった感じになります。 ふくらはぎがつると足の親指をそらせば治りますが、足の指に触れると 痛さが増します。 そんなところがつったことがないのでどう対処すればいいのかわからず、ただただおさまるのを待つだけなのですが、なかなか治まらず、長いときで5分以上つったままです。 どういう対処がいいのか教えてください。 すねがつる原因にはミネラルバランスの崩れや血行不良、疲労などが考えられます。 運動不足でもすねがつることがあります。 ウォーキングなどの筋肉の負担にならないような適度な運動をされるのもいいかもしれませんね。 また血行不良の場合には、 お風呂でマッサージすると効果的とのことです。 血行も良くなり疲労も改善できるのでおすすめですよ。 お疲れなのかもしれませんので、しっかりと栄養を取ってゆっくりと休むことも大切です。 あまり 頻繁にすねがつるようならば、一度整形外科などを受診してみるのもいいと思います。 症状が早く改善するといいですね。 お大事にしてください。 最後に すねがつる原因は7つあることがよく分かりましたね。 すねがつる症状を治すには ・寝る前にストレッチをする ・お風呂で温めながらマッサージをする ・ウォーキングなどの運動をする ・水分をこまめに補給する ・バランスの良い食事をする 以上のことが大切です。

次の

寝起きに足がつる人は恐ろしい病気のサインかも…頻繁に足がつる人は要注意…

足 が つる 原因 は

夜中に足がつる理由 骨盤のゆるみ 就寝中は立っている時とは違い、横になると下半身に体重がかからないので、骨盤がゆるみます。 このゆるみが足の筋肉とも関係しているようです。 骨盤がゆるむとそれにつながる足の筋肉も持続的に引き伸ばされる形になります。 そうすると、伸ばされたふくらはぎの筋肉は元の状態に戻ろうとします。 この、急激に筋肉が収縮した瞬間に足がつることがあるのです。 布団の重み 寝ている時はどのくらいの重さの布団をかけているでしょうか?意外とあなどれないのが布団の重みなのです。 真綿の重い布団をかけていると、その重さで膝が伸びてしまうため、ふくらはぎの筋肉が緊張しやすくなり、足がつるのです。 寒いからといって毛布を何枚も重ねている人も要注意です。 寝ている間の水分不足とミネラルバランス 睡眠中は動かないからといって汗をかいていないわけではありません。 冬の寒い間でも一晩の間にコップ1杯分の汗をかいているといわれています。 汗をかくと水分が不足するだけでなく、身体のミネラルも失われるので足がつりやすくなるのです。 血液のミネラルバランスが悪くなると筋肉がうまくコントロールできなくなるのですが、一番影響が大きいのはカルシウムとマグネシウムです。 マグネシウムが減ってカルシウムの量が増えてしまうと、筋肉の収縮がうまくいかなくなります。 また、カリウムもこむら返りと大きく関連するミネラルです。 カリウムも筋肉を正常に動かすために必要なミネラルであり、不足すると筋肉の収縮が悪くなったり、エネルギー補給が間に合わずに、足がつりやすくなります。 身体の水分量が減ってミネラルバランスが崩れるとこむら返りや筋肉痛などが起きやすくなるので、水分不足を補うために寝る前にコップ1杯のお水を飲んでおくと良いでしょう。 特に秋から冬が注意です。 夏と違って汗をかかないために水分補給を忘れがち。 気づかないうちに身体が脱水症状になっていることもあるのです。 栄養不足 日中激しい運動をした時や、いつもよりもたくさん歩いた時に、夜中足がつりやすくなる、という人は、栄養不足が原因かもしれません。 代謝を良くするためのビタミンB1やタウリンというアミノ酸の一種が不足していると足がつりやすくなるといわれています。 ビタミンB1は疲労回復や神経伝達にも関わり、タウリンは筋肉疲労を回復させる働きがあるので、就寝中に足がつりやすい人は意識して摂取すると良いかもしれません。 筋肉量の減少 就寝中の足のつりに限ったことではありませんが、運動不足や加齢によって筋肉の量が減ることもこむら返りが起きやすくなる原因になるのです。 血管は筋肉に通っていますから、筋肉が減るということは下半身の血流も低下するということです。 血流が悪くなると栄養や酸素が足の隅まで行き渡らなくなるので、筋肉が疲労しやすく、睡眠中に足がつりやすくなるのです。 筋力の低下は日々の運動でしか予防できないので、日頃から適度な運動を心がけたいものです。 筋紡錘(きんぼうすい)の不調 筋紡錘とは、筋肉の伸縮を感知するセンサーであり、筋紡錘が筋肉の状態を脳に伝えることで、脳から筋肉に対して適切な指示が出せているのです。 ところがこの筋紡錘がうまく働いていないとそのセンサーがしっかり稼働しなくなります。 筋紡錘から適切な情報が脳に伝わらないので、脳が筋肉の状態を正しく把握できなくなります。 そうすると、必要以上に「縮みなさい」という指令が出てしまうことでふくらはぎの筋肉が収縮して足がつると考えられています。 筋紡錘が不調になる原因としては、• 立ち仕事• 運動不足• 冷え性による血行不良 などがあります。 筋肉の緊張状態が続かないように、日中でも適度にふくらはぎをほぐしてあげることが必要です。 気温の低下や冷え 夜に足がつる原因として「冷え」があります。 冬の寒い時だけでなく、夏はエアコンで室温が下がっているために急激に筋肉が収縮して足がつることがあります。 また、朝方は気温がグッと下がります。 その時に布団から足が出ていたりしてふくらはぎが冷えてしまうと、筋肉が冷えて血行不良となり収縮しやすくなるために、足がつってしまうのです。 冬はもちろんですが、エアコンをつけているのに何もかけずに寝るなど、身体が冷えるようなことをしないように気をつけましょう。 就寝中の室温はもちろん、寝るときの環境も見直してみましょう。 病気が原因!? もしそれまで足がつるということがあまりなく、頻繁に起こるようになったという場合は病気が隠れている可能性もあります。 糖尿病• 腎疾患• 椎間板ヘルニア• 脳梗塞• 脊柱管狭窄症• 動脈硬化• 静脈瘤 などです。 もし足がつる以外に、手足のしびれやむくみなどが起きている場合は早めに病院で検査を受けた方がいいでしょう。 夜中に足がつる予防 夜中に足がつって痛い思いをしないように予防を心がけましょう。 寝る前に水分ミネラル補給 水分やミネラル不足は足がつる原因となります。 ミネラル不足が気になる方は就寝前にミネラルが豊富なスポーツドリンクなど飲んでから休みましょう。 マッサージとストレッチ 筋肉疲労も足がつりやすくなります。 足が疲れたなと思ったら寝る前に、ふくらはぎを良くマッサージしたり、ストレッチなどをするなどして筋肉の疲れを取りましょう。 寝返りをうちやすい環境をつくる 布団の重みが原因で足がつるというお話をしましたが、それだけでなく筋肉は動かしていないとすぐに伸びにくくなる傾向があります。 軽めの布団で寝返りがうちやすいようにするというのも就寝中の足のつりの予防になります。 冷やさない 夜中は気温も体温も下がり、足がつりやすくなります。 寝る前に十分温かくして(特に足元)足がつる予防をしましょう。 夜中に足がつった時の対処法 夜中に限らず、足がつったときの対処法は限られています。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 詳しくは「」をご覧ください。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,197ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,798ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,376ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,959ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,755ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,872ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,922ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,533ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,768ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,242ビュー.

次の