リヴァイ 死ぬ。 リヴァイ兵長が死亡する!?意外すぎる驚愕の年齢とは?【進撃の巨人】【進撃の巨人】

進撃の巨人で人気のリヴァイ兵長が死んだとの噂が!死亡説にまつわる理由を考察! | 金曜ロードショー情報局

リヴァイ 死ぬ

「汚ねぇなチクショー」 特別編「リヴァイ兵士長」3巻収録 もう蜘蛛いねぇだろうな… ちっ……汚ねぇな、チクショー — うす塩平吾郎 hey5ro 週刊少年マガジンに出張掲載された回でのセリフ。 調査兵団が壁外調査をしたときにリヴァイが巨人のうなじを削いで返り血を浴びて言ったセリフです。 ここからリヴァイの潔癖症な部分が読み取れますね。 「揃いも揃って、おもしれぇ面しやがって。 」(同上「リヴァイ兵士長」) リヴァイが巨人との戦闘の際に、巨人の顔を見て言ったセリフです。 リヴァイは右に1体、左に2体の巨人を視認したのち、数の多い2体を倒すといい巨人にむかっていいました。 このことから巨人との戦闘に自信をもっていることが伺え、 巨人の噛み付きを立体起動装置を巧みに操りかわしたのち、すぐさま巨人のうなじを削ぐ力を見せつけます。 「おっと…おとなしくしてろ…そうしないとお前の肉を…綺麗に削げねぇだろうが」 同じく、リヴァイ兵士長の回での巨人との戦闘シーンでのセリフです。 巨人の両目にブレードを刺し、痛みに叫ぶ巨人に対して言いました。 「お前は十分に活躍した。 そして……これからもだ。 お前の残した意思が俺に力を与える。 」 リヴァイ兵士長の心に響く名セリフ 「お前は十分に活躍した。 そして…これからもだ。 この出張連載では巨人の脅威を描くとともに、リヴァイの実力、人間性を読者に伝える回となりました。 壁外調査で巨人にやられて死にゆく兵士が、「自分は人類の役に立ったのか。 」とリヴァイに問いかけたことに応えたセリフ。 この言葉により死にゆく兵士は安らかに眠りにつくことができたと思われます。 「約束しよう俺は必ず!!巨人を絶滅させる!!」 I will eradicate the titans! You have my word! 「約束しよう俺は必ず!巨人を絶滅させる!」 リヴァイ兵長 — リヴァイ兵長に駆逐されたい! ef66966508 同上のリヴァイ兵士長の回。 上の死にゆく兵士に対して、手を握りながら言ったセリフです。 潔癖症のリヴァイであるが、血にまみれた兵士の手を躊躇なく握り言葉をかけるあたりがリヴァイのグッドポイントです。 逆に、のちにエルヴィンに対しても約束をするが、なかなかできない約束をしてしまいがちなのもリヴァイの特徴と言えます。 「最後まで聞いたのか?…こいつは」 同上、「リヴァイ兵士長」 死にゆく兵士が息絶えたことに気が付いた後、一緒にいたペトラに対して問いかけたセリフです。 リヴァイの想いが死んだ兵士に伝わったとペトラは答え、後にリヴァイ班に所属することになるペトラの初登場回でもあります。 「これは…イルゼ・ラングナーの…戦果だ」 特別編「イルゼの手帳」より 5巻収録 【進撃の巨人Season3放送まで後38日!】 第3. なお、進撃の巨人は「別冊少年マガジン」という月刊誌で連載されており、創刊時より現在に至るまで連載が続いています。 この回は「ユミル」というキーワードが登場した後々の伏線となる回である。 壁外調査に出たイルゼという女性兵士が、仲間とはぐれ、馬を失い、壊れた立体起動装置を放棄し、壁を目指してから、巨人と遭遇し喰われるまでの記録が彼女の手帳に残されています。 この記録をリヴァイは「戦果」と評しているわけだが、イルゼは、遭遇した巨人が言葉を発し、「ユミルさま」とこうべを垂れたことを記録しており、物語に謎を落としています。 後々の展開を知ることで、その謎は解明されます。 「オイ…ガキ共…これは…どういう状況だ?」 第4巻14話 エレンが、巨人に開けられたトロスト区外壁の壁の穴を塞いだ直後の名シーン。 エレンは作戦を成功させた後、巨人から人間に戻り、そこを巨人に襲われていたが、壁外調査からかけつけた調査兵団が戻り、リヴァイがエレンを助けて言ったセリフです。 特別編の「リヴァイ兵士長」の最後のシーンとつなげて読むことができます。 時系列としては、壁外調査に調査兵団が出向いている間、その隙を狙われトロスト区が巨人の襲撃にあい、穴を開けられたりエレンが巨人に喰われたり、エレンが巨人になったりしたあとに、エレンを中心とするトロスト区奪還作戦が開始され、ちょうど穴を塞いだところで調査兵団が戻ってきた場面であります。 「これは持論だが 躾 しつけ に一番効くのは痛みだと思う」 第6巻19話 リヴァイ兵士長のシビれる名セリフ 「これは持論だが躾に一番効くのは痛みだと思う」 — 進撃の巨人トリビア shingekitoribia エレンが、審議所で啖呵をきった時に、エレンを蹴っ飛ばして言ったセリフで、 エレンの歯が折れてふっとんでいるシーンです。 これを契機に、エレンは調査兵団に身柄を預けられることになり、エレンは死罪を免れることができました。 「大方…クソがなかなか出なくて困ってんだろうな」32話 憲兵団が先に来ちまうじゃねえか。 大方、クソがなかなか出なくて、困ってんだろうな。 普段は無口なリヴァイであるが、この時は多弁で、リヴァイ班の兵士を失ったショックによるものと思われます。 Do it. You must do it. 「できそうかどうかじゃねぇだろ やれ・・・やるしかねぇだろ」 リヴァイ兵長 — 進撃の英語 shingekienglish 硬質化の能力を以ってエレンが壁の穴を塞ぐという案が出た時のセリフです。 この時はまだエレンは硬質化の力を操ることができず、アルミンとハンジの推測の元立てられた作戦で可能かどうか分からない段階であったが、とまどうエレンに対して、上のように言いました。 「全然なってない すべてやり直せ」第5巻19話 リヴァイ「全然なってない、すべてやり直せ」 潔癖リヴァイもカッコイイ! スポンサーリンク — 翔太 kuga1219 ヴァイ班の根城を掃除するよう命じられたエレンであるが、リヴァイの潔癖症を知らないエレンは、「なってない」掃除をしたことで、やり直しを命じられた際の セリフです。 なお、この時一緒にいたペトラはエレンと世間話をしていたが、リヴァイが来るや否や、慌てて掃除に励んだことから、調査兵団の間ではリヴァイの潔癖症は知られていることであると推測できます。 エルヴィンは右腕を巨人に喰われてしまったが、話ができるまで回復したため、リヴァイとピクシスと共に話をしており、 そこにハンジとコニーが調査報告にきて、巨人の正体が人間であると思われることを告げると、エルヴィンは一人笑っていた…。 これに対してリヴァイがエルヴィンに対して言ったセリフです。 エルヴィンの目的は、人類を救うため以外にもあることが読み取れる場面であった。 「 離れるべきはお前達だ。 下がれ。 最初、エレンに対して言っているように見えたが、実際は、巨人化したエレンを前にしたリヴァイ班の4人に対して言ったセリフである。 「そうじゃなかったハズだ……この班の使命は、そこのクソガキにキズ一つ付けないよう尽くすことだ。 命の限り。 」19話 リヴァイ兵士長の手厳しい名セリフ 「…お前らの仕事は何だ? その時々の感情に身を任せるだけか? そうじゃなかったハズだ… この班の使命は そこのクソガキにキズ一つ付けないように尽くすことだ。 命の限り。 」 — 進撃の巨人トリビア shingekitoribia 女型の巨人に追われている際に言ったセリフ。 女型の脅威に対し、戦闘をしかけようとするリヴァイ班の4名であったが、リヴァイがそれを制し、本来の目的を思い出させたセリフです。 そんな中、調査兵団は巨大樹の森へと足を踏み入れる。 この時は、まだ、「女型」の存在は明らかになっておらず、リヴァイ班は右翼側索敵が壊滅状態であることしか知りません。 「エレン お前は間違っていない やりたきゃやれ」第6巻25話 リヴァイ兵士長の名言 「エレン お前は間違っていない やりたきゃやれ」 — 進撃の巨人トリビア shingekitoribia 「女型」の襲撃を受ける中、リヴァイ班を守るため次々と犠牲になっていく兵士たちを見て、巨人化しようとしたエレンに対して言った一連のセリフです。 エレンの戦おうとする考えはリヴァイたちとの経験則の相違によるもので、どちらが正しいかの結果は誰にもわからないと言っています。 なので、自分で選択するようエレンに言っているシーンです。 また、エレンの巨人に対する狂気を目にしたことのあるリヴァイに言わせれば、エレンを命令によって従わせることはできないとも言っている。 リ ヴァイのこれらの発言のバックグラウンドは、スピンオフ企画のリヴァイ編「悔い無き選択」で描かれています。 俺達よりずっと多くの事を考えているだろう。 リヴァイのエルヴィンに対する強い信頼が伺えるセリフであった。 「俺は選ぶぞ 夢を諦めて死んでくれ 新兵達を地獄に導け」第20巻80話 夢を諦めて死んでくれ 新兵達を地獄に導け 「獣の巨人」は俺が仕留める やっぱリヴァイかっこいい — you yurayuland エルヴィンに対してのセリフです。 ウォールマリア最終奪還作戦時に、地下室にたどり着く直前で、人類の勝利の為に死ぬか、地下室に行き真実を知るかを迷うエルヴィンに言った。 「俺はあいつに誓ったんだ…必ずお前を殺すと」第20巻81話 待てよ…俺はあいつに誓ったんだ…必ずお前を殺すと…俺は…誓った!! — 気まぐれ剣道部 TOMMY toyoshige96 エルヴィンの作戦により、あと一歩のところまで、獣の巨人を追い詰めたリヴァイであったが、四足歩行の巨人 後に「車力」と判明 により、取り逃がし、巨人に囲まれた際に言ったセリフ。 「勘違いするな お前じゃエルヴィンの代わりにはなれねぇ」第21巻85話 アルミンに対して言ったセリフです。 エルヴィンの代わりに巨人化する注射を打たれることで一命をとりとめたアルミンであるが、エルヴィンの犠牲に死ぬべきは自分であったと感じていましたが、 そんなアルミンに対して、「エルヴィンのようにはなれないが、アルミンにはアルミンにしかできないことがある」と伝えた名シーンです。 まとめ リヴァイもまた主役級の重要人物です。 それに加えて、作者の思い入れの強さが感じられるほど、かっこよく描かれています。 リヴァイのファンはスピンオフ作もコミックス化されているので、目を通しておくことをおすすめします。 面白いかどうかは別にして、エルヴィンとの出会いや、調査兵団に入団した経緯、リヴァイの選択に対する考えかたの原点をしることができますよ。 本編では、未だ、最強の兵士であり、アッカーマン家の謎も残っているので、今後も活躍が濃厚ですね。

次の

進撃の巨人のリヴァイ兵長は115話で死亡確定?死亡フラグや生存説!

リヴァイ 死ぬ

場所は巨大樹の森 巨大樹の森を選んだのは、 立体機動装置を使って 巨人と戦うために、 最適な立地だからです。 女型の巨人を 巨大樹の森に誘い込んだ時も 全く同じ理由でしたよね。 今回、 30体の巨人が降ってきたとはいえ、 戦うのはあのリヴァイ兵長です。 流石にここで倒される、 ということは無いでしょう。 そして、 降ってきた兵たちの分の ガスやブレードや雷槍も、 うまく補充できるはずです。 燃料切れは 心配ありませんね。 ただジークが応戦した場合、 勝つのは困難になるかもしれません。 おそらく、 リヴァイが勝つでしょう。 なぜなら以前、 リヴァイは平地においても ジークを圧倒したからです。 巨大樹の森であれば、 ジークが巨人を操ったり 砂を投げてきたとしても、 地の利もあるので リヴァイの勝ちは硬いでしょう。 しかし、 そんなことをジークは 百も承知のはずです。 殺されかけたのですから。 そして詳しいジークは、 リヴァイがワインを 飲んでいたとしても 巨人化しないことは 知っていたはずです。 いまや 壁の外の無垢の 巨人は狩りつくされ、 港まであるくらいです。 そして調査兵団も、 実戦経験が乏しくなり、 さらには 今回の30人の精鋭を失い 新兵がイェーガー派に 入ってしまうなど、 30匹の巨人を狩れる戦力は もはや壁内にいません。 つまり、 無垢の巨人が出れば、 リヴァイが狩るしか ないということ。 ジークはこの間に逃げ、 リヴァイが30体狩るまで 足止めをするのでしょう。 そうすることで、 エレンの力を借りれたし より倒す確率が上がるからです。 それをしなかったのは、 やはり逃走がメインだから ではないでしょうか。 ジークはおそらくまだ、 ワインがバレたと知りません。 したがって、 今回の叫びの仕様は、 ワインのことを自ら 証明したのだと考えます。 30体は殺されてもOKで、 リヴァイを生き証人として ワインの驚異を証明するため 自らワインをネタバレした のだと考えられます。 叫びの範囲をジークが 操れるかは不明ですが、 距離的にも遠いですし、 なにろり巨人化したら せっかくの人質がパーです。 人質とは、 生きているからこそ 使える駒なのですから。 そしてジークは、 エレンの目的と同じく シガンシナ区へと 向かうと考えられます。 シガンシナ区は 壁の最も外側の部分です。 ジークやエレンが 調査兵団の敵?とはいえ、 パラディ島を崩壊させたい わけではないので、 島の内側の壁から 巨人を引きずり出して 地鳴らしをする、 ということは無いからです。 海に溺れてしまう? 壁の内側を破壊する? などと言われる地鳴らしですが、 その威力を見てみたいですね。

次の

リヴァイ兵長は死亡した?115話で死んだとされたが生きてることが判明

リヴァイ 死ぬ

リヴァイが死亡した経緯 進撃の巨人115話で人類最強の兵士であるリヴァイが死亡してしまったわけですが、今一度どのような経緯でリヴァイが死亡してしまったのかをまとめておきます。 エルディアにとって超重要人物であるを監禁するため、リヴァイは複数の部下とともに巨大樹の森にジークを連れて行きます。 そこでジークを見張る日々が続くが、リヴァイの部下はマーレ産のワインを口にしてしまっていた。 そのワインにジークの脊髄液が混入されていたのだ。 リヴァイ以外の兵士は全員ワインを口にしており、つまりリヴァイ以外の兵士はいつでもジークの力で巨人化させられるという状況にあった。 そして、機を見てジークがうなりを上げ、兵士をに変える。 大量の巨人に囲まれリヴァイは絶対絶命のピンチとなる。 が、さすが人類最強。 まさかまさかの大量の巨人をかいくぐってジークの元に姿を現す。 ここで完全にリヴァイ退場となると思ったので突破してきたときは笑いましたw これにはジークも完全に想定外。 となって応戦するも リヴァイの圧倒的強さの前に敗れ、再び拘束されてしまう。 雷槍でジークのことを拘束し、身動きを取れないようにする。 しかし、覚悟を決めたジークは 雷槍を無理やり起動させ、リヴァイを爆発に巻き込んでいく。 そして、115話で爆発が起こった場所にハンジが駆けつけ、リヴァイのことを見つけて「死んでる」と確認を取る。 雷槍の爆発は内臓をズタズタにしてしまうほどの威力だそうで、近くで食らうと即死となるのだそう。 確かに描写的にもリヴァイが死んでいるように見えますね。 リヴァイ…… 皆さんはどう思いますか?自分的にはこの怪我だけど生きていてほしいなと思っています。 頼むぞリヴァイーー — 花 Sgd6eihDX13T30M ただ、 個人的には「リヴァイはまだ死んでいないのでは??」と思っています。 その理由を今からお伝えしていきますね。 リヴァイはまだ死んでいないと思う3つの理由 1. 吹き飛んだリヴァイの指や顔の傷に注目して描かれている 115話をよく見てみると、 雷槍で吹き飛んだリヴァイの指やリヴァイの顔の傷に注目して描かれているように見えます。 これは「今後、リヴァイは再登場するけど、顔に傷があって2本の指がない状態で出る」ということを今の内から読者に伝える意図があって描かれたのではないでしょうか?? 2. ハンジが逃げる際にリヴァイを連れて行っていた 巨人の中からジークが姿を現し、そっちに注目が集まった隙を突いては川に飛び込み逃走しました。 その際、 死亡しているリヴァイを抱えながらだったのですよね。 逃走する上で人一人抱えるのは相当な邪魔です。 本当に死体ならばその場に置いて行くのが合理的判断。 それをわざわざ連れて行ったのは、まだリヴァイが生きているからではないでしょうか??ちなみに リヴァイの状態を確認しているのはハンジだけです。 フロックが脈を計ろうとした時に巨人からジークが現れ、ハンジは逃走したのでハンジ以外にリヴァイの容態を確認した人間はいません。 つまり、 なんとでも言えるのです。 トドメを刺されるのを避けるために、「リヴァイは死んだ」とハンジが嘘をついた可能性は十分考えられます。 巨人の力を引き出せるアッカーマン一族なら瀕死のダメージを負っても復活できる リヴァイが雷槍の爆発を近距離で食らったのは事実。 そして、ハンジの「雷槍を近くで食らうと内臓がボロボロになって即死」というのも事実でしょう。 つまり、常人であれば雷槍の爆発に巻き込まれると死は免れないということです。 そう、 常人であれば。 みなさんご存知の通り、リヴァイは常人ではありません。 巨人科学の副産物であるの人間です。 112話でアッカーマン一族の詳細が明らかになりました。 アッカーマン一族は、人間の姿のまま一部巨人の力を引き出すことができるとのこと。 「巨人のように再生能力がある」とまでは描かれていませんでしたが、 「巨人の力を引き出すことができる」ということは、巨人の再生力を有する可能性も考えられます。 もしそうだとしたら常人なら即死の雷槍を食らっていたとしてもリヴァイは死んでいないと考えられますね。 人類最強の兵士だからいろいろ考えさせられる ここにきてリヴァイ死亡の展開には驚かされました。 ただ、作中最強キャラとして何度も死地を脱してきたリヴァイなので、すんなり死を受け入れることはできず、「本当はまだ生きているんじゃ??」と考えさせられますよね。 まあ、その答え合わせはすぐにできるでしょうから進撃の巨人の連載を楽しみに待つとしましょう。 また、動画でリヴァイ死亡について触れているものを見つけたのでこちらも観てみてください。

次の