トイ プードル 連れ去り。 トイプードルについての解説

スーパー入り口でペットの連れ去りを機転を利かせて阻止した男性、Twitterで注意喚起|スーパーやコンビニの前にペットを繋ぐのは危険!

トイ プードル 連れ去り

札幌市内の公園で、小型犬トイ・プードルに女の子が手を噛まれ、怒った父親が犬を連れ去る騒ぎがあった。 飼い主の女性がツイッターで行方がわからなくなっていると投稿し、10月6日(2019年)午後4時現在、まだ見つかっていない。 9月30日(2019年)の午後6時頃、女性はトイ・プードル(4歳オス)と散歩に出かけ、首輪をつけていたが、足に怪我をしていたため、胸に抱いてベンチに座っていた。 そこへ2、3歳の女の子が近寄ってきて、犬に触ったところ、犬が手を噛んだ。 女の子は泣き出し、父親とみられる男が「何をしている」と近寄り、プードルの首根っこをつかんで、「保健所へ連れて行く」と連れて行ってしまった。 女性は「やめてください」ととめたが、男は無視して去った。 女性は保健所を探したが、犬は届けられておらず、2日後にネットで情報提供を呼びかけた。 すると、「犬を見かけた」との書き込みがあり、取材に訪れた「スッキリ」の阿部祐二リポーターと、見かけたという場所に行ったがいなかった。 連れ去った父子もわからない。 知らない人に急に触られたら犬だって怖い 司会の加藤浩次「僕も犬を飼っているけど、犬はたまに、知らない人を噛むことはありますよね」 そもそも、女の子が飼い主に断りもなく犬に触ろうとし、それを父親が止めなかったのが事の発端だ。 ある獣医は、抱かれていたため「強気」になっていたのかもという。 獣医でも飼い主から抱きとる時は要注意で、噛まれることがあるそうだ。 犬山紙子(イラストエッセイスト)「連れ去るのは噛んだこととは別ですよ」 弁護士の菊地幸夫は「本当に危険な噛む犬は、手続きをしたうえで、最悪は『殺処分』というのがありますが、このケースはそれにはあたりませんよ」 加藤「もし、(犬が)危害を加えられていたら?」 菊地「器物損壊ですよ」。 犬は器物なのだ。 ということは、連れ去りは器物持ち逃げということか。 あるいは窃盗か。

次の

相次ぐ被害…犬が盗難されてしまう可能性のある5つの場所

トイ プードル 連れ去り

要注意!愛犬盗難の目的とは 正確な件数はわかりませんが、毎年、わんこが何者かに連れ去られてしまうという悲しい事件が発生しています。 わんこを連れ去る目的としては、以下のようなことが考えられます。 転売するため• 自分で飼うため• 飼い主に嫌がらせをするため• 発見したフリをして謝礼を貰うため• 動物愛護ビジネスに利用するため 連れ去る目的はそれぞれですが、一度連れ去られてしまったら、再会することは難しいと言わざるをえません。 愛犬盗難の発生しやすい場所を、過去の事例とあわせて紹介しますので、あなたの大切な愛犬を守る参考にしてください。 店先 スーパーマーケット等の店先に繋がれて、買い物中の飼い主さんを待っているわんこの姿を見かけることありますよね。 こういった店先に一時的に繋がれていたわんこが連れ去られるケースは少なくありません。 また、お店の看板犬として店頭にいたわんこが連れ去られたという例もあります。 「ほんの少しの間だから」と思っても、わんこを店先で待たせるのは避けた方が無難でしょう。 喫茶店の前に繋いでいたジャックラッセルテリアを、自転車の男に連れ去られた。 ペットショップの看板犬のトイプードルを、不審な親子に連れ去られた。 自宅の室内 意外に思うかもしれませんが、自宅の室内で留守番をしていたわんこが連れ去られる例も多く発生しています。 このケースはそのほとんどが、「空き巣に入ったついでに犬も連れ去った」というものです。 根本的な予防策としては空き巣対策をするしかありませんが、誰にでも寄っていってしまう人なつっこいわんこや、連れ去りやすい小型犬の場合には特に注意が必要です。 空き巣被害に遭い、チワワを連れ去られた。 後の犯人が捕まり、足元にまとわりついてきたのでついでに盗んだと供述。 飼い主が家で仮眠中に、室内飼いのトイプードルを連れ去られた。 自宅の庭 こちらも意外かもしれませんが、自宅の庭で鎖につないでいたわんこや、自宅の庭で遊ばせていたわんこが連れ去られるという被害も報告されています。 わんこを外飼いしている場合、外から見えやすい場所にわんこを繋がないことや、門を設けて施錠する等、簡単に敷地内に人が入ってこられないような工夫が必要です。 一方で、わんこを庭で遊ばせる際には、わんこから目を離さないことが大切です。 庭で遊ばせていたヨーキーとマルチーズを、庭に横付けされた車に連れ去られた。 庭に繋いで外飼いしていた柴犬を、近所の子どもに連れ去られた。 公園・ドッグラン 公園やドッグランでわんこを遊ばせる際にも、自宅の庭でわんこを遊ばせているときと同様に、わんこから目を離さないことです。 特にドッグランでは、他の飼い主さんとのおしゃべりに夢中になる事もあり、みんな犬好きだから大丈夫と油断しがちです。 わんこ同伴でない人の入場を断っているドッグランも多いですが、そうでない場合等には、不純な動機でドッグランに入場している人もいるかもしれないということを心の片隅に置いておいてください。 公園で放して遊ばせていたチワワを、目の前でバイクの男に連れ去られた。 車内 わんこを車内でお留守番させていたときに、車内からわんこを連れ去られてしまうといった例です。 わんこを残して車を離れる際には施錠を怠らないことはもちろんですが、車上荒らしの手口でドアをこじ開けられてしまう可能性もあります。 そのままわんこが盗まれてしまうことももちろんですが、わんこを車内で自由にさせていた場合には、ドアが開けられた隙に逃げてしまうことも考えられます。 わんこを車内でお留守番させる際には、短時間で帰ってくることはもちろんですが、ケージに入れる、リードやシートベルトで繋いでおく、等の対策があれば安心です。 クーラーをかけて施錠していた車内から、とボーダーコリーを連れ去られた。 もしも愛犬が盗まれてしまったら もしも、あなたの愛犬が誰かに連れ去られてしまったら、まずは落ち着いて以下のような措置をとりましょう。 警察に被害届もしくは紛失届を提出する• 動物愛護センターに連絡する• 自作の張り紙やSNS等で情報を募る まとめ いかがでしたでしょうか?大切な愛犬を盗難被害から守るためにも、わんこの盗難が実際に発生していることを認識し、盗難被害が起こりやすい状況に愛犬を無防備に晒すことのないよう、できる限りの対策をとっていくことが重要です。

次の

相次ぐ被害…犬が盗難されてしまう可能性のある5つの場所

トイ プードル 連れ去り

足を怪我していて、飼い主さんも妊娠していたから、抱っこしていたのでしょう。 そこへ女の子が触りにきて噛まれたとか。 どっちが悪いとは言えません。 子供は動き回るので、隙はできます。 噛んだ犬だって、いきなり触られたらびっくりするでしょう。 問題なのは、その後の対応ですよね。 父親が怒りにまかせて、連れ去ったことです。 動物は物扱いだから良くて、子供は別格? いやいや、飼い主にとっては、他人の子供以上に大切な家族です。 子供もペットも自分が望んで、親になり、飼い主になるのだから、責任を持たないと、、子育てが大変だから、しつけや監視ができないなんて理由にならないと思いますし、自分の娘の事だけ考えて対応した、この父親は良い質の人間ではないと思いますけど。 罪のない動物には虐待と言えるでしょう。 殴られたり、保健所で殺処分されたり、別の場所に放置されたり、、飼い主にとっては苦痛しかないでしょう。 元気で戻ってこないといたたまれない気持ちはわかります。 ニュースになってよかったと思います。 氷山の一角ですよ。 ワンちゃんが、子供を噛んでしまったとしても、生き物なんだし、じゃあすぐに処分ってのは違うと思う。 飼い主の女性からしたら、ペットとは言え、家族なんだからね。 それに、いきなり手を出した方も悪いし。 それに、噛んだワンちゃんが悪いのだろうけど、いきなりワンちゃんをどうにかしようではなく、飼い主の方にどうしてくれるんだ!とか、どうするんだ!とか、飼い主の方にまず行かないと。 飼い主=保護者みたいなものなんだから。 それと、子供を傷付けたのは分かるが、いきなりワンちゃんを連れ去った男性は、その行為が犯罪になる可能性もあると思うので、あなたも言うように、ここは警察に相談した方が良いですよね。 あとは、保健所に連れて行く!って言って、連れ去ったから、その地域一帯の保健所に連絡して、トイプードルを保健所に連れて来る人、もしくは、殺傷処分にしてくれなんて言って来る人はそういないと思うので、急いで確認した方が良い。 一帯の保健所にそう言うのはなかったなら、その男性の家にいるか、無責任にどこかに放置したか、又は殺したかになると思う。 放置した、殺したなら、犯罪になると思う。 まぁ、自分勝手に連れ去ったのも犯罪になるかもですけどね。

次の