安倍 昭恵 大分。 安倍昭恵が松久正氏と大分旅行!花見だけではなくアクティブに行動

大分旅行で浮かび上がる安倍昭恵氏の思想の謎「強烈な自分信仰」か

安倍 昭恵 大分

首相が、から「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分に旅行し、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。 昭恵夫人は、同行者に「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」と語っていたという。 この日、昭恵夫人は朝7時ごろに宇佐神宮の元宮・大元神社を訪れた後、車で移動し、午前10時半ごろに宇佐神宮へ。 「この時期なので境内を歩く人はまばらなのですが、その中で、ほとんどの人がマスクをつけていない団体が境内を歩いていたのです。 しかも、よく見ると先頭に立っていたのはノーマスクの昭恵夫人。 無警戒さに驚きましたね」(目撃者) 昭恵夫人は宮司の出迎えを受け、お祓いや祈祷といった神事に参列。 「最近はコロナ対策で、祈祷の際にも間隔を空けて着席するグループが多いのですが、昭恵さんたちは密着しており、警戒しているそぶりはなかったそうです」(大分県関係者) 参拝に同行したのは、医師の松久正氏が主催するツアーの一行。 〈神ドクター降臨 in Oita〉と銘打たれたツアーを主催する松久氏は、慶応大学医学部出身で「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、鎌倉市内で診療所を経営しながら、講演やYouTubeでも活動している人物だ。 松久氏の「診療方針」について、公式サイトではこう説明している。 〈ドクタードルフィンの超高次元医学(診療)では、薬や手術というものを一切使いません。 患者自身で問題(人生も身体も)を修復する能力を最大限に発揮させます〉 新型コロナウイルスについても、フェイスブックでこう述べている。 〈不安と恐怖が、ウィルスに対する愛と感謝に変わった途端、ウィルスは、目の前で、ブラックホールから、突然、喜んで、消え去ります〉 なぜ昭恵夫人は、松久氏率いるツアー一行と宇佐神宮に参拝したのか。 松久氏に聞いた。 「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。 宇佐神宮へは前から行きたかった。 私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。 ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」 昭恵夫人の行動について、安倍事務所に書面で事実確認を求めたが、回答はなかった。 この前日には、安倍首相が記者会見して、「現状は依然として警戒を緩めることはできません」「感染拡大の防止が最優先」「全国津々浦々、心を一つに、正にワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい」と国民にコロナウイルス対策の重要性を訴えていた。 4月16日(木)発売の「週刊文春」では、昭恵夫人の宇佐神宮参拝の詳細や、安倍首相が星野源とコラボして炎上した動画の仕掛人は誰なのか、さらには小池百合子東京都知事の9億円CMを巡る水面下の攻防など、「新聞・TVが報じないコロナ全真相」を22ページの大特集で報じる。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月23日号) 外部サイト.

次の

昭恵夫人が大分旅行で会いに行った“変態ドクター”が衝撃発言「感染を受け入れて」

安倍 昭恵 大分

画像引用元: 名前 松久 正 よみかた まつひさ ただし 出身地 三重県桑名市 学歴 慶應義塾大学医学部卒 経歴 鎌倉市内にある 鎌倉ドクタードルフィン診療所で院長を務めているそうです。 慶應義塾大学医学部のほか、米国のパーマーカイロプラクティック大学を卒業し、日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、米国公認ドクターオブカイロプラクティックの資格を持っています。 ドクタードルフィンの超高次元医学では、薬や手術というものを一切使わず、患者自身で修復する能力を最大限に発揮させるように導く事をされています。 スピリチュアル系の講演や出版も、多数行っているようで幅広く活動しているみたいなのですが、まだまだ謎が多いという感じがしますね。 安倍昭恵夫人との関係とは? 安倍首相が 警戒発言をされた翌日に、 安倍昭恵さんが 『どこか行こうと思った』と呑気に大分旅行へ行った事が明らかとなり、国民から大バッシングを受けていますよね。 一緒に同行していた ドクタードルフィンさんにも注目が集まっていますが、お二人はどのような関係なのかも気になります。 一見接点がないようにも見えますが、どうやら 安倍昭恵さんからアプローチして友人関係となったと言われているようです。 この大分旅行も、ドクタードルフィンさんが企画したツアーのようで、大分で行われた講演を観覧に行ったと思われます。 昭恵夫人は 3月15日に大分県宇佐市の宇佐神宮を訪れたそうで、これは 医師の松久正氏が主催する「神ドクター降臨 in Oita」というツアーの一環 引用元:cyzowoman• 都内で開催された 『龍の日』なるイベントにて、 松久氏の姿• 最近、 彼らのトレンドは「龍」• 昔から界隈で人気のあるモチーフ• デューク氏は「幼いころから『龍』と交信をしていました」とのこと。 イベントは、ゲストのトークショーが行われる ステージと、物販ブース等がある展示会場に分かれており、展示会場は無料• トークショーは 登壇者ごとにチケットを購入する必要があり、全ステージを前方の席(プレミアムシート)で見る場合、ちょうど 5万円• 心屋氏に龍は見えないとのことでしたが、一方で 「8歳の頃から見える」と話すデューク氏• ふくよかなおなかを指さして「ここにも 龍がいる。 触った人は運気が上がる」と、軽快なトークを展開• 1月に名古屋で開催された「 龍の魔法学校2019」は、午前10時~午後5時の受講で、 参加費10万円(税込)• SHINGOさんのブログによると、「さまざまなスピリチュアル能力を1日にして得ることができます」とのこと 引用元:cyzowoman• 今、 大麻に興味がある。 ひとつは医療用、もうひとつは『 祈祷用』• 日本古来の神とつながる精神性を得るためには、日本製の麻を使う必要があると思う。 「日本を取り戻す」ことは「大麻を取り戻す」こと 引用元:週刊現代 今回発覚したドクタードルフィンさんとの繋がりで、 スピリチュアル系にハマっており多大な影響を受けていることは明白でしょう…。 まとめ 今回は、安倍首相が警戒発言をした翌日に安倍昭恵夫人が大分旅行へ行っていた友人ドクタードルフィンさんのプロフィールや経歴について調べました。 ドクタードルフィンさんの超高次元医学では、薬や手術というものを一切使わず、患者自身で修復する能力を最大限に発揮させるという変わった療法を提案していることから、世間からは賛否分かれていて『胡散臭い』といった声が多いようです。 安倍昭恵夫人の大分旅行から、話題になったドクタードルフィンさんですが、今後の動きにも注目が集まりますね。

次の

安倍総理、昭恵さんの大分旅行に国会で答弁「私の妻も含めまして、8割接触を減らすということで全力を尽くさなければ」

安倍 昭恵 大分

Contents• 安倍昭恵が大分で会った医者(松久正)がヤバすぎる まずは、この様なバカな行動をとった安倍昭恵夫人の大分旅行の経緯をお伝えします。 安倍昭恵夫人が大分旅行に出かけたのが令和2年3月15日。 その前日の3月14日に夫である安倍晋三首相が感染拡大防止のため会見を開き、 「自らの身を守る行動」を呼びかけ三密の説明などをしていた日だったのです。 この時期は、高校野球の選抜大会や各イベントの中止が相次いでおり、高校球児を始め多くのイベントを楽しみにしてた人たちは泣く泣く受け入れていました。 ではなぜ、この様な時期に安倍昭恵夫人は大分旅行という身勝手な行動をとったのでしょうか? それは、松久正という医者が主催した 『神ドクター降臨 in Oita』という何とも胡散臭いツアーで、宇佐神宮に行き 50人の団体でお祓いや祈祷といった神事に参列したの事。 しかも、安倍昭恵夫人が同行者に放った一言が 『ウイルス問題で予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです』と…。 本当に内閣総理大臣の妻なのかと耳を疑いたくなる言葉だったのです。 そこで安倍昭恵夫人は、全部の予定がなくなったのはどうしてなのか?その当時の日本の状況を考えなかったのでしょうか? 医者『松久正』のどこがヤバいの? 出典: こちらの男性が安倍昭恵夫人が大分旅行であった松久正医者です。 この久松正医者は自ら 『変態ドクター』と称し、神奈川県鎌倉市で『鎌倉ドクタードルフィン診療所』を経営しているのです。 医者でありながら変態ドクターと自称している事は、それはそれでヤバいのですがただの序の口。 調べていけば調べていくほど本当に大丈夫なのか?本当に医者なの?かなりヤバい人じゃないの?と感じてしまいました。 と、いう事で松久正医者がどの様にヤバいのかまとめてみました。 松久正医者がヤバい!のまとめ 松久正医者が経営している鎌倉ドクタードルフィン診療所では 『超高次元医学』を掲げており、 病気を治す事はしないと断言。 しかも、病気を治さないと断言しているのにも関わらず、 癌進行期や重症難病等の患者には、優先的に診療を早める場合があると表記しているのです。 そもそも病気を治す事はしないのに進行癌や重症難病患者を診てどうするつもりなのでしょうか? さらには、遠隔診療というものを受けれると書かれているのですが、その内容がかなりヤバいのです。 遠隔診療と聞くとそんなのあるのと思われがちですが、実際『日本遠隔医療学会』というものがあり、 通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為 引用元: と記されています。 ということで、この診療所でも同じことをしているのかと思いきや、• 『人生の悩み』• 『身体の症状』• 『病気』• 『改善したいこと』 を松久正医者にメールで伝え、解決を誘導を行うというものらしいのです。 一応、メールという形で通信技術は使用しているのですが、これは診療では無くただの 『お悩み相談』ではないでしょうか? さらに驚きなのは、解決誘導するためにメールや電話などでのアドバイスではなく、 『 唱えることでエネルギーがダウンロード』できると書かれているのです。 気になるダウンロードしたものはというと『アップロードされた松果体DNAエネルギー』という得体の知れないもので、しかも唱えるとは宗教めいた感じにしか受け取れません。 ここまででもかなり医者としてヤバい人物なのですが、今一番問題視されているウイルス問題に対しても、次の様にフェイスブックで投稿されていました。 出典: この安倍昭恵夫人の常軌を逸した身勝手な大分旅行について、会見まで開いて外出自粛を訴えかけてきた安倍晋三首相なのですが、謝罪や安倍昭恵夫人への注意をするといった事は一切せず逆に擁護をしていました。 その内容というのが• 『団体ツアーと合流したのは参拝のみだった』• 『事前に本人より聞いていた』 というもの。 いったい『事前に本人から聞いていた』とは、いつ安倍昭恵夫人から話を聞いのでしょうか? なぜ、この様な状況にあるにも関わらず大分旅行を止めなかったのでしょうか? 誰よりも日本国民の見本となるべき安倍総理が自分の妻がとった行動に制限や責任がとれないのでしょうか? 個人的にも疑問しか出てきません。 世間の声をお伝えしたいところですが、不満の声が多すぎますし、おそらくこの記事を読んでくださっているあなたと同じ想いです。 森本問題しかり、桜を見る会、ANAを巻き込んだ虚偽答弁、今回の宣言の遅さなど問題だらけ。 安倍昭恵夫人の身勝手な行動で足を引っ張られている部分も大いにあるのですが、相当ヤバい状況に陥って今後が不安という声も多く上がっています。 ちなみにですが、アメリカイリノイ州のウォーカー市長の妻が外出禁止の命令違反をした際、ウォーカー市長は『外出禁止の命令に違反した市民の1人として扱い、特別扱いしないよう指示』をしています。 ここまで毅然とした態度が安倍晋三首相にできれば良いのですが…。 関連記事 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の