卵巣 癌 腫瘍 マーカー。 腫瘍マーカー CA125:卵巣がんのスクリーニング、治療効果判定に有効

卵巣癌腫瘍マーカーの基準値

卵巣 癌 腫瘍 マーカー

2009年5月29日から6月2日まで米国フロリダ州Orlandoで米国臨床腫瘍学会(ASCO)が開催された。 今年のASCOでは、卵巣がんの腫瘍マーカーCA-125に関する研究が、特に注目度の高い研究成果(プレナリーセッション)のひとつに選ばれた。 この結果は、日本の日常診療にも影響しそうだ。 現在、日本婦人科腫瘍学会による「卵巣がん治療ガイドライン2007年版」では、卵巣がんの初発治療後のフォローアップとして、毎回、腫瘍マーカー(CA-125)の測定を行うことが推奨されている。 そして毎回検査される腫瘍マーカーの変動は、患者にとって大きな気がかりだ。 ところが、毎回CA-125検査を行うことについての科学的なエビデンスは乏しい。 ガイドラインにも、「初回治療後のフォローアップ時の最適な診察項目や検査項目を提示するための確固とした科学的根拠を見つけることは困難」と記載されており、エビデンスに則ってというよりも、慣習的に検査が行われているのが現状なのだ。 今回のASCOでは、CA-125を用いたフォローアップに関して、ほぼ初めてとなるエビデンスが提示された。 これらの試験では、CA-125の上昇(正常値上限の2倍以上)を再発と見なして早期に治療を開始した場合(早期治療群)と、腫瘍マーカーの上昇に加え画像診断などによる腫瘍の確認を待ってから治療を開始した場合(治療遅延群)とを比べて、生存率の改善などが見られるかが前向きに検討された。 CA-125の測定は3カ月ごとに行われている。 対象となったのは、ファーストラインの抗がん剤治療を完了した進行卵巣がん患者1442人。 そのうち条件に合致しランダム化されたのは、早期治療群265人と治療遅延群264人だった。 早期治療群では254人(96%)が、治療遅延群では233人 88%)がセカンドラインの抗がん剤治療に移行した。 試験に参加した患者の進行度はステージIIIが一番多く(早期治療群68%、治療遅延群69%)、ステージIV(早期治療群12%、治療遅延群13%)、ステージII(早期治療群11%、治療遅延群10%)、ステージI(早期治療群9%、治療遅延群8%)と続いていた。 解析の結果、早期治療群は、治療遅延群に比べて4. 8カ月早くセカンドラインの抗がん剤治療を開始し、サードラインの抗がん剤治療も4. 6カ月早く開始していることが確認された。 00、95%信頼区間 0. 82-1. 98) 加えて、QOLの指標として調査されたGlobal Health Scoreは、早期治療群が治療遅延群に比べて低い(悪い)傾向がみられた。 また、同スコアで良好(Good)との回答が得られた期間も、早期治療群は7. 1カ月 中央値)と、治療遅延群の9. 2カ月 中央値)と比べて短い傾向が観察された。 早期に治療を開始した場合にQOLが低下する傾向が示されたのは、早期開始で治療期間が長期化し、治療に伴う副作用や精神的なダメージが増加したことを意味する。 すなわち、今回の研究から、CA-125の上昇を指標に抗がん剤治療を早期に開始しても、生存率の改善は見られず、QOLは逆に低下する傾向が確認された。 国立がんセンター中央病院内科・化学療法医長の勝俣範之氏は今回の結果を受けて、「CA-125を用いて再発を早期に診断することによるメリットはなく、CA-125が上昇した場合でも、治療の開始は画像検査などによる診断が得られるまで待つことが望ましいことが示された」と解説する。 とはいえ、腫瘍マーカーの上昇は患者にとって大きな不安だ。 また勝俣氏は「腫瘍マーカーの上昇は、患者だけでなく医師にとっても不安なもの。 そのため、治療を早期に開始してしまいがち」と話す。 勝俣氏は、「画像診断で腫瘍を見つけてから治療を開始することで、より適切な治療が可能になる。 再発卵巣がんの治療では、抗がん剤だけが選択肢ではなく、手術や放射線治療の可能性もある。 腫瘍マーカーの上昇だけで焦って治療を開始するのではなく、敵を見極めてから適切な治療を行うべき」と強調する。 ASCOでこの発表を考察するディスカッサントとして登壇した米国UCLAのBeth Karlan氏は、「症状のない患者においては、CA-125の検査の頻度を減らすことが必要だろう」と語った。 勝俣氏も今回の結果を受けて、「フォローアップのあり方に関するガイドラインの記載も見直しが行われるべき」と語っている。 今後、日本においても、CA-125検査のあり方、治療開始の判断に腫瘍マーカーの結果をどのように利用するかの新たなコンセンサス作りが必要だろう。 また、患者もCA-125の数値に翻弄されないことが重要といえる。 最後に勝俣氏は、「卵巣がんの治療では、なによりも初期治療をしっかり行うことが大切。 初期治療がしっかり行われている場合は、再発についてあまり心配することなく過ごして欲しい」と語った。

次の

卵巣がんの腫瘍マーカー「CA125」とは?

卵巣 癌 腫瘍 マーカー

2009年5月29日から6月2日まで米国フロリダ州Orlandoで米国臨床腫瘍学会(ASCO)が開催された。 今年のASCOでは、卵巣がんの腫瘍マーカーCA-125に関する研究が、特に注目度の高い研究成果(プレナリーセッション)のひとつに選ばれた。 この結果は、日本の日常診療にも影響しそうだ。 現在、日本婦人科腫瘍学会による「卵巣がん治療ガイドライン2007年版」では、卵巣がんの初発治療後のフォローアップとして、毎回、腫瘍マーカー(CA-125)の測定を行うことが推奨されている。 そして毎回検査される腫瘍マーカーの変動は、患者にとって大きな気がかりだ。 ところが、毎回CA-125検査を行うことについての科学的なエビデンスは乏しい。 ガイドラインにも、「初回治療後のフォローアップ時の最適な診察項目や検査項目を提示するための確固とした科学的根拠を見つけることは困難」と記載されており、エビデンスに則ってというよりも、慣習的に検査が行われているのが現状なのだ。 今回のASCOでは、CA-125を用いたフォローアップに関して、ほぼ初めてとなるエビデンスが提示された。 これらの試験では、CA-125の上昇(正常値上限の2倍以上)を再発と見なして早期に治療を開始した場合(早期治療群)と、腫瘍マーカーの上昇に加え画像診断などによる腫瘍の確認を待ってから治療を開始した場合(治療遅延群)とを比べて、生存率の改善などが見られるかが前向きに検討された。 CA-125の測定は3カ月ごとに行われている。 対象となったのは、ファーストラインの抗がん剤治療を完了した進行卵巣がん患者1442人。 そのうち条件に合致しランダム化されたのは、早期治療群265人と治療遅延群264人だった。 早期治療群では254人(96%)が、治療遅延群では233人 88%)がセカンドラインの抗がん剤治療に移行した。 試験に参加した患者の進行度はステージIIIが一番多く(早期治療群68%、治療遅延群69%)、ステージIV(早期治療群12%、治療遅延群13%)、ステージII(早期治療群11%、治療遅延群10%)、ステージI(早期治療群9%、治療遅延群8%)と続いていた。 解析の結果、早期治療群は、治療遅延群に比べて4. 8カ月早くセカンドラインの抗がん剤治療を開始し、サードラインの抗がん剤治療も4. 6カ月早く開始していることが確認された。 00、95%信頼区間 0. 82-1. 98) 加えて、QOLの指標として調査されたGlobal Health Scoreは、早期治療群が治療遅延群に比べて低い(悪い)傾向がみられた。 また、同スコアで良好(Good)との回答が得られた期間も、早期治療群は7. 1カ月 中央値)と、治療遅延群の9. 2カ月 中央値)と比べて短い傾向が観察された。 早期に治療を開始した場合にQOLが低下する傾向が示されたのは、早期開始で治療期間が長期化し、治療に伴う副作用や精神的なダメージが増加したことを意味する。 すなわち、今回の研究から、CA-125の上昇を指標に抗がん剤治療を早期に開始しても、生存率の改善は見られず、QOLは逆に低下する傾向が確認された。 国立がんセンター中央病院内科・化学療法医長の勝俣範之氏は今回の結果を受けて、「CA-125を用いて再発を早期に診断することによるメリットはなく、CA-125が上昇した場合でも、治療の開始は画像検査などによる診断が得られるまで待つことが望ましいことが示された」と解説する。 とはいえ、腫瘍マーカーの上昇は患者にとって大きな不安だ。 また勝俣氏は「腫瘍マーカーの上昇は、患者だけでなく医師にとっても不安なもの。 そのため、治療を早期に開始してしまいがち」と話す。 勝俣氏は、「画像診断で腫瘍を見つけてから治療を開始することで、より適切な治療が可能になる。 再発卵巣がんの治療では、抗がん剤だけが選択肢ではなく、手術や放射線治療の可能性もある。 腫瘍マーカーの上昇だけで焦って治療を開始するのではなく、敵を見極めてから適切な治療を行うべき」と強調する。 ASCOでこの発表を考察するディスカッサントとして登壇した米国UCLAのBeth Karlan氏は、「症状のない患者においては、CA-125の検査の頻度を減らすことが必要だろう」と語った。 勝俣氏も今回の結果を受けて、「フォローアップのあり方に関するガイドラインの記載も見直しが行われるべき」と語っている。 今後、日本においても、CA-125検査のあり方、治療開始の判断に腫瘍マーカーの結果をどのように利用するかの新たなコンセンサス作りが必要だろう。 また、患者もCA-125の数値に翻弄されないことが重要といえる。 最後に勝俣氏は、「卵巣がんの治療では、なによりも初期治療をしっかり行うことが大切。 初期治療がしっかり行われている場合は、再発についてあまり心配することなく過ごして欲しい」と語った。

次の

腫瘍マーカー【がん治療.com】

卵巣 癌 腫瘍 マーカー

一例を挙げてみましょう。 肺小細胞がん、神経芽細胞腫、褐色細胞腫、甲状腺髄様がん、などで高値となる。 病状が進行すると上昇するといわれており、臨床的な経過観察に利用される。 肺小細胞がんで60~80%、小児の神経芽細胞腫で70~80%の陽性率を示すことがある。 各種扁平上皮がん(食道がん、子宮頚がん、皮膚がん 、肺がん、頭頚部がん)などで高値となる。 がんを発症していない人(正常者)の血液中にもわずかに存在するが、正常な扁平上皮組織と扁平上皮がん組織の、SCC抗原を作り出す能力には、明らかな違いがあるため、扁平上皮がん患者の血液中からは、高濃度で検出される。 卵巣がん、膵臓がん、胆道がんなどで、高値となり、特に卵巣がんの腫瘍マーカーとしての有用性が高い。 卵巣がんでは約80%、膵臓がんでは50%の陽性率を示す。 ただし、CA125を作り出す能力は、エストロゲンにより亢進するため、性周期に伴って変動する(月経時や妊娠初期で上昇、閉経後は低下する)。 乳がんなどで高値となる。 「乳がんの代表的腫瘍マーカー」である。 原発性乳がんと比較すると、転移性乳がんや進行性乳がんでの陽性率の高いため、再発の予知や治療効果の判定に利用されている。 再発乳がんは、肝肝臓や骨へ転移するケースが多くみられるため、CEA、NCC-ST-439などと組合せることがある。 膵臓がん、胆道がん、胃がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がんなどで、高値となる。 糖鎖抗原の一種であり、がんを発症していない人(正常者)でも、微量に検出される。 特に膵管、胆嚢や胆管、胃、唾液腺、結腸、前立腺などの上皮細胞に多くみられ、これらの組織ががん化することで、大量に作り出されるため、血液中の検出値が上昇する。 CEAとは、がんが存在する可能性を示す代表的な腫瘍マーカーの1つである。 CEAは胎児がいることを示す早期の受精卵細胞と共通する物質であることから、がん胎児性抗原とも呼ばれる。 胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんなどの消化器系のがんのほか、肺がん、乳がんなどでも高値となる。 CEAは、分子量18~20万の糖蛋白で、皮膚、食道、胃、大腸、胆嚢、胆管、膵、乳腺などの正常な組織にも、若干のCEAが認められる。 しかし、がん細胞でのCEA産生力は高くなり、血液中のCEA値は進行度によって上昇する。 臓器特異性は低く、早期発見のために活用するのは難しいものの、発症する頻度が比較的高いがんの多くが高値となるため、がんの経過観察や再発、転移の確認をするスクリーニングとして用いられることが多い。 また、測定結果は個人差が大きいため、全ての患者において必ずCEAが活用できるとは限らないとされている。 喫煙者や高齢者では、比較的高くなる傾向にある。 肝細胞がんなどで、高値となるが、成人の慢性肝炎、肝硬変、急性肝炎、劇症肝炎の回復期、卵黄嚢腫などでも上昇する。 腫瘍マーカーとしては、肝細胞がん、肝芽腫、転移性肝がんなどで、診断や治療効果の評価に利用されている。 肺がん(特に扁平上皮がん)などで高値となる。 肺非小細胞がんでは特異的に検出されることが分かっており、特に扁平上皮がんでは、SCC抗原よりも高い陽性率を示す。 腺がんではCEAと同程度、かつSCC抗原よりも高い陽性率を示すことなどから、治療効果のモニターとして利用されている。 肺がん(特に腺がん)、膵臓がん、胆道がん、卵巣がん 大腸がんなどで、高値となる。 各種がんの診断、経過観察、治療効果の指標として利用されている。 肺がん(肺小細胞がん)などで高値となる。 肺小細胞がん細胞が作り出す物質で、がん細胞の破壊により血中に出てくるNSEよりも、進行度が早い時期に、血液中に放出される。 膵臓がん、大腸がん、乳がんなどで、高値となる。 膵臓がんで60%、胆道がんで50%、大腸癌で30~40%、肝臓がんで30%など、主に消化器系のがんで高値となるほか、乳がんで40%以上が陽性となる。 また、慢性膵炎、肝硬変、慢性肝炎などでは、疑陽性となることもある。 肺がん、胃がん、膵臓がん、卵巣がん、大腸がんなどで高値となる。 卵巣がんでは血液中に多くみられる一方で、対応する産婦人科系の非悪性腫瘍の偽陽性率が低いため、がん特異性が高いといわれており、卵巣がんではCA125 と併用することで、診断効率が高くなる。 卵巣がん、精巣腫瘍などで高値となる。 もともと、正常な絨毛組織(受精卵が着床して発育する組織)分泌される物質で、妊娠初期に高値になることから、妊娠の判定に利用される。 しかし、上記のでも高値となることが分かっており、がんの進行度や治療効果判定に利用される。 前立腺がんで高値となる。 ただし、前立腺肥大や前立腺炎、尿道刺激(内視鏡カテーテルなど)後24時間以内に軽度上昇することもある。 偽陽性となる確率は、病気および腫瘍マーカーによって異なりますが、偽陽性となった場合に本当にがんがある確率は、それほど高くはないとされています。 例えば、肺がんの腫瘍マーカーが偽陽性になる確率は、CEAでは25%程度ですが、NSEでは5%程度といわれています。 腫瘍マーカーごとの偽陽性の特徴は、以下の通りです。 偽陽性の確率は明確になっていませんが、脳血管障害、脳炎などで偽陽性を示すとされています。 偽陽性の確率は明確になっていませんが、皮膚疾患、肺炎、気管支炎などで偽陽性を示すとされています。 子宮内膜症の50~65%程度、膿疱腺腫の20%程度で、偽陽性を示すとされています。 肝硬変の35%程度で、偽陽性を示します。 胆管炎、慢性の膵炎や肝炎、閉塞性の黄疸、卵巣脳腫などで偽陽性をしめし、その確率はおよそ5~10%程度です。 慢性肝炎、肝硬変、慢性膵炎、肺結核などでも偽陽性を示し、その確率は20~40%程度と考えられています。 慢性肝炎や肝硬変のおよそ20~30%で、偽陽性を示すとされています。 慢性肝炎や肝硬変の20%、肺の良性疾患の15%で、偽陽性を示すとされています。 慢性の膵炎や肝炎のおよそ5%で、偽陽性を示します。 偽陽性となる確率は明確ではありませんが、良性の肺疾患や腎疾患で偽陽性となることがあります。 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変で偽陽性を示しますが、確率はいずれも10%以下くらいです。 前立腺肥大のおよそ45%で、偽陽性を示します。 偽陽性という結果になった場合、他の検査結果との相関性を見て診断をつけますが、多くの場合は再検査を行うことになります。 しかし、がん細胞の方が、正常な細胞よりも成長が早く、より多くの物質を作り出します。 つまり、 特定の物質がより多く存在しているならば、それを作り出すであろうがん細胞が、身体の中に存在している可能性が高い、と捉えられるものです。 正常な妊娠であれば、hCG値が高値となり、かつ超音波検査で子宮内に胎嚢(赤ちゃんが成長するための袋のようなもの)が確認されます。 しかし、子宮外妊娠や胞状奇胎でも高くなりますし、侵入奇胎や、絨毛がんとよばれるがんでも高くなります。 hCGが高値であるにも関わらず胎嚢が確認できなければ、子宮外妊娠が疑われます。 また、hCGが高値であり、超音波検査などによって異常な画像が認められれば胞状奇胎が疑われますし、妊娠終了後にhCG高値が続く場合は、侵入奇胎、絨毛がんなどが疑われます。 このような場合は、より詳しい検査を行うことで、がんの有無や進行度を調べていくことになります。 1848年のことです。 その後、時は流れて1960になると、肝臓がんマウスの血中からAFPが、大腸がん組織よりCEAが発見されました。 さらに1970年代後半になると、「モノクロームナル抗体」と呼ばれる人工抗体(マウスなどの免疫細胞から作り出される、特徴的な抗体)の作製方法などの技術が確立されました。 では、日本国内に限ってはどうでしょうか。 例えばAFPの測定方法、測定可能なキット類、試薬(試料)などが複数存在しています。 しかし日本国内での標準化は進んでおり、どの検査キットや試薬(試料)を使っても、同じ測定値が出ることが分かっていますので、日本国内で検査を受ける場合は、どの医療機関でも共通の検査結果がでると考えて良いでしょう。 がん胎児性抗原:本来は胎児期に存在する成分だが、細胞のがん化により、再び産生されるようになる 2. がん関連抗原:がん細胞の遺伝子異常や代謝の変化などにより作り出される 3. 酵素:細胞のがん化により、本来の酵素とは異なる酵素が作り出される 4. ホルモン:ホルモン産生臓器にがん細胞ができる場合と、元来はホルモンを産生しない臓器にがん細胞ができる場合がある 例えば、前述のhCGなどは「ホルモン」に分類されますし、前立腺がん特有と考えられているPSAは「がん関連抗原」に分類されます。 がんの種類を特定したい場合、ある程度がんの種類が特定された上でその進行度を調べる場合、進行したがんに対する化学療法や放射線療法などの効果を調べたい場合、などです。 onh. city. hiroshima. med. lab. toho-u. jsog. juntendo. tohtobunkyo-hp. jrcla. jrcla. yujin-yamazaki. jslm. pdf.

次の