男爵 いも 発祥 の 地。 メークイン【じゃがいも工房】

北海道発祥のもの一覧(食べ物・企業・人物・文化など)

男爵 いも 発祥 の 地

じゃがいも栽培の歴史 「じゃがいも」の原産地は南米アンデスからメキシコにかかる高原地帯(海抜5,000~3,000m)で、野生種は広範囲に渡って見られます。 ペルーからチリにかけての地域は世界三大穀物の一つであるトウモロコシの原産地でもあります。 じゃがいもは紀元後500年頃から栽培され、世界遺産である空中都市マチュ・ピチュの段々畑でもじゃがいもを栽培し、インカ帝国の重要な食料源となっていたのです。 その後、インカ帝国へ遠征を行ったスペイン人により16世紀、ヨーロッパへと広められます。 しかし、当初は食べ方をよく知らなかったこともあり、食中毒を起こすなど評判が悪く、なかなか食用には浸透しませんでした。 花や真っ赤な実を観賞する為の観葉植物としての栽培が主だったようです。 食料としての普及は、深刻な食糧飢饉に悩むドイツのフリードリヒ大王が、「じゃがいも」の生産性に目をつけて栽培を奨励することで、大きな広がりを生むこととなります。 じゃがいも日本へ 日本へは慶長3年(1598年)にオランダ人が長崎に持ち込んだのが最初で、ジャワのジャガトラ港経由(現ジャカルタ)だったため、「ジャガタラ芋」と呼ばれ、それが「じゃがいも」の由来となったと言う説や、ジャガトラ港には由来せず、当時のジャワがジャガトラと呼ばれていたから等、諸説あるそうです。 日本においても当初は観葉植物としての色合いが濃く、食用としてなかなか普及しませんでした。 「じゃがいも」の本格的な栽培は北海道へと移ることとなります。 北海道では宝永3年(1706年)に栽培が記録されていますが、本格的な栽培は明治以降になります。 北海道開拓史によって、アメリカ・ドイツ・イギリスから「じゃがいも」が北海道へ導入されると、高原地帯の原産であることからも伺えるように、北海道の気候・風土に適合し、大々的に栽培・定着し、今では広大なじゃがいも畑は北海道の代表的な風景とまでなっています。 ちなみに、「じゃがいも」として食べている部分は「塊茎」とよばれる地下の茎へと養分が蓄えられたもので、「さつまいも」は「塊根」つまり、根に養分を蓄えたものと、共に「いも」でも、食べている部分は違うのです。 みなさんしっていましたか? 「じゃがいも」は世界中に約2,000の品種があると言われていますが、現在、日本で栽培されているのは、その中の約20品種程度です。 じゃがいも界のエリート『男爵』について 今では、「じゃがいも」と言えば『男爵』と言うように、代表的な品種としての地位をゆるぎないものにしています。 中には「じゃがいも」の別名が『男爵芋』と思っている方もいるかもしれません。 その始まりは、1908年(明治41年)に函館ドック、当時の専務取締役である川田龍吉男爵が、イギリスのサットン商会から購入して試作をさせた中の『アイリッシュ・コブラー』という品種が広がり、後に川田男爵に、ちなんで『男爵芋』と呼ばれるようになったそうです。 この川田男爵は、非常に新しいもの好きで、彼の農場ではドイツ製の化学肥料や、アメリカ製の農機具を使うなどし、日本で最初に自動車を購入して函館で乗っていたそうです。 その自動車は現在も、函館のお隣、北斗市の『男爵記念館』で展示されているようです。 当時の言葉を用いるならば、とても『ハイカラな人』だったと言われています。 JAきたみらいのじゃがいも史 JAきたみらいの地域内では明治30年頃に屯田兵によって開拓が進められ、その頃から「じゃがいも」の栽培が行われています。 当時は入植者の重要な食料であり、「五升芋(ごしょういも)」と呼ばれていました(今でも年配の方は「じゃがいも」を「五升芋」と呼んでいる方もいらっしゃいます。 その品種は明らかではありませんが、「赤芋」や「白芋」と色々な変遷を経て、現在の「男爵」に定着したようです。 開拓使の入植以降は国際情勢の変動に伴い、燃料不足の対策として、無水アルコールの原料である、でんぷん加工用のじゃがいもが生産されていましたが、昭和45年に開かれた「大阪国際万国博覧会」を機に、食用のじゃがいもが増産されるようになり、でんぷん加工用のじゃがいもは減少する事となります。 出荷形態ですが、昭和30年代には各生産者が、個別に選別を行い、俵詰めで出荷する形態(個選)が続きましたが、昭和40年代の前半には農協施設の建設に伴い、施設へ集約して選果を行う形態(共選)が始まり、輸送方法も昭和50年代前半には大型のスチールコンテナを利用するようになりました。 このような変遷を経て現在の形態へとなりました。 JA合併後(平成15年以降)は、地域内の選果場において、共同選果・共同販売体制の中、生産者個々品質向上を目的として、専属の審査員によるサンプル抽出・検査の実施、残留農薬の自主検査実施を行っています。 また、平成21年に主力施設へ導入した「近赤外線センサー」によって、内部障害(じゃがいも内部の空洞や腐れ)の確認を行い、常に良質な「じゃがいも」を提供できるよう努めております。

次の

THE DANSHAKU LOUNGE(男爵ラウンジ)「道の駅なないろ・ななえ」のすぐとなり!男爵イモを使ったメニューを、発祥の地で堪能!

男爵 いも 発祥 の 地

道内各地の特産品や地場産業の話題をお伝えする連載「北洋銀行のこの街紹介」。 今回は七飯町からお届けします。 2019年4月に七飯町峠下の国道5号沿い、道の駅「なないろ・ななえ」隣にオープンした「THE DANSHAKU LOUNGE」 ザ・男爵ラウンジ。 外見からは何のお店なのかわかりにくく、「男爵」や「ラウンジ」といった言葉の響きから敷居が高そうなイメージもあって、近付きにくく感じていた方もいるのでは。 そこで今回は、「THE DANSHAKU LOUNGE」が実際にはどんな施設なのか徹底的にご紹介します。 食卓になじみの深いあの「男爵」 建物の中に入るとまず、木の陰影で描かれた男性の肖像とレトロな車が目に飛び込んできます。 この男性は、明治時代に馬鈴薯を輸入して品種改良し、日本に定着させた偉人・川田龍吉 かわだ りょうきち 男爵。 その新品種は後に、川田男爵にちなんで「男爵いも」と呼ばれるようになりました。 川田男爵の農場は現在の七飯町にあったことから、同町は「男爵いも発祥の地」ともいわれています。 展示されている車は、川田男爵が乗っていた蒸気自動車の精巧なレプリカ。 男爵は34歳の時にアメリカからこの車を購入し、日本で最初のオーナードライバーとなりました。 このように「THE DANSHAKU LOUNGE」では、男爵いもの生みの親・川田男爵の功績を数多くの展示物を通してかいま見ることができます。 展示物のなかでも特に目を引くのは、天井から吊り下げられた数多くの紙。 実はこれ、川田男爵の死後に鍵のかかった金庫から発見された90通にも上るラブレターの複製。 すべて、男爵がイギリス留学時代に知り合ったジェニーという女性から送られたものです。 男爵は当時ジェニーと結婚の約束までしますが、父親の大反対に遭って泣く泣くあきらめざるを得ませんでした。 展示されている金庫は、手紙が隠されていた本物。 ジェニーとの恋は悲しい結果に終わってしまいましたが、彼女とイギリスで過ごした頃の思い出が男爵いもの誕生に深くかかわっているといいます。 詳しくは現地でお確かめください。 館内にはそのほか、熱心に農業の研究に取り組んだ川田男爵が西洋から輸入した農機具や研究用の機材、西洋の道にヒントを得て自ら製作した農機具などの実物が多数展示されています。 農業倉庫をイメージした館内は、天井が高くて通路も広く、余裕を持ったつくり。 全国の優れた空間デザインを表彰する「日本空間デザイン賞 2019 BEST100」にも選ばれています。 地元の食材を贅沢にいただく 館内には44席のレストランを併設。 大きな窓から四季折々の山並みを眺めながら、地元の食材をふんだんに用いた料理が食べられます。 なんといっても注目は、北海道初導入の薪 まき 式グリルでスモーキーに焼き上げた薪火料理。 りんごの名産地でもある七飯町のりんごの木を薪として使用しており、香りに敏感な人ならうっすらと甘い香りが感じられるとか。 ランチタイムの人気メニュー「大沼牛ハンバーグ」。 七飯産「大沼牛」の粗挽き肉を使って肉のうまみを凝縮させ、つなぎに男爵いもを使用した同店自慢の一品。 調理の様子が外から見えるライブキッチン方式なので、料理を待っている間にもどんどん食欲が高まります。 このほか、薪式グリルで焼き上げるステーキ各種や大沼牛ハンバーガー、大沼牛ハンバーグカレーなど気になるメニューがいろいろ。 何度も通いたくなりそうです。 テイクアウトコーナーでは、フレーバーやディップが選べる「ザ・男爵チップス」 フライドポイト や、「ザ・男爵フライ」 コロッケ など、男爵いもそのものを味わえるメニューが充実。 「ザ・男爵フライ」の紙袋にはヒゲが付いており、コロッケを頬張るだけで誰でも男爵風になることができます。 新しい食文化を発信するショップ ショップ部分では、独自にセレクトした道内外の優れた商品を展開。 おもに道南地域の商品を展開する道の駅との差別化を図り、地元のリピーターに向けて新しい商品、新しい食文化を提案することを主眼に商品を選定しているとのことです。 川田男爵の出身地である高知県の商品も一部展開しています。 男爵いもの白あんが中に入った「男爵スコットランドマフィン」は、THE DANSHAKU LOUNGEオリジナル商品。 レンジで熱々に温めてバターをのせて食べるのがお勧めです。 お帰りの際は、出入口すぐ前にあるリアルな男爵いものモニュメントで記念撮影をお忘れなく。

次の

THE DANSHAKU LOUNGE (七飯町) 最新のレストランの口コ(2020年)

男爵 いも 発祥 の 地

2018年3月にオープンした七飯町の道の駅"なないろ・ななえ"に続き、 2019年4月、その隣にオープンした「THE DANSHAKU LOUNGE」(男爵ラウンジ)。 "Museum, Shop and Dining, THE DANSHAKU LOUNGE in Nanae Town" ほんの少し前まで(?)、北海道の代名詞とも思えた「男爵いも」。 実は川田龍平という男爵が名前の由来だそう。 イギリスに留学経験があり、函館の農業や経済に大きな影響を与えた川田男爵をモチーフにした 博物館、お土産ショップ、レストランとして、七飯町に誕生した新しい観光スポットです。 北斗市にあった"男爵資料館"の展示品を移設しており、 店内はおしゃれなディスプレイの博物館! 宙に舞っている紙は、川田男爵のイギリス留学中の恋人とやりとりしたラブレター! 近づいてみると、文字を読み取ることができます。 2階スペースにも展示品。 西洋風の食器があったり、親近感を感じる展示の数々は必見です。 そして北海道や道南の食材を使ったレストラン! 室内ですが、薪式グリルを使った焚火料理もいただけるレストランです。 最初は気になるドリンクを。 「ポップコーク」(580円)と「トロピカルバタフライピー」(650円)。 ポップコークは、コーラにホイップクリームとポップコーン! 見た目はコーラフロートにそっくりですが、意外にあっさり味にびっくり。 ポップコーンの香ばしさも加わり、コラボレーションが楽しい風味です。 タイで人気のブルーハーブ「バタフライピー」を使ったドリンクは、 南国フルーツをミックスしたシロップ入り。 2層に分かれて運ばれてくるのですが、かき混ぜると色が...。 ぜひお試しください! ランチタイムには間に合わなかったのですが、遅めのランチをいただきました。 カフェタイムのメニューは、男爵スタイル和牛バーガー(1,300円)、 函館ハンバーグカレー(1,400円)、道南ポークのカツカレー(1,400円)と 魅力的なメニューの中から、「男爵コロッケチーズカレー」(1,250円)を。 男爵いものコロッケとカレーのコラボレーションは、 間違いのない相性ですが、加えてチーズがアクセントに。 こちらは、テイクアウトメニューを購入し、レストランでいただきました。 「ザ・男爵チップス(フライドポテト)」(400円)! ディップを4種類から選べるほか、オイルも4種類から選ぶことができ、 その組み合わせを楽しむスタイルです。 オイルは、トリュフ、薪スモーク、スパイシー、ガーリック。 ディップは、サワークリーム、サーモンクリームなどからチョイス。 男爵いものチップスの味はもちろん、パッケージがこんな形に! カフェメニューには、デザートもあります。 写真は「リンゴのキャラメルマフィンサンド」(680円)。 七飯町産のりんおをキャラメリゼし、イングリッシュマフィンと アイスクリームでいただきます。 パンケーキ風にいただく"イングリッシュマフィン"、なかなかおすすめです。 地元のお土産やTHE DANCHSAKU LOUNGEオリジナルのお土産もあり、 見て、食べて、買って楽しめるスポットです。 レストランには、まだまだ食べてみたいメニューが並んでいたので、 次の機会には、また訪れたいと思います。 関連サイト ・ ・.

次の