ウチ 断 舎 離 しま した 動画。 ウチ、“断捨離”しました!第4弾

ウチ、“断捨離”しました!第5弾~捨てられない家族の片づけ密着ドキュメント~

ウチ 断 舎 離 しま した 動画

断捨離 R YouTubeをご覧いただきありがとうございます。 ぜひ、チャンネルの登録・高評価をお願いいたします。 BS朝日テレビ「うち断捨離しました」で お馴染みの断捨離 R 提唱者 やましたひでこが、 あなたの片づけられない!捨てられない!に応えます。 断捨離とはただの片付け術ではありません。 もっと詳しく断捨離を知りたい!学びたい!という方は、 こちらの「断捨離塾」がオススメです。 YouTube限定のお得なご案内中です。 断捨離とは、 モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。 モノへの執着を捨てて、 身の周りをキレイにするだけでなく、 心もストレスから解放されてスッキリする。 これが断捨離です。 個人的な断捨離体験を語り発信するのは、ご自由です。

次の

ウチ、“断捨離”しました!第4弾

ウチ 断 舎 離 しま した 動画

ミニマリストとは ミニマリストとは、不要な持ちものを減らし、本当に自分に必要なものだけで暮らす人、 つまり 「持たない暮らし」「ものにとらわれないシンプルな暮らし」を実現している人 のことを指します。 不用品や長年使用していないものはもちろん持たず、着用する服は数種類、洗剤や掃除グッズなどの生活必需品は様々な用途で使用できるものを1つだけ用意する。 暮らしに必要であると考えられてきた家具や家電でさえ、持たない場合すらあります。 究極にものが少ない暮らしをしている人こそ、ミニマスリトです。 今、ミニマリストが急増中? 私たちは欲しいものがあれば、いつでも何でもお金で買うことができます。 それはとても幸せなことですが、ものが増えれば収納するスペースが必要になる、整理する必要がある、探しものが増えるなど、気が付かないうちにものにとらわれて生活していることも事実です。 ものにとらわれることなく、身軽に、本当に必要なものだけを大切に使う。 もの以外の豊かさを追求したいという思想が生まれ、その考えに共感する人が増えてきたのです。 ミニマリストになるには? ミニマリストになりたいと思っても、たくさんある持ち物をそう簡単には減らせませんよね。 ミニマリストになるために私が実践し、習慣化してきたのが 「断捨離」です。 断捨離はコツさえ抑えれば、誰でも身に付けることができますよ。 断捨離とは 断捨離とは、自分にとってより快適な生活を送ることを目的し、ものへの執着から離れ、自分にとって不要なものを捨て、その後も不要なものは入れないで生活していくことです。 断:入ってくる不要なものを断つ。 捨:不要なものを捨てる。 離:ものへの執着から離れる。 という定義がり、単に片付けや整理整頓をするだけでなく、ものと自分の関係性を見直し生き方や暮らしの快適さを求めていく行為です。 ミニマリストへの第一歩!「断捨離」をはじめよう 何から始めていいかわからないという方もいるかもしれませんが、簡単なステップで、実行することができます。 断捨離のステップ1:すべて出す 何をどの程度所有しているのかを把握するために、全て出します。 長い間使用していないもの、中には1度も使用していないものが出てくるかもしれません。 断捨離のステップ2:分ける ・普段使用しているもの ・今後使用するもの ・使用しないと思われるもの ・保管しておきたいもの ・分けられないもの など基準を決めて分けます。 断捨離のステップ3:捨てる 普段使用しているもの、今後確実に使用するもの以外は、売る、預ける、プレゼントするなど方法がないか検討し、難しい場合はすべて処分するようにしましょう。 断捨離のステップ4:収納する 普段使用しているもの、今後使用するものは所定の位置に収納します。 見やすい位置、取り出しやすい位置に収納することがポイントです。 また、保管しておきたいもの、分けられずに捨てられないものはクローゼットや押入れに一旦収納します。 断捨離はどのくらいの頻度でやるべき? 断捨離をする頻度は、 1年に1度程度、定期的に見直し繰り返すことが大切です。 私もこのくらいの頻度で行っています。 やり続けることで、だんだんとものが減っていき、生活が身軽になったという実感が湧いてくるでしょう。 断捨離を始めて気が付いた。 ものがない暮らしは想像以上に快適! 私がミニマリストを目指したきっかけは、「ブログで一山当てたい!」という100%邪な動機からでした。 しかし、いらないものを捨て続ける中で暮らしの変化を実感し、「ものがない暮らしは快適だ!」と気がついたのです。 その後、2年間の一人暮らしでミニマリストの暮らしに拍車がかかり、究極に質素な暮らしを貫きました。 時折不便さを感じながらも 「本当に必要なものって実は少ないんだなあ」と気づいたことは大きな財産です。 サバイバル能力が一気に高まったと思います。 断捨離を繰り返し手に入れたスッキリとした部屋 ミニマリストな一人暮らし時代、私は団地とアパートで暮らしていました。 当時の部屋がこちらです。 断捨離後 ポイント1. 忘れていた服というのはその後もまず着ません。 存在を忘れる服というのは愛着のない証拠だからです。 愛着がない服は着ないものです。 「服がたくさんあって覚えきれてないだけ」という人もいるかと思いますが、それはそもそも服を持ちすぎの可能性が高いです。 50着でも100着でも、着こなせている人は全部覚えているはずです。 ポイント2. ここ最近や去年のシーズンにあまり腕を通さなかった服は捨てた方がいいでしょう。 同じような服がたくさんあっても、着る服はいつも同じというのもよくあります。 「クローゼットの中の8割は着ない服」という通説もあるほどです。 単に「着なかった」ではっきりしないときは 「1ヶ月に1回も着なかったら捨てる」というふうに期限を決めると分かりやすいですよ。 着た服だけクローゼットの片側に固めるようにすると、もう片側に着ない服が残って見分けやすくなります。 ポイント3. お古を部屋着として取っておくとキリがありません。 部屋着の候補が5着以上あったら断捨離してください。 ポイント4. 旬を過ぎて着る気が起きなくなった服も断捨離の候補でしょう。 まだ着たい、と思う服は無理に捨てなくてもいいです。 旬を過ぎた服の中には制服など思い出が詰まったものもあります。 服自体に未練がないなら捨てた方がいいかと思います。 人による部分は大きいですが、忘れたくない思い出は制服がなくても忘れないものです。 ポイント5. おそらく手持ちの他の服と合わせづらいことも多いかと思うので、捨ててスッキリした方がいいんじゃないでしょうか。 かくいう私も、一時期女性らしい服を持とうと努力したことがありますが失敗に終わりました。 今は自分が着たい服だけ着ていますが、不便は感じません。 フリマアプリをチェックして人気がありそうなデザインなら、リユースとして売ってしまうのも一つの手でしょう。 ポイント6. 家のあらゆる場所にある服を残らず出して、 1ヶ所に集めてみてください。 これは『人生がときめく片づけの魔法』の近藤麻理恵(こんまり)さんもおすすめしている方法です。 服が多すぎるときは、トップス・スカートなどとジャンル分けしつつ出してみてください。 また服を全出しすると、自分の予想以上に服を持ちすぎていることが実感できます。 その実感こそが断捨離のやる気を湧かせてくれるのです。 出した服は上で紹介した基準をもとに仕分けしてみてください。 本の断捨離実体験 次は本の断捨離についてコツを紹介します。 私が本を断捨離したときの基準を紹介します。 ポイント1. 読み終わって気の済んだ本 まずは 読み終わって気が済んだ本を断捨離しました。 ・古くなった文庫本 ・中身をマスターした断捨離本 ・古い辞書や資料集など が候補です。 文庫本はかさばりやすく保存が大変なので、図書館などで借りて済ませるようになりました。 辞書や資料集などもどんどん情報が古くなるので、学生時代の頃に使っていたものなどは断捨離していいかと思います。 ポイント2. 雑誌・映画のパンフレットなど 古雑誌や映画のパンフレットなども、あまり 古いものは断捨離しました。 貴重なものであればフリマアプリに出品するといい値段がつくこともあります。 ただし後から買い直すのが大変なものもありますので、出しても後悔しないものを選別する必要はあります。 まずは、存在を忘れていたものから手放すのがおすすめです。 ポイント3. お気に入りの絵本・画集など 絵本や画集は取っておくことが多いです。 これらはアナログで取っておくことに意味を見出しているからです。 また、単純にお気に入りだから捨てたくないというのもあります。 絵本や画集などは再販・重版がなく、買い直しが難しいもの。 自分の本はもちろん、子どものお気に入りの絵本なども簡単に捨てないことをおすすめします。 ポイント4. コレクション系の本・雑誌 ゲーム作品の本などには、コレクション要素の強いグッズも多いです。 筋金入りのミニマリストはこういうグッズも捨てるようですが、私は無理に断捨離するのはやめました。 ただし大量に持っている場合、自分のみならず家族も困っているかと思います。 そういうものは自分の死後に家族が処分することになりますが、とても大変です。 生前に少しずつ処分することをおすすめします。 コレクションは厳選してこそ、です。 ポイント5. 電子書籍化されてない本 ときどきですが、電子書籍化されていない古い小説などもあります。 一旦手放すと手に入りにくくなるので、そういう本もそのまま取ってあります。 ただ手間と時間がかかるので個人的にやろうとは思いません。 私はミニマリスト精神よりもズボラ精神が勝っています。 書類の断捨離実体験 次は悩むことの多い、書類の断捨離です。 私もかつて大量の書類を溜め込んでいましたが、頑張って断捨離した記憶があります。 断捨離後 ポイント1. 5年以上見返さなかったら断捨離 紙ものは基本「全捨て」でいいのですが、万が一必要になる場面があるかもしれません。 まず1つの基準として 「5年以上前の書類は全捨て」してみてください。 これだけでも相当の紙ものが減るはずです。 慣れてきたら、3年・1年と期限を短くします。 だんだん必要な書類が分かるようになってくるので、そういうものだけ厳重保管するようにしてください。 ポイント2. パンフレット系 まず郵便局や銀行の案内冊子などはないでしょうか。 そういった パンフレット系は全捨てしても困りません。 分からないことがあれば、サイトを見れば解決します。 口座の案内などは普段見返さないものです。 ポイント3. 読み返したい新聞・雑誌の切り抜き 読み返そうと思ってファイルに取っておいた新聞や雑誌の切り抜きなどはないでしょうか。 一度も見返していないなら捨ててください。 おそらく今後も見返すチャンスはやってきません。 私も若かりし頃にハマった映画の俳優さんが載っている 切り抜きを集めていましたが、今はすべて捨てました。 やはり見返す機会がなかったのです。 料理のレシピなども切り抜かれることが多い紙ものですが、やはりスマホのレシピサイトの方が参考になります。 とくに一度も作らなかったレシピはどんどん捨ててしまって大丈夫です。 ポイント4. 金融機関の書類 実に面倒なのが、銀行や証券会社などの口座関連の書類です。 まずは使っていない口座を解約するところから始めねばなりません。 口座の解約が面倒なのは、IDとパスワードが分からないことが一番の原因です。 こちらは書面での手続きなど面倒な手間も多いので、時間のあるときにコツコツ解約手続きするといいでしょう。 ちなみに私が今持っている口座は、 ・ゆうちょ銀行の口座 ・銀行口座 ・ネット銀行の口座 ・証券会社の口座 の4口座ほどに落ち着きました。 使っていない口座も含め、多すぎる口座はお金の管理を複雑で面倒にします。 とくに銀行口座が5つ以上あるなら、どれかの解約をおすすめします。 ポイント5. 情報が古いハガキ類 学生時代に流行ったプロフ帳や年賀状など、 あまりに情報が古いものは断捨離していいかと思います。 中には10年以上連絡を取っていない人も交じっているんじゃないでしょうか。 今はSNSが発達しているので、連絡を取りたいときはそちらを使った方が簡単です。 ポイント6. 封筒に入った書類は「玄関まで」が勝負 書類を溜め込まないコツですが、これは家に持ち込むまでが勝負です。 郵便物は中身をすべてその場で出してチェックし、 必要ないものは速攻で捨てるようにします。 大事なものだけファイリングしてください。 大事なものの基準は、 ・年金手帳、権利書など、ずっと取っておかなければいけないもの ・口座情報や携帯の書類など、契約中はとっておかなければいけないもの ・振込用紙など用事を済ませなきゃいけないもの の大きく3種類です。 ファイリングの方法は、シンプルなクリアファイルに入れておけば十分です。 口座のパスワードなど、ひんぱんに見返したいものだけクリアブックに入れておくと便利です。 好きなグッズなどの断捨離実体験 次は私も苦労した、好きなものの断捨離です。 ポイント1. なぜ捨てるのかハッキリさせる まず、好きなものを断捨離するときは、 ・どんな点が気に入らなかったか? ・なんで残したいと思ったのか? というところをハッキリさせることが大事です。 何も考えずに捨てるのも楽ですが、それだと後悔しやすいです。 好きなものほど自分が納得しなければ捨てられません。 好きなものでも時間が経つと飽きてしまったり、好みが微妙に変わってグッズへの執着がなくなったりすることもあります。 定期的にコレクションをチェックし、取っておかなくても大丈夫そうなものを仕分けてみてください。 ポイント2. 実際に飾る・使う コレクションもしまいっぱなしはもったいないです。 飾れそうなもの、実際に使えそうなものはバンバン活用してください。 ハンカチ系などはとくに使いやすいです。 実際に使えば生活の端々で目に入るので、楽しくもなります。 ひんぱんに目にするうちに気が済み、断捨離できることも少なくありません。 無駄なく上手に収納しよう 断捨離の後は収納です。 私なりにつかんだコツを紹介します。 ポイント1. よく使うものの収納スペースを作る スマホや読みかけの本など、よく使うものがあるかと思います。 そういうものは 専用の収納箱を作り、まとめて入れておくと楽です。 私は用事が済んでいない書類やゲーム機などをその中に入れていました。 いちいち収納場所まで行かなくていいので楽なのです。 ただし読み終わった本は本棚に戻すなど、用事が済んだものはキチンと元の位置に戻してください。 なんでもかんでも放り込むと結局散らかってしまいます。 ポイント2. 収納は2ステップ 収納は2ステップが楽です。 たとえば クローゼットを開けたら、目当ての服をそのまま取り出せるような感じです。 間に タンスやキャビネットなどは挟みません。 私はこれを「直置き収納」と呼んでいました。 服に限らず、文房具や日用品なども直置き収納していました。 収納を開ければ目の前にものがあるので、探す手間もありません。 直置き収納は「多くのものを収納できない」というデメリットがありますが、だからこそものを減らすのに役立ちます。 絶対量が少なければ、直置き収納でもしまうスペースには不便しません。 ポイント3. ダンボール収納の罠 よくやりがちなのが、空のダンボールを収納に使うことじゃないでしょうか。 しかし ダンボールは収納に向かないのでおすすめできません。 虫が湧きやすく、湿気に弱いのでしまったものが傷みやすくなります。 またダンボール収納は中身が見えないこともあり、一見片付いたように見えてしまうという罠もあります。 知らず知らずのうちに荷物が増えてしまうのです。 さらに見た目が同じなので、箱の数が増えるとどれをどのダンボールにしまったか分からなくなります。 こうなるとダンボールを開けること自体がおっくうになり、使われないお荷物が増える結果にもなります。 ポイント4. 洗濯物はハンガーにかけっぱなしもあり 洗濯物などはハンガーにかけっぱなしで済ませるのもありです。 ハンガー収納は手に取りやすく、探すのも楽です。 たたむ収納に比べて収納数が減るので、服を減らす役にも立ちます。 ただしニットなど、伸びやすい服もあります。 そういうものはクローゼットの中などに直置きがおすすめです。 ポイント5. 食べかけは捨てる 多くの人は大丈夫かと思いますが、食べかけをほったらかしにするのは危険です。 部屋が散らかるのみならず、虫も寄ってきます。 お菓子を一袋食べきれずにとっておくことはよくあるかと思いますが、そもそも食べきれないものを買うこと自体おすすめできません。 小分けの袋に入ったものなど、食べきりサイズの商品を買うのが安全です。 散らかった部屋をより汚くするのが、食べかけのお菓子など。 食べ物系のゴミは、その場でさっさと捨てた方が安全です。 これは冷蔵庫の中身についても言えることです。 食べきれないほどの大量の食料を一度に買うのは、食品ロスや節約の点からみてもやらない方がいいことじゃないでしょうか。 まずは、冷蔵庫がカラになるまで買い物に行かないチャレンジをしてみてください。 自分がどれだけの期間でどれくらいの量を消費するのか分かれば、無駄な買い物も減らせますよ。 スッキリ暮らすための間取りとは? ミニマリスト暮らしに向いた間取りはあるのでしょうか? 2年間の「持たない暮らし」の経験からご紹介します。 座卓が一番楽 家具などはなるべく置かず、座卓が楽です。 ソファよりもローテーブル+座布団の方が落ち着けました。 やはり掃除も楽です。 寝る場所についても、ベッドより布団を敷く方がシンプルで手間いらずでした。 なるべく大型の家具を置かないことがスッキリした部屋を作るコツかと思います。 メイン収納は1つ 収納が多すぎると、逆にゴチャゴチャします。 部屋に作り付けの収納1つ、タンスなどメインの収納1つくらいがシンプルで使いやすいです。 収納が少ないことは荷物を減らす役にも立ちますよ。 収納にしまい切れる量まで断捨離しないといけないからです。 ワンルーム 一人暮らしであれば、ワンルームがおすすめです。 ものが少ないので、部屋が小さくても困りません。 大きな部屋も魅力的ですが、掃除が大変でした。 自分の身の丈に合った部屋の大きさを選ぶことがポイントです。

次の

【ホームズ】ミニマリストの断捨離術はココが違う! スッキリシンプルに暮らそう|暮らし方から物件探し

ウチ 断 舎 離 しま した 動画

ミニマリストとは ミニマリストとは、不要な持ちものを減らし、本当に自分に必要なものだけで暮らす人、 つまり 「持たない暮らし」「ものにとらわれないシンプルな暮らし」を実現している人 のことを指します。 不用品や長年使用していないものはもちろん持たず、着用する服は数種類、洗剤や掃除グッズなどの生活必需品は様々な用途で使用できるものを1つだけ用意する。 暮らしに必要であると考えられてきた家具や家電でさえ、持たない場合すらあります。 究極にものが少ない暮らしをしている人こそ、ミニマスリトです。 今、ミニマリストが急増中? 私たちは欲しいものがあれば、いつでも何でもお金で買うことができます。 それはとても幸せなことですが、ものが増えれば収納するスペースが必要になる、整理する必要がある、探しものが増えるなど、気が付かないうちにものにとらわれて生活していることも事実です。 ものにとらわれることなく、身軽に、本当に必要なものだけを大切に使う。 もの以外の豊かさを追求したいという思想が生まれ、その考えに共感する人が増えてきたのです。 ミニマリストになるには? ミニマリストになりたいと思っても、たくさんある持ち物をそう簡単には減らせませんよね。 ミニマリストになるために私が実践し、習慣化してきたのが 「断捨離」です。 断捨離はコツさえ抑えれば、誰でも身に付けることができますよ。 断捨離とは 断捨離とは、自分にとってより快適な生活を送ることを目的し、ものへの執着から離れ、自分にとって不要なものを捨て、その後も不要なものは入れないで生活していくことです。 断:入ってくる不要なものを断つ。 捨:不要なものを捨てる。 離:ものへの執着から離れる。 という定義がり、単に片付けや整理整頓をするだけでなく、ものと自分の関係性を見直し生き方や暮らしの快適さを求めていく行為です。 ミニマリストへの第一歩!「断捨離」をはじめよう 何から始めていいかわからないという方もいるかもしれませんが、簡単なステップで、実行することができます。 断捨離のステップ1:すべて出す 何をどの程度所有しているのかを把握するために、全て出します。 長い間使用していないもの、中には1度も使用していないものが出てくるかもしれません。 断捨離のステップ2:分ける ・普段使用しているもの ・今後使用するもの ・使用しないと思われるもの ・保管しておきたいもの ・分けられないもの など基準を決めて分けます。 断捨離のステップ3:捨てる 普段使用しているもの、今後確実に使用するもの以外は、売る、預ける、プレゼントするなど方法がないか検討し、難しい場合はすべて処分するようにしましょう。 断捨離のステップ4:収納する 普段使用しているもの、今後使用するものは所定の位置に収納します。 見やすい位置、取り出しやすい位置に収納することがポイントです。 また、保管しておきたいもの、分けられずに捨てられないものはクローゼットや押入れに一旦収納します。 断捨離はどのくらいの頻度でやるべき? 断捨離をする頻度は、 1年に1度程度、定期的に見直し繰り返すことが大切です。 私もこのくらいの頻度で行っています。 やり続けることで、だんだんとものが減っていき、生活が身軽になったという実感が湧いてくるでしょう。 断捨離を始めて気が付いた。 ものがない暮らしは想像以上に快適! 私がミニマリストを目指したきっかけは、「ブログで一山当てたい!」という100%邪な動機からでした。 しかし、いらないものを捨て続ける中で暮らしの変化を実感し、「ものがない暮らしは快適だ!」と気がついたのです。 その後、2年間の一人暮らしでミニマリストの暮らしに拍車がかかり、究極に質素な暮らしを貫きました。 時折不便さを感じながらも 「本当に必要なものって実は少ないんだなあ」と気づいたことは大きな財産です。 サバイバル能力が一気に高まったと思います。 断捨離を繰り返し手に入れたスッキリとした部屋 ミニマリストな一人暮らし時代、私は団地とアパートで暮らしていました。 当時の部屋がこちらです。 断捨離後 ポイント1. 忘れていた服というのはその後もまず着ません。 存在を忘れる服というのは愛着のない証拠だからです。 愛着がない服は着ないものです。 「服がたくさんあって覚えきれてないだけ」という人もいるかと思いますが、それはそもそも服を持ちすぎの可能性が高いです。 50着でも100着でも、着こなせている人は全部覚えているはずです。 ポイント2. ここ最近や去年のシーズンにあまり腕を通さなかった服は捨てた方がいいでしょう。 同じような服がたくさんあっても、着る服はいつも同じというのもよくあります。 「クローゼットの中の8割は着ない服」という通説もあるほどです。 単に「着なかった」ではっきりしないときは 「1ヶ月に1回も着なかったら捨てる」というふうに期限を決めると分かりやすいですよ。 着た服だけクローゼットの片側に固めるようにすると、もう片側に着ない服が残って見分けやすくなります。 ポイント3. お古を部屋着として取っておくとキリがありません。 部屋着の候補が5着以上あったら断捨離してください。 ポイント4. 旬を過ぎて着る気が起きなくなった服も断捨離の候補でしょう。 まだ着たい、と思う服は無理に捨てなくてもいいです。 旬を過ぎた服の中には制服など思い出が詰まったものもあります。 服自体に未練がないなら捨てた方がいいかと思います。 人による部分は大きいですが、忘れたくない思い出は制服がなくても忘れないものです。 ポイント5. おそらく手持ちの他の服と合わせづらいことも多いかと思うので、捨ててスッキリした方がいいんじゃないでしょうか。 かくいう私も、一時期女性らしい服を持とうと努力したことがありますが失敗に終わりました。 今は自分が着たい服だけ着ていますが、不便は感じません。 フリマアプリをチェックして人気がありそうなデザインなら、リユースとして売ってしまうのも一つの手でしょう。 ポイント6. 家のあらゆる場所にある服を残らず出して、 1ヶ所に集めてみてください。 これは『人生がときめく片づけの魔法』の近藤麻理恵(こんまり)さんもおすすめしている方法です。 服が多すぎるときは、トップス・スカートなどとジャンル分けしつつ出してみてください。 また服を全出しすると、自分の予想以上に服を持ちすぎていることが実感できます。 その実感こそが断捨離のやる気を湧かせてくれるのです。 出した服は上で紹介した基準をもとに仕分けしてみてください。 本の断捨離実体験 次は本の断捨離についてコツを紹介します。 私が本を断捨離したときの基準を紹介します。 ポイント1. 読み終わって気の済んだ本 まずは 読み終わって気が済んだ本を断捨離しました。 ・古くなった文庫本 ・中身をマスターした断捨離本 ・古い辞書や資料集など が候補です。 文庫本はかさばりやすく保存が大変なので、図書館などで借りて済ませるようになりました。 辞書や資料集などもどんどん情報が古くなるので、学生時代の頃に使っていたものなどは断捨離していいかと思います。 ポイント2. 雑誌・映画のパンフレットなど 古雑誌や映画のパンフレットなども、あまり 古いものは断捨離しました。 貴重なものであればフリマアプリに出品するといい値段がつくこともあります。 ただし後から買い直すのが大変なものもありますので、出しても後悔しないものを選別する必要はあります。 まずは、存在を忘れていたものから手放すのがおすすめです。 ポイント3. お気に入りの絵本・画集など 絵本や画集は取っておくことが多いです。 これらはアナログで取っておくことに意味を見出しているからです。 また、単純にお気に入りだから捨てたくないというのもあります。 絵本や画集などは再販・重版がなく、買い直しが難しいもの。 自分の本はもちろん、子どものお気に入りの絵本なども簡単に捨てないことをおすすめします。 ポイント4. コレクション系の本・雑誌 ゲーム作品の本などには、コレクション要素の強いグッズも多いです。 筋金入りのミニマリストはこういうグッズも捨てるようですが、私は無理に断捨離するのはやめました。 ただし大量に持っている場合、自分のみならず家族も困っているかと思います。 そういうものは自分の死後に家族が処分することになりますが、とても大変です。 生前に少しずつ処分することをおすすめします。 コレクションは厳選してこそ、です。 ポイント5. 電子書籍化されてない本 ときどきですが、電子書籍化されていない古い小説などもあります。 一旦手放すと手に入りにくくなるので、そういう本もそのまま取ってあります。 ただ手間と時間がかかるので個人的にやろうとは思いません。 私はミニマリスト精神よりもズボラ精神が勝っています。 書類の断捨離実体験 次は悩むことの多い、書類の断捨離です。 私もかつて大量の書類を溜め込んでいましたが、頑張って断捨離した記憶があります。 断捨離後 ポイント1. 5年以上見返さなかったら断捨離 紙ものは基本「全捨て」でいいのですが、万が一必要になる場面があるかもしれません。 まず1つの基準として 「5年以上前の書類は全捨て」してみてください。 これだけでも相当の紙ものが減るはずです。 慣れてきたら、3年・1年と期限を短くします。 だんだん必要な書類が分かるようになってくるので、そういうものだけ厳重保管するようにしてください。 ポイント2. パンフレット系 まず郵便局や銀行の案内冊子などはないでしょうか。 そういった パンフレット系は全捨てしても困りません。 分からないことがあれば、サイトを見れば解決します。 口座の案内などは普段見返さないものです。 ポイント3. 読み返したい新聞・雑誌の切り抜き 読み返そうと思ってファイルに取っておいた新聞や雑誌の切り抜きなどはないでしょうか。 一度も見返していないなら捨ててください。 おそらく今後も見返すチャンスはやってきません。 私も若かりし頃にハマった映画の俳優さんが載っている 切り抜きを集めていましたが、今はすべて捨てました。 やはり見返す機会がなかったのです。 料理のレシピなども切り抜かれることが多い紙ものですが、やはりスマホのレシピサイトの方が参考になります。 とくに一度も作らなかったレシピはどんどん捨ててしまって大丈夫です。 ポイント4. 金融機関の書類 実に面倒なのが、銀行や証券会社などの口座関連の書類です。 まずは使っていない口座を解約するところから始めねばなりません。 口座の解約が面倒なのは、IDとパスワードが分からないことが一番の原因です。 こちらは書面での手続きなど面倒な手間も多いので、時間のあるときにコツコツ解約手続きするといいでしょう。 ちなみに私が今持っている口座は、 ・ゆうちょ銀行の口座 ・銀行口座 ・ネット銀行の口座 ・証券会社の口座 の4口座ほどに落ち着きました。 使っていない口座も含め、多すぎる口座はお金の管理を複雑で面倒にします。 とくに銀行口座が5つ以上あるなら、どれかの解約をおすすめします。 ポイント5. 情報が古いハガキ類 学生時代に流行ったプロフ帳や年賀状など、 あまりに情報が古いものは断捨離していいかと思います。 中には10年以上連絡を取っていない人も交じっているんじゃないでしょうか。 今はSNSが発達しているので、連絡を取りたいときはそちらを使った方が簡単です。 ポイント6. 封筒に入った書類は「玄関まで」が勝負 書類を溜め込まないコツですが、これは家に持ち込むまでが勝負です。 郵便物は中身をすべてその場で出してチェックし、 必要ないものは速攻で捨てるようにします。 大事なものだけファイリングしてください。 大事なものの基準は、 ・年金手帳、権利書など、ずっと取っておかなければいけないもの ・口座情報や携帯の書類など、契約中はとっておかなければいけないもの ・振込用紙など用事を済ませなきゃいけないもの の大きく3種類です。 ファイリングの方法は、シンプルなクリアファイルに入れておけば十分です。 口座のパスワードなど、ひんぱんに見返したいものだけクリアブックに入れておくと便利です。 好きなグッズなどの断捨離実体験 次は私も苦労した、好きなものの断捨離です。 ポイント1. なぜ捨てるのかハッキリさせる まず、好きなものを断捨離するときは、 ・どんな点が気に入らなかったか? ・なんで残したいと思ったのか? というところをハッキリさせることが大事です。 何も考えずに捨てるのも楽ですが、それだと後悔しやすいです。 好きなものほど自分が納得しなければ捨てられません。 好きなものでも時間が経つと飽きてしまったり、好みが微妙に変わってグッズへの執着がなくなったりすることもあります。 定期的にコレクションをチェックし、取っておかなくても大丈夫そうなものを仕分けてみてください。 ポイント2. 実際に飾る・使う コレクションもしまいっぱなしはもったいないです。 飾れそうなもの、実際に使えそうなものはバンバン活用してください。 ハンカチ系などはとくに使いやすいです。 実際に使えば生活の端々で目に入るので、楽しくもなります。 ひんぱんに目にするうちに気が済み、断捨離できることも少なくありません。 無駄なく上手に収納しよう 断捨離の後は収納です。 私なりにつかんだコツを紹介します。 ポイント1. よく使うものの収納スペースを作る スマホや読みかけの本など、よく使うものがあるかと思います。 そういうものは 専用の収納箱を作り、まとめて入れておくと楽です。 私は用事が済んでいない書類やゲーム機などをその中に入れていました。 いちいち収納場所まで行かなくていいので楽なのです。 ただし読み終わった本は本棚に戻すなど、用事が済んだものはキチンと元の位置に戻してください。 なんでもかんでも放り込むと結局散らかってしまいます。 ポイント2. 収納は2ステップ 収納は2ステップが楽です。 たとえば クローゼットを開けたら、目当ての服をそのまま取り出せるような感じです。 間に タンスやキャビネットなどは挟みません。 私はこれを「直置き収納」と呼んでいました。 服に限らず、文房具や日用品なども直置き収納していました。 収納を開ければ目の前にものがあるので、探す手間もありません。 直置き収納は「多くのものを収納できない」というデメリットがありますが、だからこそものを減らすのに役立ちます。 絶対量が少なければ、直置き収納でもしまうスペースには不便しません。 ポイント3. ダンボール収納の罠 よくやりがちなのが、空のダンボールを収納に使うことじゃないでしょうか。 しかし ダンボールは収納に向かないのでおすすめできません。 虫が湧きやすく、湿気に弱いのでしまったものが傷みやすくなります。 またダンボール収納は中身が見えないこともあり、一見片付いたように見えてしまうという罠もあります。 知らず知らずのうちに荷物が増えてしまうのです。 さらに見た目が同じなので、箱の数が増えるとどれをどのダンボールにしまったか分からなくなります。 こうなるとダンボールを開けること自体がおっくうになり、使われないお荷物が増える結果にもなります。 ポイント4. 洗濯物はハンガーにかけっぱなしもあり 洗濯物などはハンガーにかけっぱなしで済ませるのもありです。 ハンガー収納は手に取りやすく、探すのも楽です。 たたむ収納に比べて収納数が減るので、服を減らす役にも立ちます。 ただしニットなど、伸びやすい服もあります。 そういうものはクローゼットの中などに直置きがおすすめです。 ポイント5. 食べかけは捨てる 多くの人は大丈夫かと思いますが、食べかけをほったらかしにするのは危険です。 部屋が散らかるのみならず、虫も寄ってきます。 お菓子を一袋食べきれずにとっておくことはよくあるかと思いますが、そもそも食べきれないものを買うこと自体おすすめできません。 小分けの袋に入ったものなど、食べきりサイズの商品を買うのが安全です。 散らかった部屋をより汚くするのが、食べかけのお菓子など。 食べ物系のゴミは、その場でさっさと捨てた方が安全です。 これは冷蔵庫の中身についても言えることです。 食べきれないほどの大量の食料を一度に買うのは、食品ロスや節約の点からみてもやらない方がいいことじゃないでしょうか。 まずは、冷蔵庫がカラになるまで買い物に行かないチャレンジをしてみてください。 自分がどれだけの期間でどれくらいの量を消費するのか分かれば、無駄な買い物も減らせますよ。 スッキリ暮らすための間取りとは? ミニマリスト暮らしに向いた間取りはあるのでしょうか? 2年間の「持たない暮らし」の経験からご紹介します。 座卓が一番楽 家具などはなるべく置かず、座卓が楽です。 ソファよりもローテーブル+座布団の方が落ち着けました。 やはり掃除も楽です。 寝る場所についても、ベッドより布団を敷く方がシンプルで手間いらずでした。 なるべく大型の家具を置かないことがスッキリした部屋を作るコツかと思います。 メイン収納は1つ 収納が多すぎると、逆にゴチャゴチャします。 部屋に作り付けの収納1つ、タンスなどメインの収納1つくらいがシンプルで使いやすいです。 収納が少ないことは荷物を減らす役にも立ちますよ。 収納にしまい切れる量まで断捨離しないといけないからです。 ワンルーム 一人暮らしであれば、ワンルームがおすすめです。 ものが少ないので、部屋が小さくても困りません。 大きな部屋も魅力的ですが、掃除が大変でした。 自分の身の丈に合った部屋の大きさを選ぶことがポイントです。

次の