ふたり の たい せい 最終 回。 韓国ドラマ「ボーイフレンド」第16話(最終回)あらすじ|本当に大切なもの

ふたりヒトツ(漫画)の結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

ふたり の たい せい 最終 回

韓国ドラマ「ボーイフレンド」第16話(最終回)のあらすじです。 もう一度、良い思い出を胸に、耐えるときなのではないのか…。 決意を固めたジニョクは、席を立つと、足早に、歩き始めた。 スヒョンがいる代表室へ向かうジニョク。 ついに、そのドアを開けた。 ちょうど退勤しようとしていたスヒョンは、ジニョクを見て驚いたが、それにかまわず、ジニョクはスヒョンの前まで進んで、まっすぐな目で宣言した。 「僕はあなたと別れることができません。 あなたは、あなたが望むようにしてかまいません。 でも、僕にも同じものを期待しないでください。 僕はあなたにしていた 多くの約束を守っていくでしょう」。 スヒョンは「あまりにも厳しい道です」と阻止したが、ジニョクは「あなたが別れても。 僕は愛するでしょう」ときっぱりと宣言した。 また、「賭けています。 あなたの別れが勝つのか、僕の愛が勝つのか」と付け加えた。 しかし、すでに、スヒョンが指に指輪をしていないのを見て、目が揺れた。 スヒョンもまた退勤する車の中で、動揺を隠せなかった。 記事を見たジニョクは、スヒョンが心配になって電話をかけたが、スヒョンはジニョクの電話を受けなかった。 この結果、スヒョンの父チャ・ジョンヒョン(ムン・ソングン)は、ついに逮捕された。 母チンミオク(ナムキエ)が、テギョングループのキムファジン会長(チャ・ファヨン)から、不法政治資金を受けたと告白した事実を知ったキム会長は怒り、自分の身に危険が迫っていることを、認めざるを得なかった。 このニュースは、すぐに知れ渡り、ホテル内も、その噂でもちきりになっていた。 スヒョンを心配したジニョクは、「スヒョンさん。 あなたを愛する人々の心を忘れないでください。 すべてうまくいくよ」というメールを、スヒョンに送るのだった。 スヒョンは、すぐに実家にかけつけたが、一足遅く、父はすでに拘束されていた。 母のミオクは、家に到着したスヒョンに、「食事を始めているときに検察がきた。 ご飯でも食べて行ったら良かったのに…今日初めて食事の仕度をした。 あなたのパパが憎くて死にそうだ」と話した。 これに、スヒョンは「ママがパパの意志にしたがって、不正を認めるとは思わなかった」というと、「一度は母親がすべきことをしただけ。 感動することはない。 まだ、100回、後悔してるところよ」と答えた。 そんな母に、「裁判が終わったら旅行に行こう」とスヒョンがいうと、「あなたはホテルを守りなさい。 お父さんは政治家の良心で出たんだろうけど、あなたをテギョンから守ると飛び込んだの」と冷たい面を見せた。 この時、スヒョンはジニョクのメールを思い出していた。 スヒョンは、母ミオクに「こんな時は、がんばろうという言葉をくれればいいの。 私たちも、練習しよう。 みんなそうして生きてる。 ぎこちなくて、つまらなくても、練習しながら生きよう」と、慰めた。 そんなスヒョンの言葉に、ついにミオクも涙をみせるのだった。 同じ時刻、ホテルの休憩所で、ジニョクは、ヘインと話をしていた。 スヒョンと別れたことを知ったヘイン(チョンソニ)は、以前、ジニョクが選んたダイアリーを取り出し、ずっとジニョクに片思いしていたことを、ついに打ち明けた。 そして、「あなたは、素敵な人だ。 代表も素敵な人だ。 だから、私はあなたの心を応援してる」とジニョクを励まし、代表と別れないようにと、励ますのだった。 スヒョンに、「愛するのをやめない」と宣言したジニョクだったが、罪悪感という殻に閉じこもったスヒョンを、そこから出すのは簡単ではなかった。 夜、力なく帰宅したジニョクを、バス停で母(ベクジウォン)が待っていた。 寒い中、ずっと待っていた母に驚いたジニョクだったが、「話したいことがある」という母と、近くのカフェまでいき、ふたり向き合うのだった。 ジニョクの母は、スヒョンに別れてくれとお願いした自分を責め、「お母さんを恨んでる?」と尋ねた。 ジニョクは「そんなことない。 オンマは 僕が、その人をどれくらい愛してるのか、分からないことだから。 僕は、その人を、僕の家族と同じぐらい愛しているんだ」と話した。 そして、「別れようという話をされた。 オンマのことを心配したようで。 我が家は素朴でお金では買うことができない美しいところだって。 それを破るかと思って、恐ろしいって。 それで別れようといわれたんだ」と話した。 すると、母は「オンマがごめんね」と涙を流した。 ジニョクは「違うよ。 僕はオンマを愛してる。 オンマが理解してくれる時まで、その人が罪悪感から抜け出す時まで、努力する」と話すのだった。 翌日、ジニョクはナム室長コチャンソク に会った。 ジニョクを励ますナム室長に、「これは、僕が勝つ過程だから、かまいません。 僕の人生にサッド(SAD=悲しみ)はありません」と自信を見せた。 そして、ナム室長に、頼み事をした。 ナム室長への頼み事は、その日の運転を変わってもらうことだった。 退勤して、車に乗り込んだスヒョンは、運転手が、ジニョクに変わっていることに驚いた。 ジニョクは、すかさず「運転だけします。 家まで送ります」といい、車を走らせた。 気まずいスヒョンは、マンションの前につくと、すぐに車を降りた。 ジニョクもすぐ車から降り、スヒョンをひきとめた。 そして、フィルムケースを取り出した。 「指輪じゃありません。 ほんとにフィルムです。 あなただけが知らないチャ・スヒョンがここにいます」といって、ケースを手渡し、その場を後にするのだった。 フィルムケースを見て、とまどうスヒョンは、なかなかその中を見ることができなかった。 翌日、朝から大量のおかずを作っていたジニョクの母は、それを包むと、意を決して、スヒョンのもとを訪ねた。 ジニョクの母は「私は、二人の間で、余計なことをしました。 申し訳ない。 ジニョクが、私と同じくらい、代表を愛してるというんです」と息子の心を代弁した。 これに対し、スヒョンは「違います。 お母様の言葉のために別れたのなら、私が毎日お母様を訪ねて、許してほしいと懇願したでしょう。 お母様が心配されることが、私も恐ろしかったから、別れたのです」と話した。 そして「私は ジニョクさんが本当に好きです。 好きだから、私が体験した難しいことを、体験させたくないと思いました。 お母様のせいではありません。 こんな私も、これが愛だと思って、別れたんです。 気を遣わないでください」と静かに語るのだった。 そんなスヒョンを見て、さらに申し訳なくなるジニョクの母だったが、とにかく彼女のために手作りしたおかずを手渡すのだった。 その夜、ジニョクの母の手作りのおかずを見つめるスヒョン。 スヒョンにとって、普通の幸せを感じられる、お金では買えないもの…。 ふたりの周りの大切な人たちの心が、少しずつスヒョンの心に響き始めていた。 「スヒョンさん 月がきれいですよ」ジニョクからメールが入って、同じ月を見上げるスヒョン。 同じ月を見上げるジニョクもまた、スヒョンが殻を破るのを待っていた。 翌朝、ついに、キム会長が検察に召喚されようとしていた。 キム会長は、検察に出頭する前に、息子ウソク(チャンスンジョ)に本音を吐き出した。 「息だけして生きていたチャスヒョンを変えたのが、テギョンの後継者ではなく、どこかの町の果物屋の息子というのが、我慢ならなかった」と、あれだけスヒョンを攻撃していた理由を打ち明けた。 そんな母を憐れむウソクだったが、実母が検察につかまるのはしのびなかった。 そして、ついにキム会長は、検察に出頭し、スヒョンの父の思いが実ることになるのだった。 キム会長のニュースを見たスヒョンは、拘束された父の面会に行った。 ジニョクのことをきく父に、「その人がますます笑顔を失って行くかと思って別れた」というと、父(ムン・ソングン)は「お父さんは一生懸命生きたと思ったが、誰も幸せじゃなかった。 お前の幸せから見なおしてみなさい」と言って、スヒョンがジニョクとの別れを再考するように諭すのだった。 その夜、イ先生に電話したジニョク。 「スヒョンがフィルムを現像しにきたかどうか」尋ねたが、「来てない」という答えに、スヒョンの悩みの深さを知るのだった。 そして、スヒョンの心の扉をたたくために、ジニョクはあるものを、用意しはじめるのだった。 父から諭されたスヒョンだったが、ジニョクに向き合う自信はまだ持てなかった。 翌朝、出社したスヒョンは、ジニョクが届けたという赤い箱を受け取った。 箱を開けると、キューバで彼女が履いていた靴が入っていた。 靴を見た瞬間に、キューバでの思い出がよみがえるスヒョン…。 そして、一緒に入っていた手紙を開くと… 「あなたを、僕に送りだしてくれた靴です。 この靴が、また僕に、あなたを連れて来てくれると信じています。 今、あなたは大変な道を歩いています。 僕たちは一緒に歩いた幸せな道を憶えています。 そして、チャスヒョン。 あなたは僕の ただ一つの愛だということ。 忘れないでください」と書かれていた。 キューバでの出会い、そして再会。 これまでのことが走馬灯のように、思い出された…。 いてもたってもいられなくなって、スヒョンは代表室を飛び出していた。 イ先生のところに駆け込むと、そこにある現像室に入って、ジニョクが手渡したフィルムを現像した。 現像した写真の中には、明るく幸せそうに笑っている自分の姿がうつっていた。 そのころ、ジニョクは自分の部屋で、スヒョンの写真を眺めていた。 スヒョンに渡したフィルムと同じ写真だった。 あの人は 写真を見ただろうか…。 そんな物思いをする中、ふと窓の外を見ると、雪が降り始めていた。 雪を見て、スヒョンへの思いを募らせたジニョクは、思い出の公園に向かうのだった。 一方、スヒョンもまた、思い出の公園に向かっていた。 もうすぐなくなると、ジニョクが言っていた公園へ急ぐと、ブランコに座っている、懐かしい後ろ姿を見つけたスヒョン…。 雪が降りしきるなか、ふたりは再会した。 ジニョクを涙目で見つめたスヒョンは、ジニョクに告白した。 「私だけが知らない、私の心を見ました。 ジニョクさんと一緒にいた時間のすべて、笑ってるの。 私はそんな風に、喜んで笑えるなんて知らなかった。 ジニョクさんなしで、笑うことができない。 私を、あなたのそばにいさせて。 ジニョクさんの隣で、そんなふうに笑って生きたい。 私が悪かったの。 別れようとして、ごめんなさい」 その言葉を聴いたジニョクは、「勇気を出してくれてありがとう」と、彼女を抱き締め、ふたりは、雪の中で熱いキスを交わすのだった。 スヒョンは、再びカップルリングをはめて「もうはずさない」と約束した。 そして1年後。 二人は、お互いの家を行き来し、料理もして日常を共有した。 人目を気にすることなく、デートするふたり。 ジニョクが「時間をあけてほしい」と言うと、すぐ「休暇の計画がある」と思ったスヒョンは「サンティアゴに行こう」と提案した。 その言葉に、ジニョクが、「結婚して、行っちゃだめ?」とプロポーズすると、満面の笑みで答えるスヒョン。 「今日は特別な日だから、本当においしいもの食べよう」 別々の世界で生きてきたふたりが、同じ道を歩んでいく。

次の

モラハラ妻~全部あなたのせい~【全巻】ネタバレ随時更新!最終回が知りたい|女性まんがbibibi

ふたり の たい せい 最終 回

せっかく兆しが見えたリビですが、落胆してしまいました。 ところがニケを戻すために、各国の首脳が協力をしようと集まってきます。 リビはニケを犠牲にしてしまったことを謝りますが、各国の首脳はリビに全てを背負わせたことに腹を立てていました。 みんなの協力で、あらゆる場所から悪霊の石碑を集めることになりました。 でも、それはリビにとって不利なこと。 実際、ニケがこの世界に絶対的存在で、太陽王よりも大きい存在です。 公表する事で、リビの権威が失墜します。 リビはニケのためだけにそう決めたのではありません。 今回のことで、世界中の人々はみんな同じで、色んな考え方の人々が存在しています。 中にはとんでもないことを考える人もいますが、それが世界なのだと気付きました。 今までのリビは、それを許すことができず、先に世界を牽制したのです。 脆く怯えていたリビですが、今はそんな気持ちがなくなりました。 きっと世界を信じたかったのです。 情報を共有する事で、弱気になったリビを非難する人もいるでしょう。 でも、ありのままの現実を受け入れようと思いました。 リビの考えを受け入れることになり、色々準備に取りかかります。 悪霊は、リビのことを見ていました。 今までリビと同じだと思っていた悪霊ですが、自分が悪霊になった理由に気づきます。 今のリビと悪霊は全く違い、その分岐点はアルを許したときだと言いました。 憎しみを許せなかった悪霊とは違い、アルを許したリビがニケを天空から引き寄せたのです。 悪霊はリビの信じた世界を、自分も信じてみようと思いました。 そして、世界に公表する日がやって来ます。 もちろんこの公表で、世界は混乱しました。 ですがニケを信じている人々が、リビを信じてみようと言い出します。 ニケを取り戻すため、たくさんの人々が動き出しました。 リビは傷ついて、すべてを失ったとしても、それはきっとシーラが見せたかった世界なのだと考えています。 信じることへ、勇気をくれたのは間違いなくニケ。 リビを自由にし、最初で最後のピースなのです。 天空では、ニケを呼び戻す声が日に日に大きくなっていきました。 守護者であるニケは、このまま元の世界に戻っていいのかと考えています。 前守護者の力不足で、こんな事態を招いてしまい、彼はニケに謝りました。 そして全天象者が守護者の交代を認証し、交代の時が訪れます。 前守護者の彼に会えたことに感謝し、別れる二人。 元の世界に戻る時、ニケはシドンに会いました。 ニケはシドンをしっかり抱きしめます。 石碑を探し始めて6年の月日が流れ、1カ月ほど前に悪霊が消えました。 ですが、まだニケが戻ってくる気配はありません。 リビは明るくみせていますが、落ち込んでいる姿も多々あります。 昔ニケと会った草原に、いつも行っていました。 アルは悪霊を送り出す儀式で、かなりのエネルギーを使い、3日眠ったままでしたが、今はもう回復しています。 その時、空から花が降ってきました。 ヨルが毎日花を撒いているのです。 その花は、リビがニケのために一帯を花畑にした所の花。 今も毎日、リビはニケの部屋に花を飾っています。 リビと一緒に、花畑を眺めているツバイはニケの祖母と話したことを喋り出しました。 祖母は、ニケを助けたいと思いましたが、運命には逆らえません。 「それでも」って思う祖母は、やはりニケを助けることを諦めきれなかったのです。 リビは、それでもという言葉には人の叫びがあり、好きでした。 草原で、ヨルと戯れるリビ。 重くのしかかるヨルですが、リビも6年の月日を経て、体が大きくなりました。 今ならニケを、すっぽりと抱きしめることができます。 この場所にニケが帰ってくる保証はありませんが、待ち続けるリビ。 すると、空が光ったように見えました。 後ろで人の足音が聞こえ、振り向いてみるとそこにはニケが立っています。 ニケは大きくなった姿に、リビなのかと確認しました。 やっと会えた二人は、涙を流しています。 ニケは、リビのお嫁さんになるために帰ってきました。 リビは、大きくなった体でニケをしっかり抱きしめます。 世界はそれぞれの想いのために・・・ あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• それでも世界は美しい最終回143話の感想 涙、涙の最終回でした。 ニケが戻ってきてよかった!! リビとニケの再会シーンで、涙が溢れてきました。 途中、ニケが守護者から解放されたあたりからウルウル。 ほんとに涙が止まりませんでした。 最後はニケが戻ってくると信じていましたが、あんな再会だとら思わず、想定外でしたね。 これまでの見所はリビとニケの再会だけではありません。 ニケの存在が、リビを大きく成長させました。 そして、信じることを覚えたリビはさらにしっかりなったなぁと感じました。 悪霊もそんなリビに影響されて、今の世界を見ることができました。 この作品は、人との関わりで成長する姿、誰かのために必死になる姿、そして愛する気持ち。 色んなことが表現されている素敵な作品です。

次の

モラハラ妻~全部あなたのせい~【全巻】ネタバレ随時更新!最終回が知りたい|女性まんがbibibi

ふたり の たい せい 最終 回

2016年10月より東京テレビで放送を開始したドラマ 「」。 ついに12月23日(金)、最終回を迎えます。 「吉祥寺だけが住みたい街ですか」は、不動産を舞台にした引っ越しがテーマのドラマ。 主人公は、住みたい街No. 1として有名な吉祥寺で不動産仲介業を営む双子の都子と富子(社名は重田不動産)で、それぞれ森三中の大島美幸さんとメープル超合金の安藤なつさんが演じています。 ふたりは吉祥寺に憧れを抱いてやってくるお客さんにフレンドリー&パンクなトークで接客。 単に吉祥寺を紹介するのではなく、 お客さんのに合った本当に住みたい街を紹介していくストーリーです。 今回は、最終回目前特集ということで、今までの全話分の聖地巡礼記事を総まとめ!もちろん、 全て現地に行って取材と撮影をしてきました! 目次• 【第1話】吉祥寺だけが住みたい街ですか? で紹介された街に行ってみた 〜雑司が谷編〜 第1話は、悩めるイラストレーターの女性に「雑司が谷」を紹介しました。 雑司が谷は東京都豊島区にある町です。 都心に近いにも関わらず、静かで穏やかな時間が流れている街です。 七福神のスポットとして有名です。 アクセスは良好で、副都心線と都電荒川線が通っています。 副都心線を使用すると池袋まで3分、新宿(新宿3丁目)まで8分、渋谷まで15分行くことができます。 池袋や目白までは徒歩で行くことも可能です。 五反田は、飲食店や事業所が立ち並ぶ東京城南地区の中心地です。 そのため、オフィス街・繁華街・歓楽街として賑わっています。 しかし、東側は高級住宅街として歴史を誇っており緑と触れ合える環境が整っています。 神楽坂(かぐらざか)は、東京都新宿区にある早稲田通りにおける大久保通り交差点から外堀通り交差点の坂のことです。 また、その場所を行政地名として神楽坂と呼んでいます。 神楽坂は、大正時代に隆盛を誇った花街として知られています。 現在も残っている花街特有の路地は、神楽坂でしか見ることのできない場所として有名です。 秋葉原は、東京都千代田区の秋葉原駅周辺、主として東京都千代田区外神田・神田佐久間町および台東区秋葉原周辺のことを指します。 秋葉原の電気街は、「製品を安く買える」「家電量販店がひしめき合っている」という一般的な電気街とは一線を画しています。 PC・IT関連のお店だけでなく、ゲームやアニメといったソフトウェエアを専門的に扱うお店が多いです。 その昔、秋葉原は闇市として発展していました。 今も尚その色は根強く残っています.. 中野は、東京都中野区中野1丁目〜6丁目までの名称です。 中野駅を中心に繁華街・オフィス街となっています。 オフィス街を抜けると閑静な住宅街が広がっています。 中野のシンボルとも呼べる「中野サンプラザ」。 東京都中野区は、JR中野駅北口の大型ホール「中野サンプラザ」と隣接する中野区役所を解体し、新たな大型ホールとオフィス、ホテル、マンションなどが入居する複合施設を整備する計画を発表しました。 そのため2022年ごろ中野サンプラザは閉鎖されると言われています。 恵比寿は、東京都渋谷区に位置しています。 現在の町名は恵比寿一丁目から四丁目となっています。 意外にも「恵比寿」と呼ばれる場所は広くありません。 オフィスビルや飲食店、大型商業施設が立ち並んでいるイメージが強いと思いますが、駅からすぐの恵比寿銀座商店街や恵比寿ストアの中には個人経営の八百屋さんや魚屋さんがしっかり残っています。 十条は、東京都北区上十条・十条仲原・中十条・十条台・東十条から構成されている地名です。 公共施設が整っていることから住宅区として栄えています。 11もの商店街が並んでいる十条。 中でも一番賑やかなのは、駅前にある「十条銀座商店街」です。 お買い物・グルメ・ファッション・遊び・住まいのジャンルのお店が軒を連ねています。 物価も低めなのでお買い物のしやすさは抜群です。 蔵前駅は、都営地下鉄浅草線と大江戸線が通っています。 新宿まで20分、羽田や成田空港まで一本で行くことができます。 その他にも東京駅行きのバスも通っているのでオフィスワーカーには嬉しいアクセスですよね。 経堂は、小田急小田原線の駅の一つです。 新宿まで11分で行くことができます。 下北沢まではなんと3分です。 経堂は駅だけでなくバスも充実しています。 三軒茶屋、渋谷、成城学園前までバスで行くことができます。 アクセスの便利なところに住みたい人にはぴったりの駅です。 錦糸町は、JR総武・中央線と東京メトロ半蔵門線が乗り入れています。 新宿まで20分、東京まで8分で行くことができます。 その他にも駅前はバスロータリーとなっていてバスの運行頻度も高いです。 東京ディズニーランド行き・お台場方面のバスや羽田空港行きのバスがあるのも嬉しいポイント。

次の