マジック ブラック ロータス。 Black Lotus

MtGの最高額カード『ブラックロータス』って何? ヤフオク出品理由に騒然

マジック ブラック ロータス

ブラックロータスとは?どんな効果のカード? ブラックロータスとはMTG史上最大と言える高額買取カードであり、流通の数が非常に少ないことからその希少性がとても高いものです。 アーティファクト T ,Black Lotusを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。 効果は ブラックロータスを生け贄にすることで、好きな色1色のマナ3点を加えることができるというもので、基本1ターンにマナしか増やせない中でその破壊力は圧倒的。 MTGの世界では初期に作られた最強と呼ばれる9枚のカード「パワー9」がありますが、そのうちの1枚としても知られています。 ブラックロータスには3種類あり、1993年に発売の初期パックに入っていた「ALPHA版」、次に発売された「BETA版」最後にに作られた「アンリミデット版」となっており、 一番価値のある ALPHA版には600万〜1000万円の値が付くことも。 BETAとアンリミテッド版にも数百万の価格がつくこともありますが、今回の事件はもっとも希少なALPHA版のブラックロータスをめぐる内容でした。 ちなみにブラックロータスの価値については下記の記事でも詳しく解説しております。 気になる方は参考にしてみて下さい。 ツイッターにてALPHA版のブラックロータスが入荷されたというツイートから始まっていきます。 とてつもなく高額ですが、コレクターにとっては衝撃だったかと思います。 そして・・ ブラックロータス買いました — 十兵衛ちゃん DTeightron 買い手はすぐに決まり、購入した十兵衛ちゃんという方はツイッターにてそのカードと、収入印紙付きのレシートの写真を投稿します。 レシートの表記から、現金で購入した模様。 しかしこのブラックロータス、 何とワンランク価値が下のBETA版だったのです。 ALPHA版だと思っていたブラックロータスはBETA版だった!そして・・ BIGMAGICさんに交換対応していただきました。 心配してくださった方、アドバイスくださった方ありがとうございます! — 十兵衛ちゃん DTeightron 翌日になると購入した十兵衛ちゃんより交換対応してもらったというツイートが。 また、BIGMAGIC秋葉原店より謝罪の文章が掲載されました。 平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、当店で販売した商品に誤りがございました。 本件につきまして、ご迷惑およびご心配をおかけいたしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます。 — BIGMAGIC秋葉原店 bigmagicakb 無事に交換対応してもらえたようで一安心です。 しかしブラックロータスの金額はALPHA版とBETA版では300万円以上違ってくることもあるので、もし気づくのが遅くなってしまったら・・?と考えると恐ろしいです。 今回のブラックロータス事件は無事解決しましたが、やはりツイッター上ではさまざまな意見が飛び交いました。 下記はそのさまざまな声の一部です。 やりやがったな… これは悪意あるだろ。 人の悪意怖い。 俺も気をつけよ。 店の名前覚えておこう。 騒ぎが大きくなったからだと思う。 グレー。 — オルランドゥ 出張中につき微アク furikiluze 値段だけじゃなくてブラックロータスの様々な所に注目して欲しいね。 私たちMTGプレイヤーは最強最古のカードが黒い蓮というセンスに魅了された されている わけで。 普通に考えればかなり慎重になる業務。 高い方を渡したのならまだしも安い方を渡してしまったのはやはり問題。 — magi・質問箱の運営会社代表?? epneur ブラックロータスは高額すぎるカードなこともあり、 ミスは許されない、故意にやったのではないかとの声も多くあるようでしたが、 反面ヒューマンエラーはどうしても起こりうるものなので、詐欺などというのはどうなのか?といった声も上がっているようです。 さすがに故意ではないと信じたい所ですが、今後はこのようなことが起きないように願いたいですね。 MTGカードはその美しい絵の原画にも高額な金額がつく事があるようです。 以前オークションに出品されたものは800万円の落札価格がついたことも。 そこで気になるブラックロータスの原画の価格ですが、なんと 約7億円にもなるとか。 com TokyoMTG 一体どんな人が買うんだろう・・とに気なってしまうほどの凄い価格です。 今回の事件でブラックロータスの価値を改めて知った人も多かったかと思います。 実はMTGの世界には「パワー9」と呼ばれる協力なカードが9種類存在しており、今回事件となったブラックロータスも、そのうちの1つ。 下記のカードはブラックロータスを含めた9種類のカードとなっています。 Black Lotus ブラックロータス テキスト:Black Lotusを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える Time Walk タイムウォーク テキスト:あなたは、このターンに続いて追加の1ターンを行う。 Timetwister タイムツイスター テキスト:各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。 その後、カードを7枚引く。 Ancestral Recall アンセストラルリコール テキスト:プレイヤー1人を対象とする。 そのプレイヤーはカードを3枚引く。 パール テキスト:あなたのマナ・プールに 白 を加える。 サファイア サファイア:あなたのマナ・プールに 青 を加える。 ジェット テキスト:あなたのマナ・プールに 黒 を加える。 ルビー テキスト:あなたのマナ・プールに 赤 を加える。 エメラルド あなたのマナ・プールに 緑 を加える。 それぞれ最強すぎるが故に、デッキに導入していないと勝てないとまで言われていたカードです。 いずれも再録禁止カードと言われているほどのカードなので、その取引価格は場合によっては 100万円を超えるなど凄まじいものです。 ちなみにパワー9については別記事にて詳しく解説しておりますので、興味のある方はぜひ見てみて下さい。 ご紹介した事件からも分かる通り、MTGカードには熱烈なコレクターも多く、貴重なカードや強力なカードは高額な取引金額でやり取りが行われることも多いです。 筆者も過去に家にあったカードを買取に出したところ3万円ほどの買取金額で買い取ってもらえたこともあり、 昔ハマっていたけど今はタンスの奥に眠っている・・なんてカードに思わぬ買取価格がつくことも多々あります。 下記にMTGカード買取に特に力を入れている買取サービス「トレトク」のリンクを貼っておくので、是非一度チェックしてみて下さい! ( 梱包資材の用意不要、送料無料など便利な点が多いです!) また、トレトクは別記事にて体験談等含め詳しく解説しておりますので、参考にして下さい。 好きな色1色のマナ4点を加える。 その後それらの破片を追放する。 なんと一見ブラックロータスにそっくりなこのカード。 実は「 Blacker Lotus」というカードで、カード自体をバラバラに破ることで好きな色のマナを4点加えられるというものです。 一見あのブラックロータスを破るようで見ただけで凍り付きますし、ネタだと分かった後でも何となく破るのに勇気がいるカードです。 (おまけに破片まで追放する必要があります。 ) MTGには価値のあるカード意外にもユーモアたっぷりのカードがたくさん存在します。 下記の記事にて紹介していますので、気になる方はぜひ見てみて下さいね。 MTGの中でも最も高額なカードと言えるブラックロータス。 それゆえに今回のような事件も大きな話題となってしまいましたが、中には 高額カードなだけあり偽物が出回ることもあるそう。 お店もそうですが、個人間でやり取りをする場合などに偽物をつかまされてしまうことのないよう、しっかりと鑑定されているかなど、 本物かどうかのチェックは念入りに。

次の

MTG:650万のブラックロータスで詐欺行為か?真相は?

マジック ブラック ロータス

『マジック:ザ・ギャザリング』の最強、最良カードとも名高い 「ブラック・ロータス」が、オークションサイトにて 1860万円(16万6100ドル)で落札された。 (画像はより) 最強カードと言われることも多いブラック・ロータスだが、場に出せば勝利が決定するカードというわけではない。 どういった類のカードなのか、順を追って解説しよう。 そもそも『マジック:ザ・ギャザリング』では、カードを場に出したり能力を使うためにコストとしてマナを消費する必要がある。 基本的にマナは1ターンに1枚まで場に出せる土地カードの枚数ごとに生みだされるため、ゲーム中に使えるマナ数は徐々に増えていく。 また、マナには5色設定されており、カードによって必要なマナの色と数が異なる。 だが、それに対しこのブラック・ロータスの能力は、 場に出せば任意の色の「マナ」をその場で3つ生成するというものだ。 自身は0マナ、つまりマナ無しで使えるにも関わらず、1ターンに本来ひとつしか増やせないマナを1ターンのうちにさらに3つ、しかも任意の色を生み出す事ができてしまう。 このような理由により、ブラック・ロータスは 『マジック:ザ・ギャザリング』黎明期の9枚の強力カード「パワー9」の筆頭とも言われている。 非常に強力なため、現行のルールの多くで禁止カードとされており、ほぼ全てのカードが利用できるヴィンテージルールですらデッキに1枚までという制限を設けられている。 (画像はより) ブラック・ロータスがリリースされた当時の背景も整理してみよう。 同カードは、1993年に発売された『マジック:ザ・ギャザリング』の最初の基本セット 「Limited Edition Alpha」に収録されていた。 その後に発売された、 「Limited Edition Beta」と 「Unlimited Edition」と呼ばれる基本セットにも収録されている。 これら3種のブラック・ロータスはすべて違いがあり、アルファとベータは基本的なデザインは同じだがカードの形状が少し異なり、アンリミテッドはカードの枠が白いことで区別されている。 なお、アルファはカードの形状が違うため、ゲームに使用するためにはアルファのカードのみのデッキを使うか、デッキをスリーブに入れて形状でカードが判別できないようにする必要がある。 ブラック・ロータスは、すべてのバージョンを合わせて2万枚が印刷されたと言われている。 特に希少な アルファに収録されたブラック・ロータスは、 1100枚しか印刷されていないとされている。 開発会社のウィザーズ・オブ・ザ・コースト社も再録しないことを公に保証しているため、その希少価値は計り知れない。 今回落札されたブラック・ロータスはLimited Edition Alpha収録のカードだ。 カードの状態などを説明する動画も公開している。 トレーディングカードの保存状態を格付けするレーティングサービスBeckettが、このブラック・ロータスに付けた格付けは「9. 保存状態は極めて良好であることが保証されている。 アルファとベータでは価値が大きく違うため、カードをカットしてベータ版をアルファ版の形状にするような詐欺行為まで行われていると言われている。 そのため、高額なカードはこういった信頼できる格付け会社による評価が不可欠となっている。 前置きが長くなったが、ブラック・ロータスの価値はカードの効果が強力で、イラストが美しく、さらに希少価値が非常に高いことによって上昇を続けている。 2013年にオークションでほぼ同等のブラック・ロータスが300万円(2万7300ドル)で されており、2018年になると同等のブラック・ロータスが約980万円(8万7672ドル)で されている。 これまでも高額なカードであると言われていたブラック・ロータスだが、美品であるという点を鑑みても、その価値は暴騰とも言える上昇を遂げていると言えるだろう。 なお、高額で取引されるのは『マジック・ザ・ギャザリング』のカードだけではない。 たとえば、 『ポケモンカードゲーム』の39枚しか印刷されていない限定カード 「ピカチュウ・イラストレーター」が600万円で落札されたことが もし昔カードゲームにハマったのであれば、押し入れにカードをしまいこんだままという方も少なくないだろう。 数千万円の値がつくカードはないかもしれないが、自分のコレクションを再確認してみるのもいいかもしれない。 ライター/.

次の

MtGの最高額カード『ブラックロータス』って何? ヤフオク出品理由に騒然

マジック ブラック ロータス

ブラックロータスとは?どんな効果のカード? ブラックロータスとはMTG史上最大と言える高額買取カードであり、流通の数が非常に少ないことからその希少性がとても高いものです。 アーティファクト T ,Black Lotusを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。 効果は ブラックロータスを生け贄にすることで、好きな色1色のマナ3点を加えることができるというもので、基本1ターンにマナしか増やせない中でその破壊力は圧倒的。 MTGの世界では初期に作られた最強と呼ばれる9枚のカード「パワー9」がありますが、そのうちの1枚としても知られています。 ブラックロータスには3種類あり、1993年に発売の初期パックに入っていた「ALPHA版」、次に発売された「BETA版」最後にに作られた「アンリミデット版」となっており、 一番価値のある ALPHA版には600万〜1000万円の値が付くことも。 BETAとアンリミテッド版にも数百万の価格がつくこともありますが、今回の事件はもっとも希少なALPHA版のブラックロータスをめぐる内容でした。 ちなみにブラックロータスの価値については下記の記事でも詳しく解説しております。 気になる方は参考にしてみて下さい。 ツイッターにてALPHA版のブラックロータスが入荷されたというツイートから始まっていきます。 とてつもなく高額ですが、コレクターにとっては衝撃だったかと思います。 そして・・ ブラックロータス買いました — 十兵衛ちゃん DTeightron 買い手はすぐに決まり、購入した十兵衛ちゃんという方はツイッターにてそのカードと、収入印紙付きのレシートの写真を投稿します。 レシートの表記から、現金で購入した模様。 しかしこのブラックロータス、 何とワンランク価値が下のBETA版だったのです。 ALPHA版だと思っていたブラックロータスはBETA版だった!そして・・ BIGMAGICさんに交換対応していただきました。 心配してくださった方、アドバイスくださった方ありがとうございます! — 十兵衛ちゃん DTeightron 翌日になると購入した十兵衛ちゃんより交換対応してもらったというツイートが。 また、BIGMAGIC秋葉原店より謝罪の文章が掲載されました。 平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、当店で販売した商品に誤りがございました。 本件につきまして、ご迷惑およびご心配をおかけいたしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます。 — BIGMAGIC秋葉原店 bigmagicakb 無事に交換対応してもらえたようで一安心です。 しかしブラックロータスの金額はALPHA版とBETA版では300万円以上違ってくることもあるので、もし気づくのが遅くなってしまったら・・?と考えると恐ろしいです。 今回のブラックロータス事件は無事解決しましたが、やはりツイッター上ではさまざまな意見が飛び交いました。 下記はそのさまざまな声の一部です。 やりやがったな… これは悪意あるだろ。 人の悪意怖い。 俺も気をつけよ。 店の名前覚えておこう。 騒ぎが大きくなったからだと思う。 グレー。 — オルランドゥ 出張中につき微アク furikiluze 値段だけじゃなくてブラックロータスの様々な所に注目して欲しいね。 私たちMTGプレイヤーは最強最古のカードが黒い蓮というセンスに魅了された されている わけで。 普通に考えればかなり慎重になる業務。 高い方を渡したのならまだしも安い方を渡してしまったのはやはり問題。 — magi・質問箱の運営会社代表?? epneur ブラックロータスは高額すぎるカードなこともあり、 ミスは許されない、故意にやったのではないかとの声も多くあるようでしたが、 反面ヒューマンエラーはどうしても起こりうるものなので、詐欺などというのはどうなのか?といった声も上がっているようです。 さすがに故意ではないと信じたい所ですが、今後はこのようなことが起きないように願いたいですね。 MTGカードはその美しい絵の原画にも高額な金額がつく事があるようです。 以前オークションに出品されたものは800万円の落札価格がついたことも。 そこで気になるブラックロータスの原画の価格ですが、なんと 約7億円にもなるとか。 com TokyoMTG 一体どんな人が買うんだろう・・とに気なってしまうほどの凄い価格です。 今回の事件でブラックロータスの価値を改めて知った人も多かったかと思います。 実はMTGの世界には「パワー9」と呼ばれる協力なカードが9種類存在しており、今回事件となったブラックロータスも、そのうちの1つ。 下記のカードはブラックロータスを含めた9種類のカードとなっています。 Black Lotus ブラックロータス テキスト:Black Lotusを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える Time Walk タイムウォーク テキスト:あなたは、このターンに続いて追加の1ターンを行う。 Timetwister タイムツイスター テキスト:各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。 その後、カードを7枚引く。 Ancestral Recall アンセストラルリコール テキスト:プレイヤー1人を対象とする。 そのプレイヤーはカードを3枚引く。 パール テキスト:あなたのマナ・プールに 白 を加える。 サファイア サファイア:あなたのマナ・プールに 青 を加える。 ジェット テキスト:あなたのマナ・プールに 黒 を加える。 ルビー テキスト:あなたのマナ・プールに 赤 を加える。 エメラルド あなたのマナ・プールに 緑 を加える。 それぞれ最強すぎるが故に、デッキに導入していないと勝てないとまで言われていたカードです。 いずれも再録禁止カードと言われているほどのカードなので、その取引価格は場合によっては 100万円を超えるなど凄まじいものです。 ちなみにパワー9については別記事にて詳しく解説しておりますので、興味のある方はぜひ見てみて下さい。 ご紹介した事件からも分かる通り、MTGカードには熱烈なコレクターも多く、貴重なカードや強力なカードは高額な取引金額でやり取りが行われることも多いです。 筆者も過去に家にあったカードを買取に出したところ3万円ほどの買取金額で買い取ってもらえたこともあり、 昔ハマっていたけど今はタンスの奥に眠っている・・なんてカードに思わぬ買取価格がつくことも多々あります。 下記にMTGカード買取に特に力を入れている買取サービス「トレトク」のリンクを貼っておくので、是非一度チェックしてみて下さい! ( 梱包資材の用意不要、送料無料など便利な点が多いです!) また、トレトクは別記事にて体験談等含め詳しく解説しておりますので、参考にして下さい。 好きな色1色のマナ4点を加える。 その後それらの破片を追放する。 なんと一見ブラックロータスにそっくりなこのカード。 実は「 Blacker Lotus」というカードで、カード自体をバラバラに破ることで好きな色のマナを4点加えられるというものです。 一見あのブラックロータスを破るようで見ただけで凍り付きますし、ネタだと分かった後でも何となく破るのに勇気がいるカードです。 (おまけに破片まで追放する必要があります。 ) MTGには価値のあるカード意外にもユーモアたっぷりのカードがたくさん存在します。 下記の記事にて紹介していますので、気になる方はぜひ見てみて下さいね。 MTGの中でも最も高額なカードと言えるブラックロータス。 それゆえに今回のような事件も大きな話題となってしまいましたが、中には 高額カードなだけあり偽物が出回ることもあるそう。 お店もそうですが、個人間でやり取りをする場合などに偽物をつかまされてしまうことのないよう、しっかりと鑑定されているかなど、 本物かどうかのチェックは念入りに。

次の