宅建 講座 費用。 宅地建物取引士(宅建士)の資格維持費用

宅建(宅地建物取引士)|資格の学校TAC[タック]

宅建 講座 費用

「宅建士の通信講座を探してるけど、多すぎてどれを選べば良いのか分からない・・・」 そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。 実際、 宅建士の通信講座は非常に数が多く、一つ一つ調べていては途方もない時間がかかってしまいます。 特に初めて宅建士試験に挑む方の場合、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって 「自分にはこの通信講座は合わなかった・・・」と後悔してしまうことも少なくありません。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が 宅建士の通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、通信講座選びにもっとも大切な• 講座費用の安さ• 教材の分かりやすさ• 受講生に対する学習サポート• 合格率• 会社の信頼性 の5つのポイントをもとにランキング形式で紹介します! フォーサイトの宅建講座の特徴• 受講生の合格率は全国平均の4. 21倍!• テキストはフルカラーかつ図表も豊富!• 出るところだけに絞った無駄のない学習設計!• 動画講義もスマホ学習も最高品質!• 不合格の場合は受講料全額返金! フォーサイトの宅建士講座の最大の特徴は全国平均の4. 21倍という 業界最高クラスの合格率です。 テキスト・講義・スマホ学習システム、どれをとっても非常にクオリティが高く、これら全てが高い合格率を支えていることが伺えます。 さらに2020年度からは 「不合格者への全額返金制度」を導入し、他の追随を許さない通信講座となりました。 講座費用が特別安いわけではありませんが、合格というゴールを見据えるのであれば 1番おすすめの宅建講座です。 人気講座ランキング (上位3社) その他の宅建士通信講座 上に挙げた5社以外にも、宅建士を目指せる通信講座はたくさんあります。 しかし、 以下に紹介する講座はどれもウィークポイントが明確であり、 自信を持っておすすめするには至らないものとなっています。 通信講座選びの候補に入れなくてもデメリットはあまりないので、参考程度にご覧ください。 ユーキャン 言わずと知れたユーキャンの通信講座です。 もちろん 教育訓練給付制度の対象講座に認定されており、会社の知名度・信頼度という面ではユーキャンの右に出る講座はないでしょう。 講座費用は63,000円と相場通りの価格となっていますが、ユーキャンには他の通信講座と異なり メインの動画講義が存在しません。 短い解説動画が各章に用意されている程度です。 代わりに ユーキャンならではの添削指導がありますが、メインの講義なしてこの価格は少々高い印象を受けます。 一方でテキストは薄くても合格に十分な内容が詰め込まれており、スマホを使った学習システムも用意されているので、 合格を目指すのに不足はない講座となっています。 一方で メインテキストが宅建学院オリジナルのものではなく市販テキストであったり、受講料に加えて入学金や教材費が別にかかるために 合計100,000円以上必要だったりなど、残念な点が目立ちます。 目立った合格実績やアピールポイントも見られないので、他講座との比較の中で選ばれることは少ないでしょう。 エル・エー L・A(エル・エー)の通信講座は 全国平均の1. 6倍の合格率や、 合格者に対する受講料半額返金制度などを強みにしている通信講座です。 これまで見てきた通信講座と比較すると、 合格率も合格特典も目を見張るほどではないと判断せざるを得ません。 また、 受講料も50,000円から80,000円と決して安くはないので、イマイチ推しどころに欠ける講座です。 キャリアカレッジジャパン キャリアカレッジジャパンはフォーサイトと同じく 「不合格者への全額返金制度」を実施している数少ない講座です。 ただし講座内容の口コミ評判は良いとは言えず、講義の質の低さやテキストの誤字脱字などに不満を抱える方の意見が非常に多く見られました。 さらに返金制度についても、「返金方法が明記されていない」「返金の対応時期が短すぎる」といった 悪い口コミが多数見受けられます。 講座費用も安く返金制度も魅力的なのですが、残念ながら現状の評判ではおすすめはできません。 Livoo! Livoo! の最大の特徴は 資格取得後の就職支援サービスまでセットになってついてくる点です。 もともとは就職支援サービスがメインだったため、宅建講座は無料で提供していたのですが、現在では講座を有料化して質を高めています。 ただし、就職支援サービスについては資格取得後に自分で他の転職エージェントを利用すれば良いだけですし、 冊子のテキストが無いなど通信講座としてはまだまだ未熟な点も多いです。 たのまな たのまなはヒューマンアカデミーが運営している通信講座です。 たのまなの宅建士講座は赤と黒の二色刷りではありますが、メリハリがついており、イラストも多いので読みやすく 初学者でも抵抗なく勉強することができます。 講座費用は70,632円となっており、相場よりもやや高いです。 スタケン スタケンは 優秀な宅建アプリを配信していることが特徴の通信講座です。 会社代表であり講師でもある田中謙次先生は宅建士試験に関する様々な教材を自ら出版しており、まさに宅建士試験のプロと呼べる方です。 学習アプリは極めて優れている一方でテキストはPDFでのみ配布されており、 冊子版はありません。 アプリは360円から利用できるので、教材は他の講座のものを利用して、スタケンアプリだけを活用するのも良いでしょう。 通信講座も選べる宅建予備校一覧 通学講座を主として取り扱っている予備校でも、最近では通信講座も同時に開講していることが多いです。 しかし、いずれも 講座費用が100,000円以上するものばかりなので、価格の安さで通学ではなく通信講座を選択しているという方は読み飛ばしてしまって大丈夫です。 TAC TACは通学メインの大手資格予備校ですが、通信講座のようにオンラインで学習を進めることも可能です。 カリキュラムは通信講座に多い「出るところに絞った内容」とは異なり、 宅建の試験範囲を全てカバーしています。 したがって短期間で合格したい人向けとは言えないでしょう。 また、通学メインではあるので 通信講座ならではのスマホ学習システムなどは期待できません。 予備校ということもあり講座費用は高く、通信講座で87,000円、通学講座は100,000円から170,000円近くかかります。 資格の大原 TACと並ぶ大手予備校である資格の大原は、その講座の性質もTACと似ており、宅建の試験範囲を網羅的に学ぶことができます。 講座費用は通信と通学であまり差はなく、 100,000円から169,000円です。 LEC東京リーガルマインド LEC東京リーガルマインドは上に見た大手予備校2社と比べると、 比較的通信講座にも力を入れている資格予備校です。 講師の質の高さに定評があるほか、ほぼ全てのコースを通学でも通信でも受講することができます。 通信の方が通学よりも費用は抑えられていますが、それでも 120,000円から190,000円ほどかかります。 上記全ての予備校に言える事ですが、せっかく予備校を選択するのであれば、 通信よりも通学を選択して予備校の利点を最大限に生かすのをお勧めします。 反対に、通信講座を受講する!と決めているのであれば 予備校は選択肢から外してしまって良いでしょう。 日建学院 日建学院は50年以上も運営している資格予備校であり、 合格実績の高さに定評があります。 通学はもちろん、通信講座にも対応しています。 この出し方で合格率を大々的に公表しているのは、果たして正しい情報提供だといえるのか疑問が残ります。 講座費用はコースによって 50,000円から250,000円まで幅広いですが、直前対策講座や公開模試などを組み合わせると 合計費用はかなり嵩みます。 総合資格学院 総合資格学院は 個別対応主義を掲げている資格予備校です。 宅建士の講座以外でも建築士や建築設備士など、不動産系の資格を中心に取り扱っているので、専門性の高い講義が期待できます。 しかし、予備校の中では珍しく合格実績を公開していないほか、知名度もあまり高くないので信頼度はあまり高くありません。 やはり群を抜いておすすめなのが、合格実績が抜群であり、不合格者への全額返金制度も備えている フォーサイトです。 その上、講座費用も相場から外れず 通信講座ならではの低価格を保っています。 その他の通信講座にもそれぞれ独自の魅力がありましたが、費用を適切に抑えつつ、 「一発合格する」という最も大切な目的を果たすためには、フォーサイトの通信講座を選ぶのが良いでしょう。 宅建の通信講座選びで失敗しないためのポイント5選 講座費用の安さ 宅建の通信講座の費用相場は 約60,000円です。 予備校の場合は講座費用が100,000円を越えるのが普通であるため、比較的安く講義を受けられると言えるでしょう。 通信講座の費用が相場から大きく外れている場合は、どういう点が優れているのか、なぜ価格が高いのかをしっかりと考える必要があります。 講座選びに限った話ではないですが、 値段が高さとサービスの品質は必ずしも比例しないので注意しましょう。 教材の分かりやすさ 教材の分かりやすさを判断する際には、図表やイラストの多さに注目するのが効果的です。 一般に 図表やイラストをテキストに含めるのは大きな手間と時間がかかるので、それを惜しまずテキストに拘っているかどうかは教材の質を測る指標となります。 またテキストだけでなく 隙間時間を活かせるスマホ学習システムがあるかどうか、 講義動画のクオリティにもこだわっているかも大事なポイントです。 受講生に対する学習サポート 通信講座を選んだからには、教材だけでなく 質問対応や学習スケジュール管理など、独学では得られなかったメリットを最大限活用したいところです。 また、合格特典や不合格者に対する補助はモチベーションの維持だけでなく コストパフォーマンスにも関わってくるので、講座選びでは重要なポイントです。 合格率 通信講座を選ぶ上では 最も注目したいポイントの一つです。 ただし、残念ながら合格実績を公表していない講座も多く、合格率で全ての講座を比較することは現状できません。 また、高い合格率を公表している会社であっても、調査の対象を受講生のうち成績優秀な方に限定していたりする場合もあるので、 合格実績はその測り方にも注目する必要があります。 会社の信頼性 通信講座の運営会社の信頼性は、その講座の品質を客観的に判断する一つの指標となります。 こうした信頼度は 会社の講座運営歴や講座利用者による評判だけでなく、教育訓練給付制度の対象であるかどうかも参考になります。 つまり、宅建士試験において満点を目指す必要はあまりなく、 頻出事項を抑えて8割前後の得点率を狙っていくのが最も効率的となります。 通信講座を選ぶ際も闇雲に全範囲を一律に学ぶものではなく、学習範囲を適切に絞っているかどうか意識して見ると良いでしょう。 宅建の勉強時間の目安は300時間 宅建士試験に合格するまでに必要な勉強時間はおよそ300時間と言われています。 そんな中、通信講座の講義時間が合計で100時間もあったら、 動画を観ているだけで勉強時間の3分の1を使ってしまいます。 独学と通信講座はどっちがおすすめ? 宅建士試験は比較的独学でも合格しやすい試験だと言われています。 しかし、もしあなたが一発合格をしたいとお考えなのであれば、 迷わず通信講座を受講することをおすすめします。 平均合格率は当然、こうした受講生の合格者を含めて算出されています。 つまり、 独学者だけで算出した合格率は全体の平均よりも大きく下がるということです。 独学者の合格率を求めたデータは現状存在しませんが、極めて低い合格率だと分かった上で、それでも敢えて独学を選択するメリットはほぼ無いでしょう。

次の

宅建は受験費用を安くおさえないと合格してから後悔する!

宅建 講座 費用

講座概要 対象者 初学者・学習経験者 受講形態 通学(教室型・個別型)講座 標準開講日 2020年4月中旬 学習期間・回数 約6ヵ月・53回 教材配付日 2020年2月上旬より 教育訓練給付制度 当講座は教育訓練給付制度の対象講座です。 対象校は日建学院 直営校のみとなります。 また入学時に配付する教育訓練給付金ご利用ガイドも併せてご確認ください。 事前にお問い合わせください。 また認定校・公認スクールは提携校のため、教育訓練給付制度を実施していません。 ご注意ください。 受講料• 一般 230,000 円 +消費税• 学生120,000 円 +消費税• 教材費は受講料に含まれています。 特典割引(学割、他)をご利用される場合は、各校窓口にてお申込みください。 本講座 重点講義 [全28回] 4月中旬~ 豊富な経験と圧倒的な合格率を誇る、日建学院のメイン講義。 幅広 い試験範囲の重要項目を余すことなくインプット。 過去の出題傾向や正答率をもとに、法律の改正や新たな傾向にも対応。 試験合格に必要とされる知識を無駄なく着実に積み上げ、すべての受験生を合格に導く。 試験本番で必要な知識を演習によって再確認し、実践力を高める。 インプットとアウトプットを繰り返し、必要な知識を確実に養う。 知識だけでなく、試験に必須の解答テクニックも身につけ、知識を整理する。 テスト・解説講義:13回 模擬試験:1回 直前攻略 [全11回] 10月上旬~ 本試験直前の3週間で、合格へ向けた総仕上げをおこなう通学コース。 模擬試験と解説講義を繰り返し集中して学習していくことで、合格に必要不可欠な対応力と実践力を身につけていく。 本試験直前の総仕上げで合格できる実力を完成させる。 確かな解答力を養成し、一気に合格に向けラストスパートを掛ける。

次の

宅建(宅地建物取引士)|資格の学校TAC[タック]

宅建 講座 費用

宅建の制度は複雑です。 「受験時」「合格〜登録」「就業後」という3つのステップに分けて整理しましょう。 1-1. 宅建受験に必要な費用 まずは 「受験時に必要となる費用」ですが、 最低限必要となるのは受験手数料のみです。 金額は 7,000円で、消費税は非課税となっています。 なお宅地建物取引業に従事している人向けに 「5問免除」という制度があります。 指定された「登録講習」を2日間受講すれば、 50問ある本試験のうち5問が免除されるというものです。 講習機関により費用は異なりますが、 15,000円から20,000円くらいが相場です。 注意すべき点は、宅建の 受験に必要な費用はこれだけではないということです。 宅建の勉強をするためのコストも見ておく必要があります。 勉強のスタイルに合わせ 「独学」、 「通学」、 「通信講座」という3つのパターンで紹介しましょう。 受験に必要なコストは受験料の7,000円のみです。 しかし勉強に必要なコストもあります。 忘れずに計算しておきましょう。 1-1-1. 独学で試験にのぞむ場合 コストを低くおさえたいなら 独学がおすすめです。 しかし、独学でのぞむにしても相応のコストはかかります。 教科書や参考書、問題集や過去問などを合わせれば、 最低でも5,000円以上は見ておく必要があるでしょう。 また独学なら、試験の雰囲気をつかむために 模擬試験を受けるのもおすすめです。 受験日の直前になると、複数の資格学校が模擬試験を開催します。 3,000円から5,000円くらいのコストと考えてください。 なお最近では、 宅建受験のためのマンガや、学習を加速させるためのスマホアプリも人気です。 これについては以下を参考にしてください。 利用するなら、このコストも念頭に入れておきましょう。 宅建の学校に通学する場合 「独学では合格する自信がない」という人におすすめなのが 通学です。 費用はかかりますが、 プロ講師のサポートを受けながら効率的に勉強を進めることができます。 通学の場合、講座のタイプによっても費用は変わります。 宅建の合格までをサポートする 総合講座もあれば、過去問演習に特化した 単科講座もあります。 また学校によっても費用は異なります。 しかし一般的には、 最低でも10万円以上はかかると見ておくのがよいでしょう。 なお多くの場合、模擬試験に必要な費用は含まれている場合が多いです。 1-1-3. 宅建の学校で通信講座を受講する場合 「通学して勉強したいものの、コストもおさえたい」というなら、 通信講座の利用がおすすめです。 通学と同様で、コースによっても費用は変わります。 ただ通信講座の場合、学校によってはリーズナブルな料金設定で提供しているところもあります。 DVDを視聴するかたちの授業なのか、 ネットを経由したオンライン授業なのかといった違いもありますが、安いところでは 最低3万円くらいから開講されているようです。 模擬試験については通学の場合と同様、すでに料金に含まれているケースが多いです。 ただし 安価なコースの場合は模試料金がオプションとなっている場合もあります。 念のためチェックしておきましょう。 1-1-4. 【参考】講座の費用を補助してくれる会社も 宅建を受験するだけであれば、7,000円の受験料を仕払うだけで済みます。 しかし合格に向けて勉強するとなれば、それなりのコストがかかります。 会社によっては 受験費用を補助してくれるケースもあるので、ぜひチェックしてみてください。 たとえば新宿にある不動産仲介会社エスケイ・コミュニティーでは、参考書や問題集の費用に加え、講座受講にかかる費用についても 上限60,000円まで負担するとの制度を設けています。 あなたの勤務している会社にも 宅建取得を支援する制度があるかもしれません。 ぜひ確認してみましょう。 もし本気で取り組みたいなら、そうした制度のある会社への転職を考えてみるのも一つの方法です。 弊社の運営している不動産業界専門の転職支援サービス「」でも、宅建資格取得を支援してる会社があります。 例:S社 宅建講座受講にかかる費用を上限60,000円まで負担 1-2. 宅建合格から資格登録に必要な費用 続いては 「合格〜登録の時に必要となる費用」です。 宅建の試験に合格しただけでは「宅建士」を名乗ることはできません。 合格後に必要な費用を説明していきましょう。 試験に合格すると 「宅建士試験合格者」になります。 宅建士として業務に従事するためには、 「資格登録」をして「宅建士資格者」になった上で、「宅建士証」を交付してもらう必要があります。 かかる費用は 「2年以上の実務経験の有無」と 「合格後の経過年数」によって、以下の通り4つのパターンに分けられます。 「実務経験2年以上」かつ「合格後1年以内に申請」の場合• 「実務経験2年以上」かつ「合格後1年以上が経過」の場合• 「実務経験2年未満」かつ「合格後1年以内に申請」の場合• 「実務経験2年未満」かつ「合格後1年以上が経過」の場合 試験に合格しただけでは宅建士になれません。 宅建士になるには「資格登録」をして「宅建士証」を交付してもらう必要があります。 1-2-1. 「実務経験2年以上」かつ「合格後1年以内に申請」の場合 実務経験が2年以上ある場合、試験合格後の流れは次の通りです。 資格登録を申請し「宅建士資格者」になる( 資格登録手数料:37,000円)• 宅建士証の交付を申請し「宅建士」になる( 宅建士証交付申請手数料:4,500円) 合計すると、費用は 41,500円になります。 1-2-2. 「実務経験2年以上」かつ「合格後1年以上が経過」の場合 実務経験が2年以上あるものの、合格後1年が経過しているという場合は、少し手続きが異なります。 しかし、宅建士証の交付を申請するタイミングが 試験の合格から1年を超えている場合は、都道府県が指定する1日間 6時間 の 法定講習を受講する必要があります。 試験合格後の流れは次の通りです。 資格登録を申請し「宅建士資格者」になる( 資格登録手数料:37,000円)• 法定講習を受講する( 法定講習受講料:12,000円)• 宅建士証の交付を申請し「宅建士」になる( 宅建士証交付申請手数料:4,500円) 合計すると、費用は 53,500円になります。 1-2-3. 「実務経験2年未満」かつ「合格後1年以内に申請」の場合 宅建士の 資格登録にあたっては、 宅地建物取引業の実務経験が2年以上必要です。 ただし、指定の 「登録実務講習」を修了すると、「2年以上の実務経験」に相当すると見なされるようになる制度があります。 なお登録実務講習の費用は実施機関により異なりますが、 20,000円前後のケースがほとんどです。 2年以上の実務経験がなく、試験合格から1年未満ということであれば、試験合格後の流れは次の通りです。 「登録実務講習」を履修してから合格する( 登録実務講習受講料:20,000円前後)• 資格登録を申請し「宅建士資格者」になる( 資格登録手数料:37,000円)• 宅建士証の交付を申請し「宅建士」になる( 宅建士証交付申請手数料:4,500円) 合計すると、費用は 61,500円前後になります。 1-2-4. 「実務経験2年未満」かつ「合格後1年以上が経過」の場合 4つ目のケースは、 2年以上の実務経験がなく、宅建士証の交付を申請する時点で、合格から1年を超えている場合です。 この場合は前述した通り、 「法定講習」と「登録実務講習」の両方を受講する必要があります。 試験合格後の流れは次の通りです。 「登録実務講習」を履修してから合格する( 登録実務講習受講料:20,000円前後)• 資格登録を申請し「宅建士資格者」になる( 資格登録手数料:37,000円)• 法定講習を受講する。 ( 法定講習受講料:12,000円)• 宅建士証の交付を申請し「宅建士」になる( 宅建士証交付申請手数料:4,500円) 合計すると、費用は 73,500円前後になります。 1-3. 宅建資格の維持にかかる費用 最後は 「就業後の資格維持に必要な費用」です。 すでに紹介した通り、 宅建の試験を受けてから「宅建士証」を受け取るまでには、次のようなステップがあります。 宅建を受験して合格する。 宅建士の資格登録をする。 宅建士証の交付を受ける。 こうして交付された「宅建士証」ですが、 5年という有効期限が定められています。 更新を行うためには、 指定の法定講習を受講して、新しい宅建士証の交付を申請する必要があります。 費用は次のとおりです。 合計で 16,500円になります。 法定講習を受講する( 法定講習受講料:12,000円)• 宅建士証の交付を申請する( 宅建士証交付申請手数料:4,500円) 法定講習は、 宅建士証の有効期限が切れる6ヶ月前から受講することが可能です。 更新時期に近くになると、 更新案内のハガキが届くようになっています。 忘れないためにも早めに受講しておくことをおすすめします。 なお、 「宅建合格」と 「資格登録」については有効期限はありません。 永久に有効です。 したがって 「宅建資格の維持にはコストは不要。 宅建士証の維持にはコストが必要」ということになります。 宅建士証の有効期限は5年間。 更新には法定講習の受講が必要です。 せっかく手に入れた宅建士証です。 更新作業は忘れないようにしましょう。 宅建資格はコスパ 費用対効果 が良い 宅建の資格をもち続けるには 相応のコストがかかります。 しかしそれでも宅建士資格が 人気を集めているのは、コスパ 費用対効果 が高いからです。 2-1. 宅建資格の取得から更新までの総コストは? ここまで、 宅建士の取得から更新までのコストを解説してきましたが、改めて総額をまとめてみましょう。 受験手数料:7,000円(5問免除を申請するなら別途15,000円から20,000円くらい)• 「5問免除」の登録講習:15,000円から20,000円• 宅建学習に必要な費用:別途• 資格登録と交付申請まで:41,500円から73,500円前後• 5年に1度の更新と交付申請:16,500円 こうしてみると、 「48,500円+学習費用+更新費用16,500円」から 「113,500円+学習費用+更新費用16,500円」と幅はあります。 しかし、学習教材の費用も含めれば 10万円を超える大きな出費になることがわかります。 また通学講座や通信講座なら教材費だけで10万円を超えるものもあるため、人によっては 総額コストが20万円を超える場合もあるでしょう。 2-2. 会社の資格手当でコストを回収!有利な転職の可能性も しかし 宅建士の資格を取得するメリットもたくさんあります。 会社によっては、給与規定で 「資格手当」が定められていることがあります。 宅建士をもつ社員に「宅建士資格手当」を支給する会社もあり、 月に1万円から5万円前後で設定されている傾向にあるようです。 早ければ 1年以内に回収できてしまう計算です。 また宅建士の資格を取得することにより、社内で新たな活躍の場が与えられることもあるでしょう。 宅建士資格ホルダーを優遇する会社もあるため、 より魅力的な職場への転職が可能となるかもしれません。 宅建の資格を取得するには 相応のコストもかかります。 しかし コスパの高い資格でもあるということを覚えておいてください。 宅建士になると、会社から毎月「資格手当」がもらえる場合があります。 宅建士の取得に費やしたコストがどれくらいで回収できそうか、確認してみましょう。 「宅建試験の費用」まとめ 宅建に合格しただけでは宅建士にはなれません。 宅建士の資格は制度が複雑なため、宅建資格に必要な費用の総額もわかりにくいのが実情です。 そこで今回は、 「受験時」「合格〜登録」「就業後」という3つのステップにわけて解説してきました。 どれくらいの費用が必要になるか、イメージすることができたのではないでしょうか。 たしかにコストはかかります。 しかし 宅建にはコストを上回るだけの魅力があることも事実です。 ぜひチャレンジしてみてください。 もしも何か不明な点、聞いてみたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。 数々の宅建資格保持者の就職・転職を成功させてきた実績を持つ「宅建Jobエージェント」キャリアアドバイザーが、ご相談に乗らせていただきます! 現在のお仕事に不満を抱えている方へ 現在のお仕事に不満を抱えていませんか? いま、あなたがご覧になっている「宅建Jobコラム」の運営会社では、不動産業界専門の転職支援サービスを提供しています。 もし就職・転職を成功させたい!という方がいましたら、「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください。 数々の転職を成功させてきた、あなた専任のキャリアアドバイザーが無料でご相談に乗らせて頂きます。 ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!•

次の