メラニズム 人間。 メラニズムの人間と動物まとめ!日本人は?アルビノの逆という説の真相も解説

アルビノ

メラニズム 人間

見世物小屋ような場所は地下にありました。 見世物小屋はかなり広く、中央に照明が照らされたテーブルがあり、その上で四肢が切断されだるま人間になってしまった女がうごめいていました。 どうやら彼女の意思もくるっているようで、目の焦点があってません。 観客は大きく歓声を上げていましたが、夫はすぐさま帰りたい気持ちになりました。 夫がテーブルのそばへいくよう促され近づきました。 女はみるみる正気を取り戻し夫に何か訴えている様子でしたが、舌も切られているようで何をいっているのかわかりません。 その女性ですが、よく見ると数年前に行方不明になった妻だったのです。 しかし彼女に対して何もいわず、その場を立ち去りました。 中国から日本へ帰った後、妻はどうなったのか。 真相は闇の中です。 ときは流れ一年後、中国へ出張に来たとある日本人が、酔った勢いで中国の知人に見世物小屋へ連れて行ってもらいました。 見世物小屋にいたのは、四肢が切断され、妊娠しおなかが膨らんでいるだるまのような女性の姿でした。 また、精神に異常をきたしているようで、目の焦点が合っていません。 現地の知人曰く『このだるま女はすぐ逃げる。 逃げられないよう妊娠させ薬漬けにしてやったんだ。 それにだるま女を好きこのむ物好きな客も多い。 お前もためしにやってみないか』 その言葉と、目の前に広がる異常な光景に、さすがの日本人も酔いをさまします。 そして、だるま女がうつろうつろ喋ってる言語が、日本語であることも確認しました。 Aの両親は、この日本人の話を聞いて中国へ渡航、自宅を売却した金でAを購入し、一緒に帰宅したそうです。 また、Aは今も日本のとある病院で静かに生きているといいます。 この話は実話の可能性が高いです。 知り合いのAが友人であるBから受けた相談内容をこのまま記載します。 Bはこの前、中国へ旅行し、まだ日本に帰ってきたばかりですが、相談内容があまりにも衝撃的ですので、聞いてください。 Bは海外でよく一人旅をします。 すでに旅行には慣れ切っており、直近で中国へ旅行にいっていました。 観光地のような場所ではなく、集落を転々とし旅行を楽しんでいたようです。 集落と集落の間は基本的に山道なのですが、道の途中で「達者」という名前の店がありました。 Bはこんな山道にある店に違和感を感じなかったのか。 「達者」というネーミングに興味を引き、「道場か何かか?」と考えながらその店に入ったそうです。 因みにですが「達者」とは中国語でだるまと呼ぶそうです。 Bも後でこの事実を知りました。 店の中は湿気がこもり薄暗く、店員が数人いたようです。 奥に進むと人形が複数体並んでいました。 Bはなんとなくそれをみつめていると、その人形の口が目が動くのです。 Bは言葉にならないほどの恐怖と驚きをもったまま固まっていると、まわりの中国人が近づいてきました。 Bは震える足を引きずりながら店をでようとしました。 そのとき、だるま人間の一人がしゃべったのです。 しかも、そのだるま人間は日本語でこう言いました。 今すぐこの場から逃がしてください!」 ここで助けたら自分も同じ目に合うかもしれない。 Bは、彼の言葉を無視。 また、日本語も分からないようなそぶりを見せその店を後にしました。 その後、Bはすぐに帰国しました。 確かに立教大学の生徒は実在し、中国に一人旅へ行った後、行方不明になっている事がわかりました。 Bはこの件について、警察に相談したほうがいいか悩んでいるようです。 下手に警察に相談して、自分もだるま人間にされたらたまったものじゃないですから。。。

次の

アルビノの逆!全身黒色「メラニズム」の動物たちが神秘的すぎて話題に

メラニズム 人間

オッドアイは白人に多く、白人はメラニンが少ないので色の違いが分かりやすいのです。 そしてオッドアイが生まれる確率は、 白人では0. よって、 日本人も1万人に1人はオッドアイということになります。 しかし日本人の場合、瞳の色が元々真っ黒なため、片方だけが少しだけ茶色い程度なので、とても分かりづらく、言われないと分からない場合がほとんどです。 オッドアイは人間だけじゃなく動物にも多い オッドアイは人間だけではないのです。 数字にすると 25%以上とか。 白猫にオッドアイが多い原因は、白人同様メラニンが少ないからと言われています。 白猫は、4匹に1匹はオッドアイと言われているくらいで、白猫の画像を検索すると多くのオッドアイの白猫を見ることが出来ます。 遺伝子の関係でオッドアイとなることがあり、特に白い猫に多くみられるケースです。 なぜ白い猫、若しくは体の一部に白色の毛を持つ猫に、先天性の理由によるオッドアイが多いのかというと、白い毛の色を発現させる遺伝子がオッドアイの発生にも関係しているからですまた、お母さんの胎内にいるときに正常に色素が作成されなかったというケースもあります。 livedoor. オッドアイだけでなく白い毛に青い眼の猫は耳が聞こえない猫が多いといわれています。 名前:奥菜恵(おきなめぐみ) 生年月日:1979年8月6日 出身地:広島県広島市 身長:155cm 血液型:O型 職業:女優、歌手 奥菜恵さんは1992年、13歳の時にデビューし、テレビドラマや映画で活躍しています。 そしてプライベートでは、2度の離婚歴、3回の結婚歴があり、 魔性の女としても有名です。 1度目は、2004年1月にサイバーエージェント社長藤田晋と結婚するも、2005年7月に離婚。 2度目は、2009年3月に一般男性と結婚。 その後2人の子供に恵まれるものの、2015年9月に離婚。 3度目は、2016年3月に俳優の木村了さんと結婚しています。 奥菜恵さんのオッドアイ 白人や白猫のオッドアイの場合、ぱっと見ですぐに分かりますが、黒髪黒目の日本人の場合、 微妙な色合いでもオッドアイといい、日本人の芸能人では奥菜恵さんだけとも言われています。 奥菜恵さんはもともと瞳が大きく、かつオッドアイの持ち主ということで話題となったそうです。 伊達政宗 安土桃山時代から江戸時代に掛けて活躍した、戦国武将・仙台藩の藩祖の 伊達政宗もオッドアイの持ち主だったと言われています。 独眼竜の異名をもつ伊達政宗は、右目が青、左目は黒だったそうです。 日本人にも今後オッドアイが増えるかも? 現在の日本人は、室内での生活が多くなっています。 結果、体に日光を浴びる機会が少なくなるため、必然的にメラニンの生成が減ります。 そうすると、 肌も白くなり、眼球の色も薄い色に変わっていく可能性が高いのです。 オッドアイなどに限った話しではありませんが、人々の生活が時代の流れとともに変化することで、私達人間の体の構造を変える原因となるのです。 神秘的なオッドアイを持つ世界の人間(有名人) 日本人には少ないオッドアイですが、世界中には神秘的なオッドアイの持ち主が沢山います。

次の

メラニズムとは

メラニズム 人間

オッドアイは白人に多く、白人はメラニンが少ないので色の違いが分かりやすいのです。 そしてオッドアイが生まれる確率は、 白人では0. よって、 日本人も1万人に1人はオッドアイということになります。 しかし日本人の場合、瞳の色が元々真っ黒なため、片方だけが少しだけ茶色い程度なので、とても分かりづらく、言われないと分からない場合がほとんどです。 オッドアイは人間だけじゃなく動物にも多い オッドアイは人間だけではないのです。 数字にすると 25%以上とか。 白猫にオッドアイが多い原因は、白人同様メラニンが少ないからと言われています。 白猫は、4匹に1匹はオッドアイと言われているくらいで、白猫の画像を検索すると多くのオッドアイの白猫を見ることが出来ます。 遺伝子の関係でオッドアイとなることがあり、特に白い猫に多くみられるケースです。 なぜ白い猫、若しくは体の一部に白色の毛を持つ猫に、先天性の理由によるオッドアイが多いのかというと、白い毛の色を発現させる遺伝子がオッドアイの発生にも関係しているからですまた、お母さんの胎内にいるときに正常に色素が作成されなかったというケースもあります。 livedoor. オッドアイだけでなく白い毛に青い眼の猫は耳が聞こえない猫が多いといわれています。 名前:奥菜恵(おきなめぐみ) 生年月日:1979年8月6日 出身地:広島県広島市 身長:155cm 血液型:O型 職業:女優、歌手 奥菜恵さんは1992年、13歳の時にデビューし、テレビドラマや映画で活躍しています。 そしてプライベートでは、2度の離婚歴、3回の結婚歴があり、 魔性の女としても有名です。 1度目は、2004年1月にサイバーエージェント社長藤田晋と結婚するも、2005年7月に離婚。 2度目は、2009年3月に一般男性と結婚。 その後2人の子供に恵まれるものの、2015年9月に離婚。 3度目は、2016年3月に俳優の木村了さんと結婚しています。 奥菜恵さんのオッドアイ 白人や白猫のオッドアイの場合、ぱっと見ですぐに分かりますが、黒髪黒目の日本人の場合、 微妙な色合いでもオッドアイといい、日本人の芸能人では奥菜恵さんだけとも言われています。 奥菜恵さんはもともと瞳が大きく、かつオッドアイの持ち主ということで話題となったそうです。 伊達政宗 安土桃山時代から江戸時代に掛けて活躍した、戦国武将・仙台藩の藩祖の 伊達政宗もオッドアイの持ち主だったと言われています。 独眼竜の異名をもつ伊達政宗は、右目が青、左目は黒だったそうです。 日本人にも今後オッドアイが増えるかも? 現在の日本人は、室内での生活が多くなっています。 結果、体に日光を浴びる機会が少なくなるため、必然的にメラニンの生成が減ります。 そうすると、 肌も白くなり、眼球の色も薄い色に変わっていく可能性が高いのです。 オッドアイなどに限った話しではありませんが、人々の生活が時代の流れとともに変化することで、私達人間の体の構造を変える原因となるのです。 神秘的なオッドアイを持つ世界の人間(有名人) 日本人には少ないオッドアイですが、世界中には神秘的なオッドアイの持ち主が沢山います。

次の