片岡 あつし。 片岡篤史の家族(嫁・子供)の年齢や職業は?濃厚接触者でコロナ感染の可能性は?

片岡篤史【新型コロナ】重症でICU!!入院先はどこ?感染経路は?

片岡 あつし

現在は、テレビやスポーツ紙で野球解説をしながら、ユーチューバーとして活躍されています。 なお、 出身高校はPL学園で、同期には名球会に入った立浪和義さんや野村弘樹さん、橋本清さんと言ったプロ野球の第一線で活躍された選手がいます。 高校卒業後は同志社大学に入学し、明治神宮鎮座70年記念明治神宮野球大会は優勝を果たしています。 その後、1991年のドラフト会議で日本ハムファイターズから指名を受け、プロ入りを果たしています。 片岡篤史が新型コロナウイルス感染症に罹患が判明した経緯 片岡篤史さんは、 御自身のYouTubeチャンネルで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された事を、御自身の肉声で発表されました。 その映像がこちらです。 この映像の衝撃から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の威力が伝わってきます。 正に、身をもって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が感染したらどうなるのかを、世間に伝えてくれています。 片岡篤史のYouTubeチャンネルとは? 片岡篤史さんのYouTubeチャンネルとは、YouTubeと言う動画投稿サイトにおいて、片岡篤史さん御自身の名前で御自身が撮影した動画を投稿して、視聴者に動画を見てもらうためのプラットフォームです。 片岡篤史さんのYouTubeチャンネルでは、現役時代から親交があった立浪和義さんや野村弘樹さんに橋本清さんのPL学園時代の同級生はもちろん、先輩の桑田真澄さん、そして極めつけはメディア復帰とも言えるタイミングに清原和博さんも出演されました。 清原和博さんが出演された動画はこちらです。 超大物ゲストがたびたび出演されるので、とても話題になっています。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染経路 片岡篤史さんの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染経路について、特に報道に出ていないためわかりません。 - 2019年10月月24日午前6時08分PDT どちらにしても、2週間は自己隔離状態となっているものと推察されます。 この状況からも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染力の強さが伺えて来ます。 御家族様や関係者の皆様が御無事であります事をお祈り致します。 プロ野球OBからもエールが届く 片岡篤史さんと同じく、 プロ野球出OBでユーチューバーの高木豊さんが、御自身のツイッターで片岡篤史さんにエールを送られています。 片岡がコロナ感染。 普段、元気な彼がこんな事に。 入院したのは知っていた。 公表は自分でしたい、YouTubeで お世話になってるファンに対して 自分の口で伝えたかったのだろう。 それが今日になった。 豊さんも気をつけて、バカやろ、 気遣うより、早く帰って来い。 因みに、私は接触していない。 — 高木豊 bentu2433 また、 日本ハムファイターズ時代の後輩にあたる、侍ジャパンコーチの建山義紀さんもツイッターから片岡篤史さんにエールを送られています。 俺の兄貴はこんなもんに負けませんよ。 — YOSHINORI TATEYAMA tatetatetateyan 片岡篤史さん、ぜひ元気に復帰されることをお祈りしておりますし、元気なお姿を見れる事をお待ちしております。 片岡篤史さんと高木豊さんの対談も行われています! ぜひ、ご覧になられてみて下さい。 こちらのような物も発見しました! 是非、チェックしてみて下さい 引退後も様々な活躍をするアスリートをもっとチェックしてみませんか? こちらからご覧いただけます.

次の

片岡篤史氏 退院を報告 ユーチューブで元気な姿「本当に苦しかった…ご心配おかけしました」― スポニチ Sponichi Annex 野球

片岡 あつし

日本ハムや阪神でプレーした片岡篤史氏(50)が14日、自身のYouTubeチャンネルで新型コロナウイルスに感染したことを公表した。 入院中のベッドで息苦しそうに話す1分29秒の動画を投稿。 鼻から酸素を吸入する器具をつけ、「コロナウイルスに感染してしまい、4月の8日から入院しています。 みなさんに見てもらっている動画はストックしていたもので、動画が更新されなくなったら、ストックしていたものがなくなったと思ってください」などと語った。 続けて、「今コロナで世の中大変なことになっていますので、皆様も今まで以上に十分予防していただいて、感染されないようにしてください」と呼びかけた。 動画終了後、画面には「必ず復帰します!待っていて下さい」とのメッセージも記された。 片岡氏は92年から日本ハムでプレー。 02年に阪神に移籍し、通算164本塁打をマークした。 引退後は阪神でヘッドコーチなどを務めた。 プロ野球界では近鉄や日本ハム、楽天で監督を務めた梨田昌孝氏も新型コロナウイルスに感染し、治療が続いている。 動画の全文は以下の通り。 「みなさん、こんばんは。 片岡篤史です。 私、コロナウイルスに感染してしまい、4月の8日から入院しています。 みなさんに見てもらっている動画はストックしていたものであって、動画が更新されなくなったらストックしている動画がなくなったと思ってください。 今、コロナで世の中が大変なことになっていますので、皆さまも今まで以上に十分、予防していただいて感染されないようにしてください」.

次の

片岡篤史の嫁の画像はない!学生結婚で馴れ初めは?息子の名前も調査!|ゆみログ

片岡 あつし

元プロ野球選手で、野球評論家・YouTuberの片岡篤史さん(かたおか・あつし 50歳)が14日、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で、新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。 片岡篤史さんはYouTubeに、 【コロナウィルスに感染しました】とのタイトルで約1分半の動画を投稿し、その動画では入院先のベッドに横たわり、鼻には酸素チューブを入れて苦しそうな状態で、 新型コロナウイルスに感染し8日から入院していることを明かしています。 視聴者に向けては、 「今コロナで世の中大変なことになっていますので、皆様も今まで以上に十分予防していただいて、感染されないようにしてください」と呼び掛け、動画の最後では 「必ず復帰します!待っていて下さい。 」とのメッセージを記しています。 片岡篤史さんはPL学園高校、同志社大学を経て、1991年のドラフト会議で『日本ハムファイターズ』(現・北海道日本ハムファイターズ)から2位指名を受けて入団、日ハムに所属していた2001年までにベストナイン2回、ゴールデングローブ賞3回などを受賞、2002年~2006年にかけては『阪神タイガース』に所属していました。 2006年をもって現役を引退後は野球評論家などの活動を行い、2010年以降は阪神で1軍打撃コーチを務め、昨年から再びフジテレビ系の野球解説者などを務めながら、10月に公式YouTubeチャンネル『片岡篤史チャンネル』を開設し、元プロ野球選手の桑田真澄さん、清原和博さん、下柳剛さん、西崎幸広さん、建山義紀さんなどをゲストに迎えた動画を投稿しており、現時点でチャンネル登録者数は13万人を超えています。 このように最近はYouTubeでの活動にも力を入れ、2日前まで毎日のように動画を投稿していたのですが、ついにストックが無くなったことで新型コロナウイルスの感染を報告する動画がアップされたようです。 そして、片岡篤史さんの新型コロナウイルス感染発表に対してネット上では、• 片岡氏のYouTubeチャンネルはしゃべりが面白いので普段よく視てるけど、ちょっと前まで普通に元気だったのにあんなに呼吸も苦しそうな状態になってしまうとは。 とにかくファンとして1日も早い回復を願う。 片岡氏といえば同年代で、切迫感がある。 重症化、重篤化しなければいいんだけど。 回復をお祈りいたします。 動画見たけど、ちょっと衝撃的やったな…まだまだ若くて、ガタイもいいのに、鼻にチューブを挿して目もうつろだった。 元気に復活してほしいが、自身のチャンネルで色々な人呼んでトークしてたからね。 拡散も心配。 想像以上で「えっ・・」ってなった。 あの姿を見せるのは勇気いる。 でもその怖さを知らせる力がある。 辛いけど見て欲しい。 我々は回復を祈るしか出来ないが、頑張ってください!• かなり衝撃的な動画。 重篤化、重症化しない事をお祈りします。 片岡チャンネルの登録者の1人として、応援さはています。 必ず回復して、また面白いYouTubeをお願いします。 頑張れ片岡篤史• かなりショッキングな映像だったけど、どんな気を付けろというテレビのコメントより有意義 より一層気を付けないといけないと認識した。 本当に苦しそうだった。 しかし、それでも症状が出るとこうなるというのを伝えてくれた片岡氏に感謝したい• 今までも著名人の感染はあってもニュースで見るしかなかった。 こうして動画でどんな状態になるのかを残してくれたのはショッキングな映像ではあるけど意味があると思う。 絶対戻ってきてください。 プロ野球OBのYouTubeチャンネルの中でも一番好きなんです。 などのコメントが寄せられており、YouTubeでの片岡篤史さんの苦しそうな姿を見て大きな衝撃を受けた方が多い様子です。 YouTubeの動画撮影はいつまで行い、いつから体に異常が現れたのか、どのようにして感染したのかなど、感染経路も含めて詳細は明らかになっていないのですが、今回公開された動画を見る限りでは症状が進行、悪化しているのか、かなり辛そうな様子で、改めて新型コロナウイルスの恐ろしさをリアルに感じるショッキングな映像です。 プロ野球界では、日ハムや『大阪近鉄バファローズ』『東北楽天ゴールデンイーグルス』で監督を務めた元プロ野球選手で野球解説者の梨田昌孝さん 66 が、3月28日に発熱の症状が現れ、30日には呼吸困難の症状があり、31日に重度の肺炎と診断されて入院、4月1日に新型コロナウイルス感染が判明したのですが、現在も集中治療室(ICU)で人工呼吸器を付けた状態で治療を受けています。 6%、次いで90代の約9. 2%、70代が5. 7%、60代は約1%、50代は0. 5%、40代は約0. 2%となっています。 片岡篤史さんと梨田昌孝さんは新型コロナウイルス感染前まで、元気に活動していただけに現在の状態には驚くばかりですし、非常に心配ではあるのですが、引き続き病院で治療を受けて安静にし、一日も早く退院してまた元気な姿を見せてほしいです。

次の