恋愛島 シーズン3 ネタバレ。 ときめきトラベル 第1話 ネタバレレビュー!番組名を変えての新シーズンが始まりました【AbemaTV】

恋ステシーズン7 結果と最終回ネタバレ感想|関西男子♥博多女子

恋愛島 シーズン3 ネタバレ

【13の理由】シーズン4 内容・解説(ネタバレあり シーズン4までの流れを軽くおさらい。 シーズン1 ハンナが自殺した理由が録音したテープによって明かされる。 シーズン2 ハンナの死から5ヶ月が経過したタイミングでリバティ高校に対する裁判が行われ、登場人物たちがハンナの死と向き合っていく。 シーズン3 ブライスが遺体で発見され、最終13話でブライスを殺した犯人が明らかになる。 シーズン4 シーズン3で起きた全ての事件が解決される。 シーズン4ではウィンストンがクレイたちを追い詰める? ここからはかなり踏み込んだネタバレが含まれますので、シーズン3まで視聴していない方はご注意ください。 ブライスの件で疑われていたクレイたちを守るために、アニは刑務所に連行されたモンゴメリーに目をつけ、 無実の罪を負わせました。 モンゴメリーは刑務所で殺された為、事件は解決という扱いに。 しかし、モンゴメリーが犯人じゃないと知っていた人物が1人だけいました。 ウィンストンです。 ウィンストンは、ブライスが殺されたときモンゴメリーと一緒にいたからです。 シーズン4ではウィンストンが無実の罪を負わされたモンゴメリーのために、クレイたちと戦う姿が描かれます。 1話 あれから、、、 ブライスとモンゴメリーが殺され、秘密をなんとか隠してきたクレイたち。 このまま無事に高校を卒業できれば良いんですけど、クレイたちの身に何かが襲いかかろうとしていました。 シーズン4で主役となるのがクレイ、ジャスティン、トニー、ジェシカ、アレックス、タイラー、ザック、アニ。 シーズン1と比べて、ずいぶん人数減りましたよね。 女性に限っては2人だけ。 以上に加え、もうひとり新たに主役として追加されたのがウィンストン。 このウィンストンがクレイたちをかき乱すことになります。 モンゴメリーの無実を証明するために、ウィンストンはリバティ高校に入学してきます。 証拠を集めて、モンゴメリーの無実を証明する事が彼の目的。 一夜を共に過ごしましたし、モンゴメリーの無実を晴らしたがるのは当然でしょう。 あともうひとりモンゴメリーの味方であろう人物が登場しました。 モンゴメリーの妹エステラです。 今回はジェシカが主催してる団体、ハンズオフに加入していました。 彼女が今後どういった存在になるのかは不明です。 クレイとアニはまだ付き合ってましたね。 長続きしそうにないと思っていたんですけど意外に続いてる。 あとジャスティンがゲイであることに驚いた。 ジャスティンはジェシカと別れ、ザックはなんか変で、トニーは家族を取り戻すために苦しんでいました。 アレックスや他のみんなも元気なかったですしやはり事件のことを引きずってる様子。 その中でも特に苦しんでいたのがクレイ。 パニック発作や頻繁に幻覚に悩まされていました。 心配です。 最後にクレイがブライスを銃で脅してる映像が警官に見られてましたね。 これは厄介なことになりそうです。 2話 始まった嫌がらせ ウィンストンがリバティにやってきてから、数々の嫌がらせを受けるようになったクレイ。 今のところ、犯人は誰なのか検討も付きません。 真実を知りたがっているウィンストンか、アメフト部の人たちか、それともクレイの仲間の誰かか。 誰が疑われてもおかしくない状況でしょう。 確かなのは誰かがクレイをはめようとしていること。 このままだと逮捕される可能性も出てくると思います。 ウィンストンがモンゴメリーを犯人じゃないと知っているのは、アニとクレイだけ。 クレイは仲間たちにウィンストンの正体を知らせるかどうか迷ってましたね。 でも知らせないのが無難でしょう。 知らせることで事態が悪化するよりは全然いいと思います。 幻覚に悩まされていたのはクレイだけじゃありませんでした。 ジェシカもブライスのトラウマに悩まされておりかなり深刻な模様。 これは、一生付き合っていかないといけない問題なのかも知れません。 実際にレイプされた女性もこんな感じで悩んでると思うと胸が痛くなります。 そして一番気になっていたザックの状態。 ハイになって吹っ切れたかと思いきや、やはり悩んでいました。 クロエの前で本当の姿を見せたザック。 今後の展開が気になります。 3話 嫌がらせの犯人 クレイは電話で直接、嫌がらせを受けるようになっていました。 電話の相手はモンゴメリーと名乗って、声を変えクレイに様々な指示を与え続けます。 嫌がらせは徐々に酷くなっていき、クレイはどんどん追い込まれることに。 そして極限まで追い込まれたクレイの目の前に現れたのは、アメフト部のメンバー。 今までのクレイに対する嫌がらせはアメフト部でした。 結構な人数で行動してましたね。 モンゴメリーをはめたのはクレイだと思われていたみたい。 散々な目にあったクレイの精神状態が心配です。 ウィンストンとアレックスはまさかの恋愛関係にまで発展しようとしてました。 モンゴメリーのためなのか、それとも純粋にアレックスのことが好きなのか。 ウィンストンの本心が気になります。 今のところ目立った行動がないウィンストン。 今の感じだとクレイたちを追い詰めるというよりただ真実を知りたがってるような気がします。 でもまだ油断禁物です。 タイラーは警官に事情聴取されてました。 その様子を心配そうに見つめていたトニー。 タイラーが何を話すのかが心配で不安なんでしょうね。 4話 森のキャンプで、、、 クレイたちは卒業前のキャンプ旅行に参加しました。 嫌がらせのモヤモヤが消えない状態で、どこかさえないクレイたち。 キャンプ開始と共にいたずらされたアメフト部のメンバーと揉めるクレイ。 その後再び、何者かに捕まり嫌がらせを受けます。 またアメフト部なのかと思いきや、彼らも嫌がらせを受けていました。 一体森で何が起きているのか?他にも不審なメッセージも届いており、嫌がらせは続いていました。 ウィンストンの秘密を知るのはクレイとアニだけ。 心配事をこれ以上増やさないためにも内緒にしていた2人。 しかしアレックスがあまりにもウィンストンと一緒に居たため、心配になったクレイが我慢できずに話してしまいます。 身の危険を感じたアレックスは唐突にウィンストンの元を離れました。 その後、タイラーもウィンストンの秘密を知ることに。 タイラーは、その秘密をウィンストンの前で喋ってしまいます。 これは嫌な予感しかしないですね。 ジェシカたちが知ったら大事になりそう。 モンゴメリーの知り合いと知られた途端、タイラーとアレックスに距離を置かれたウィンストンはクレイたちのことをより怪しむことに。 5話 秘密のパーティー 薬物検査でクレイに陽性反応がでるも、陰性のジャスティンも疑われる事に。 今までの経緯からジャスティンが疑われるのは間違いないですが、なぜクレイに陽性がでたのか。 2人ともやってなさそうでしたし、やってたとしたら誰かにハメられた可能性があるのかも知れません。 最近、クレイたちの行動が両親にバレてますけど、なぜなのか?秘密のパーティー計画もバレており誰か黒幕がいるに間違いないでしょうね。 サイラスが久々に登場しましたね。 クレイは大人に知られずに情報を共有する方法はないかと、タイラーに協力を求めます。 見事パーティーは開かれ、作戦は成功。 しかしパーティーでクレイがまたしてもやらかしました。 童貞を卒業したものの、セックス相手の彼氏を殴り周りはドン引き。 溜め込んでいた不安が爆発しましたね。 ちなみにアニとは別れていたみたい。 ウィンストンはディエゴにモンゴメリーがゲイだったことを告白。 いきなりの告白にディエゴは動揺するしかありません。 トニーとジャスティンはタイラーが銃の売人と取引してる様子を目撃。 タイラーの目的とは?気になるところです。 6話 やりすぎた訓練 学校で突然、ロックダウンが開かれる事に。 銃撃事件が起きたかと思いきやただの訓練でした。 さすがにやりすぎ、、、 生徒たちは銃撃事件だと信じ込んでいましたからね。 リアルを感じてもらうために救助隊を読んで発泡したり、ドアを叩いたり、しかもタイラーが疑われる羽目になったし。 一体何がしたいんだか、、、クレイが起こるのも無理ない。 今回の件でわかったとおりタイラーは本当に克服してるのが分かったと思います。 個人的には克服してると思ってたので全然驚きはなかったです。 ザックはウィンストンに色々と打ち明けてましたね。 ブライスを殺してはいないけど痛めつけたことなど。 それに対しウィンストンは、殺していないと思えるのは、真犯人を知ってるから?とザックに問いかけました。 やっぱり色々と喋らないほうが良いですね。 あと、ウィンストンはアレックスのことを愛しているみたいです。 しかしアレックスは最近中のいいチャーリーとキスをしていました。 シーズン4で一気にゲイのカミングアウトが増えましたよね。 最終的にどっちと付き合うのか気になるところです。 7話 悲しいニュース 母親の件で姿を消していたアニが帰ってきました。 しかし、ジェシカと以前のような関係は、保てなくなります。 アニは過去にブライスと関係を持っていますからね。 でもブライスが苦しんでるときに手を差し伸べたアニは全然悪くないと思います。 なんというか、すごく複雑ですね。 7話にきてブライスの母親が登場しました。 アニはブライスの母親から、息子のために貯めた学費を使うように進められます。 ブライスの母はアニに感謝しており、その恩返しをしたかったのでしょう。 ザックは、ウィンストンやディエゴに真犯人の白状を迫られますが、何も語る気はありません。 ジャスティンには悲しいニュースが飛び込んできました。 実の母親の死です。 死因は恐らくドラッグの過剰摂取。 辛い毎日が続いている中、今回の件はジャスティンを更に苦しめることになりました。 トニーと外出禁止中のクレイはタイラーの取引をやめさせようとします。 すると警察に見つかり、またしてもやらかしてしまうことに。 8話 ストライキ 生徒たちを監視していたのは学校側だったんですね。 州法に従ってやってるとはいえ、度が過ぎてる。 学校で普通に警官が監視してるなんて生徒からしてみればたまったもんじゃないでしょ。 いきすぎた安全対策に、監視カメラ、金属探知機、など、これで普通に学校生活をおくれって言われても無理がある。 そしてとうとう生徒たちは怒りを爆発。 クレイやジェシカを筆頭に生徒たちはストライキで警察に立ち向かいました。 ストライキは徐々に酷くなっていき、最終的には爆発事故まで起きてしまいます。 驚くべきはその後でした。 なんと爆発事故を起こした犯人はクレイでした。 クレイが車に火をつけた証拠の映像がしっかり残されていました。 しかしクレイにはその時の記憶が全くなかったのです。 その後クレイは、全ての記憶を思い出しました。 今までのイタズラは全てクレイによるもの。 いや〜モヤモヤがスッキリしたと思ったらまさかのクレイだったとは、、、まさかの展開、、、 9話 望んでないラスト 高校最後のダンスパーティーということで、どこか落ち着きのない生徒たち。 プロム中止を防ぐためにクレイたちは親を味方につける作戦に出ます。 ジャスティンはドラッグに再び手を染めてしまいます。 間違いなく母親の死が影響でしょう。 クレイは自分が学校で起こした迷惑行為を差し障りのない範囲で親に打ち明けました。 タイラーはエステラとプロムへ向かうことに。 ちょっと前だとありえない組み合わせ。 なんか普通に嬉しい。 アレックスはチャーリーの猛烈なアプローチによって会場へ向かいました。 ディエゴはジェシカのことを諦めたみたいですね。 結局、ジェシカとジャスティンはくっつく運命なんですよ。 なんとなく分かってましたけど。 プロムでMVPに選ばれたペアはアレックスとチャーリー。 ウィンストンとの関係は完全に終わったみたいですね。 楽しいダンスパーティーも終わりを迎えようとしたとき、ジャスティンがその場に倒れました、、、無事だといいんですけど… 10話 おしまい ジャスティンはエイズで苦しんでいたのか…ジェシカと付き合えなかったのもエイズの影響によるものでした。 弱ってるジャスティンを見てるとこっちまで涙が出てきた…最後、クレイと両親に見守られるシーンは涙が止まらなかった… 大勢の生徒が病院に駆けつけジャスティンの最後を見守りました。 兄弟のように毎日一緒に居たクレイが一番つらかっただろうな〜。 振り返るだけですごく寂しい気分に襲われる、、、 アレックスは事件の真相を知りたがっていたウィンストンにすべてを話しました。 ウィンストンは告発する事を取りやめ、探査も打ち切り。 様々な要素が絡み合ってこのような結果になりました。 クレイたちは、ようやくつらい日々から開放されることに。 高校生活では考えられないほどの経験を積んだクレイたち。 振り返ると色々ありましたね。 ハンナから始まって、ジェフ、ブライス、モンゴメリー、ジャスティン。 それも今日でおしまい。 卒業式では堂々とクレイらしいスピーチをやってくれました。 嬉しいことにコートニーとライアンの姿も。 ジェシカはブライスの亡霊と決別。 そして全員でハンナの母親から届いたテープを、最初に聞いた場所に戻しました。 最後はクレイとトニーの運転シーンで幕を終えます。 シーズン1の最初で見た光景。 懐かし〜。 【13の理由】シーズン4 感想 全てを見終えて シーズン4もこれまでと変わらず色々ありましたね。 終わり方には賛否両論あると思いますが、個人的には納得のいく内容でした。 13の理由はこれまで自殺、いじめ、ドラッグなど様々な社会問題を取り扱ってきました。 シーズン4でも不安障害、LGBT、暴力など色んな問題を取り扱っており生徒たちの悩みは尽きません。 特に印象的だったのがLGBT。 昔はカミングアウトなんて許されなかった時代。 でも今はゲイやレズビアン、バイセクシュアルなどが普通に理解され、受け入れてもらえる時代。 世の中も少しずつではありますが、いい傾向に傾いているなと感じました。 こうやってドラマにすることで実際に悩んでる人の助けにもなると思います。 クレイたちを追い詰めるのはウィンストンだと思っていたんですけど、意外にも違ってた。 まさかのクレイ自身が追い詰めていたという。 今までに起きたことを考えると、そりゃそうなるか。 シーズン4ではモンゴメリー中心にストーリーが展開。 誰も知らないモンゴメリーの裏の顔が描かれました。 妹のエステラが出てきた時はどうなることかと心配しましたけど、最終的に事件は解決のままで終了。 これでよかったんですよ。 アレックスが捕まれば事件は解決。 そんな単純な話ではないからですね。 保安官や、ウィンストンもそれを理解してくれましたし、ベストな終わり方だったと思ってます。 なんやかんやで色々考えさせられましたし、ここまで熱中できたドラマもなかなかない。 これで終わりなので少し寂しいですが、クレイたちが無事に卒業できてホッとしてます。 それでは!.

次の

ドラマ「ロスト/LOST シーズン6」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

恋愛島 シーズン3 ネタバレ

バチェラー3 ファイナル ネタバレ| エピソード12 「本当の結末」 スタジオに真剣な面持ちで入ってくるバチェラー友永さん。 そして水田さんと友永さんの馴れ初めVTRを視聴するスタジオメンバー。 バチェラー撮影終了後、友永さんが学生時代に過ごしたフランスの家族の元へ訪れます。 そして思い出の地を一緒に周り、ベンチで 「正直どっちが俺の運命の人なんやろうって悩んで考えて出した答え。 俺は恵とお別れする。 俺はあゆみとこの先歩んでいきたいって決めた答え、全く後悔していない。 この先のことを思ってあゆみやから」 「ありがとう」 「うん。 水田さんは(バチェラーの気持ちを)聞いてどう思ったのか? 「言われてすぐに納得はできなかったですけど…私も心の中でめぐの事好きなんやろなって分かってたから…今その現実を受け入れつつある」と話す水田さん。 「このタイミングでお別れするのがどんなけ迷惑かかるのか覚悟の上でお別れを決意しました」と友永さん。 VTRが終了し、その後スタジオで友永さんが全てを告白しました。 友永さん「もう全部言います。 水田あゆみさんにフランスでローズを渡しました。 あの時は真剣に考えて何回バチェラーやったとしても同じ事をしてる」 今田さん「なぜその時に岩間さんにローズを渡さなかった?」 友永さん「めちゃくちゃ考えて、水田あゆみさんに渡したからなんの嘘もない」 今田さん「水田さんに言った大丈夫だからも本物だった?」 友永さん「はい。 」 友永さん「岩間恵さんとお別れして、やっぱりどんどん恵さんを想う気持ちが大きくなって… バチェラーの旅あそこで終えて自分に正直に動こうって思いました」 そして、 水田さんがスタジオへ 「あゆみさん僕のワガママで傷つけてしまって迷惑をかけてしまってすいませんでした」 「フランスで言ってた言葉、全く嘘はないです。 あん時言ってた言葉、全部自分で心にあった。 」 「本当にすいませんでした」 と水田さんに謝ります。 「本当に幸せの絶頂から悲しかったし悔しかったし辛かったけど…次あったら一発殴らせてもらおうと思ったけど(笑)思い返してみたら幸せに過ごせた時間もたくさんあったし.. 時が経った今は運命じゃなかった。 ただそれだけだったって思えてます」と言い指輪💍を返す水田さん。 友永さんの決断は、友永さんのご両親からもだいぶ怒られたそうで・・・。 水田さんとは、日本に帰ってからご飯を一緒に作ったりしていました。 「私としては期待がいっぱい膨らんでた」と残念がる水田さん。 何をするにもスピーディー。 ローズセレモニーのめぐの気持ちを知ってたのでフラれると思ってたのにOKするんかい!って思いました」 指原さん「いつから付き合ってるんですか?」 友永さん「2ヶ月弱前です。 押して押して自分の気持ちを全力でぶつけに行きました」 今田さん「それはお別れしてから初めての再会ですか?」 友永さん「お別れしてから自分のケジメをつけにいく為に1度お会いしに行きました」 今田さん「それは水田さんとお付き合いしてる時に?」 友永さん「お付き合いしている時に」 スタジオの女性陣からブーイングが起こる中・・ 「フランスでのケジメ.. 最後5分も喋れないです。 僕が想ってた気持ちは5分では伝えきれないから会いました」 と言うバチェラー。 そしてスタジオでは岩間さんと友永さんの馴れ初めVTRが流れます。 なんと、恋愛感情がないと言ったあの夜。 カメラが止まった後も数時間語り合ったそうで・・。 「初めてカメラがないところで朝まで喋った事があったんですけど.. あの時にやっとこの人ってこうゆう人なんだなって分かった気がしたし初めて感じた感情もあったし」 「本当にもう最後私の心が揺れ動いてしまって…本人にも好きじゃないって伝えてしまった後だったし心情的にはここまできたし貫き通さないとな、それ。 って思いました」と言う岩間さん。 「終わって日本に帰るってなった時から放心状態。 心に穴があいた状態でポケーっとしていました」 「そん時に真也さんから連絡もらって嬉しいなって率直に思ってしまいました。 そこに対しては申し訳ないなって思ってます」 「自分でもビックリするほど好きですね」という岩間さん。 VTRが終わり、岩間さんもスタジオに登場! 「私自身、旅の中で気持ちが揺れ動いてしまって…今は真剣に友永さんとお付き合いさせていただいていて今日は正直に話す覚悟でスタジオにきました」と言います。 2人が交際に至った経緯は、友永さんが水田さんと別れたっと話した後、会って友永さんがアタックしてお付き合いすることになりました。 今田さん「今の気持ちは?」 友永さん「包み隠くことなく全部言い切ったと思います」 今田さん「どれくらいのペースで会ってるの?」 友永さん「今は週2・3かな」 「バチェラーって私は最後の最後で選んだ相手を幸せにできるのか?が大事だと思ってるんで、みんなと一緒に2人の事は応援してます。 幸せになってください」と締める水田さん。 最後に 決意表明をする友永さん・岩間さん 「本当に真也さんの事を愛してますし、これから同じ道を2人で歩んでいこうと決めてるので暖かく見守っていただけたら嬉しいです」 「覚悟を持ってこの場所で誠心誠意隠す事なく全部話にきました。 今から僕は岩間恵さんと人生を共にしていくってその覚悟で二人で歩んでいきたいと思ってます」 そして2人で退場していきました。 Sponsored Link 『バチェラーが明かす本当の結末』感想 色々衝撃的な内容でしたが、結果 水田さんの器の大きさが改めて分かった回でした。 もう水田さん素敵すぎ!優しすぎ。 水田さんには次、素敵な恋をしてほしいなっと凄く強く思います。 岩間さんもファイナルローズ前に惹かれたなら、尚更…そこで少しでも可能性があるそぶりをしておいて欲しかったです!そしたらこんな悲劇にはならなかったし、もっと2人を祝福できたと思います。 — かねやん kaneyannari 今年の流行語大賞ノミネート一覧 「もうバラ渡さへん」 「食の好みなんて、そんなん、どーでもいいんですよ」 「めぐみー!めぐみー!」 — 皆乃城総士 UqtLTVzFM1fvCbk でも数々の恋愛リアリティーショーを見ているけどこれが一番リアルだった気がする。 ほんとに恋してる人っていうのは醜くて滑稽で恥ずかしくて見ていられないものなんだよな。 自分が同じ立場だったら逃げて収録は断ると思う。 包み隠さず全部言ってくれてありがとう。 出演者みんな幸せになって欲しい。

次の

アローシーズン6最終回迄全24話ネタバレ死や結婚等衝撃

恋愛島 シーズン3 ネタバレ

失敗の世界:サイードを救う為、ジェイコブに言われたとおり、テンプルに向かうジャック、ケイト、サイード、ハーリー、ジン。 亡くなったジュリエットを埋葬しジャングルに残ったソーヤーとマイルズ。 2ヶ所での出来事が描かれています。 【3話予告】 成功の世界:乗り込んだタクシーの運転手が逃げてしまい、クレアを乗せたまま逃走するケイトのその後を中心に描かれています。 失敗の世界:サイードが生き返った謎を解くべく、テンプルの者達がサイード、ジャックに仕掛けます。 一方、ソーヤーだけがテンプルから出て行ってしまい、連れ戻しに行くケイトとジンの様子が描かれています。 【4話予告】 ロックを中心に描かれています。 成功の世界ではロックの職場や恋愛が描かれ、失敗の世界では既に亡くなったロック。 黒い煙に乗り移られたロックの正体や目的を島の人間達が知っていくこととなります。 【5話予告】 成功の世界:ジャックと息子のデビットの親子関係を中心に描かれています。 失敗の世界:テンプルのその後とジャングルでジンを救ったクレアがどうして今に至ったのかを中心に描かれています。 【6話予告】 サイードを中心に描かれています。 失敗の世界では毒を飲ませようとした道厳に復讐しに向かいます。 成功の世界ではサイードが愛するナディア宅に向かいます。 ナディアの夫であり実兄オマールによってトラブルに巻き込まれてしまいます。 【7話予告】 成功の世界ではロックの再就職先で会った教員のベンが中心に描かれています。 失敗の世界ではテンプルを出たマイルズ達は海岸へ向かいます。 テンプルのことを知らないジャック達は灯台からテンプルに帰ります。 【8話予告】 失敗の世界ではテンプルを出た後ソーヤーが偽ロックの味方となって後の内容が描かれています。 成功の世界では警官のソーヤーが両親が死んだ原因となった男を探す様子が描かれています。 【9話予告】 リチャードが島に来るまでの生活からジェイコブと黒い煙の本当の姿と出会い島に辿り着くまでが描かれています。 【10話予告】 失敗の世界:ビーチにいるサンと偽ロックといるジン。 お互い心配し探したい気持ちの中、一緒にいるメンバーとの間で衝突やトラブルに遭う様子が描かれています。 成功の世界:機内に無申告で大金を持ち込んだジンのロスに来た目的が描かれています。 【11話予告】 失敗の世界:ウィドモアに島に戻されたデズモンド。 未来が見える能力があるデズモンドはウィドモアの実験に利用されます。 成功の世界:搭乗していなかったオーシャニック航空815便のいるデズモンド。 ウィドモアのビジネスパートナーとして働くデズモンドが描かれています。 【12話予告】 成功の世界:ロトくじに当たり大金落ちのヒューゴ。 ビジネスでの成功は果たしていますが母は女性に縁がないことを心配しています。 そんな中、ハーリーを前から知り好きだったという女性が現れます。 二人の繋がりが描かれています。 失敗の世界:偽ロックの島脱出を巡り、アジア便を破壊することにしたリチャードですが、ハーリーは死人と話せる能力によって爆破は間違いであり、皆が死の危険にあることを知ります。 ジェイコブを信じるハーリーですが、それによって仲間が分裂してしまう様子が描かれています。 【13話予告】 成功の世界:前回までのエピソードで空港から出て過ごした生活の続きが描かれています。 車にはねられたロック。 逃走中のケイトを捕まえたソーヤー。 兄の借金取りを殺したサイード。 父の遺言を見つけたジャック。 それぞれの先が描かれています。 失敗の世界:偽ロックのキャンプに着いたジャック達。 オーシャニック航空815便の仲間が揃うが、偽ロック、ウィドモアのどちらを信じるかそれぞれの思いで行動する様子が描かれています。 【14話予告】 成功の世界:ロックの手術をしたジャックのその後が中心となっています。 ロックへの治療。 そしてクレアとの関係の続きが描かれています。 失敗の世界:偽ロックとウィドモアの元へ渡ったジャック。 戦いが始まる中、仲間を助け脱出を図る様子が描かれています。 【15話予告】 ジェイコブと黒い煙(今は偽ロック)が島で生まれ、成長していく様子、その中でジェイコブは後継者になるまで、弟は島のから出るために研究をし、島の秘密を解明する様子と母との関係が描かれています。 【16話予告】 成功の世界:815便の乗客達が、別々に生活しながらも繋がっていきます。 それにはデズモンドとの関わりが多く、関わった者達が島での記憶を思い出し始めます。 失敗の世界:偽ロックはウィドモアと会い島に来た目的を知ります。 ジャック達はジェイコブに会い島に呼ばれた意味を知ります。 【17話予告】 成功の世界:815便の乗客達、島で出会った者達が深く繋がっていきます。 815便の墜落前には知り合いですらなかった者達が近い存在となっていきますが、それはデズモンドが仕組んだことによって起こっているのです。 そしてそれぞれが島での記憶を思い出し始めます。 失敗の世界:偽ロックとジェイコブが候補者や島を守ってきた者達に自分の意思を伝え、皆が命をかけて自分の目的を果たそうとする様子が描かれています。 【18話予告】 失敗の世界:ジャックは島を守る為、再び洞窟へ。 残った者はアジア便で島の脱出を図ります。 成功の世界:815便の乗客が、空港を出てから出会い関わった結末が描かれています。 そして皆が島でのことを思い出します。 生存者は48人。 生存者の一人、ジャック(マシュー・フォックス)リーダーとして救助にあたりながら救助を待ちますが、何日経っても救助は来ませんでした。 救助が来ないことへの不信感が募る中、島では怪奇現象が起こります。 呻き声が聞こえ、巨大な物体に人が襲われたり、黒い煙が現れたり、島にいる人達の体にも異変が起こります。 後に、島に住んでいた人、後から島にやってきた人との関わりの中で、島で起きている現象が怪奇現象ではなく、島が特別な場所であることを知ることになります。 当初は脱出を目的とし島を探索していましたが、島が過去の時代であり、不思議な力を持っていることを知ると島で生き続けたいと思う者も現れます。 島を脱出に成功した者も現在の世界で島の秘密を知る者に導かれ、過去に起きた犠牲や運命を変えるべく島へ戻ります。 このドラマは島で生きている今だけが描かれているのではなく、飛行機に乗る前に搭乗者たちが生きていた過去の世界も同時に描かれています。 また、未来の世界と、仮想の世界を描いているエピソードも混ざっています。 このドラマは現実離れした超常現象の世界です。 フラッシュ現象が起こりタイムトラベルしたり、死者が現れたり、起こりえない出来事が起こるとともに登場人物の中には特殊な能力を持つ者もいます。 しかし、島にいる者達は普通の感情を持った人間であり友情や恋愛も存在し、私たちが生きている世界と同様に怪我は医師が治療し、戦いには銃やナイフを必要とする世界です。 現実と非現実が混ざり合い、様々な時間を行き来しながら、登場人物達の考えが変化していきそれぞれが、自分にとって大切な物を見つけていくドラマだと思います。 失踪しオーストラリアで亡くなった父親の遺体を運ぶため、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 父が外科医であり、ジャックも外科医となるが親子では軋轢がある。 島で生存者のリーダー。 ケイト・オースティン(エヴァンジェリン・リリー) 815便の乗客。 犯罪を犯し逃亡先のオーストラリアで捕まり、FBIによって護送される為、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 事故の際、妊婦だったクレアが島で出産した後、姿を消したクレアに代わり、息子のアーロンの母となります。 ソーヤー:ジェームズ・フォード(ジョシュ・ホロウェイ) 815便の乗客。 過去に詐欺によって家庭が崩壊し自分も詐欺師となった。 島では単独行動が多かったが、話の後半では、島に残ったもののリーダー的存在となります。 ジョン・ロック(テリー・オクィン) 815便の乗客。 過去に父親の裏切りにより半身不随となり車椅子で生活していた。 サバイバルについて詳しい。 サバイバルの旅に参加するためにオーストラリアに来たが車椅子の為、参加拒否をされ帰国する際、事故に巻き込まれる。 島に墜落した後、自力で歩けるようになっていた。 自足で生活できるようになり自分は特殊であると島との運命を信じ、島で生き続けます。 ハーリー:ヒューゴ・レイエス(ホルゲ・ガルシア) 815便の乗客。 ロトくじを当て、かつて従業員だったミスタークラックスチキンのオーナーとなる。 しかし、クジが当選してから祖父の死など、不幸が続く。 ミスタークラックスチキンもテレビインタビューを受けている時に隕石が落ち、店を失い精神病を患って入院歴もあります。 しかし、島では常に優しく人を楽しませるキャラです。 死者と話せる能力を持っています。 サイード・ジャラー(ナヴィーン・アンドリュース) 815便の乗客。 イラク共和国防衛軍。 愛する女性ナディアを探し回っている途中、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 サバイバル生活に強いことはもちろん、通信兵だったことから機械にも強い。 拷問担当をしていたこともあり、人への攻撃には一番慣れています。 ジン:ジンスー・クォン(ダニエル・デイ・キム) 815便の乗客。 サン(キム・ユンジン)の夫。 韓国人でサンの父親の会社に勤めている。 格差婚だったが、絶対服従を条件にサンと結婚した。 仕事の為、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 英語は話せなかったが英語も勉強し、みんなとコミュニケーションが取れるようになります。 ずっと島に残っており、銃など武器も扱えるようにもなります。 サン:サン・スー・クォン(キム・ユンジン) ジン(ダニエル・デイ・キム)の妻。 夫ジンに同行し事故に巻き込まれる。 韓国人で最初は英語が話せないと言っていたが、後に話せることがわかる。 浮気をしていた過去がある中、島で妊娠をする。 島の脱出に成功し出産をするが、夫が生きていると知り島に戻ることにします。 チャーリー・ペース(ドミニク・モナハン) 815便の乗客。 ロックバンドのベーシストだったが活動はしていない。 メンバーの兄がオーストラリアに住んでおり、バンド復活の話をしに行った帰りに飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 ドラッグ中毒だったが、改心しクレアの面倒を見るなど人の為に働くようにります。 マイケル・ドーソン(ハロルド・ペリノー) 815便の乗客。 恋人の女性との間に子供ウォルト(マルコム・デヴィット・ケリー)を授かるが、別々に暮していた。 母親がなくなりウォルトを引き取る為、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 島に住んでいた者にウォルトがさらわれ、返してもらうためにジャック達生存者を裏切り、島を脱出しますが、島に向かう貨物船の船員となることとなり、島に戻ります。 ウォルト・ロイド(マルコム・デヴィット・ケリー) 815便の乗客。 マイケル(ハロルド・ペリノー)の息子。 母がなくなり、マイケルが引き取りに来た際、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 特別な能力を持っているが、島を脱出した後は、一度島に戻ったロックと出会うが島に戻ることはなくマイケル母と暮らしています。 クレア・リトルトン(エミリー・デ・レイヴィン) 815便の乗客。 未婚で妊娠していたが、養子縁組をすることにし、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 島で息子アーロンを出産するが、突然姿を消してしまいます。 ローズ(L・スコット・コールドウェイ) 815便の乗客。 夫のバーナード(サム・アンダーソン)と旅行中、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 夫がトイレに行っている時に墜落が起きた為、ずっと夫は死んだと思っていたが、後に後方座席にも生存者がおり夫と再開。 末期ガンだったが、墜落後にガンが治った為、夫と島で暮らすことになります。 バーナード・ナドラー(サム・アンダーソン) 815便の乗客。 ローズ(L・スコット・コールドウェイ)の夫。 墜落後、しばらくして見つかった一人。 本職は歯科医であるが、銃を扱えたり、モールス信号もわかるなど島の生存者の中ではとても重要な人物です。 ブーン・カーライル(イアン・サマー・ホルダー) 815便の乗客。 シャノン(マギー・グレイス)とブーンの両親が再婚し義理の兄弟となる。 恋人と暮らしていたシャノンを連れ帰る為、飛行機に乗り事故に巻き込まれる。 救助にも積極的だった一人。 おぼれた人を助けようとしたり、小型機の発見したりと活躍が目立ちます。 シャノン・ラザフォード(マギー・グレイス) 815便の乗客。 ブーン(イアン・サマー・ホルダー)と義理の兄弟。 墜落後も日焼けを楽しんだり、わがままが目立つ。 フランス語がわかることで皆の役に立つこともありました。 【他の人物:主要人物】 ダニエル・ルソー(ミラ・ファーラン) 16年前に島い漂流し、アザーズから逃げながら一人で暮らしていた。 フランス人。 チャールズ・ウィドモア(アラン・デイル) ダニエル・ファラデー(ジェレミー・デイヴィス)の父。 島の先住民アザーズの元リーダー。 話の前半はまだリーダーであり、島の秘密を知っており独占しようと人を操っていました。 マイルズ・ストローメ(ケン・レオン) 死者のいた場所で生前の記憶と行動が読める能力を持っている。 能力を商売に使っていたが、島の存在を知り、マイケル(ハロルド・ペリノー)と同じ貨物船の船員となり、島にたどり着きます。 ベンジャミン・ライナス(マイケル・エマーソン) ウィドモア(アラン・デイル)を追放し島の先住民アザーズのリーダーとなる。 元は父と一緒に島に来ておりダーマ(島で研究をしている組織)一員。 人を騙すことが多く、信用されていないが、島の秘密を探るためには重要な人物です。 ダニエル・ファラデー(ジェレミー・デイヴィス) 貨物船で乗り、島へはヘリでやって来る。 子供の頃から科学、数学には優れており、オクスフォード大学でタイムトラベルの研究をしている。 最年少で博士号をとり、研究資金は父ウィドモア(アラン・デイル)が出資しているが、ファラデーは父であることを知しません。 島に行くことをウィドモアに進められ貨物船に乗りました。 デズモンド・デイビット・ヒューム(ヘンリー・イアン・モージック) ヨットの大会参加中に遭難して島に着く。 未来が見える能力を持っている。 度々、能力を使い仲間を危険から救います。 ファラデーの母、エロイーズと飛行機墜落前に出会っており、予言を受け島のことを知っていました。 ジェイコブ(マーク・ペルグリノ) アザーズの本当のリーダー。 黒い霧は双子の弟。 年を取らない人間であり特別な島の命となる場所を守る使命を担いリチャード(ネスター・カーボネル)だけに会い指示を出し、他の住民からは神のような存在に思われています。 リチャード・アルパート(ネスター・カーボネル) ジェイコブ(マーク・ペルグリノ)によって、不老となった。 ジェイコブから受けた指示をアザーズに伝える任務を担っています。 ジュリエット・バーク(エリザベス・ミッチェル) 産婦人科医でマイアミに住んでいたが、アザーズに騙され、島で暮らすこととなった。 アザーズの仲間を射殺し追放され、ジャック達の仲間となります。

次の