コロナ ストレス チェック。 新型コロナウイルスを知って対処を学ぼう: ストレスマネジメントとトラウマver.02

専門家が解説! 新型コロナウイルスから受ける、日々のストレス&不安と向き合うためのTIPS。

コロナ ストレス チェック

新型コロナウイルスによる 「コロナ疲れ」の原因 2020年5月25日に全国の緊急事態宣言を解除することを政府が正式に決定しました。 段階的に自粛の緩和を行ったり、新しい生活様式を取り入れたりするなど、コロナの時代の新たな日常を作り上げていく方針が示されました。 新型コロナウイルス感染の不安は完全に消えていません。 今後も三密の回避やテレワークの継続、マスク着用など感染対策は継続して行われます。 世間では 「コロナ疲れ」「コロナストレス」「コロナうつ(コロナ鬱)」という言葉もよく聞かれるようになりました。 長引くコロナによる様々な影響により、不安やストレスを感じ、そのストレスがきっかけとなってうつ病を発症させてしまうのです。 緊急事態宣言が解除された今後も、新たなストレスによってうつ病を発症する人が増えると言われています。 「コロナ疲れ」の一番の原因はストレス 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの暮らしを大きく変化させることになってしまいました。 どのようなものなのか分からないウイルスに対して大きな不安を抱えてしまうことはもちろん、外出が思うようにできない生活によって大きなストレスとなってしまった人が多いでしょう。 ストレスは物事をどのように受け止めるかによっても、まったく異なるものとなります。 外出を控える生活や感染症に対してそれほど不安のない人からすれば、それほど大きな不安とならないかもしれません。 ところが感染症の拡大によって不安となり、自宅に引き篭もってばかりの生活に嫌気をさしているのであれば、それだけで大きなストレスとなってしまいます。 そのストレスが蓄積していくことで「コロナ疲れ」「コロナストレス」となり、それがきっかけとなって「コロナうつ」へと進行していくことになるのです。 「コロナ疲れ」の原因を取り除くには 多くの方が新型コロナウイルスに対しては強い不安を感じているのではないでしょうか。 強いストレスを感じている方も多いでしょう。 「コロナうつ」を予防するためには、その原因となるストレスを上手くコントロールすることが大事です。 まずは生活習慣を整えることが大事です。 栄養バランスのとれた食生活と良質な睡眠を取ることは、ストレスをコントロールするうえでとても重要なものとなります。 不安が強くなると、生活習慣が乱れ気味になりがちですが、意識的に整えるようにすればストレスコントロールに役立ちます。 また正確な情報を掴むことも大事です。 生活を工夫することによってストレスを回避することができますので、自分にあった健康管理の方法を持っておくことも大事になります。 まずは次にお伝えする精神面・身体面の不調のチェックに取り組んでみて、自分自身の状態を掴んでおくことをおすすめします。 「コロナストレス」かも!? 精神面・身体面の不調のチェック 新型コロナウイルスの対応によって、疲れを感じているという方は多いのではないでしょうか。 知らない間に緊張感が続いていますので、無意識にイライラしたり、不安感が高まったり、抑うつ症状が強くなったりといった方も少なくないはずです。 まず自分自身の現在の状態を知って、適切に対処していただくようお願いいたします。 身体面のコロナストレスチェック• 休んでいるのに疲れが取れない• 眠れなかったり途中で目が覚めて眠れなくなったりする• 頭痛がひどく治らない• 食欲不振になったり腹痛を感じている• 肩こりや背中の痛みを強く感じる• めまいや耳鳴りで悩まされている 疲れを感じているのであれば、上記の「精神面・身体面の不調のチェック」を行ってみてください。 ひょっとしたら何気なく感じている疲れは「コロナ疲れ」や「コロナストレス」によるものかもしれません。 電車通勤をしなければならない人であれば感染しないかと過敏になり、テレワークに取り組む企業だとしても家族が自宅にいて、うまく業務ができずにストレスになっているかもしれません。 買い物にいくと行列に並ばされ、少し咳払いしただけで白い目で見られてしまう…。 このような状況が続いていることで、知らずうちに心身から何かしら疲れやストレスのサインが出ているかもしれないのです。 このようなサインに早く気づいて対処することが必要です。 全国で緊急事態宣言が解除されましたが、新しい生活様式を取り入れることでのストレスやコロナ感染の第二波・第三波の不安など、ストレスを抱えやすい状況は終わっていません。 そこで、自宅で簡単にできる 「コロナうつ」セルフチェックをご用意しました。 「コロナうつ」を予防するために 心身に現れている不調に気付き、適切に対処することがとても大事です。 気になる症状が現れているのであれば、うつ病の自己診断も行うようにしてください。 その症状を放置していると、単なる疲れやストレスだけではなく、「コロナうつ」へと進行させてしまうことになるかもしれないからです。 連日、国や自治体からの情報が報道されているだけではなく、WHOの情報や世界の感染状況などを目にします。 今まで私たちの生活の中でこのような経験はありませんでしたから、先のことが不安になることは当然ですし、外出しなければならない場合にも恐怖を感じることもあるでしょう。 しかしそのような中でも、情報に振り回されないように正確な情報を掴んでおくことが大事です。 感染症関連であれば、厚生労働省や感染症専門医から情報を得るようにしておくようにしましょう。 さらに自分自身も家出できる適度な運動 エクササイズ・ストレッチなど に取り組んでみて、ストレス解消に努めることも大事です。 次に不安や恐怖をコントロールする方法についてお伝えいたしますから、ぜひ取り組んでみてください。 新型コロナウイルスに対する 不安やストレスの緩和方法 薬に頼らない新しい治療法「磁気刺激治療 TMS 」について 新宿ストレスクリニックでは、うつ病の症状を改善させる「磁気刺激治療 TMS 」に専門的に取り組んでいます。 「磁気刺激治療 TMS 」は脳内に磁気刺激を与え、直接脳内の機能が低下した部位を活性化させる治療法です。 一般的に行われている抗精神薬や抗うつ薬を用いた治療では、なかなか効果が現れないということも少なくなく、効果が現れる前に副作用に悩まされてしまうことも多くあります。 磁気刺激治療 TMS での治療期間の目安は1か月半~6か月程度であり、一週間程度の治療で効果を実感する人も少なくありません。 副作用もほとんど見られませんので安心して治療に取り組めます。 また治療時間は20分程度で済みますから、入院せずに通院治療することが可能です。 成人だけではなく、未成年 12歳以上の中学生から 、高齢者、妊産婦などへの提供も可能な身体に優しい治療法なのです。 脳の状態を的確に捉える「光トポグラフィー検査」 新宿ストレスクリニックでは、診断サポートとして『光トポグラフィー検査』を受けていただく場合もございます。 光トポグラフィー検査は脳の状態を客観的に捉えることができ、脳の血流量をデータ化することによって、うつ病診断のサポートが可能となっています。 通常、一般的なメンタルクリニックや心療内科では、問診だけでうつ病診断が行われています。 双極性障害(躁うつ病)など、別の病気と誤診されてしまうことがあり、適切な薬が処方されないまま治療に取り組んで、効果が現れないといったことも珍しくありません。 うつ病によって薬物治療に取り組んでおり、なかなか効果が現れないということでしたら、ご相談いただきたいと考えております。 新宿ストレスクリニックは「磁気刺激治療 TMS 」「光トポグラフィー検査」を専門に行なっているクリニックです。 ぜひお気軽にご相談ください。

次の

新型コロナウイルスと子どものストレスについて

コロナ ストレス チェック

「gettyimages」より 新型コロナウィルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言が出され、ついにそれが全国に適用される事態となった。 通勤や外出の自粛が要請される状況下で、通う場所を失い、気晴らしの場所も奪われた人たちの中で、鬱的な症状に苦しむ人も出てきている。 本人の自覚のないうちに、鬱的な症状が進んでいくことも考えられる。 そこで、その徴候と対処法について考えてみたい。 迫り来るコロナの憂鬱 「心を強くするストレスマネジメント」(榎本博明/日経文庫) 新型コロナウィルスの感染拡大が恐ろしいことであり、何とか食い止めるには、外出は極力避ける必要がある。 それは頭では理解できても、心がついていけない、そうした状況に心が適応できていない。 そんな人が少なくないのではないか。 いつも通っていた職場に通えなくなった。 職場にいれば、けっして楽しいことばかりではない。 腹立たしいこともあれば、辛いこともある。 面倒くさいなと思うこともある。 満員電車に乗るのがきついと思ったこともあったかもしれない。 でも、それが自分の日常だった。 そんな日常を奪われてしまったことの喪失感は思いのほか大きい。 行けなくなったのは、職場だけではない。 人の密集場所をなくすため、多くの飲食店が営業自粛を余儀なくされている。 電車による移動も極力避けるように、ということになった。 そのため、仕事帰りによく通った居酒屋にも、しばしば立ち寄った喫茶店にも行くことがなくなった。 近所の様子も様変わりした。 休日に通っていたスポーツジムが閉鎖されたり、趣味のために通っていたカルチャー講座も閉鎖されたりしている。 コーヒーを飲みながら読書をしていた行きつけの喫茶店もやっていない。 買い物を楽しんだショッピングセンターも、食料品売り場以外は閉鎖されている。 こうした状況に置かれ、心身の状態に変調を来す人も出てきている。 そこで、 コロナ鬱などという言葉まで囁かれるようになってきた。 たしかにこのように慣れ親しんだ環境を奪われるのは、だれにとっても大きなストレスになる。 それが高じると鬱的な症状につながりかねない。 ゆえに、自分がコロナ鬱に冒されつつある徴候に気づいたら、早急に何らかの対処を心がける必要がある。 日頃の自分を振り返り、鬱的な徴候をチェックする 最近の自分はちょっと変だな、と感じることがあれば、それはかなり危険と言える。 ただし、そうした自覚のないままに鬱的な症状が進んでいくこともあるので、とりあえず日頃の自分を振り返り、危険な徴候がないか、チェックしてみたい。 鬱的な心理状態の中心的特徴としてあげられるのが、心のエネルギー水準の低下だ。 それは、具体的には、つぎのような徴候としてあらわれる。

次の

新型コロナによる子どものストレス 親子でできる「ストレス対処法」と「コロナとの上手な付き合い方」

コロナ ストレス チェック

新型コロナウイルスの感染拡大で懸念されることの一つが、精神的な影響だろう。 感染の恐怖はもちろんのこと、思うように外出できなかったり、雇用や収入面が脅かされる可能性があるため、常に見えないストレスにさらされているとも言える。 こうした現状を受けてか、政府はコロナ禍における「こころのストレス度」をチェックできる特設ページを内閣官房のウェブサイト内に開設した。 その利用方法などを解説していく。 これを利用するには、まず内閣官房のウェブサイト内に設けられた特設ページ「新型コロナウイルス感染症対策」の「困りごとに対する支援策が探せる支援情報ナビ」に進む必要がある。 支援情報ナビに進むと、「困りごと全般」「支援策」「新しい生活様式」という3つのタブが現れる。 ここでどのタブでもいいので何らかの質問を選ぶと「少しでもこころに疲れを感じたら こころのストレス度チェック」というポップアップが出てくるので、クリック(タップ)するのだ。 診断結果で提供される情報も変化 こころのストレス度チェックのページに進むと、いよいよストレス度チェックの開始。 まずは、今の状態を診断するために、過去30日間にどのような状態であったかを確認する「心配ごとや気がかりなことがあると感じましたか」「絶望的だと感じましたか」などの質問が、全部で8問提示される。 回答は、いつも・たいてい・ときどき・少しだけ・全くないの5段階で答え、この結果でストレス度が診断されて、ストレス軽減のための対処法や情報提供などがされる仕組みになっている。 例えば、ストレス度が「非常に高い」と診断された場合には、「不安や苦痛を感じるようなニュースに触れることを避ける」ことなどがアドバイスされる。 それと同時に、電話やSNSの相談窓口などにアクセスできる、リンクも表示される。 心の健康を保つためには? それでは、コロナ禍において心の健康を保つためにはどうしたらいいのだろうか。 また、ストレス度が「非常に高い」と診断された場合にリンクで表示される、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」によると、趣味や生きがいとなるものを持つこと、自分で対応しきれないストレスは周囲と解決の糸口を探すことなども大切という。 精神状態は自分では「大丈夫」と思っていても、知らず知らずのうちにむしばまれていることもある。 こころのストレス度チェック自体は、短い時間でもできるので、気になる人もそうでない人も、一度診断を受けてみてはいかがだろうか。 プライムオンライン編集部.

次の