け もの フレンズ 2 漫画。 【悲報】けものフレンズ2の漫画版、原作のアニメより面白そうwwwwwww

ニコニコ大百科: 「けものフレンズ2(漫画)」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

け もの フレンズ 2 漫画

手をつないで 鳴らそう かせよう みんなで一緒に けものフレンズ2 漫画 とは、「」連載の作品である。 号より連載中。 ・原案は、は 代表作に「と」「バナキ」等。 概要 「」の作品。 は"、"・""・"、"。 版のお話を元にしながらとして再構成されており、を視聴済みでもより丁寧に描かれた人物やを楽しむ事が出来る。 単行本1~2巻が発売中。 にて、単行本未収録分(12~13話)の話が掲載された【電子版】が開中。 覚めるまでの記憶がなく、自分の名前も覚えていない。 微かに残った『おうち』に対する記憶とに描かれたを頼りに、自分のおうちを探すを始めるところからは始まる。 他のを思いやることのできる心優しいだが、時折聡明な側面を見せたり寂し気な記憶が垣間見えたりする。 「最初に言ったでしょ! アタシ達がをおうちまで連れて行くって!」 達とを続けるの一人。 感情の赴くままに行動しがちなと対照的に、一行のとなる頼れる。 的なら、ものすごく脆いかったりなど人情的な一面も覗かせる。 が覚めて一番最初に出会った。 最初こそ「をおうちへ連れて行ってあげよう」と言い出したの付き添い程度の認識だったが、を続けているうちに心優しいへの思い入れが変化し始めている。 「同士、カはダメだよ!」 達とを続けるの一人。 直感で生きているだけのように見えて、勘が鋭く実は周りをよく見ているしっかり者。 大抵のは一撃でぱっかーんできたりするなど、他のとは一線を画する実の持ち。 の『おうち探しの』の発案者である。 かつてのと一緒にをしていたことがあるらしいが、そのことはうまくせない様子。 さん 「ボヤージュ! ヨイ思イ出ヲ!」 今作でも登場する。 内のドやの運転等の業務を担当している。 版では版に登場した4種類の他にも、様々なのボディーが存在している模様。 さんなのだ。 各ちほーのゲストフレンズ けんきゅう周辺 アヅア園 ゅう園 めーりか園 (センちゃん) (マー) 園 イリエ クロ 研究施設 クキ 所属不明 () ザウ カケ 漫画版で追加された描写についての考察 版には、所々に 版と共通した設定が存在していると思わしき描写がある。 の状の おそらく漫画版けものフレンズ2の最大の特徴にして、最も重要なの根幹。 版には時々、の中に状のが入るがある。 このが入るは、多くの場合達にとって大切なを手にしている時なので、おそらく版で存在していた 『き』に相当する存在だと思われる。 版では存在が示唆せれる程度だったが、が意識的に発動できるようになっている。 この状態になると消耗がしいらしく、で本格的に使用した後、は三日三晩寝込んでいた。 固有のなのか、それとも1期同様に他にも発動できるがいるのかは、は不明。 関連動画 関連静画 のにおいて、「試し」としてより第1話が開されている。 には第2話も開された。 関連商品 関連項目• 関連リンク•

次の

【悲報】けものフレンズ2の漫画版、原作のアニメより面白そうwwwwwww

け もの フレンズ 2 漫画

どうも、hasuke です。 今回の記事はタイトル通りの内容なので『けものフレンズ2』ファンの方は不快になると思うので ブラウザバックをオススメします。 さて、『けものフレンズ2』最終回が放送されました。 Amazon、ニコニコ動画における『けものフレンズ2』の評価も かなり悪いです。 DVD等の売り上げが出ていない現状で結論付けるのも早計かもしれませんが、現状を見る限り 失敗したと言わざるを得ないのでしょう。 自分も正直『けものフレンズ2』は失敗だったと思っています。 今回は自分なりに『けものフレンズ2』がなぜ失敗したのかについて、考察していきたいと思います。 ただ細かくやっていくと長くなりそうですし、1期監督との比較をしても不毛になるだけだと思うので、大きな原因を3つ挙げて考察していきますね。 テーマが違うのに1期のキャラを出して、1期のストーリーをなぞった (引用:Amazon) 『けものフレンズ2』は1話から最終話まで鑑賞しましたが、 1期とはテーマ性が違うと感じました。 1期では優しさ・思いやりを軸にパークの謎やセルリアンの脅威から協力して立ち向かうストーリーでした。 一方、2期では関係性の難しさが強調され、優しさというよりいがみ合いが多く、セルリアンも弱体化していたので協力という部分は少ないストーリーでしたよね。 1期OPの歌詞 「けものはいても、のけものはいない」は1期のテーマを表していますが、2期は相反した 「のけものはいる」で表現されるような厳しさです。 具体例を挙げますと ・命がけで主人公を守ったイエイヌは仲間には誘われず、(本人の希望ではあるが)誰も帰ってこない家で一人で過ごしていく ・ビースト(アムール・トラ)は敵を倒す駒として利用され、誰にも助けられず瓦礫の下に沈む ・1期主人公のかばんは親友から忘れられて、その親友は別の仲間と旅に出る 改めて書いてみると、とんでもなくキツイ展開ですよね。 『けものフレンズ2』に好意的な方は、これを現実世界の人間と動物の関係性を描いたといいますが・・・ とにかく1期と2期のテーマ・方向性は違うわけです。 ここからが本題ですが、 それならばなぜ1期のキャラクターを出して、1期のストーリーをなぞる展開にしたのか。 『けものフレンズ2』で登場した新キャラクター達を、メインで話を進めたら良かったのではないでしょうか? 『けものフレンズ』の世界において、1期のラストで他の島があることが判明しています。 ならば別の島でキュルルとカラカルの二人旅の物語を、展開していけば良かったんじゃないでしょうか。 ストーリーにしても、 各所でフレンズと出会い、事件を解決、クライマックスにその時のフレンズたちが助けに来るというのも1期のストーリーを踏襲しています。 関係性の厳しさが描きたいのならば、もっと違ったストーリー展開の方がいいと思うんですが・・・ 1期で友情を育んだサーバルとかばんの関係を崩してまで、二人を『けものフレンズ2』に出した意味があったのか? OPでは大きく登場するも、大した出番のなかったアラフェネやPPPなどの1期キャラクターたちも同様です。 邪推してしまうと『けものフレンズ2』の人気を上げたいが為に、1期の人気キャラを利用したようにも感じます。 そして、先述した通り、 テーマ性が違うのに1期キャラクター・ストーリーを2期に流用した。 その事で1期の世界観を想像していた視聴者は違いに苦しんだのでは? (実際、自分は苦しみました) そして、その他の要因も重なって、大きな批判を生むことになったのではないでしょうか? 極端な例えですが『 ドラえもん』のキャラクターを使って、『笑ゥせぇるすまん』の作風でやるようなもんです。 スタッフが同じならまだしも、変わっているからより強く違和感も出ますよね。 自分としては嫌味で言っているのではなく、別の場所でキュルルとカラカルをメインに据えて、思う存分表現したい事をやった方が良かったと思います。 いわゆるぶん投げ状態です。 これについて、TV東京の細谷プロデューサーは 「回収できなかったんじゃない」とツイートしています。 あえて謎を残して続編で回収する、もしくは視聴者の想像に任せるということでしょうか。 いやいやいや・・・これは絶対にあかんやろ! アニメ作品として決められた話数でちゃんとまとめられないのは、 作品として未完成であるということです(原作があって全てをまとめきれないものは除く) それを制作陣が「回収できなかったんじゃない」って言うのは、 自分で駄作として認めてるってことですよ? もちろん大半の謎を解決させた上で、謎を一部だけ残すのは良いでしょう。 でも『けものフレンズ2』は先ほども述べた通り、 ぶん投げ状態です。 そもそも、全編通して 結局何だったんだ?感すらある『けものフレンズ2』です。 伏線の使い方が下手すぎる、というかあまり理解できていないのかなとまで思ってしまいました。 自分の中でこれぐらいは回収してほしかった伏線(謎)を挙げてみます。 そもそも、こういうオリジナルアニメでは 最初から話数が分かっているんだから、その枠内で収めないと駄目なんですよ。 これだけ不評では続編すらあるか分からないですし、続編ありきの製作はあまりに馬鹿げています。 後、キュルルの正体と「おうち」に関しても結局明言されませんでしたね。 最後の絵からキュルルの正体はパークに遊びに来た子供?であり、サーバル・カラカルとは昔からの友達とも読み取れますが、それが 裏付けられる要素は何もありません。 「おうち」に関しては、皆がいるところが「おうち」なんだという、あんまりにも しょうもないありきたりな結果でした。 アニメ放映中に『けものフレンズ2』監督の木村さんと、テレビ東京プロデューサーの細谷さんが、アンチ意見に対して言い返したり、煽るようなツイートをして炎上しました。 確かに過激な批判が寄せられたことから、苛立つ気持ちは分かりますよ。 でもそこは無視しましょうよ・・・ 中高生ならともかく、40歳を超える大人ですからね・・・ できないのであれば、せめてアニメ放送中は総監督の吉崎先生みたいに何もツイートしない方がいいと思います。 この炎上で余計アンチも増えただろうし、視聴者の作品に対する印象も悪くなったことは間違いありません。 でもこういう問題って、このSNS社会でこれから重要になってきそうですね。 だれでも発信できるからこそ 「公と私」を上手く使い分けないといけません。 今回の様に作品外で制作陣が、作品の評判を落とすような事をしては駄目ですよ・・・ <追記> またもや木村監督がTwitterで炎上しました。 何でも1期監督のたつきさんのツイートを批判したとか・・・ 放送終わってからも作品の価値を下げ続けるとは、もう何も言えないですね。 作品に対する評価につきましては、視聴者の方々に委ねられており、制作者は、その結果を真摯に受け止めなければなりません。 それが、制作者として重要な資質であると考えております。 本件に関しまして、深くお詫び致します。 「テレビ東京けものフレンズ2特設サイト」より引用 あまりに酷すぎる・・・ こんなアニメ聞いたことないよ。 多分、細谷Pの事でしょうか。 もう年齢も40代らしいのに何してるんだ、ほんと・・・ 追記多いから、スタッフの件だけで別記事作ろうかな?笑 <まとめ>なぜ、けものフレンズ2は失敗したのか 今回挙げた以外にも駄目な部分はまだまだあるんですが、大きく考えるならこの3要素かなと思います。 後、よく 1期を潰すために悪意を持って作ったという意見もありますが、それは考察には入れませんでした。 だって、本当にそうであるならば、 人としてあまりに最低すぎます。 二度とアニメには関わってほしくないですよ。 さすがにそこまでクズでは無くて、 ただただ力の無い制作陣が失敗したと思いたいですね。 最後にせっかくなんで良かった部分も挙げたいと思います。 歌は良かったです。 特に最初の方のED曲はなかなか良かったんじゃないでしょうか。 また、 キャラクターデザインは好きでした。 色々言われてる吉崎観音先生ですが、キャラクターデザインはやっぱり優れていると思います。 1期はそれに優秀な制作陣が重なって、名作になったんだなぁと改めて思いました。 名作ってやっぱり色々な要素が重なって生まれるものですね。 それにしてもこれだけ1期と2期で評価があべこべになるアニメも珍しいです。 『けものフレンズ3』はスマホとアーケードでゲーム化が決まっていますが、自分はおそらくやらないでしょう。 アニメの続編ないし映画化されても、スタッフが変わらないんだったら観ないかなぁ・・・ ただ1期は好きだっただけに『けものフレンズ』がどのような形で終わるのかは気になるので、観るかもしれませんけどね。 名作アニメの2期での大失敗、もったいないと言うか残念な気持ちでいっぱいです。

次の

漫画『けものフレンズ2』第8話が公開

け もの フレンズ 2 漫画

ロかった」と言い続ける性. 欲型 「作者にはきっと深いお考えがあるはずだ」と言い続ける深読み型 「何も考えなければ面白い」と言い続ける傍観型 「この作品を否定する奴はク. ズだしxx信. 者だ」と言い続ける被害妄想型 の四つの類型にだいたい収まります。 まあまったくないではないが、それはよりにもよってアニメのイエイヌ回だったりする。 アニメのキュルカスは、一度は喧嘩別れしたカラカルのために、イエイヌの警告も振り切って走り出す。 二人だけの関係が描写されたのは唯一ここだけ。 なお漫画はさらにひどくて、自分からカラカルを追っかける気もない・・・。 要するに漫画はラブコメではなくただのハーレムモノ。 動物美少女に囲まれてちやほやされるショタ主人公。 まあそういうのが好きな人はそれでよろしいんじゃないですか。 えっ?バトル? おいおい、あんなかっこいい必殺技も武器も知略もないワンパン撃破の何がいいんだい?• カラカルはさあ、しょせんミライさんの代替のお姉さんキャラなんで、ラブの対象じゃないんだよね。 というのは、吉崎によればかばんちゃんは没案ではキュルカスに似たようなショタだった。 そんでボスもいなくてミライさんがガイドポジションだったという。 たつきの降板の後で、吉崎が没案をもう一回引っ張ってきたと考える。 吉崎は過去にもケロロ映画で没になった脚本使いまわしてケロロ漫画書いた前科あるし。 まあ、何らかの理由でけもフレ2にはミライさんが出せなくなり、カラカルが代役となったんだと思う。 ごめんな内藤先生。 あと、単行本2巻のあとがきで、 「この単行本がアニメやゲーム、舞台などさまざまなジャンルのけものフレンズと並び、新たなフラッグのひとつとなって、次のけものフレンズへと繋がっていってくれたら、本当に嬉しいと思っております。 」 と綴っているんだが、これはほんと、悲しいな。 想いとか熱意とか作品からビンビン伝わってくるだけに。 俺内藤先生は好きだからこんなことは言いたくないんだが、思えばあの日、100年続くはずのIPは終わったんだ。 先生は触れなかったが、もりの音楽会はパンフにirodori版のイラストを採用して最終公演としたんだ。 日清もJRAも、もう乗ってこないんだ。 こんなこと、ヒに直接言いにいけないよ。 実は1期の刺抜きが全然わかってないやつ。 1期の刺抜きとは、キャラかぶりを避けて無能を書かないことなんだよ。 主役のサーバル、かばん、ボスは、キャラも能力もかぶってないでしょ? 全員がそれぞれの得意分野を発揮できるようになっている。 んで、それぞれの得意分野を書くためには、それに合わせたストーリーが必要なわけよ。 特にボスの能力は、ジャパリパークの謎やフレンズの謎にもかかわってくるものなので、ストーリー全体の調整が必要。 けもフレ2のアニメと漫画がゴミになったのは、1期のようにキャラに合わせてストーリーを作るんじゃなく、けもフレ2のストーリーに合わせてキャラを作ってるからだよ。 ボスの能力はストーリーに密接に結びついてるので、ボスの動向でストーリーが全部変わっちゃうんですよ。 改めて説明するけど、ボスはポンコツながらも実は役に立つ有能、というキャラ付け。 ワンクールの間にキャラ上げ、キャラ下げを繰り返して、最後に大きく上げて終わる。 ボスの能力発揮には1期のストーリーが大きくかかわってるので、1期のストーリー抜きでけもフレ2で出しても、人気キャラにはなれなかったんですよ。 これはサーバルとかばんも同じ。 上げポイント ・博士助手やかばんちゃんも知らないジャパリパークの知識を持ち、技術を使いこなす 具体的には、動物とフレンズの知識、ジャパリパークの施設のガイド、バスの運転、食料調達、ミライさんメモリーの再生による情報提供、暫定パークガイド権限の付与、各地のボスとのネットワークを使った通信、船の運転 下げポイント ・知識の更新がなされておらず、ジャパリパークの現状との乖離することが多い ・体の問題でフレンズのような機敏な動作が無理 ・想定外の問題への対処だとフリーズしてしばらく動かなくなる ・かばんちゃんのみと話してフレンズはガン無視。 ・自分から率先して情報提供することがない• Vコンの話が引っ掛けになってるだけや 脚本描く悪徳Pが敵役だぞ?該当細谷ししかいないだろ?めるたんの監督なんて木村監督の名前改変だから2の出来事ってことやぞ。 つまりVコンの下りは複線的には脚本じゃないとおかしいんだよ。 わざわざ脚本描くって複線張ってるんだから。 どたんばで改変したんだろうよ ますもとが言いたかったのはこうなる。 「細谷の奴に脚本ねじ込まれたファッO!」 それは前後が逆で実際は実写が先なのさ。

次の